人気ブログランキング |

キレイの本音



ドルチェ&ガッバーナ プールファム インテンス オードパルファム。気の強い女性って実は

f0221398_22145624.jpg
 本日もうひとつアップしたラッシュはこちらからどーぞ


 さて、本日もうひとつはドルチェ&ガッバーナのフレグランス。これももうじき発売の商品ですね。


 香調はオリエンタル フローラル。
 トップノートは、ネロリ、グリーンマンダリン。それに続いて2種類の高貴なホワイトフラワー、クリーミーなオレンジフラワーにチュベローズ。
 ラストはサンダルウッドにムスク、そしてギモーヴ(マシュマロ)。


 重厚でパワフル、そして官能的なムードで、ドルチェ&ガッバーナらしい香りなんですけれども、私はこの、ラストに顔をのぞかせるギモーヴの香りにちょっとどきっとしてしまいました。気の強い女性のベールをひとつひとつ剥いでいくと、とても安心感のある、人懐っこい可愛らしさに辿り着く、のような。

 確かに最初から、このクリーミーな甘さは見え隠れしているのですが、時間が経ち、ゴージャスな香りたちが去ってみると、案外この最後に残った甘さは、エロティックというよりも可愛らしいということに気がつきます。ただし、ここまでしっかり時間をかけて、お付き合いしてみないとその顔は見られないし、そもそも「なんか強そうな感じ」と決めつけていては、この甘さも単なるセクシーということで片付けられてしまいそう。


 強そうに見えて、女ってフクザツなのよ? そこのところをわかってほしいのよね。


 とでも言っているようなこのギモーヴの甘さを知ってしまったら、ちょっとこれは、クセになります。自分でつけていても、強気一辺倒ではない、どこかほっとするこのラストの香りに救われるんです。



 明日は台風大丈夫なのかなぁ。実は明日、東京国際映画祭に映画を観に行くのですよ。
 この香りをシュッして出かけようかな。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-24 22:16 | フレグランス、香りもの
<< 『アデル、ブルーは熱い色』、『... ラッシュのルドルフ。ちょっと使... >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧