キレイの本音



おべんとうの時間



 ちょっとばたばたしていて、たまりにたまった発表会の写真がなかなか整理できません。落ち着いたらどどっとアップしていきますのでいましばらくお待ちを。
 というわけで。今日は息抜きアップです。



※以下お写真、クリックで大きくなります。(一部除く)
f0221398_18324914.jpg
 こちらは先日立ち寄ったお花屋さんでミニサボテンたちが並んでいたのを見て、ついぱちりしたものです。可愛いのはもちろんですが、「なんだかスウィーツみたい」と思った私はやはり食いしん坊なのでしょうか。イメージはケーキバイキングです(笑)。



f0221398_18325926.jpg
 こちらは少し前に読んでなかなかご紹介できずにいた本。『おべんとうの時間』(木楽舎)です。阿部 了(写真)、 阿部 直美(文)というご夫婦が、全国各地の人々のおべんとうを取材したフォトエッセイ集。全日空機内誌『翼の王国』に連載されているものを書籍化したもので、ご存じの方も多いのでは。夫の了さんはNHKの番組、『サラメシ』でもお弁当取材していましたね。この番組また復活しないのかなあ。
 それはさておき。この本ですが、まず構成がいいんですよね。ひとりにつき2見開き4ページで、最初の右ページに取材した方のお弁当を食べている場所(職場などですね)でご本人立ち写真断ち落とし、その左にはお弁当のドアップ真俯瞰写真がこれまた堂々断ち落とし。ページをめくってその方のお名前、職業、お弁当を実際食べてらっしゃる小さめのお写真、そして最後左ページに2段組で文章、という流れ。次のページをめくらないとその方の詳細がわからない、あくまで最初の見開きは写真だけでその方を語っているという感じで、なんといいますか、写真集でありエッセイでありという共存が上手にできているなあと思いました。雑誌『翼の王国』ではどうしてもエッセイ色が強いページ構成で、もちろんそれはそれで素敵ですが、書籍となれば、これくらいのページをめくったときのドラマ性があるとよりわくわくしますよね。
 また、個人的には職業柄どうしても、写真より妻・直美さんの文章に注目してしまうのですが、本当に素敵な文章で、お弁当にまつわるその人の人となりがじんわりとにじみ出ています。その人のお弁当の内容から、誰がつくったものなのか、たとえば「これはうちのかみさんがさあ」というようなたわいもない雑談から、その方の物語が紡がれていきます。これがもう泣けるんですよねえ。
 そういえばこちら、林真理子さんが帯のコピーを書いてらして、やはり文章を絶賛してましたね。まだ読んだことのない方はぜひぜひ。



f0221398_18331268.jpg
 そして最後に、今年のクリスマスの飾り付けなどなど。靴下の刺繍はお義母さん手作りのいただきもの。右上は去年も買ったシュトレン。リースはもう少し大きいのを玄関に飾って、この小さいのは靴下とともに家の中に飾りました。



 というわけで。本当に本日はまとまりないアップですがすいません。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2011-12-07 18:40 |
<< pdc発表会。キメキュート、ジ... 秋晴れの庭 >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧