キレイの本音



ブルーベル・ジャパン発表会④ ラストはブルガリ オ・パフメ オーテブルー。そしておまけもちょっと

f0221398_16234239.jpg
 ブルーベルその①はこちらを、その②はこちらその③はこちらをどうぞ。

 昨日アップしようと思ったんですが、疲れ果てて寝てしまいました(笑)。
 というわけで、ブルーベル発表会のラストは、ブルガリのオ・パフメ オーテブルー。

 2階に設けられたこちらのブルガリの間で、存分に香りと世界観を堪能。





f0221398_162407.jpg
 緑茶のオーテヴェール、白茶のオーテブランに続いて、青茶(ウーロン茶)をモチーフにした香り、オーテブルーが登場(9月30日発売)。





f0221398_16241137.jpg
 こちらはオーテブルー オーデコロン。

 トップは爽やかなラベンダーに日本でもおなじみのシソリーフ。
 ハートノートは、バイオレットにウッディ調。
 ラストはイリスとムスク。

 個人的には、グリーン、ホワイトよりこのブルー断然好きかも。
 トップのシソの香りが、でしゃばりすぎずにいいアクセントになっていて、透明感があるのに印象的。そしてだんだんと、ウーロン茶のようなほっとするイメージになって、なんていうんだろう、肌なじみがいいんですよね。これだけ華があるのに。
 なじみがいい&オーデコロンなので、手首につけても嫌味なし。寝るときに、足首にワンプッシュするのもおすすめなんだとか。ふわっと香りが上がってきて心地よく眠れるんだそうです。そう言われると、心地よい上質な下着、のようなポジションの香りかもね。お出かけドレスではなく、自分の肌と生活に、一番近い存在。





f0221398_1625127.jpg
 こちらはシャンプー&シャワージェルと、ボディミルク。
 オーテヴェール、ブランも同様に、オ・パフメにホーム&バス製品のアイテムも加わったそうです。





f0221398_16254991.jpg
 こちらはキャンドル デラックス。ギフトによさそう。





f0221398_16261315.jpg
 そうそう、ギフトといえば! リフレッシングタオル(おしぼり)もおすすめっ。
 こちらは展示されていたオーテヴェールなんですが、この右からふたつめの細長いパッケージがそう。手を拭くとふんわりやさしく香ります。パーティなんかに持って行ったら、すごい話のねたになること間違いなし。15本入り¥6,100+TAXですわぉ。
 ちなみにこの6月から、ロゴがゴールドになるなどちょっとしたリニューアルがあったのですよね、オ・パフメは。ラグジュアリー感がさらに増した印象です。





f0221398_16262365.jpg
 というわけで、ブルガリの間でふるまわれたのはもちろんブルガリのチョコ。そしてウーロン茶。美味。







f0221398_16263752.jpg
 ひととおり見終わったら、ブルーベルの発表会の最後のお楽しみ、フレグランスを選んでいただくコーナーへ。

 もうこのずらっとならんだフレグランスたちが素敵すぎて。
 私いつもこのコーナーを見て思うんですが、こういうフレグランスのクローゼットみたいなもの、自分のうちにいつかほしいなあと。今日はどれにしようかなとか。考えるだけでもう楽しいです。




f0221398_16265414.jpg
 毎回、違ったパルファムソムリエールさんに選んでいただくんですが、今回はこちらをご紹介していただきましたよ。
 手前から時計回りに、グッチのウードに、ナルシソ ロドリゲスのフォーハー ムスクコレクション オードパルファム インテンス、そしてアニック グタールのケラムール オードパルファム。

 いずれも「ひとことでは言い表せない複雑な香り」という私の好みを見事にくんでくださったチョイス。
 ナルシソは当然ながら、グッチのウードも、ちょっと普通のウードの香りよりもいい意味でひと癖もふた癖もあって圧巻。
 ケラムールは、アニック グタールらしい清潔感、可憐さがあふれる花々の香りで、なんの花、ではなくて花束をもらったときのような幸福感があってすごい。こんなかわいい香りを私がつけてもいいんだろうかと申し訳なくなるくらい可愛らしい印象なんですが、時間とともに次々現れる花の表情にラストまで飽きず、単にハッピー全開だけではなく、穏やかさや優しさ、たおやかさを含んで、実は大人にもおすすめのかわいらしさかなと。こういう香りもまた、選んでいただかないと出会えない香りですね。






f0221398_162825.jpg
 ここからはちょっとおまけ。
 数あるその他のブルーベル取り扱いの香りたち。
 ふだんももっと、こういう既存の香りを紹介したいのですが、いつも新作もりもりで力尽きてしまうんですよね(笑)、ですが今日はがんばって少しだけご紹介。

 ブルガリのアクア アマーラ、アクア ディヴィーナ。ともかく素敵。アマーラは女性もぜひ。





f0221398_16281699.jpg
 ジャン パトゥのジョイ。この高貴な香り。似合うように年を重ねたいなと思わせるような。





f0221398_16283642.jpg
 メゾン フランシス クルジャンのウード。私がクルジャンの中で一番好きな香り。かなり神秘的。ユニセックス。





f0221398_1629653.jpg
 クリードのアバントゥス。文句なしの紳士。恋人や旦那さまにぜひつけてほしいメンズフレグランス。



 いずれもすでに人気の香り達ではあるけれど、新作だけ追うのではなく、すでにあるよいものに目を向け直すのも私は好きだし大切だとおもいます。かつて見たいまいちの映画や本が、時を経て自身がそれを受け止められるようになるのと同じで、香りの感じ方も変化しますしね。
 フレグランスに限らず、ほんとうはもっとこういう機会を増やしたいんだけどなかなか思うようにいきません…。
 今後もできるかぎりがんばります。毎日暑いけど(笑)。


 というわけで。ブルーベル・ジャパン発表会でした。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-07-25 16:39 | 発表会 【な、は】
<< トレーニングで夏バテ解消。関係... ブルーベル・ジャパン発表会③ ... >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧