キレイの本音



<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


アニック グタール ローズポンポン。このうえなく華やかでチャーミング! それなのにこの余韻はずるい

f0221398_10474436.jpg
ローズポンポン オードトワレ 50ml ¥15,200+TAX、100ml ¥20,100+TAX



 2月に発売になったアニック グタールのローズポンポン。以前、発表会リポートでもお伝えしましたが(→コチラ)、予想通り、現在かなり愛用中です。

 ガーデンローズの一種、ローズポンポン(センティフォリア)を、華やかなグリーン系のブルガリアンローズと、希少なタイフローズの2種類のローズエキスで表現。トップにはフレッシュなローズとともに、ピンクペッパーやブラックカラント、ラズベリー。そしてピオニーやウッディなシダー、パチョリ、ホワイトムスク、等。


 ……香りの内訳はこんな感じですが、実際香ってみた印象は、これもリポートでちらっと書きましたが、アクニック グタールにしてはとても派手。上品さはキープしつつも、このうえなく積極的な女性像が浮かびます。明るくて行動的でチャーミング、おしゃべりも大好き。それなのに、ふともう一度、振り返って姿を目で追ってしまうような、しなやかで濃密な美しさを周囲に残していきます。
 開放的で幸せ感たっぷりな雰囲気は、私も大好きなケラムール(→コチラ)と同じ方向性なんですけれども、きらきらとハッピーが降り注ぎ続けるケラムールに対して、このローズポンポンは、外向きな明るさのあとに見せる、この独特な余韻が本当にずるいなぁと。気になって仕方ないんですよね、このギャップが。こう見えて実は……的なムードを醸しつつも、結局一周まわってシンプルにチャーミング、にはわかりないんです。その、さじ加減が素晴らしい。毎日つけたくなる楽しさがあるのに、絶対飽きない。ふんわりと甘い香りに包まれるのに、甘ったるさに埋もれない。すべてがちょうどよく整った、見事なローズポンポン。本当に私、ここのところ毎日使っているんです。




f0221398_10491377.jpg
 ちなみに、こちらはお写真別バージョン。チャーミングな香りをそのまま使うのはちょっと個人的には照れくさいので、あえて辛めのファッションにあわせていますが、もちろん素直に、こういう可愛い感じの印象のまま、うきうきと使うのもおすすめですよ。自分らしく香りは楽しまないとね。






 というわけで今日からフィギュア世界選手権。ものすごく楽しみ。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-31 11:01 | フレグランス、香りもの

アンプルール ラグジュアリーホワイト デイ&ナイトクリーム。輝く肌って、老けようがないですから

f0221398_15491092.jpg
ラグジュアリーホワイト デイ&ナイトクリーム 30g ¥9,000+TAX


 今週でいよいよ『あさが来た』が終わってしまいますが、ここにきてますます波瑠さんの肌の美しさが際だっててすごいなと。設定的には、現在主人公のあさはおそらく50代。髪型や少しの白髪や服などなど、スタッフさん総出で24歳の波瑠さんを50代に仕上げています。もちろんメイクもトーンをくすませ、わざとらしくない程度に大人肌を演出しています。が。隠しても隠しても、波瑠さんのあの、つやっつやな素肌は、ライトが当たった瞬間、ぴかりと見事に輝きます、ああ彼女はやっぱり24歳、しかもとびきり肌の美しい女優さんなのだと思い知らされます。
「50代を演じるからとはいえ、そこはやはり女優さん(しかも主役)だから」的な配慮もあってのつや肌残し、かしら、なんて深読みしなくもないけれど、ともあれ波瑠さんの肌が上級に美しいのは確かです、お会いしたことないですが。
 というわけで、なにが言いたいかと言えば、肌に輝きがあると老けようがないということです。髪、顔、体。ともかく、つやが、大事です。
 このアンプルールの今月発売になったばかりの新クリーム、一応美白カテゴリーらしいのですが、ハリつやでより、透明感ある肌に導くというタイプのものです。
 実際使うとまさにそのとおりで、例えばマット系のお粉なんかをつけても、その奥からにじみ出る素肌そのものの輝きが素晴らしい。鏡を見ながら思わず顔を右に左に振ってみたりして、頬や顎先などに現れる光沢に惚れ惚れしています。
 何度も言いますが、とにかくつやと輝き。これに勝るものなしです。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-28 15:50 | お気に入り スキンケア

イプサの化粧水とメタボライザーは間違いないです

f0221398_2362133.jpg
左から、ME センシティブe 2(175ml ¥5,500+TAX)、ザ・タイムR アクア(200ml ¥4,000+TAX)


 私、化粧水が好きなんですけれどもね、イプサの化粧水・化粧液はなじみがよくて、ストレスなく使いやすいものが多くて大好きです。

 しゃばしゃばの液体なのにしっかりうるおうザ・タイムR アクアは、発売当初からの大ファン。ローションパックにするとまた、一段とぷるんとした手触りになります。
 ME センシティブe(私が使っているのは2、のほう)は、とろんとなめらかで肌にやさしい。とってもクセがないんです。疲れたときにもそっと肌をうるおしてくれます。

 手持ちのこの2品、もうけっこう減ってます(笑)。いずれもしっかり容量もあるから(特にアクアは200ml)、毎日心おきなくたっぷり使えるんですよね、そこもいい。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-25 23:06 | お気に入り スキンケア

梅佳代ちゃん届いた!

f0221398_21441435.jpg
 本日ひとつめライオンは→コチラをどうぞ。


 連休中にぽちりした、梅佳代ちゃんの写真集が届きました。
 実はここ最近、梅佳代ちゃん追いかけてなかったんですが、つい先日、キョンキョンの雑誌の記事を書いた際(→コチラ)、この『MEKURU』に梅佳代ちゃんが連載しているの発見し、プロフィールに知らない写真集の名前があったので、ぽちっとしたんです。これで梅佳代ちゃん、また全冊揃った。むふ。疲れたら梅佳代ちゃんで笑うに限る。





f0221398_21461234.jpg
 そういえば、梅佳代ちゃんの『男子』(リトル・モア)と、アラーキー氏の『さっちん』(新潮社)、似て非なるもの、っていうのは、こういうこというのよねと、衝撃を感じます。この瞬発力。生っぽさ。声が聞こえてきそうな少年達の表情。
 デジタルの世界は私も嫌いじゃないです。便利だし。どんどん精度もあがっているし。
 ただ、こういうの、ゆっくりとページを繰ると、その視覚だけでなく、指先から伝わる紙の手触り、ページをめくるたびにわずかに動く空気、音、匂い。ああ、芸術っていいなと。……ちょっと大げさかな?(笑)
 ともかく、好きな写真集を繰る時間はかけがえのないものだと、私は思います。大好きな時間です。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-23 21:49 |

気づけばオーラルケアはすべてライオン

f0221398_15244395.jpg
 このクリニカ以外にも、デンターシステマなど、私はデンタルケア、気づいたらすべてライオンなんですよね。かなりいろんなものを試してきたつもりだけれど、結局どれも、ライオン製品が一番、使いやすくて、ここ何年も、ずっとライオンオンリー。

 ちなみにこのクリニカ アドバンテージは、2月にリニューアルしたんだそうです。知らなかった。
 チューブタイプは、さらに歯垢を落としやすくし、フッ素を歯の表面に長く留めて虫歯進行を防ぎ、殺菌成分で虫歯原因菌を撃退などパワーアップ。液体歯磨きは、新配合のコーティング剤配合で、就寝前に使用することで虫歯予防、歯肉炎や口臭予防が期待できるのだそう。これはさっそく試さねば。
 実は私、歯の矯正以来、就寝時のみリテーナーを使用していて、これのお手入れに液体歯磨きを使うようになったんです。もちろんリテーナーはキレイになるし、歯磨きの最後、ちょっと仕上げに使うだけで歯の状態も保てるし。震災以降CMでもやっていますが、水がなくても歯磨きができるから、ひとつあるとなにかと便利だと思います。





f0221398_15245752.jpg
 これももう、何本リピートしたかっていうくらい大のお気に入り、クリニカ アドバンテージ ハブラシの超コンパクトタイプ。超コンパクトだから奥歯までしっかり届くし、なによりこの、極細ブラシがいいんですよ! 本当に細かい歯と歯の間や、歯と歯茎の間とか、もうすみずみまでばっちり磨けてしまいます。磨き終えたあとのこのツルツル感は毎度うっとり。
 ブラシはほどよいコシがあるから、力をかけずに磨けます、安心。ちなみに私は、かたさは“ふつう”を愛用しています。






f0221398_15252172.jpg
 フロスもクリニカ。ワックスタイプ。これも使いやすいです。パッケージがかわいいのも気に入っています。

 フロスは一度やると、もうやらずにはいられないんですよね。最初、慣れるまで面倒なんですけれどもね、もう、絶対オススメです。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-23 15:28 | お気に入り その他

鯖サンドな連休。占いを拡大解釈してはなりません

f0221398_15162256.jpg
 タモさんがテレビでつくっていた鯖サンドが食べたくて、見よう見まねであれこれアレンジも適当に加えて、これが今のところの我が家の鯖サンド、最終形です。パンじゃなくてトルティーヤのほうが食べやすいし低カロリー。そして鯖は“骨とり鯖”を買ってくると非常に簡単です。
 マヨネーズは豆乳マヨを使用。野菜はセロリ、人参、レタス、チコリ。思っている以上に鯖にパンチがあるので、セロリやチコリなど香りの強いものや苦味のあるものを一緒にはさむとバランス良く、大人のサンドになります。
 ちなみに写真は、「トルティーヤって、ちょっとでも焼きすぎると硬くなって、くるん、と巻けなくなるので注意」、の図。
 ……とね。
 別に料理ブログを書きたかったわけではなく。
 今日のわたくしの星座、蟹座は1位とかで、“アドバイス:好きなものを食べる”とあったんですよ。
「それじゃあ今日は、なに食べても太らないよね!」
「いや太るよ」
 と、朝から希望的拡大解釈に走る私とそれを冷笑する夫の地味な舌戦ののち、当然ながら圧倒的に正論な夫の意見に、昨日のランチにつくったこのヘルシーサンドを見て私も落ち着きを取り戻して、「たまにはフライドポテトLサイズ(1位だし! 連休だし!)」は幻と消えたのでした。
 そんなわけで連休は、壊れた鍋を買い換えて(楽天)、大好きな梅佳代ちゃんの写真集をぽちっとして(アマゾン)、たまった本をばんばん読んでる、いつもとあんまりかわらない日々です。でもけっこう好きなのよ。こういうの。(c)Kirei no Honne


●以前アップした北大路公子さんの記事内にて誤りがありました。キミコさんと山本文緒さんが一緒に旅をするエピソードが収録されているのは、『ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく』(寿郎社)ではなく、『石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常』(集英社文庫)でした。すみません。記事はすでに訂正ずみです→コチラ
by kireinohonne | 2016-03-21 15:19 | 美味しいお茶、食事

表参道ヒルズ④ セルジオ ロッシ。メンズがまたいいんです

f0221398_1551565.jpg
 その①オーガニックファーマシーは→コチラ、その②メゾン ミハラヤスヒロは→コチラ、その③ジュゼッペ・ザノッティ・デザインは→コチラをどうぞ。


 ラストはセルジオ ロッシ。




f0221398_1593121.jpg
 かわいい!






f0221398_1594127.jpg
 圧巻。





f0221398_20427.jpg
 ちょっと写真ボケちゃったけれどこれ本当に美しいです。しかもとても軽い。





f0221398_201567.jpg
 黒×ゴールドなのに上品さキープ。





f0221398_202717.jpg
 ヒールなしバージョンのほうが使い勝手はよさそうかな。






f0221398_204029.jpg
 メンズも良かった!





f0221398_20507.jpg
 このありそうでなかなかない存在感。






f0221398_21835.jpg
 ちょっと見えにくいですが、ソール部分にぐるりとファスナーが。






f0221398_212562.jpg
 これも、見た目以上に軽くて柔らか。この質感なら冬以外でもいけそうです。





 というわけで以上です。


 
 今、『24』のシーズン1をBSで観ていたら、ルー・ダイアモンド・フィリップスとデニス・ホッパーが出てきてびっくり。当時あんなに死ぬ気で観ていたのに、すっかり内容もろもろ忘れてますね。特にルー・ダイアモンドは懐かしすぎて、「あー『ヤングガン』久しぶりに観たくなったなぁ」と確か当時も思ったなと、今思い出しました(笑)。
 それでは今日はここまで。お休みなさい。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-18 02:06 | 発表会 【あ、か】

表参道ヒルズ③ ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン。実はお洋服も素敵です

f0221398_0434522.jpg
 その①オーガニックファーマシーは→コチラ、その②メゾン ミハラヤスヒロは→コチラをどうぞ。


 さてお次はジュゼッペ・ザノッティ・デザイン。






f0221398_0444871.jpg
 どうですかこのインパクト。「ほしい!」「かわいい!」と思わずでれでれ。






f0221398_0452067.jpg
 見事なフォトジェニックぶり。下段の赤いサンダル、履いたら脚が綺麗に見えそう。






f0221398_0453428.jpg
 メンズも素敵。ていうか、写真向こう側から撮ればよかったなと反省。





f0221398_0455343.jpg
 お洋服もあるんです。少しだけれど。
 これがまた。もううっとりで。
 素材感が、手触りがもう……(今思い出してまたうっとり)。





f0221398_046787.jpg
 これはメンズだったかな? これももう…(以下同)。





 次でラスト。眠くなってきたけどなんとかがんばります(笑)。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-18 00:46 | 発表会 【あ、か】

表参道ヒルズ② メゾン ミハラヤスヒロ。菜々緒さん見逃しちゃった

f0221398_0271764.jpg
 その①オーガニックファーマシーは→コチラをどうぞ。


 ここからはファッションブランド。
 ミハラヤスヒロのショップです。






f0221398_0272870.jpg
 手に取ると、想像以上にデイリーにOKそうな質感とデザイン。







f0221398_0273927.jpg
 実はこのほかにもあったのですが、撮影NGということで。


 菜々緒さん登場のショウがあったらしいのですが、時間間に合わず。残念!

 ちなみに、写真によっては大きくなりますので、PCでご覧のかたはぜひクリックしてみてください。



 まだあります。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-18 00:28 | 発表会 【あ、か】

表参道ヒルズ① オーガニックファーマシー内覧会。日本初の旗艦店だそうです

f0221398_0131699.jpg
 本日(もう昨日、ですが)、表参道ヒルズの内覧会へ。オープンから10年(もうそんなに経つのね)、明日から7月にかけて過去最大のリニューアルということで、3月18日(金)には最多の23店舗がオープン。

 コスメだけじゃなく、ファッションなども少しのぞいてきましたので、どんどん紹介いきます。

 まずはコスメ、オーガニックファーマシー。日本初の旗艦店だそうです。






f0221398_0133034.jpg
 こちらは、表参道ヒルズ店オープニング限定キット(¥7,560・税込)。人気のクレンジングバーム、Ca バター クレンザー&オーガニックモスリンクロスが現品サイズで!






f0221398_0134569.jpg
 こちらは人気の定番スキンケア。右からふたつめとみっつめのセラムとフェイスジェルがまたいいんです。






f0221398_0135779.jpg
 こちらは、オーガニックファーマシーのメイクアップシリーズ、オーガニックグラム。






f0221398_014836.jpg
 このOG アイシャドウ シマー、発色が素晴らしいんです。うっとり。







f0221398_0142514.jpg
 OG ネイルポリッシュ。前列一番左のベビーピンクは、表参道ヒルズ限定カラーだそうですよ。






f0221398_0144040.jpg
 OG オードパルファム。このフレグランスたちがまた本当に印象的で……! 100%自然由来成分で85%がオーガニック成分。それでいてしっかりと香りの奥行きがあって、ドラマチックなんですよね。特にジャスミン。これ素敵だった。






f0221398_0145670.jpg
 TWIGGY. cafe(サロンTWIGGY.3F )のスウィーツなどいただきながらのひとときでした。これ、おいしかったです。



 というわけでまだまだあります。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-18 00:16 | 発表会 【あ、か】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧