キレイの本音



立ち漕ぎアイテム

f0221398_1120517.jpg パラドゥのトリートメントリムーバーを、切らせてしまった日のことを私は忘れない。
 真夏だったあの夕方近く。お出かけ寸前に剥げたネイルを発見、ひとまず一度塗りでもいいから塗り直そう、と除光液を取り出すと、やけに軽い、ちゃぷちゃぷという音。コットンに湿らせてみるとそれは、どう考えても片手分を落とすくらいの量しかない。
「いや大丈夫。私は美容ライター、なんとかしてみせる」という慢心むなしく、片手どころか、指先から色が消えたのはたったの2爪半。時計を見る。近くのセブン-イレブンまで徒歩10分。逆算すれば選択肢は自転車しかない。
 みんみんと騒ぐ蝉の声を聞きながら、夕暮れ迫る道を私は、数十年ぶりに自転車を立ち漕ぎした。腿がつる、汗が噴き出る。緩い坂が長すぎる。
 息も絶え絶え、ききっと自転車を店頭に止めるが、すっぴん、どろ汗、ネイルが半端に取れたオカルトな私を店員さんは冷たく一瞥。「420円です」と言われるがまま、私は無言で小銭を渡し帰路についた。
 白くならない、なのにすぐ落ちる。
 私はどうしても、このリムーバーじゃなきゃ駄目なんである。
                                      (c)tw1994

人気ブログランキングへ
ぽちっとよろしくお願いいたします。

[PR]
by kireinohonne | 2010-03-12 11:23 | お気に入り その他
<< 淡いアイシャドウ リップライナー、ほんとの選び方 >>


writer和田とも子 Copyright©2010-2018 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧