キレイの本音



<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ブルガリ発表会。アクア ディヴィーナの香りはさすがのアルベルト・モリヤス氏

f0221398_15594332.jpg
 月曜日に行ってきました。
 会場は菊池寛実記念 智美術館。ホテルオークラのすぐそばです。





f0221398_15595387.jpg
 日本庭園に囲まれながらのブルガリ、という趣向が本当に素敵。
 ビジュアル撮影はフォトグラファーのマーク・セガル。





f0221398_1603121.jpg
 こちらがその商品。アクアシリーズからはじめてのレディース用の香りです。アクア ディヴィーナ。

 以前、アクア アマーラご紹介しましたけれども、こちらも同じく起立しない碁石のような形をしています。このお写真はスタンドがあるのでね、立ってますけれども。
 こちら、持ってみたことある方はご存じかと思いますが、手のひらにのせるとね、ほんとうに愛おしいほどなめらかで繊細なカーブなんです。しっくり手になじむ。

 ライトの関係でだいぶお写真イエローになってますが、本来ボトル部分はホワイトパールです。半透明な感じが絶妙で本当に宝石のようです。
 おうちで再撮してみましたよ。






f0221398_1605190.jpg
 こんな感じですよ。
 キャップはゴールドだけれど、ピンクゴールドですね、ちょっとあたたかい色合い。これがまたいいんだ。



 肝心の香りは、ウォータリー・フローラル。
 トップノートは、ソルティベルガモット、ピンクジンジャー。
 ハートノートは、マグノリア、マルメロ。
 ドライダウンノートは、ヌードアンバー、ビーズワックス。


 調香師は、私の大好きなスターパフューマーのひとり、アルベルト・モリヤス氏。香った瞬間、「間違いない」って思ってしまったほどモリヤス氏らしい世界観です。
 みずみずしくありながら、とてもなめらか。ハートノートのマグノリアがきいていると思われますが、高貴でクリーミィなこの中盤の香りが全体をうまくまとめています。


 地中海から再び誕生したヴィーナス、をイメージしたんだそうです。
 モリヤス氏いわく、『人工的でもなく、もっともらしく洗練を装っているのでもない、“ほぼ”手を加えていないナチュラルなエレガントさ』、そういう女性像なのだそうですが、たしかにこれ、すぐに化けの皮が剥がれてお里が知れてしまうというような浅はかさが、香りの中のどこにも見あたりません。取り繕ってない印象。いかにもな強さを押してくる様子もないのに、高貴で女性らしく印象的。気づけばラストのウッディな雰囲気にすんなりと落ち着き、自身もそれに引き込まれていくのがまた見事。
「品とは、がんばって出すものではなくてよ」とでも言われているかのような、背筋が伸びる美しい香りです。何を着ても、これをつけたら品がでるでしょうきっと。
 ……とまあ、いろいろ書きましたけれども、個人的にはもう、「モリヤスさんさすが素敵!」(笑)。なんて美しく格好いい香りなんだろうか。それでいてとても使いやすい感じもまたさすが。ブルガリの世界観と見事に融合しています。



f0221398_1613055.jpg
 香りを堪能したあとは、お庭を眺めながらシャンパンとブルガリのチョコレート。至福。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-02-27 16:08 | 発表会 【な、は】

ヤクルト トリートメントリペア マスク。シートは密着が命ですね

f0221398_0345777.jpg
 最近気に入っているシートパックです。
 シミや乾燥小じわ、ハリ、弾力の低下などに良いとのことで、まさに私の世代にぴったり。
 配合成分ももちろんですけれどもね、こちら、シートの密着感が素敵なんです。10分経ってもぴたっとしたまま。だからマスクをとったあと、顔がピンとリフトアップして、もちろん潤いもたっぷりでもう、じゅわっとね、あふれんばかりです、たまりません。
 伸縮性のあるシートの顎から頬にかけてを、ぐいっと引き上げるようにして貼るのがコツですよ。


 というわけで本日簡単更新。ちょっとばたばたしております。
 また明日かあさってか、発表会リポートなど時間があれば。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-02-26 00:36 | お気に入り スキンケア

ウビクエ体験。このツルツル感と均一感はちょっとやみつき。チャヤマクロビにも寄って完璧な一日でした

f0221398_14555334.jpg
 先週、お呼ばれでウビクエさんに行ってまいりましたよ。毛穴専門のエステサロン。毛穴専門には以前も行ったことがありますが、こちらのサロンは、拡大鏡で見ながら行う、独自開発した“エクストラクション”と呼ばれる指技がうり。つまり指を使って毛穴の汚れを取り除くといういたってシンプルで、だからこそ技術が問われるサロンです。

 うかがったのは日比谷シャンテ店。この日担当してくださったのは店長の高橋さん。三十代後半とのことですけれども、さすがお肌が綺麗、ふわふわの赤ちゃん肌。もちろん毛穴はみあたりません。



 施術の内容は、クレンジング、毛穴と肌チェックで施術ポイントを判断してもらったら、特殊ジェルで老化角質をやわらかくし、毛穴の奥の汚れを浮き上がらせ、取り除きやすくします。そしてエクストラクションで毛穴汚れを取ったら、マシンでひきしめ美容液を導入。さらにひんやりコラーゲンマスクで鎮静しつつ美容成分を閉じこめます。ラストにクリーム、日やけ止めを塗り、スキンケアアドバイスをしてもらって終了です。全行程40分。



 はじめは正直、「指で? 顔全体の毛穴を?」と、かなり不安はあったんですけれどもね。私の年齢でそんなの大丈夫かしらって。でもねえそれは杞憂に終わりました。さすがのプロ技です。ちょっと意外ほどにエクストラクションの時間は短いんです、個人差はあるかもしれませんが、なんていうんだろう、テクニックがあるから深追いしない感じ。
 私たちがよくやっちゃいますよね、毛穴の角栓を取りたいがあまりにあれこれといじったりしちゃって。そうではなく、非常に短時間で、素人では絶対無理な顎とかの毛穴までしっかり汚れを出してくれます。顎やフェイスラインとか、普段自分では意識していなかったけれど、ざらつきやくすみが取れて凄いんですよ。優秀な肌色補正下地を塗ったときのような肌の均一感と透明感、びっくりするほどのツヤ感で、鏡をいつまで見ていても飽きません(笑)。





f0221398_14564437.jpg
 ちょっと非常に恥ずかしいんですけれども、こちら施術直後の私のお肌です。左写真は頬のアップですが、ちゅるちゅるで自分じゃないみたい(笑)。小鼻脇あたりにあるたるみ毛穴もね、たるみだたるみだ、って年齢のせいにしすぎてたなぁと反省しきりです。眉間のゴワつきとかもそう。「こんなもんだろう」って。でも手鏡をわたされ「触ってみてください」と言われたその眉間のすべっすべなこと!







f0221398_14565755.jpg
 最後にゆったりお茶をいただきながら、今後数日のケアの注意点などもしっかりレクチャーしてくれました。この拭き取り化粧水をおうちでも使うと効果が長持ち、というわけでせっせとやっております。

 もっと自分の肌を信じてあげてもいいのかなとしみじみしています。ちゃんと余分なものを取り去るのを忘れないようにしないと。自分なりにしているつもりだったけれど、どうしても栄養を与えることにばかり夢中になりますからね、40代になるとますます(笑)。


 ちなみに今、だいたい一週間くらい経ったんですが、施術直後ほどではないにせよ、相変わらず毛穴は綺麗なまま、特に広がったりすることもなくちっちゃくおとなしくしています。したがって顔全体くすみも特にめだちません。化粧水などもぐんぐん浸透していくので、ケアの時間も短くてすむのもいいです。

 向き不向きや好みもありますのでね、あれですが、個人的には定期的に行こうと決意しました。次の予約を取ろうと思ったら、最低2週間はあけないといけないとのことで、もうしばらくしてから予約しようと思います。






f0221398_14571811.jpg
 施術後おなかがすいたので、シャンテ内にあるチャヤマクロビというレストランでランチしました。こういうお店にしては物足りなさもなくて美味しかった。食品も売っていて、マクロビグラノーラや豆乳でできたマヨネーズを買ってきました。このマヨネーズしっかりコクもあって美味しい。またこのお店も行こう。

 つるつるお肌とナチュラルご飯。完璧な一日でした。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-02-13 15:01 | エステetc. お出かけ美容


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧