キレイの本音



<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


HANAオーガニック発表会。オーガニック処方のホワイトケアは、香りも素敵でした

f0221398_2275458.jpg
 本日、行ってまいりました。
 会場は外苑前のFORUM GALLERY。こちらの会場大好きなんですが、地下スペースははじめて行きました。FORUM12と同じく天井が高くて気持ちよい空間。
 時間の都合でプレゼンテーション見られなくてちょっと残念。




f0221398_228590.jpg
 場内に飾られたビジュアルたち。これ、お花の写真じゃなくてスキャンなんだそうです。





f0221398_2281962.jpg
 さて、こちらがその商品たち。

 左から、ホワイトジェリー(美容液、30ml ¥5,500+TAX)と、オーガニック ホワイトクリーム(美白対策クリーム、15g ¥5,000+TAX)。

 大阪にある、漢方・生薬の専門メーカーとのコラボで生まれた美容液、ホワイトジェリーは、桑白皮、キハダ、陳皮や濃縮オーガニックローズ等で、抗炎症&ターンオーバーを促進。ほか、メラニン色素を早期段階で抑制する朝鮮アザミ等のパワーでさまざまなくすみを予防するのとこと。
 天然由来成分100%、植物成分のオーガニック比率は98.95%。
 これで効果ありならオーガニックコスメ好きじゃなくとも興味しんしんです。

 手の甲でのお試し感触は、思ったよりもとろみあるテクスチャーながらも、なじみはすっと、早いと思いました。しっとりするけどベタつかず、本当にデイリーに、続けやすいやさしいテクスチャー。ローズの香りも素晴らしくて、幸せ気分のケアができそう。

 クリームは、朝鮮アザミ、桑白皮、キハダほか、天然ビタミンC誘導体配合。
 しっかりコクあるテクスチャーだけれど肌なじみはバツグン、塗布後の肌のキメも整って、こちらも気分よく続けられそうです。もちろんローズの香りもgood。



 HANAオーガニックの化粧水、乳液の大ファンの私としては、この2品も期待が膨らみます。
 発売は少し先の来年2016年。美容液は3月14日発売、クリームは5月発売予定です。






f0221398_2283365.jpg
 本日ふるまわれたのは、宮崎県綾町で、パワーフードカフェ・レストラン『カフェ山猫』のオーナー、兼、料理家の、あさみ智子さん作のプレート。
 美容液、クリームにも使われている陳皮や漢方エキスを使っているとのことでしたが(しかもグルテンフリー)、もう、そういうの関係なく本当においしくてぺろりでした(笑)。「ちょっと量が多いかなと思ったんですが、ゲストのみなさん、完食してらした方が多かったです」とスタッフさん。

 あさみさん(写真右)は元モデルさんという経歴も納得のスタイルとキュートな小顔美人。さりげなくぱちりのポーズもさすがでした。
 あーまた食べたいなぁ、あさみさんのお料理。ストイックすぎずちゃんと美味しかったし、なんていうんでしょう、華がある味わいでした。

 美容液とクリームも、これからじっくり、顔でお試ししようと思いまーす。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-29 22:08 | 発表会 【な、は】

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングローションV。お肌ぷるんぷるんです

f0221398_15162018.jpg
 本日ひとつめのアニック グタールはこちらを、ふたつめのシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。



 さて本日ラストは、ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングローションV。9月にバージョンアップ新発売したばかりのシリーズ、その化粧水です。


 こちらの美容液も大大大好きなのですが、このローションもいいです。
 とろみがほとんどない液状で、とっても素早く肌になじみます。そしてその軽やかなテクスチャーからは想像できない充実の保湿力。さらには、続けるうちに日々、ぷるんぷるんになる肌。キメも明らかに整うので、メイクもきまるったらないんです。


 化粧水だけでもこんなに違いって出るんだなぁと、素直に感激する逸品です。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-28 15:18 | 新作コスメ スキンケア

シュウ ウエムラ UV アンダーベース ブライトニング ムースをリピート。お気に入りどころか必需品

f0221398_14525733.jpg

 本日ひとつめのアップはこちらをどうぞ


 最近のお気に入りを紹介、と言いましたけれど、このシュウのムース下地はもはや必需品の域。

 シュウの泡下地はどれもこれも素晴らしく、このブログでも何度となく紹介させていただいおりますけれども、中でもこのブライトニング ムースは、大人のくすみ肌に一瞬で輝きと透明感を与えるすぐれもの。スキンケア効果として美白も期待できるタイプで、まさに至れり尽くせりです。


 ピンクパープルという色名がついていますが、微細ピンクとブルーのパールがちょうどいい具合に配合されていて、冷たすぎない印象に仕上がるのも魅力的。
 ツヤも素晴らしく、上からセミマットのお粉などつけても、肌のツヤはしっかりと残って顔も立体的に。
 くすみカモフラージュで顔色も均一化するので、ぼやけていた顔の印象がすっとクールに、抜け感が出て、気分よく一日お出かけができます。心強いったらないです。


 凄く少量で効果絶大です。私がいつも使う量は、そうですね、直径1~1.5センチの球状ほどの量で全顔OKです。この量をぷしゅっと出すのはちょっとだけコツがいるけれど、この商品でのコツはむしろそれくらい(笑)。あとは、ぱぱーっと塗るだけ、夢のようですよホントに。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-28 14:55 | お気に入り メイクもの

アニック グタールのプチシェリー。甘い香りで癒されます。キャンペーンでもらえるキャンドルもgood

f0221398_14212739.jpg
 大変ご無沙汰の更新です。
 最近ちょっとお疲れ気味なのですが、そんな気分を癒してくれるのがアニック グタールのプチシェリー。本当にカワイイ! 洋なしの甘さがふわっとしていて、前回紹介したケラムール同様、外向きでとても素直な香り。
 フルーツ系でも、そこはアニック グタールなので、どこか落ち着いていて品がある。きゃっきゃとはしゃぐようなフレッシュ全開、というのとは少し違うので、もっとこう、ゆったりとカワイイ。「元気もらったー!」ではなく「ん、今日もがんばろ、っと」くらいのニュアンス。すごく自然でいい感じなんです。


 写真はプチシェリーのキャンドル。
 現在キャンペーン中らしく、プチシェリー オードパルファム(限定ブルーボトル)を買うと、プチシェリー オードトワレ 15mLと、写真の同キャンドル 35gがもらえるんだそう。なんて素敵なキャンペーンでしょう。



 というわけで、最近のお気に入りを今日はあとふたつほどご紹介します。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-28 14:22 | フレグランス、香りもの

アニック グタールのケラムール オードパルファム。幸福感たっぷりの香り。誰かに会いたくなります

f0221398_93164.jpg
 以前、発表会でパルファムソムリエールさんに選んでもらったこの香り。アニック グタールのケラムール。
 創業者、アニック グタールの娘にして、現在、調香師として同ブランドの香りを引き継ぐカミーユ グタール。彼女が旅行から帰った際、フィアンセが用意したピオニーとバラの花びらで部屋が埋め尽くされていて、そのときの香りや気持ちを、表現したフレグランスなのだそう。
「ケラムール(なんて愛しい)!」というその幸福感溢れる香りは、とても可愛らしく外向きで、笑顔で両手を広げたくなるような華やかさが印象的。
 ふだん私は、どちらかというと、まったりと甘く、優雅な気分に浸れるような香りが好きなんですが、こちらの香りはその間逆。自分の内側が香りの世界に凌駕されるのではなく、甘いのに清清しい花々の香りに、気持ちがすっくと、起立させられるという感じ。じわじわとにじみでるでもなく、ひっそりと微笑むでもなく、思わず声を上げて誰かに伝えたくなるような明るさに満ちていて、ともかくは無条件なんです、瞬時にハッピーな気分を連れてくる。
 具体的に言うならば、「なーんか今日は仕事行きたくないなぁ」とか「お出かけ予定キャンセルしようかな……」というときにこれをひと吹きすると、「でも行ったら何か楽しいことあるかも!」と急転します、いや本当に。無性に誰かに会いたくなるような、誰かとおしゃべりしたくなるようなね。そういう気分になるんです。なんでもない日常も特別になる予感。
 こういう、ふだんの自分とは程遠い、ちょっと気恥ずかしくなるほどの可愛らしく明るいイメージのフレグランスで、ここまで夢中になったのは私ははじめてです。香りの雰囲気が終始ほとんどかわらないのもいい。ずっとハッピー。


 余談ですが、アニック グタールといえば、イル オ テ オードトワレが、日本フレグランス協会2015フレグランス オブ・ザ・イヤーのラグジュアリー・ユニセックス賞と、ユニセックス部門 パブリック賞を受賞しましたね。ふたつのうちパブリック賞は、HPによる人気投票で一位を獲得したものに与えられる賞という、要チェックな香り。ぜひお試しあれ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-15 09:33 | フレグランス、香りもの

RMK ボディオイル〈LC〉、ボディミルク〈LC〉。足の爪が断然割れにくくなりますよ

f0221398_1724538.jpg
 本日ひとつめアップはこちらをどうぞ



 RMKは、メイクものはもちろんなんですが、スキンケアやボディものも大好き。

 これは10月2日に発売になった新ボディオイルとミルク。
 RMKのボディオイルは、以前より愛用していますが、特に足の爪にいいんです。
 お風呂からあがったら、くるぶしから先にワンプッシュ分をたっぷり塗り込んで、ソックスをはきます。私は寝るときは必ず素足になりたいので、寝るまでの数時間、つまりはオイルパック状態になります。
 このパックをすると、くるぶしやかかと、足の裏などが、真冬でもやわらかく保たれるほか、足の爪が本当に割れにくくなるんです!

 大人になると本当に、爪のケアが追いつきません。やってもやっても、どんどん割れちゃう。すぐに割れちゃうからネイルもすぐに剥げる→ネイルを定期的に塗り直さなくなる→ますます爪ケアを軽視する→さらに割れる、という、割れ爪スパイラルは本当に悲しくなります。
 諦めちゃいけません。大人の爪ケアの、ひと粘りに、オイルパックをぜひお試しあれ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-05 17:25 | 新作コスメ ボディ&ヘア

MOTIFで誕生日ごはん&ホテル巡り、そして太宰ブームついに到来

f0221398_15285488.jpg
 昨日、夫の誕生日でフォーシーズンズホテル丸の内のレストラン、MOTIFでごはん。
 あらかじめ伝えておいたら、デザートがお誕生日仕様に。さりげなくてなんだか素敵。歌でも歌われたらどうしようとか、ケーキに花火がちかちか刺さっていたらどうしようとか(笑)。思うと不安でしょうがないのでいつもはこういうのを言わなかったんだけれども、今回は思い切って伝えてみました。





f0221398_152957.jpg
 実はこのお店、私たち夫婦が大好きな北海道三つ星レストラン、モリエールの中道シェフ監修。偶然知りました。
 仕事柄夫は、どこにいくにも建物重視。今年4月にリニューアルオープンしたこのお店も、専門誌に内装が掲載されているのを見て決めたんです。そして調べてみたら、HPで中道シェフのお名前を発見、メニューも、大好きなカスベがあったのでそれをお願いしました。まさか東京でこのカスベが食べられるとは。

 本家モリエールのほうがもちろん美味しかったけれど、このお店も充分良かった。なにより、客層もいいしスタッフさんたちのサービスが心地よいんです。
 東京駅に発着する新幹線その他の電車を見下ろしながらの夜景も本当に綺麗だったし、肝心の内装も、その掲載されたので見たより、ラグジュアリーだけれども、とても落ち着きがあってナイスでした。





f0221398_15292334.jpg
 MOTIFに行く前、夫の希望で、近所のホテル巡り。
 これはアマン東京。この写真だと見えにくいんですが、広大な吹き抜けラウンジに、お着物姿のお琴奏者が。外国人観光客狙いですかね。雰囲気たっぷり。





f0221398_1530535.jpg
 こちらはライブラリー。ここの天井も高~い。ビル内のホテルは縦空間をなにかと見せつけてきますね。





f0221398_1530295.jpg
 ホテルメトロポリタン丸の内も吹き抜けが。ここも外国人観光客がたくさんいました。






f0221398_15304314.jpg
 これは、丸の内ホテルの屋上庭園。都心のホテルは本当に空間の工夫が大変そう。





f0221398_15311124.jpg
 その庭園を眺めながら、ディナー用の靴じゃなければもっと私も歩けるのになぁ、の図(笑)。
 このあと夫はもうひとつホテル巡り、私はその間、スタバで太宰を読みながら足を休めつつ時間つぶし。
 太宰といえば、ずいぶん前に何度かチャレンジして、「あーなんて暗いんだろう」ってかなか最後まで読めなかったんだけれど、あまりに最近、又吉さんブームで太宰太宰とあちこちで言うので、じゃあってキンドルでダウンロードして何度目かの太宰チャレンジをしたら、これがおもしろくってやっとマイブーム到来、ありがとう又吉さん。かつては「暗い」としか思えなかった物語も、長い年月を経て読み返すと、そここにに散らばっている登場人物達の脆さや危うさは、実は至極普遍的なものなんだなと気づくことができます。暗いけれどユーモアのある(芸人さんだから当たり前だけれど)又吉さんのような人が推すとまた、そういう拒否反応も解けやすく、肩の力を抜いて読み進むことができるしね。肝心の『火花』はまだ読んでないけれど、またこれで本の世界が広がったのねえと思うと素敵です。彼が今、日本で一番出版界に貢献してるのは間違いないよね。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-05 15:42 | 美味しいお茶、食事

ラ・プレリー SC コンシーラー・ファンデーション。すいんごいバージョンアップしてる~、を実感

f0221398_17592265.jpg
 本日ひとつめのアップはこちらをどうぞ


 さて。
 先月、9月11日に発売になったラ・プレリーのファンデーション。クリームファンデにコンシーラーがセットされたこちらがバージョンアップ新発売。

 実は少し前からちょこちょこと試してはいたのですが、本格的に空気が乾燥してこないとなぁ大人は乾燥シーズンでの質感、気になるよなぁと思って、ちょっとリポート遅れましたよ。

 最近、本当にめっきり乾燥しますよね。先日も、からっと晴れたから洗濯物をしちゃおう、って、たくさん朝からやりましたけれど、猛暑の真夏か、っていくらいのスピードで乾いちゃった。ちょっとびっくり。
 なので、「このスピードで肌も乾いたらどうしよう、ファンデがさがさになったらどうしよう」と不安たっぷりで試しましたが、ん、大丈夫でした。


 ご存じわたくし、ラ・プレリー様、大好きです。今のところ、生涯連れ添いたいコスメブランド筆頭です。
 しかし、ファンデはさすがにそこまでには至らずかなぁなんて思ってました。優秀だけれど、私の年齢自体もラ・プレリーに追いついていなかったし、そもそもノーファンデ派なので、よほどでないと使い込まないし。

 ただ、今回のこちら。ちょっとグッときましたよ。
 以前よりも数段もグレードアップしてるな、をしっかりと実感できました。

 肌の引き締めやハリ感等スキンケア効果をアップ。使い続けるほど美肌に。
 また、仕上がりにかんしても、ロングラスティング効果や、カバーできるのにツヤ感、シアー感が素晴らしく、つける量さえ間違えなければ、毛穴に色が落ち込むという心配もなし。そもそも少量で本当によくのびるので、つけすぎ、という心配がないんです。


 そして私が一番気に入った点は、時間が経っても“肌が硬そうに見えない”ということ。
 年齢とともに、ファンデを塗った肌って、時間経過でしわっぽさ、毛穴の悪目立ち等で肌表面がゴワゴワと硬そうな人に見えることが多いと思うんです。でも、こちらは夕方でもそうした雰囲気に非常になりにくく、ツヤがあって、なんていうんだろう、わざとらしい顔にならないんですよね。


 例によって、お値段はなかなかのものがあります(ファンデ30ml コンシーラー2g¥23,800+TAX)。ただ、スキンケア効果はばつぐんだし、仕上がりもぐんとよくなったし。生涯ファンデを探している大人のかたがた。トライの価値はあるんじゃないかなと思います。ちなみにSPF15、PA++++。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-02 18:01 | 新作コスメ メイクもの

カーポラヴォーロで野菜もりもりー。そしてスターは“別腹”

 ちょっと立て込んでいたあれこれがひと段落。昨日は久しぶりにトレーニングに行きました。
 バランスボールを半分にしたようなものの上に立って、スクワットをする、というメニューに初挑戦。イメージとしては、中華鍋に蓋をして、その上に立つ、みたいな状況、ともかくはグラグラしてこわいのなんの。
 でも、先生が最初サポートしてくれたのと、「絶対できます」という励ましの言葉に支えられ(となんだか大げさ笑)、さらには、まだ脚力が足りないので、しゃがんだ際、まっすぐ前に伸ばした腕のその先端には、3キロあまりのボールを持って、こてん、とひっくりかえるのを防止、という感じで、ともかく、グラグラしつつもゆっくりと10回。やー、これは効きました。それにたった10回なのに、異様に汗がダラダラと。
 おかげで本日はあちこちがほどよい疲労感と若干筋肉痛です(笑)。





f0221398_153633.jpg
 というわけで。

 写真は少し前に後輩Y嬢と行ったカーポラヴォーロという野菜メニューが豊富なイタリアンレストランにて。これは名物の前菜盛り。全部野菜です。見た目も味も素敵。





f0221398_1532913.jpg
 野菜のニョッキ。これもカラフルー。





f0221398_1534213.jpg
 ペンネ。




f0221398_1535919.jpg
 お魚。





f0221398_15484.jpg
 もちろんデザートもヘルシー系。

 前日にバーベキューをしたというY嬢、「じゃあ今日はお魚がいいね」というわけでお魚にしましたが、お肉メニューもあるので、一緒に行く人を選ばないのも気に入っています。

 この日は日曜日だったんだけど満席でした。人気だなぁ。



 そいうえば、福山ショックの余波がいろいろ凄いですね。テレビを見ていて思ったけど、女性たちのがっかり感がなんだか可愛らしくて。恋人がいても結婚していても、子供がいても、果ては孫がいても、スターは“別腹”なんだなぁとしみじみ(笑)。
 そういえば『ヨルタモリ』の後枠で、『ウタフクヤマ』っていう番組やるそうですね。ひとまず2週みたいだけど。レギュラー化しないかな。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-02 15:04 | 美味しいお茶、食事


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧