キレイの本音



こういう女性を見ると、年をとるのが楽しみになります

f0221398_11161120.jpg 昨夜、六本木ヒルズ スカイスタジオで行われた、Dove Pro・ageトークイベントへ。フリーPRプロデューサーの飯野晴子さんが毎回ゲストを迎えナビゲートする、潤いのある人生をおくるためのヒントのお話。今回ゲストは前『日経ヘルス』、『日経ヘルスプルミエ』編集長の西沢邦浩氏(下写真)。スライドを使いながら、いかに明るく楽しく生きていくのがアンチエイジングにも繋がるか、科学的な見地からも解説しながらの楽しいお話会だった。
 飯野さんは通称・飯野ママとして人気急上昇中。20代で結婚、一旦家庭に入るが離婚後35歳で初めて就職。広告代理店の営業ウーマンとして活躍後、1995年より女性だけの広告代理店 株式会社電通EYEのPR営業部長として、化粧品ほか、ルイ・ヴィトン、フェラガモ、ポルシェ、BMW等、数々のブランドを担当。2004年に同社を退社後、現在はフリーのプロデューサーとして数々のラグジュアリーブランドのプレスイベントを演出する、という経歴の持ち主。この経歴を見るだけでも十分元気をもらえるのだけれども、飯野さんは現在、千葉県の海沿いの町にお住まいで、お仕事ほか、そうした日常を綴られたwebコラムがおもしろくてパワフル。東京と千葉を行き来するハードなスケジュールの中、ご自宅にはいつも大勢のご友人たちが訪れて楽しそう。友人をたくさん持つということが、楽しく美しく年齢を重ねるのにはとても大切なのだと、昨日もお話しされていたけれども、彼女はそれを実践し、しかも実際お美しくクレバー。f0221398_11163389.jpgf0221398_11164668.jpgラグジュアリーでカリスマ性がたっぷりありながらも「しまむらが好き」と公言する。昨日も黒のミニドレスにニーハイブーツがものすごく格好良く、「素敵なエナメルですね」と言ったら、「これもしまむらなの、ビニール製よ」とお茶目に微笑まれた。実は私もしまむらのパンプスを一足持っていて嬉しくなり、「履きやすいんですよね」などと盛り上がってしまった(笑)。
 私のへたくそな写真がなんとも申し訳なく、飯野さんの美貌ぶりはコラムでぜひ。ほぼ毎日更新してらっしゃいます。
 というわけで。「化粧品のご紹介を」と昨日言ったのにもかかわらず、本日もできませんでした。すみません。ただでさえ書きたいことがあるのに、こうも涼しくなってくるとさらに書きたくなってしまい、いろいろが追いつきません。涼しいって最高(笑)。では、明日こそは。
(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2010-09-16 11:21 | 大人キレイ雑記
<< これがほんとの“ジェル クリーム” “透ける”日本女子 >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧