キレイの本音



香りがわかるって素晴らしい。ボンドNo.9ほか

 ここ数日、鼻づまりの影響で何を食べてもまったく味がわからずに、さすがの私も珍しく食欲がなくなりました(それでも痩せてないのが悲しい)。今朝からやっと少し治まってきまして、「美味しいって素晴らしい!」なんてしみじみしています。
 無臭の拷問から解放されて、うきうきフレグランスを仕事部屋にふりまく私。ふりまく、といっても、ムエットやメモ用紙にしゅっとしてデスクに貼るだけなのですが、ボディにつけるよりも、全身が香りで包まれて心地よいのです。うち使用はこの方法が一番好き。



※以下の写真、クリックで大きくなります。
f0221398_16185176.jpg
 こちらはお気に入りのボンドNo.9(ボンドナンバーナイン) ウエストサイド オード パルファム。ボンドNo.9はすべての香りがニューヨークからインスパイアされた香りたちで、こちらのウエストサイドは、カーネギーホールやコットンクラブなど、音楽の街にふさわしいマンハッタンのウエストサイドをイメージ。香調はローズ、イランイラン、ピオニー、サンダルウッド、アンバー、バニラ、ムスクといった甘め中心の香りです。
 甘い、といってもふんわりではなく、コンサートやライブに出かけたり美味しいお酒を飲みに行ったりという“夜”な感じ。「なにかのカクテルみたいだな」という印象で、ムード系、セクシー系ではなく、あくまでこのト音記号のように楽しいのが好感度高いです。
 裏返しますと……



f0221398_16191276.jpg
 ト音記号がいっぱいでまた楽しい。
 以前もご紹介しましたが、アンディ・ウォーホルの作品をプリントした限定品など、ボンドNo.9のフレグランスたちはいずれもパッケージやイメージがポップ系。正直このボトルだけ見るとカジュアルすぎて「大人にはどう?」と思いますが、実は中身が濃厚なのです。賦香率(香料の濃度)が18~22%と高くて、これは通常のオードパルファム(10~15%)を通り越しパルファム(20%)レベル。香りがしっかりしているし長持ちするので、とっても贅沢な気分に浸れます。



f0221398_16193755.jpg
 こちらはまたがらっと印象が違いまして、ラグジュアリーむんむん。ラ・プレリーのライフスレッズ ゴールド(オードパルファム)。『人生の糸』という名のフレグランスで、香調はフローラルオリエンタル。白檀のような香りも漂って優雅で気品たっぷり。もちろんイメージままのエレガントな装いの時でもいいけれど、シンプルだけど生地や仕立ての良いスーツをきちっと着て「さあ働くわよ」というな時にもいいかと思います。いずれにせよ膝から下につけるのがよろしいかと。


 そういうわけで本日も平家の長男坊の暴れっぷりに期待わくわく。前回もまた派手に多くの人たちに迷惑をかけていましたね(笑)。某ライター氏が『少年マンガのような演出』とコラムで評されていましたが、これからどういう展開で大人っぽくなってゆくのか楽しみでなりません。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-02-19 16:21 | フレグランス、香りもの
<< 春恋し。野菜フレンチでダイエット レブロン発表会。カラーステイ ... >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧