キレイの本音



ワンダーハニー お花畑のふんわりクリームバス。炭酸クリームのお湯がリッチ! 色も凄く綺麗

f0221398_21401381.jpg
 本日ひとつめ濡れたままケアはこちらそどうぞ。


 お風呂の話題が出たところで、最近感激したバスものを。ちょっと先の来年2015年2月1日限定発売、ワンダーハニーのお花畑のふんわりクリームバス。商品名もかわいいし、うさぎの耳がぴょこんと出たパッケージもかわいい。


 これね、パウダーをお湯に溶かすと発砲して、みるみる炭酸クリームの泡が一面を覆います。白くてキメ細かなふわっふわな泡で、スタバのカフェミストじゃないですが、とーってもクリーミーなんです。そしてお湯もすごくなめらか&柔らかくて、お湯の温度も冷めにくい。


 わー素敵なんて感激していると、白い泡の下にはミルキーなバイオレットのお湯が隠れていて、これがまた凄く綺麗な色で。バイオレットでも少しピンクがかっているのでなんとも華やかなんです。
“すみれ日和”っていう香りの名前がついていますが、まさにバイオレットフローラルな心地よい香りもうっとり。

 私はたいてい、お風呂では本を読むけれど、あまりに気分がよくて、いつもよりページが進んじゃった。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-20 14:01 | 新作コスメ その他

ともかく一瞬たりとも乾かさない。濡れたままケアにはまってます

f0221398_21122058.jpg
 昨日キールズご紹介したとおりだけど、ともかく最近の空気の乾燥は半端じゃないですね。湿度計見ると平気で20%とかざらです。加湿器をフル稼働させてはいるけれど、やっぱりそれでも追いつきません。


 というわけで最近はまっているのが“濡れたままケア”。例えばボディは、お風呂から出る前に、体がまだ濡れている状態のままオイルを塗って、最後にタオルをそっと押し当てるように、体に残った余分な水滴を吸い取って終了。顔の場合は、洗顔後、顎先からしたたる水滴をちょっとタオルで拭う程度で、顔全体の水分はそのままに、ダッシュで化粧水をつけます。

 ボディはオイルか、油分リッチめなクリームがいいですね。これが思っている以上に濡れた肌になじむし、仕上げのタオルも、かえって余分な油分もとれるので、ヌルつくこともなく、でも油膜は肌に残るので本当にちょうどいい感じになります。

 こういう濡れたままで、っていう方法は昔からありますけれどもね、いざやってみるとここれが、案外いいことずくめですっかりはまりました。特に冬は、体が冷えないのもいい。


 ともかく一瞬たりとも乾かさない。同じものを塗るのでも、濡れたままと、しっかり拭いてから塗るのとで、こんなに差があるのねってしみじみしますよ。ほんとに。



 ちなみに写真は、ヴェレダのコレ、イブニングプリムローズのオイルです。このミルクも使い切ったけどとても良かったですよ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-20 14:00 | お気に入り ボディケア

キールズのクリームUFCを買うと、冬本番て感じ

f0221398_20393671.jpg
 本日ひとつめミルボンはこちらをどうぞ


 先日、買いに行きましたよ、キールズのクリームUFC。これを買うと「冬がきたな」と思います。ふたの模様は限定パッケージだって。かわいい。



 ハリが出るもの、キメが整うもの、透明感が出るもの…。
 いろいろクリームもありますけれども、真冬でも乾かない、というのはもう、これの右に出るものナシ。真冬でこれを塗っていて、目もとや口周りがつっぱったことがないです。それなのに、このなめらかテクスチャー。


 先日のエレガンスのお粉もそうだけど、私にとってこのクリームも「ないと死んじゃう」逸品です。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-19 20:41 | お気に入り スキンケア

大好きなミルボンのヘアオイル。手軽で本当によくまとまるんだよなあ

f0221398_20155445.jpg
 いつも行く美容室で買ったミルボン ディーセス エルジューダ MO。我が家のにゃん(♂)とコラボをしようとしたけど、やっぱり彼はやる気がないね(笑)。まあいいか。





f0221398_2016486.jpg
 タオルドライした濡れた髪にささっとなじませて、あとは普通に乾かすだけでOK。
 髪が硬くて多くてくせ毛の私ですが、これをつけると不思議なほど落ち着きます。






f0221398_20161412.jpg
 ヘアケア製品、私、年間で一体いくつ試すかなぁって思います。昔にくらべたら少なくなったけど、シャンプーやトリートメントなどなど含めたら数十、いくつかなあ。最近こういうアウトバスのヘアものもたくさんありますしね。ともかく、そういった中でもこれを超えるものがなかなかないんです。
 実は最初、自宅で使ったとき、「あーやっぱり美容室でのあの美しさは、ブローとかテクニックがあるしね」っていう、いまひとつの感想でした。でも使い込むうちに、“ほかにはない丁度良さ”があるなと。潤うけどツヤがない、とか、柔らかくなるけどすぐに髪がベタついて見える、とか、その時はいいけど翌朝何事もなかったようにぱさついてしまうもの、とか。ヘアケアものって本当に一長一短多いけれど、これはすのすべてのバランスがいいんです、だから素人にもとっても扱いやすい。ツヤ、おちつき、まとまり感、しっとり感……すべてが1本でまかなえるから本当に楽でしょうがない!(笑)





f0221398_20162688.jpg
 香りもそんなにないからフレグランスと喧嘩しなくていいのも私は気に入ってます。
 調べたらこれ、バオバブオイル配合なのね。HPに、「おもいどおりに動く、素直な髪質に整えます」って書いてあるけど、ほんとにそんな感じです。

 というわけでにゃんはラストまでまったり顔(笑)。


 本日もうひとつ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-19 20:20 | お気に入り ヘアケア

ブルーベル&コティ発表会 ④。クロエ、ブルガリ、ジャン パトゥ

f0221398_15555754.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。
 本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを、②はこちらを、はこちらをどうぞ。


 いよいよラストですよ。ちょっと原稿よれよれになってきてますけどがんばります。

 まずはクロエ。ローズ ド クロエのハンドクリームが出ます。クロエのスキンケア大大大好きなんですが、こちらもいいですうっとりです。この確かな潤い感がいい。香りももちろんいいんですけれどもね、こういうのって好み重視というか、「ま、香りが気に入ればね」っていうもの多いと思いますが、クロエはちゃんと効果も素敵なんです。
 ちなみに、写真左下のロー ド クロエもクリームありますが、このフレグランス、男性にも大人気なんだそうですね。「これをつけると女性にモテる」といったどなたか男性のブログがもとで、大ヒットになったそう。確かにこれ男性でもいいかも。ちなみにこれは以前行った発表会の様子です。よろしければどうぞ。






f0221398_15565571.jpg
 ブルガリのモン ジャスミンノワール オー エキスキーズの好評アイテムが今年も登場。ボディミストとボディミルク(左)です。

 オードトワレ(右)ももちろんいいんですよねぇ。本当にブルガリってハズレがない。大好きなフレグランスブランドのひとつです。






f0221398_15572888.jpg
 さて大ラスはこちら。ジャン パトゥのジョイからボディクリームがっ。素敵。素敵すぎてもう。ジョイのあの、大人の女性じゃないとつけることを許されないような気高さ。中身がともなわないと恥をかいてしまいそうな感じで、背筋がすっと伸びます。年を重ねるって悪くない、って思える香りですよね。




 これで以上です。ほんとは以上、ではなくもっとあったんですが、あまりに多くて一部割愛しましたよ。







f0221398_1558734.jpg
 今回ムエットがどれも可愛くて。ブルーベル発表会に行くときの私の飛び道具、ポジ袋も大活躍。香りが混じらないので便利なの。うちにたくさん余ってるし。……というか、今の若い人、ポジ袋って知ってるんだろうか?(笑)






f0221398_1558225.jpg
 ラブリースウィーツ。ご馳走さまでした!



 今夜のお楽しみ、グランプリファイナル。さっきうっかりヤフーニュースで結果を見ちゃった…。
 関係ないけど今年は私、町田君イチオシ。第九って選曲が似合っててナイスじゃないですか?(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-13 15:59 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ③。グッチ、CK、ドルチェ&ガッバーナ、ボンド・ナンバーナイン

f0221398_14515340.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを、②はこちらをどうぞ


 パート3はインパクト揃いでいってみます。
 まずはグッチ。どうですこのびっかびかな輝きぶり(笑)。ギルティの限定ボトルです。ここまでやってくれると本望、惚れ直します。







f0221398_1453326.jpg
 こちらはCK one サマー(左)とカルバン クライン リヴィール メン オードトワレ(右)。
 このリヴィール濃厚です。香調はフレッシュ ソルティ オリエンタル。トップは、砂糖漬けしたジンジャー、レンティスク エッセンス オイルピュール(マスチックツリー樹脂)、ペアーブランデー。ミドルは、ローソルト、リュウゼツランの花蜜、キワノ(ツノニガウリ)。ベースは、ハイチ産ベチバー、ヴィンテージ バニラ ビーン、ゴールデン アンバー。
 チャーリー・ハナムの広告も格好いいね。






f0221398_14533170.jpg
 ドルチェ&ガッバーナ。中央の赤と黒は、ザ・ワンの限定ボトル。右はドルチェ フローラル ドロップス オードトワレ。香調はホワイト フローラル。

 そして一番左のプールオム オンテンソ オードパルファム。目の上がすぐ眉毛、っていうコリン・ファレルの眼差しでだいたいおわかりのとおり、濃いです(笑)。今回イチ、濃いぃ香りのメンズです。でもこれがなかなかどうしてクセになるんですよ。
 なんでも、業界初のモエペルアコードという香りを使っていて、南アフリカに生息するモエペルという樹木で、別名ミルキーウッドとも呼ばれているそう。そこに、フローラルやバルサム、コクある蜂蜜、アニマル調、タバコと、個性の強い香り達がうまく融合している感じです。
 ちょっとこれ、日本の男性で使いこなせる人いるかしらって思うんですけれども、印象的なのには変わりないです。セクシーでメンズ感ばりばりだけれどおじさんぽくないし、ファッションがすごく好きそうな人という感じで私は嫌いじゃない。さっきのグッチもそうですが、ここまでくれば本望。ブレてなくていい。






f0221398_14541957.jpg
 ③の締めは大好きなボンド・ナンバーナインの新作、クイーンズ オードパルファム。多種多様な民族が暮らすクイーンズ地区をイメージ。性別や社会的地位も関係なく、ボーダレス、ミックス感があります。香調フローラル アンバーで、ちょっとメンズっぽいかなと思いますが、ゴージャスでスタイルバツグンの黒人の女の子がつけていてもかっこよさそうだし、サラサラロングヘアの一見お堅い丸の内OL嬢がつけていたら、ちょっと忘れられない印象になるね。意外性があって、ミスマッチではない、個性。



 というわけでいよいよ次がラスト。眠くなってきた(笑)。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-13 14:57 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ②。ステラ・マッカートニー、アニック グタール、クリード、クルジャン

f0221398_145022.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを。

 さてお次はスティラ・マッカートニーのステラ オードパルファム。
 香りやボトルはそのままに、新しいパッケージと、オランダのモデル、ララ・ストーンを起用した広告展開で、モダンな姿に生まれ変わったということです。

 この香りなんですけれどもね、もうやっぱりブランドを象徴するような、とても控えめなのに後を引く感じの、そのさじ加減が絶妙です。ローズやピオニー、アンバーのコントラストがとても大人っぽくてクール。香り方もとてもさりげないので、使いやすいのもいいですね。





f0221398_1464529.jpg
 ムエットはキラキラのドット。そしてよく見ると、ステラのコーナー足下にもドットというこりようでした。かわいい。






f0221398_14759.jpg
 こちらはアニック グタール。プチシェリー オードトワレ、ヴァン ドゥ フォリ オードトワレの限定ボトルは、キャップについた蝶々は取り外してリングとしても使えます(左)。

 同じ香りのバス&ボディオイル素敵ですよー(右)。本当にあっという間に浸透して、オイルとは思えないほどに軽いんです。





f0221398_1473637.jpg
 こちらはクリードの最高ライン、アクア シリーズの新作。写真はひとつしかありませんが、アクア アバディーン ラベンダーと、アクア イリス チュベローズの2種あります。
 これがもう本当に素晴らしくて。特にラベンダーのほうは、レザーなどのニュアンスもあって、ほかにはなかなかないラベンダーに仕上がっています。高級感たっぷり。






f0221398_1482475.jpg
 そしてメゾン フランシス クルジャンです。新しいプルリエルというラインで、男性用女性用が出ます。
 ピンクの女性用はフローラル シプレー ブーケ。ニオイイリス、ヴァイオレット、グラース産ローズ、エジプシャンジャスミン、スズラン、オレンジブロッサム、そしてシプレーにベチバー、インドネシア産パチョリ。
 クルジャンの中ではしっかりめの香りかなという印象です。ラグジュアリー。

 男性用は、フゼアノートに、プロバンス産ラベンダー・アブソリュート、東洋のレッドシダー、インドネシア産パチョリ、ハイチ産ベチバー、ソフトなレザー。
 これ、すごくいいです。いかにもメンズっぽくありながら、クルジャンらしい透明感があるので、ふだん香水などつけなれていない男性でも使いやすそう。すーっと鼻に抜けていくスパイシーさ、ちょっとクセになりますね。




 というわけで②はここまで。まだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-13 14:15 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ①。レペット、ランバン、マーク ジェイコブス

f0221398_1334832.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。


 というわけで昨日がんばりきれなかったブルーベル・ジャパン&コティ・プレステージ・ジャパン発表会リポートをがんがんいきます。例によってたくさんありますので。

 会場は原宿のル アール東郷。いちょうのイエローと池が良い感じ。外観デザインは隈研吾氏。素敵。






f0221398_1351721.jpg
 日本フレグランス協会の受賞作の展示も。なるほど、っていうものばかりだね。






f0221398_136020.jpg
 さてさっそく今回お披露目の商品を。
 最初はレペット。これで3作目です。オー フローラル オードトワレ。香調はフローラル フルーティ ウッディ。
 前2作よりも高揚感がある香りで、うきうきとします。






f0221398_1361540.jpg
 ビジュアルにもありますが、舞台を終えたバレリーナが楽屋に戻ると、そこはたくさんの花の贈り物で満たされている。そういう気持ちを表現しているんだそうです。
「うわぁなんか素敵」という感じから、ラストはやはりレペットらしくエアリーでふわっと落ち着きます。嫌いな人はいないんじゃないかなっていう香りです。
 ちなみに指にはめた小さなコサージュのリングはムエット。可愛い~。





f0221398_1362910.jpg
 こちらはランバンの人気シリーズ、マリー・ミー!の新作。
 相変わらずハッピー全開で、今すぐにでも結婚したくなるような香りがします。既婚者の私でもそう思っちゃうくらいの勢いが凄い(笑)。
 今回は、ハートのムエットにも描かれていますが、紙吹雪をぱ~っと降らせたような幸福感がテーマとのことで、確かになんだか、解き放たれるイメージの香りがします。
 ちなみにトップは、ブラックベリー、ブラックカラント。ミドルは、ホワイトピーチ、ジャスミン アブソリュート。ベースノートは、ホワイトウッド、ムスク。安定のハッピーブレンド。最高に可愛いです。限定。






f0221398_1371339.jpg
 ハッピー全開をもうひとつ。マーク ジェイコブスの限定。デイジー オードトワレと、オー ソー フレッシュのソルベ エディション。パッケージのみの限定だったかな? ともかく文句なしの可愛らしさとMJデイジーのこのお花のキャップは毎度眺めるだけでも幸せな気分にさせてくれて完璧。




 というわけで、まだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-13 13:13 | 発表会 【な、は】

シュウ ウエムラ ラックシュプリア発表会。鮮やかで高貴な発色。漆器インスパイアだそうです

f0221398_0142482.jpg
 本日(日付変わっちゃったけど)ひとつめのアップ、レボリューションはこちらをどうぞ


 さてふたつめはシュウ ウエムラ。会場は外苑前のFORUM 12。私この会場大好きです。広すぎず回遊しやすいのに開放感がすごい。おまけに駅から激近で文句なしです。

 ほんとはプレゼンテーションあったのですが、私は時間の都合で早めにうかがいましたよ。




f0221398_0152754.jpg
 メインのお披露目商品はこれです。ラックシュプリアというリキッドルージュ。全15色。
 日本の伝統工芸である漆器からインスパイア。あでやかな発色と最新テクノロジーで、美しい発色と透明感を得たリキッドルージュということだそう。

 手の甲で試すと、「普通のリップグロスじゃ?」と一瞬思うんですけどこれがこれが。スタッフさんに塗っていただき、仕上げに自分で「んぱっ」とやったときのルージュの密着度が凄い。それでいてグロスなツヤ感。んー。素敵。




f0221398_016554.jpg
 今回、宮内庁御用達 漆器 山田平安堂さんとコラボしたカラーも。お写真左の、前列一番左、AKA RED(RD01)です。以前贈答用で山田平安堂の商品買い求めたことありますけれども、色はもちろん、手触りとか持った感触とかもう素敵ですよね。なかなかのお値段するだけあるなと。

 ちなみにお写真右は、今回のリップに含まれている顔料のサンプル比較。今回のは左で、わかりますでしょうかね、沈殿している右とは違ってしっかり液体と混ざり合っています。これにより、ぴったりと色が唇に定着するんだそう。

 実際ちょっと試しましたが、融通がきいてデイリーに便利だなと。たとえばロングラスティングすぎる口紅で食事をしたら、唇の中央だけ色がはげちゃって、ただちに塗り直さないと……っていうちょっとみっともない感じになりますけれど、これは「んぱっ」とやれば、唇に残ったリップが簡単になじみ直します。こういう感じのテクスチャー、1本持っていると重宝。





f0221398_0164591.jpg
 個人的にこのWN 02(ワイルドフューシャ)が気に入りました。おばさんぽくならずに格好いいビビッドピンクってそう出会えるもんじゃない。







f0221398_0183975.jpg
 この日はほかにもお披露目が。
 私ももう、何十年愛用してるでしょうかね、シュウのクレンジングオイル。毎度新しいものが出る度に、やっぱり感激してしまいます。これも素敵ですよ。





f0221398_0191632.jpg
 同じブライトニング系で、美容液(左)とペンタイプの美容液(右)も。このペンタイプ、ハイライト的にも使えます。これイイです。





f0221398_019319.jpg
 こちらはヌードカラーの限定パレット。一体これどれだけお得なのだろうかという全16色。スタッフさんによると、レギュラーサイズのアイシャドウがセットされているということで。そしてなによりもスタイリッシュな色揃え。





f0221398_0194825.jpg
 上段右上の、一見ブラックだけれども深い深いグリーンだとか、上段右からみっつめのブロンズは、ケバくなく品があってゴージャスで、「うわぁシュウだ」と唸ってしまう輝きぶりも見事。ともかくどれもこれも使い勝手がよすぎます。これで12,000円+TAX。すごい。




 というわけで。感激のシュウ ウエムラでした。
 ブルーベルは明日アップしまーす。おやすみなさい。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-13 00:23 | 発表会 【さ、た】

レボリューションの展示会。ラルチザンの香りが素敵すぎ。チオベンも美味しかった~

f0221398_17203897.jpg
 中目黒の青の洞窟は盛況すぎてライトアップ週末や休日など中止になったそうですね。でも、確かにあれは素敵だもんなぁ。ちょっとほかのイルミネーションにはない世界観。すっごくおすすめなので、平日行ける方はぜひぜひ……ってあんまりまたこうやって煽っちゃだめなのかな(笑)。でもね、本当に美しいんだもの。浮かれてなくて、とっても静謐です。

 と、いうわけで。その中目黒の展示会をアップ、レボリューションさんです。中目黒のオフィスが会場でした。





f0221398_17212199.jpg
 こちらで取り扱っているフレグランス、ラルチザン。既存の人気商品、写真右のスキン オン スキンは良かったですね。アイリス、スエード、ベルベット。時間がたつにつれ、サフラン、ウイスキー、ラベンダー、ローズ。セクシーだけれど、匂い立つ色香、というのではなくて、スキン オン スキンという名前の通り、肌が触れあったときの香りや温もりを思わせるような、ムードというよりフィジカルなイメージ。…と書くとなんだかまたフェロモン全開のように聞こえますが、そうではないところがまたいいんですよね。





f0221398_1721409.jpg
 こちらは夏くらいに発売した、上記と同じエクスプロージョン オブ エモーション オードパルファンのシリーズの新作。3種類ほどありますが、このオンド ソンシュエルもまた個性的で素晴らしい。ジンジャー、サフラン、クミン、ジュニパーベエリー、カルダモン。スパイシーで奥の深い大人の落ち着きと情熱。のような感じですかね。





f0221398_1722226.jpg
 こちらはペンハリガンのバイオリアというメンズのコレクション。シェーブクリーム等新アイテムが発売になるそうですよ。





f0221398_17221849.jpg
 レボリューションさん取り扱いのお洋服もちらりと(ブランド名ちょっと忘れちゃいましたすいません)。
 このポンチョもの凄く可愛かった~。





f0221398_17225751.jpg
 この左のストライプは、前と後ろの変化が楽しい。大人のエレガントカジュアル。右のキラキラグリーンもインパクトありました。





f0221398_17232842.jpg
 メンズもちらりと。この手前のブルーのシャツ、素材感が良かったなぁ。右の写真はストールです。





f0221398_17235719.jpg
 この日のケータリングは料理家・山本千織さんが手がけるチオベン。私はじめて食べたけれど、同行したY嬢と「どれもこれもおいしい!」とぱくぱく。お箸を動かす手が止まらないのなんの(笑)。一見素朴な感じなんだけれど、食べるともう忘れられない個性がきらりのお味。モデルさんの間でも大人気のケータリングなんですってね。レシピが気になって調べてみたら、少し前、山本さんの本が出たばかりのがあったのでさっそくアマゾンで注文(笑)。明日には届くはず。わくわく。




 というわけで本日はまだまだあります。シュウ ウエムラのリップとブルーベルの香りたち。今日中にアップできるかギモンですができるとこまでがんばりまーす。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-12 17:26 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

中目黒の青の洞窟、そしてシェリー

f0221398_1617367.jpg
 ひとつめアップ、我が家のにゃんはこちらをどうぞ


 おととい、展示会に行ってきまして、中目黒が会場だったので「ならば」と目黒川のライトアップ、青の洞窟を見てきました。これがもう素敵で大コーフン!
「想像以上だった!」
 と、同行した仲良し後輩Y嬢と写真を撮りまくりました。





f0221398_1618636.jpg
 平日だったのにもの凄い人で、中目の駅を降りるともう、ぞろぞろとたくさんの人が目黒川へ進んでいくんです。川沿いのレストランやカフェは当然混み混みでしたよ。





f0221398_16183397.jpg
 これ、日清の青の洞窟っていうパスタブランドが協賛してるんですね。だからか、青の色が安っぽくなくて、もの凄い幻想的なんです。吸い込まれるような感じでそこだけ別世界。このブランドカラーのライト、こだわって選んでそう。





f0221398_1619957.jpg
 このあと、世界一のピザ屋さんに行ったんだけど、激混みだったので別のお店でご飯。そしてラストはベネンシア。中目の元住人としてはここのシェリー締めは外せないの(笑)。



 というわけで肝心の展示会の様子はまたいずれ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-06 16:20 | 日常、その他

熱い視線のその先には……

f0221398_154592.jpg
 久しぶりに登場、我が家のにゃん(♂)。もの凄い集中してます。その視線の先には……





f0221398_15452866.jpg
 虫です。やっぱし。
 見えますかね、天井にぽちんとある黒い点。お写真右上あたりですね。
 これ、よく見ましたら、少し前我が家に侵入したてんとう虫。たいがい、こういうのって洗濯物と一緒に取り込まれてきますよね。
 彼の餌食にならないよう、後日そっと外へ放してあげましたよ。ぶーんとね、案外てんとう虫って飛ぶんだよね。




f0221398_15454051.jpg
「これ最近のお気に入りだよ」
 っていう、ミルクフォーマー。毎朝、豆乳でカフェオレをつくるときに使ってるんですけど、この“ウィーン”っていう音がすると、どんなに寝ていてもむくっと起きてきて、回ってる“ウィーン”に触りたいけどおっかない、匂いを嗅ぎたいけどビクビクとなんだかそれならやめときゃいいのにというほどなんだけれど、気になって気になって仕方がないようで、ご覧のように微妙な表情で“ウィーン”に毎朝挑んでいます。そのうち飽きると思うけど(笑)。


 ちなみに少し前、彼はダイエットに大成功して「もう普通です」と無事に先生から“デブじゃない”認定を受けました(笑)。冬毛でもっふもふなだけです。念のため。



 本日あとひとつアップ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-06 15:51 | 猫、動物

ラ・プレリー スイス アイスクリスタルコレクション発表会。心ゆくまで友人とおしゃべりできますよ

f0221398_15154087.jpg
 先週ラ・プレリー発表会へ行ってきましたよ。会場は表参道のニコライ・バーグマン。


 スイスアルプスの極限化に生息する生命力の高い植物や藻に着目した積極的なエイジングケアのシリーズ。美容オイルが人気ですけれどもね、あらたにアイクリームとエマルジョンが加わります。




f0221398_15162888.jpg
 商品、ちょっとこちら見にくかったかなと思ったので…。





f0221398_1516398.jpg
 おうちで再撮。
 まず、右のエマルジョン。これ私、夏場であれば、化粧水とこれだけで十分いけるなと思いました。とてもみずみずしい乳液なのに、もすごくしっとりして潤いが逃げない。お肌のハリもいい感じです。あれこれ塗りたくない人の、少し早めのアンチエイジングとかにもかなりおすすめ。

 あと、左のアイクリームですね。これ本当に素敵です。まだ数日のお試しではあるけれど、日々、目元のお肌がふっくらやわらかくなってくるし、乾燥しないんです。これを塗った日に、古い友人と長いお茶をしたんですけれども、夕方うちに帰ってきて鏡を見ても、あれだけ笑ったりしゃべったりし続けた後の肌とは思えないほど、目元にシワがないんです。仲良しであればあるほど、まあお茶は長いですからね。話す内容もぶっちゃけてるし、おのずと表情筋使いまくりです。それなのに、このシワのなさ。「よくぞ耐えてくれました」と自分の目元……いや、ラ・プレリー様に感謝しました(笑)。




f0221398_1517314.jpg
 こちらはコフレの展示。シルバーのバッグ(ポーチだったかな?)も素敵です。かなりお得だと思いますよ。これ。





f0221398_15173389.jpg
 最近、本当に空気の乾燥が酷いですからね。しっかりケアして、またひと冬、がんばって乗り切りたいなと思います。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-12-02 15:18 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

ゴッホLOVE。チューリヒ美術館展に行ってきました

f0221398_1704182.jpg
 やっと今日、行ってきました。ずっと行きたかったんだけど、なかなか夫と時間が合わず、会期ぎりぎりセーフで間に合いました。9月からスタートしているのに、あと2週間でお仕舞いですから。ほんとに行けて良かった。

 有名どころがずらっと展示されていて非常に見応えあったのだけれど、個人的にはやっぱりゴッホだなぁ。私はいつも、こういう展示ものって、全体をちゃっちゃと観てから、気になったのだけ戻ってまたじっくり観る、という感じなんですけども、ゴッホはやっぱり戻っちゃうし、眺める時間が一番長い。本当に素敵。

 私は夫と結婚するまで、絵画にはあまり興味がなかったんです。観てもよくわかんないし。実際、一緒に観に行っても私だけ「ふーん」みたいな白けた感じになることが多くて、でもまあ、美術館の建物を見て回るのは好きだし、カフェでお茶もできるしいっか、と思っていたのが、ゴッホを観て、グッときてしまったんですね。ああそうか、わからないっていうより出会えていないだけだったんだと。見た瞬間シンプルに、「ちょーかっこいい」と思いましたからね(笑)。こういう気持ち、自分でも嬉しいじゃないですか。

 絵に限らずだけど、やっぱりその作家やアーティストの個性って、実際観てみないことにはなにもわかりませんよね。たとえば某日本の有名女性画家さんお二人ほど、けっこうファンで、個展に行ったことありますが、実物の絵はたいした感激なかったんですね。すごくがっかりしました。でも、家に帰って、印刷物やホームページなんかをみなおしてみると、「やっぱり素敵」ってなるんです。こんなに美しい絵はないと。
 たとえばミュージシャンやプレイヤーでも、ライブよりCDのほうがいい人、またはその逆で、CDだといまいちだけども実際の演奏はめちゃくちゃ心に響くものがある、とかね。スポーツ選手でもテレビのほうが良く見える(外見がという意味じゃなく)人とそうでない人と。だからといって、どっちがいいとか悪いじゃなくて、それがその人の個性というか。そういうのも含めてやはり、実物を見てみないことにははじまらないよねって思います、なにごとも。
 ともかくゴッホ展日本でやってくれないだろうか。今回も2枚しか展示されなかったし。猛烈にたくさん観たいですね。





f0221398_171588.jpg
 帰りにミッドタウンをぶらりしていたら、パナソニックビューティプレミアムの特設ブース発見。ミストのきめ細かさが半端じゃなかった! 手に試すだけでもその凄さがわかります。これでおいくらなのでしょうと聞いてみたら、「6万8千円(+TAX)です」、「おっとそれななかなかですね」、「はい(にっこり)」と(笑)。でもね、それも納得かしらというほど良かった。スチーマー系で久々びっくりしました。
 ちなみに写真左はミッドタウンのクリスマスツリー。ちっさいサンタがいっぱいぶら下がっててキュートでした。うちもリース出さないと。


 というわけで今夜はエキシビジョン観て日曜日終了。村上大介選手ほんとに良かった~。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-30 17:07 | 日常、その他

エレガンス ラ プードル オートニュアンスの新色最高にかわいい。「ないと死んじゃう」に仲間入り

f0221398_112699.jpg
 本日ひとつめ『ファーストクラス』はこちらを、ボンド・ナンバーナイン セント・オブ・ピースはこちらをどうぞ。




 ラ プードル オートニュアンスの、今月17日に発売したばかりの新色。

 このお粉、もうないと死んじゃうっていうくらい私にとって必需品ですが、この新色もいいですねぇほんとうに。素晴らしくかわいい。
 エアリー 可憐
 という色名がぴったりきますね。
 特に目の周辺。夕方まで“ほわっ”としたやわらかさと可愛らしさが続きます。可愛らしいといってもさりげないニュアンスで品もたっぷりだから、私のような大人がつけても大丈夫。というかむしろ大人こそこれおすすめ。


 忙しくてぎすぎすしがちなときにも、この“ほわっ”と感、いいと思います。表情がやわらかく見えるもの。

 というわけで本日はここまでです。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-27 11:03 | 新作コスメ メイクもの

ボンド・ナンバーナイン セント・オブ・ピース。難なく満たされる香りです

f0221398_1059130.jpg
 本日ひとつめ『ファーストクラス』はこちらをどうぞ。


 このセント・オブ・ピース オードパルファムは、ボンド・ナンバーナインの中で一番売れている香りだそうですね。

 スズラン、シダーウッドとムスク、ブラックカラント(黒いカシス)。

 最近ちょっとお疲れ気味なんですけれども、この限りなく平和な感じと、リスタートを促すイメージは力をもらいます。爽やかで美しくて穏やかで。嗅ぐだけでとっても満たされれて、安心して次に向かえる感じがとってもいい。

 ボンド・ナンバーナイン、本当にどれもこれも素晴らしいです。毎度ほれます。



 いよいよ来週から師走ってなんだか凄い早くないでしょうかね。来年私は気づけば年女です。いろいろがんばろっと……って抱負とかまだ早かったか(笑)。


 本日はあとひとつ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-27 11:00 | フレグランス、香りもの

『ファーストクラス』はもっといがみ合ってくれないと~



 突然ですが。
『ファーストクラス』を毎週観ているんですけれども、前々回くらいから、パワーが減速していてがっかり。心の声も減っちゃってるし、ヒリヒリ感がぜんぜんない。「あーもっと内部でいがみ合ってくれないと」って思うんだけど(笑)、みなさんどう思いますか。ファッション業界そんなもんじゃないだろうって、これじゃあなんの会社でもいいじゃんっていうエピソードだし……。せっかく煌びやかな世界を描いているのにもったいない。それとも例によってスポンサー云々で内容に制約あったりするんだろうか。深読みしすぎ?
 私はあの、ラストのマウンティング発表が好きなんだけど、最近みんな仲良くなっちゃって、その格付けの意味もないしなぁ。なんだか『ゴシップガール』のシーズンいくつだったか忘れたけれども、いがみ合いの元や悪役キャラがブレたりぼやけたりすると、とたんにこういうドラマって緊張感がなくなって熱が冷めちゃいますよね。
 とまあ、ぶうぶう言いながらきっと最終回まで見るとは思いますが。『きょうは会社休みます。』(こちらは録画してます)のほうが圧倒的に面白いなあ今んとこ。



 というわけで、久しぶりにドラマについてでした。
 このあとお気に入りコスメをふたつくらいアップしまーす。今日はあったかい!(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-27 10:57 | 映画・ドラマなど

シャングリラHでアフタヌーンティ。そして健さん

f0221398_1684441.jpg
 先日仲良しO嬢とシャングリラホテルでアフタヌーンティした際、サングラスを忘れちゃって翌日とりに行ったんだけれど、そういえばつい先日も美容室に忘れてきちゃって、後日夫に託してもらったという(夫もそこでやってもらっています)。あー。ついに私もこういう忘れ物をするようになったなー(笑)。気をつけなくちゃ。





f0221398_1691368.jpg
 そういえば先日の高倉健さん訃報は驚きました。私、健さんは死なないと思ってた。そう、思っていた人は多いんじゃないだろうか。連休中、NHK『プロフェッショナル』健さんの回を再放送していたけれども、けっこうカットされていて、でも、そのカットも時間的な問題というより、演出上だったのかな、本放送では健さんの孤高さがもっと映し出されていて、それはそれですごく良かったけれども。なんともチャーミングな健さんの姿も、もっともっと見たかった。本当に残念…。
 余談だけれど、別の番組で(それもNHKだった)、私も大好きな北海道の、はやきたのカマンベールチーズが健さんも大好きだったとやっていてちょっとうれしい(笑)。しかも、最近味が変わったと心配するお手紙がそのチーズ工房に届くなど、なんか健さんあったかいユーザー的エピソードで微笑ましかったです。



 というわけで。健さんの追悼でどっかで任侠ものがんがんやってくれないだろうか、地上波かせめてBSで。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-26 16:12 | 美味しいお茶、食事

RMK発表会。2015 SPRING SUMMER COLLECTION。最高に知的でかわいいマスカラとファンデ

f0221398_17424873.jpg
 本日ひとつめHANAオーガニック発表会はこちらラ ニュイ ドゥース発表会はこちらを、ジョンマスターオーガニック旗艦店内覧会はこちらをどうぞ。


 さて、本日ラストはこちら。RMK発表会。2015年の春夏新色と、新ファンデ。
 会場は表参道ヒルズ内スペースオー。イルミネーションがクリスマスです。ここの建物はこういうライティングいつも美しいですよね。






f0221398_1744239.jpg
 まず春夏から。こちらはそのビジュアルです。ちょうどKAORIさんが就任して1年経ちますが、徐々に、そして確実にKAORIさんの世界観が広がってきています。今回も素晴らしい。




f0221398_17432882.jpg
 こちらはその商品たちです。どん、と一気に写してみました。いずれもですが、特にこちらはクリックして大きくしてじっくりご覧下さい。

 ちなみに説明しますと、一番上段はネイルカラー EX、その右下ネイルの小さいのは、ネイルアートライナー。右上のマーブルになっているのはヴィンテージドロップグロス。このグロス、手の甲などに出して、好きなように混ぜると色んな楽しみ方ができます。1本でも、ファッションによっていろいろ塗り分けできますよ。

 二段目の丸いストライプはヴィンテージスウィーツフェイスカラー。紅茶香りでリラックス。そうそう、グロスにも香りがついてます。4種全部違う香りですよ。

 三段目の花柄のはヴィンテージキャンディチークス。これも見ても混ぜても楽しいです。その右、長方形2色もチーク。おなじみのインジーニアス パウダーチークス Nからの春新色です。

 四段目のストライプは、スウィートシュガーアイズ。いずれも失敗しにくく使いやすいカラー。その右は、インジーニアス パウダーアイズ Nの春新色2色。

 そして右にずらっと並んでいるのはマスカラです。





f0221398_17444160.jpg
 こちらのマスカラ、Wエンドで、上まつ毛と下まつ毛がそれぞれ色が違います。この、色の組み合わせが本当にいい! ちょっと、お写真うまく撮れなかったので資料をぱちりしましたが、その絶妙さ、わかりますでしょうかね。ぜひこちら、店頭で見て欲しい。
 KAORIさんいわく、下まつ毛のカラーは、たとえばちょっと色がついちゃっても気にせず、そのまま肌にボカしちゃってOK、なのだそうです。
 わたくしさっそくやってみましたが、この「はみ出てOK」という気楽さ、なんだか救われますね(笑)。そして、実際ついちゃって綿棒でボカしましたが、なんともいいニュアンスが下まぶたに加わって純粋に楽しいんです。
 きっちりキメるのも美しいけれど、こういう偶然から「あ、案外私、このパターンいけるかも」なんて発見があります。この感じ、ぜひ体験してほしいです。





f0221398_17451013.jpg
 こちらは、今回私の一番気に入った2品。フェイスカラーのイエローグリーンは、大人のくすみ肌にとても心強い。ふわっとやわらかく、肌のトーンを整えてくれます。
 右のチークは、最初これ、つけると一体どうなっちゃうんだろうと思ったのですが、これがどうして、やわらかクールなのに血色もプラス、そして小顔効果もありといういろいろ欲張りな仕上がり。ほれました(笑)。


 インジーニアスとマスカラ以外は限定です。例によってお早めに。





f0221398_17453928.jpg
 こちらは2015年3月発売の新ファンデ、カジュアルソリッド ファンデーション a、b。ベースカラーのaは7色、パールカラーのbは2色で、好きな色をセットできます。
 会場内で撮り忘れてしまったので、おうちでぱちりしましたよ。


 固形クリーム状のものが、肌の上でリキッドのようになじみます。
 別売の専用ブラシ(写真内右)でつけるのですが、こちらの付属ブラシもワザありで、半分に折りたたんで筆の厚みを出しても使えます。いずれも、しっかりつきすぎないよう、あえてたくさん筆にファンデを含まないつくりになっていて、とてもナチュラルな仕上がりです。
 わたくしこちらで、スタッフさんにメイクしていただきましたが、隠しすぎない肌感は、見ていて本当に軽くて気持ちいいですよ。






f0221398_17455879.jpg
 というわけでこちらがファンデのビジュアル。んー。これまたすごくいいですね! フランス映画の主人公みたいな、かわいいのに知的な感じが絶妙すぎます。





f0221398_17461836.jpg
 毎回KAORIさんのコレクションは楽しみですが、今回あらためて、KAORIさんのブルーの使い方にぐっときましたね。“キタノブルー”ならぬ“KAORIブルー”と勝手に私は呼んでいるのですが(笑)、青そのものはもちろん、ピンクやレッド、グリーンなどなど、それぞれの色を引き立たせるためのスパイスとして、青を上手に忍ばせてらっしゃる気がします。ブルーパールの配合量やその大きさ、ツヤ感、また、青という色味のブレンド具合など、感性豊かにブルーが生かされ、表現されている気がします。だからどの色も、かわいいのに甘すぎず、知的さは絶対に外さない。大人女子の強い味方だと私は思います。




 というわけで本日はこれまで。そのうちまた、お気に入りフレグランスやフェイスパウダーなどなど、がんばって時間を見つけアップしようと思っています。
 それではみなさま良い連休を(もう1日終わっちゃったけど)。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-22 17:53 | 発表会 【あ、か】

ジョンマスターオーガニック旗艦店内覧会。インナービューティーバーのジュースおすすめ

f0221398_15581820.jpg
 ひとつめ、HANAオーガニック発表会はこちら、ラ ニュイ ドゥース発表会はこちらをどうぞ。


 本日3つめアップはジョンマスターオーガニック旗艦店の内覧会のようすをちらりと。
 もうオープンしちゃいましたけれども。


 路面店ですので、とっても入りやすいし、心地よい空間もいいですね。表参道っぽい。
 このお店オリジナルのギフトラッピングなどもあるんだそうです(写真中央下)。


 ちなみにこちらは、店舗とヘアサロン、ビューティサロン、インナービューティーバーの4つから構成されたショップです。




f0221398_15594832.jpg
 こちらはトータルビューティサロンの一番広いお部屋で、フェイシャルやボディはもちろん、ヘアケアもできるそうです。

 ちなみにお写真はありませんが、ヘアサロンのみ12月12日のオープンだそう。





f0221398_160284.jpg
 こちらはインナービューティーバー。こちらのコールドジュースが美味しかった! 酸化酵素を壊さないで圧搾されてますし、水分も無添加で、野菜やフルーツの味がすんごく濃いんです。香りも素敵でした。
 ほかには、オーガニックのブラウニーやパウンドケーキ、スムージーなども販売するそう。

 お買い物をしながら美味しくてヘルシーなものをちょっといただくっていう、気軽な雰囲気がとてもグッドですね。




 まだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-22 16:01 | 発表会 【さ、た】

ラ ニュイ ドゥース発表会@オマーン国大使館。肌なじみバツグンの美容オイルです

f0221398_15335110.jpg
 本日ひとつめ、HANAオーガニック発表会はこちらをどうぞ。


 さてふたつめは、ラ ニュイ ドゥース。アロマテラピースペシャリストの日下部知世子さんが立ち上げたブランドで、オマーン産のフランキンセンスを使った美容オイルが発売になるそう。

 というわけで、会場は虎ノ門のオマーン国大使館。数年前に建て替えられた(と、確かスタッフさんに聞きました)というだけあって、もう美しいし煌びやかだし。会場奥のテント(写真中央下)ではハンドマッサージのコーナーも。




f0221398_15343620.jpg
 ゴージャスなゴールドタイル&ブラケットライト(左)。皇太子様、雅子様のお写真も(右上)。





f0221398_1535719.jpg
 大使夫人みずからフランキンセンスを焚いてみなさまをおもてなし。大使夫人、おやさしいし気さくだしで、わたくしすっかりファンになってしまいましたよ。香りも本当に素晴らしかった。





f0221398_15352043.jpg
 さてこちらがその商品です。
 フェイス美容オイル。FとN、という2種類で、Fはフランキンセンス、Nはフランキンセンス×ネロリのブレンドです。


 いずれもスプレー式で、でも、ワンプッシュ本当に微量なので使いやすいです。そしてその微量でみごとにしっとり。
 使い方は、洗顔後、化粧水の前にブースターとしてもいいし、お手入れラストに使ってもOKだそう。また、ふだん使っている化粧水やボディクリームに混ぜたり、マッサージやスカルプケア、寝る前にデコルテ使用で安眠、フレグランスとしてもOK…と本当に自由ですね。


 私はブースターと、ラストのお手入れに使いましたが、いずれも潤いがすばらしいです。洗顔後に使うと、手のひらがすぐに止まっちゃうほど浸透が早くてびっくりします。3~5プッシュをすり合わせ、その手のひらを顔に当てると、通常オイルだと、しばらくつるつると肌の上で手がすべりますが、すぐです、ぴたっと浸透、以上、のような(笑)。
 なので、マッサージのときは量を多めにするか、あらかじめ化粧水や美容液などで潤してから使うなど工夫があったほうがいいですね。それくらいなじみがいい。
 重たさもほとんどなく、朝メイク前でも安心かと思います。これもまた真冬に期待。




f0221398_15353934.jpg
 こちらは展示されていたフランキンセンスのお花(左)と、3種類のフランキンセンス(右)。色が白いものほど貴重だそうですよ。





f0221398_1536766.jpg
 オマーンのスウィーツも美味でした。お写真右のはナツメグ。これも美味。




 というわけでまだまだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-22 15:37 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

HANAオーガニック発表会。乳液がいい!

f0221398_1441372.jpg
 またまたごぶさたでした。
 最近行った中でいくつか発表会良かったものをおおくりします。
 ちょっとお時間ないのでがんがんいきますよ。


 まずはHANAオーガニック。会場は表参道ART・IN・GALLERY。

 こちら5周年&あらたにブランドが生まれ変わったということだそう。
 外箱からしていいですね。紙素材なのでエコですし。





f0221398_1441382.jpg
 こちらは洗顔石けん。ごろんとキューブ型がまたかわいい。




f0221398_14415215.jpg
 このフェイスパウダー、手の甲だけのお試しですが、けっこう素敵でしたよ。粒子が細かく、溶け込むように肌になじみます。




f0221398_1442674.jpg
 そしてこちらがスキンケア。化粧水と乳液(左のふたつ)をひとまず数日使ってみましたけれども、いずれも香りがとっても上品で素敵。ずれも軽いテクスチャーでしっとり感あります。特に乳液がいいです。みずみずしいのに、しっかりと水分を逃がさない。これ真冬も期待してしまいます。継続したいと思います。




 お写真ないんですが、お土産にいただいた、“九州産 自然栽培玄米甘酒”がとても美味しかった。元フレンチシェフも柿木太郎さんというかたが手がける福岡発のマクロビ食材のお店のものらしく、これでお砂糖を使っていない、という明記がにわかには信じられないほどに甘い! 香ばしい香りも最高でした。絶対お取り寄せしなきゃ。



 というわけで。本日はまたいくつかがんばってアップします。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-22 14:43 | 発表会 【な、は】

札幌の旅。三つ星レストラン、モリエールに、赤れんがテラスなどなど


 旅、といっても、夫の実家へ帰省なのですが。
 今年は夏休みがうまくとれず、今頃かなり遅い夏休みで帰って参りましたよ。

 今回はどうしても行きたかったレストラン、モリエールに行ってきました。
 ちょっとお写真なにもないんですけれどもね。本当に素晴らしかったですよ。素材の、特にお野菜やフルーツの香りが豊かでもう。あと、サラダも素敵で、美味なのはもちろんですが、食べ終わったあとのお皿がこんなに美しいとはっ。カスベやフォアグラもいろんなバランスが素敵すぎでした。
「なにか個性的なものを」というオーダーに熱心に応えてくれたソムリエさんも楽しく、本当に良い時間がすごせました。このレストランに行くためだけに、わざわざ飛行機に乗って出かけてもいいかも。





f0221398_1426386.jpg
 なんにもお写真ないのもさみしいなと思って、さっぽろテレビ塔をぱちり(芸がない?笑)。夕暮れ時で、空の色がなんとも絶妙。札幌の大通は行くたびに必ずぶらっと歩きます。この、ひろーい感じが大好きです。
 そういえば、最近できたばかりの赤れんがテラスというビルにもちらっと寄ってきました。東京丸の内・大手町エリアっぽい、イマドキなデザインのおしゃれなビルで、気になるレストランやお店もいっぱい。こちらも今度またゆっくり見たいなー。





f0221398_14261925.jpg
 これは、札幌にあるワイナリーに行ったときの写真。今、北海道では薪ストーブが流行っているんだそうですね。地元の情報番組でやってました。





f0221398_14262816.jpg
 これは、自宅用に買ってきた、ノースファームストックのミニトマトのピクルス。スーツケースでごろごろ運んでしまったせいで、ちょっと瓶の中が濁ってますが、本当はもっと、澄んだピクルス液に可愛いミニトマトがぎっしり詰まってます。





f0221398_14264032.jpg
 どんな味かしらーとわくわくで食べましたけれど、トマトの味が想像以上に濃くてびっくり。お酒のお供にぴったりだね。





 というわけで。足早に北海道のお話でした。

 例によって発表会リポートいくつか溜まっていますので、またそのうちに。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-11-08 15:08 | 日常、その他

グッチ フローラ1966。大人の距離感、わかってくれるといいな

f0221398_1794117.jpg
 本日ひとつめ、red flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKキット、みっつめRMK下地、4つめクルジャンのフレグランスもどうぞご覧下さい。


 というわけで本日ラスト。1日5本ははじめてじゃないかな。さすがに疲れてきました(笑)。

 しかしがんばります、なんといってもラストにふさわしいフレグランスですからこちら。
 グッチのフローラ1966。昨年発売したんですけれども、先日パルファムソムリエールさんに選んでいただいた香りで、目下一番愛用している香りです。いつも言いますが、ソムリエールさんに選んでもらうのは大好きです。いろんな香りと引き合わせてくれるので、なんだかお見合いみたいでわくわくです。


さて。この1996は、1966年、グレース・ケリーのために考案された“フローラプリント”からインスパイアされた香りだそう。
 もうこの時点で相当高貴な感じがしますが、この香りは、グッチ独特の、ともすれば人を突き放してしまうような気高さを含みつつ、硬質さも冷たさもないんです。あたたかいわけではないんだけれど、そこにとどまっていたいような、落ち着いた佇まいがあります。媚びないけれど、気むずかしい女性というわけでもない。人見知りだけれども、人間嫌いというわけではない。恋人はほしいけれど、自分も相手もあんまり積極的というのは苦手。
 そういう大人の距離感を大切に思うような、自己主張が強いけれども相手も尊重できるような気品と複雑なニュアンスが、この香りには含まれています。


 一番最初は、一瞬「メンズかな?」と思うほどにスパイシーですが、少しずつ強さから距離をおいて見えてきた女性らしさ、そしてラストに残す穏やかな余韻。見逃してほしくないなと思います。特に男性にね(笑)。
 ともかく、本当に素晴らしい香りですよ。



 というわけで。本日はこれまでです。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-10-26 17:12 | フレグランス、香りもの

メゾン フランシス クルジャンのア ラ ローズ オードパルファム。探してしまう香りです

f0221398_1618161.jpg
 本日ひとつめ、red flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKキットみっつめRMK下地もどうぞ。



 というわけで本日4つめは、メゾン フランシス クルジャンの10月に発売された新フレグランス、ア ラ ローズ オードパルファム。7月の発表会リポートでも少しご紹介していますけれどもね、また季節をこえて、涼しくなってきてからもいいんですよ。このローズが。

 軽くて透明感があるのにとても印象的。たとえばオフィスやちょっとした個室でのパーティなどで、部屋に入った瞬間に「あ、この香り誰だろう」って、探したくなるような感じ。もちろんいい意味でね。
 たとえば女子同士であれば、どこのフレグランスかと聞かれたときにも、ちょっと自慢になります、絶対。ローズはローズなんだけれどもただのローズじゃない。ミドルノートのスミレのおかげなのか、甘ったるくなくて、薔薇一辺倒な単調さではありません。
 個人的な印象だと、水、を連想させるんですね。なんていうのか、私が勝手に思い浮かべたのは、湖畔。あおあおとした水面には、そばに建つ美しい古城が映り込んでいる、標高は少し高くてとにかく空気が澄んでいる、ずっと遠くまで景色が濁りなく見渡せる場所、のような。それなのに、ローズなんです。うーん本当に素敵。

 さすがクルジャン。透明感と抜け感は、これもいつも言いますけれども、個性があるのにフレグランスビギナーにも使いやすい、非常にハイクオリティなバランスを兼ね備えてるなと思います。これ日本限定の香りなのもいいよね。



 余談ですが。最近わたくし、髪をかなりのショートボブにしたので、何年ぶりかにピアスに夢中です。揺れるピアスと纏う香りと、いろいろコーディネイトするとまた楽しいです。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-10-26 16:24 | フレグランス、香りもの

RMKその2。40代の大人に超おすすめ! 限定メイクアップベース

f0221398_14474537.jpg
 本日ひとつめred flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKコフレはこちらを


 さて本日3つめ。

 相変わらず私はノーファンデ派で、基本は色つき下地で顔色をコントロールしています。何度も言うようであれですが、このほうが断然、シワなんかが目立たないし、なにより夕方のくすみが気にならない。それでも寝不足などでどうにも調子が悪い日は、目元だけシュウ ウエムラのザ・ライトバルブ フルイド ファンデーションとかカバーマークのブライトアップファンデーションをごく微量。いずれも優秀だから、もう、ほんのちょっとで効果絶大。



 色つき下地の色に関しては、オレンジやサーモン、コーラル系。
 RMKのクリーミィ ポリッシュト ベース NのEX-02(コーラル)や、エレガンスのモデリング カラーベース EXのOR200(オレンジ系)は私にとっては今やなくてはならない下地です。塗ると塗らぬでは大違いの顔の明るさや血色の良さ、やわらかそうな肌感の演出などなど、欲しい要素が大概手に入ります。
 ちなみにツヤで言うとこれも何度か書いている気がしますが、シュウ ウエムラのUV アンダーベース ブライトニング ムース。これ本当に凄いんだからもう。





f0221398_14481477.jpg
 というわけで、その鉄板仲間入りになりそうなのがまた出ます、RMKより。
 色味はご覧のように、オレンジがかったベージュ、ですかね。この色味は肌にのせると限りなく透明になるんですが、中に入っているパールが絶妙で、シルバーやゴールドのほかに、ピンクやブルーなどさまざまな色合いの輝きがあって、あたたかみのあるツヤとやわらかい血色が瞬時にon。

 ちなみにこれ、おすすめなのは、朝のメイクはもちろんなんですが、夕方、ちょっとお肌がくすんできたかなぁという時に、頬の一番高い部分にスーッと少量、のばすともう、夕方が朝の顔に戻ります(笑)。本当にもうほっぺがツヤツヤでポッと血色も灯るし嬉しい。

 これ、限定なので大人のみなさまお早めに。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-10-26 14:49 | 新作コスメ メイクもの

RMKその1。クリスマスキットのバッグとぽんぽんにめろめろ

f0221398_14142536.jpg
 本日ひとつめのアップ、red flower発表会はこちらをどうぞ


 本日ふたつめはRMKのクリスマス限定キット。
 このポーチ、ふわっふわの素材感に思わず頬をすりすりしたくなります。セットになったカラーも、甘辛どっちもOKな感じでgood。

 間違いなくこのぽんぽんは、我が家のにゃんの、格好の遊び道具になりそう(笑)。早く隠さなきゃ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-10-26 14:15 | 新作コスメ メイクもの

red flower発表会。ニコライ バーグマンとのコラボコフレが素敵すぎです

f0221398_1414830.jpg
 更新ごぶさたをしておりましたよ。ちょっとばたばたしています。


 最近行った発表会の中で、このred flowerが良かった!



 会場は表参道にあるニコライ バーグマンのショップ。お花に満たされた会場内にうっとりです。




f0221398_1422038.jpg
 撮ってと言わんばかりの素敵さ。独特のカラーもいいんですよね、バーグマン。

 元資生堂インターナショナルのクリエイティブデザイナーだったYael Alkalayさんが1996年に立ち上げたNY発のブランドだそう。ナチュラル素材と香りが特徴的です。




f0221398_142512.jpg
 こちらが商品たち。全5種あって、左のイタリアンブラッドオレンジのシリーズのみ6アイテムで、ほかは4アイテム。ヘアケアとボディがメインです。


 香りが本当にどれも素晴らしくて目移りしてしまいます。どれもクセがないので使いやすいんですよね。
 ガーデニア好きの私としては、スパニッシュガーデニア(写真一番右)にグッときましたけれども、アイスランディックムーンフラワー(中央下)も良かったですよ。なんていうんでしょうか、女子力が高い香りなんです。清楚で爽やかな甘さ。「わーかわいい」と女の子がぱっと飛びつくような感じというより、一緒にいて安心するような、「男の子はこういう女の子が結局好きなんだよなぁ」っていうような香りです。気の強い子がこういう香りを身に纏っていたなら、そのギャップでかなりポイントを稼げること間違いなし、でしょう(笑)。





f0221398_1431920.jpg
 こちらはニコライ バーグマンとのコラボコフレ。キャンドルとセットになっています。この蓋を開けたときの興奮たるや言うまでもないですね。これ。
 このブログを見ている男性ってほとんどいないとは思いますけれども、もし女性のプレゼントに困ったらこれ相当おすすめです。
 限定なのでお早めに。伊勢丹新宿本店メンズ館などで発売だそう。





f0221398_144382.jpg
 この日のフードは、ブランドにちなんでいるのかな、ナチュラルヘルシー系でしたよ。見た目にもキュートで楽しいよね。どこのお店なのかと聞いてみたら、MANGOSTEENさんというケータリング専門のお店なんだそうです。




 というわけで。
 本日はあといくつかがんばってアップします(予定)。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-10-26 14:04 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

ペボニア・ボタニカ発表会。マイクロレチノールでお肌つるっつる

f0221398_17304911.jpg
 少し前になりますが、大好きなペボニア・ボタニカの新製品発表会へ出かけました。
 会場は外苑前のAQUAVIT。ここの建物は色んな展開があって見所が多い。





f0221398_17312147.jpg
 商品はこちらですよ。
 マイクロレチノールライン。洗顔料、化粧水、美容液、保湿クリームの4アイテムで、すべてに独自開発のマイクロレチノールを配合。ターンオーバーの乱れを正してシワやたるみ、くすみ等々の改善を目指すというもの。

 使用量をしっかり守ること、他の商品と組み合わせずこのラインの商品のみ使用すること、夜用美容液は肌がレチノールに慣れ始めた2週間目以降より使用するなどなど、注意事項を読めば読むほど期待が膨らみます。もともと私はレチノール製品との相性がいいので、よけいにね。






f0221398_17313217.jpg
 と、いうわけでお試し開始より2週間経ちましたが、今、私のお肌はなめらかでつるぴかですよ。「ツヤ系の下地塗ってる?」のような光沢が顔全体に広がっていて、顔の立体感、メリハリも絶好調。
 もちろん透明感も素敵です。この感じで、例えば目元のクマなんかを隠したくてこってりコンシーラーを塗るなんてもったいない、絶対。という感じ。


 ちなみにこのクリーム、とても肌なじみがいいんですよね。香りも柑橘系でありながらどこかホッとする、肩の力がするんと抜けるような、独特の、ペボニアならではの忘れられない香り。






f0221398_17315383.jpg
 この日は、コース料理をいただきながら、ゆったりとした会でした。お料理も美味しかった~。





f0221398_17335254.jpg
 以前も書きましたが、ペボニア・ボタニカは一貫して自社工場内で製造しているために、内容のわりにはお手ごろ価格というのもポイント高い。



 今年は、あっという間に秋になってしまい、肌ケアが追いつかずにいたんです。急に気温も湿度も下がってしまったから、それとともに乾燥やらシワやらくすみやらが一気にやってきた、という感じで。でもこれで一旦リセットして、本格的な冬ケアに移行できるかしらと。冬支度だね。10月29日の発売です。

 ちなみにこちら、エステサロンでもマイクロレチノールのコースが受けられるもよう。そういえば直営サロンもオープンしましたよね。行かなきゃだね。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-09-28 17:40 | 発表会 【な、は】

秋 ②   白&紫式部

f0221398_16371814.jpg
 本日ひとつめのアップはこちらをどうぞ


 庭には白式部と紫式部の実がたわわに。





f0221398_1637311.jpg
 花瓶に生けて飾りました……と、ももがさりげなくフォトボム(笑)。





f0221398_16405910.jpg
 帰省すると、ももちゃんの定期検診に必ず付き添います。大病乗り越えたとはいえもう年だしね、なるべく一緒にいてやりたいなと思います。
 ちなみに本人は、こちらが恥ずかしくなるほど待合室で鳴きっぱなし(笑)。元気はつらつ。(c)Kirei no Honne
[PR]
# by kireinohonne | 2014-09-16 16:41 | 日常、その他


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧