キレイの本音



<   2014年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


マッサージ&針とダイソン

 本日ほぐしおさめということで全身マッサージ&針をやってきました。きっと明日はこのいい感じのだるさをくぐりぬけて身軽な元旦を迎えられるはず。針はね、こめかみや眉とかもやってもらうと眼精疲労にてきめんです。目がぱちっと開いてしかめ面せずにものが読めるから、目周りの皺にもよろしい。顔って本当に想像以上にこってるなと、針をやるたびに思います。
 そういえば少し前に、我が家にダイソンの掃除機がやってきました。今までのがちょうど壊れて、次はもう絶対コードレス、それじゃあやっぱりダイソンだ、というわけで買い換えました。なんとかコンプリートっていうやつ。これがもうびっくりするくらい大活躍で大変。といっても例によって我が家の掃除担当は夫です、毎日かなり楽しそうにダイソンってます(笑)。あまりに楽しそうなのでやってみたら、大の掃除嫌い(拭き掃除だけはなぜか好き)の私もかなり楽しかった。こんなに手軽でコンパクトでコードレスなのにこの吸引力はすごい。フローリングとラグ、和室の我が家はこれで全室楽勝です。猫の毛もぐんぐん吸っちゃう。家電ぽくない見た目もやる気が出るし、付属品もかなり使えるものがいっぱいついてきて便利便利。
 ……と、いかにも年末大掃除したみたいだけれども、そうでもないのよ(笑)。


 というわけで。本年もご愛読ありがとうございました。来年わたくし未年の年女(36じゃなくってよ、その次ね・笑)。必ずいい年にしたいと思います。
 来年も、地道にこつこつ更新する予定です。どうかまた、おつきあいくださいませ。よいお年を。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-31 21:39 | 日常、その他

ワンダーハニー お花畑のふんわりクリームバス。炭酸クリームのお湯がリッチ! 色も凄く綺麗

f0221398_21401381.jpg
 本日ひとつめ濡れたままケアはこちらそどうぞ。


 お風呂の話題が出たところで、最近感激したバスものを。ちょっと先の来年2015年2月1日限定発売、ワンダーハニーのお花畑のふんわりクリームバス。商品名もかわいいし、うさぎの耳がぴょこんと出たパッケージもかわいい。


 これね、パウダーをお湯に溶かすと発砲して、みるみる炭酸クリームの泡が一面を覆います。白くてキメ細かなふわっふわな泡で、スタバのカフェミストじゃないですが、とーってもクリーミーなんです。そしてお湯もすごくなめらか&柔らかくて、お湯の温度も冷めにくい。


 わー素敵なんて感激していると、白い泡の下にはミルキーなバイオレットのお湯が隠れていて、これがまた凄く綺麗な色で。バイオレットでも少しピンクがかっているのでなんとも華やかなんです。
“すみれ日和”っていう香りの名前がついていますが、まさにバイオレットフローラルな心地よい香りもうっとり。

 私はたいてい、お風呂では本を読むけれど、あまりに気分がよくて、いつもよりページが進んじゃった。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-20 14:01 | 新作コスメ その他

ともかく一瞬たりとも乾かさない。濡れたままケアにはまってます

f0221398_21122058.jpg
 昨日キールズご紹介したとおりだけど、ともかく最近の空気の乾燥は半端じゃないですね。湿度計見ると平気で20%とかざらです。加湿器をフル稼働させてはいるけれど、やっぱりそれでも追いつきません。


 というわけで最近はまっているのが“濡れたままケア”。例えばボディは、お風呂から出る前に、体がまだ濡れている状態のままオイルを塗って、最後にタオルをそっと押し当てるように、体に残った余分な水滴を吸い取って終了。顔の場合は、洗顔後、顎先からしたたる水滴をちょっとタオルで拭う程度で、顔全体の水分はそのままに、ダッシュで化粧水をつけます。

 ボディはオイルか、油分リッチめなクリームがいいですね。これが思っている以上に濡れた肌になじむし、仕上げのタオルも、かえって余分な油分もとれるので、ヌルつくこともなく、でも油膜は肌に残るので本当にちょうどいい感じになります。

 こういう濡れたままで、っていう方法は昔からありますけれどもね、いざやってみるとここれが、案外いいことずくめですっかりはまりました。特に冬は、体が冷えないのもいい。


 ともかく一瞬たりとも乾かさない。同じものを塗るのでも、濡れたままと、しっかり拭いてから塗るのとで、こんなに差があるのねってしみじみしますよ。ほんとに。



 ちなみに写真は、ヴェレダのコレ、イブニングプリムローズのオイルです。このミルクも使い切ったけどとても良かったですよ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-20 14:00 | お気に入り ボディケア

キールズのクリームUFCを買うと、冬本番て感じ

f0221398_20393671.jpg
 本日ひとつめミルボンはこちらをどうぞ


 先日、買いに行きましたよ、キールズのクリームUFC。これを買うと「冬がきたな」と思います。ふたの模様は限定パッケージだって。かわいい。



 ハリが出るもの、キメが整うもの、透明感が出るもの…。
 いろいろクリームもありますけれども、真冬でも乾かない、というのはもう、これの右に出るものナシ。真冬でこれを塗っていて、目もとや口周りがつっぱったことがないです。それなのに、このなめらかテクスチャー。


 先日のエレガンスのお粉もそうだけど、私にとってこのクリームも「ないと死んじゃう」逸品です。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-19 20:41 | お気に入り スキンケア

大好きなミルボンのヘアオイル。手軽で本当によくまとまるんだよなあ

f0221398_20155445.jpg
 いつも行く美容室で買ったミルボン ディーセス エルジューダ MO。我が家のにゃん(♂)とコラボをしようとしたけど、やっぱり彼はやる気がないね(笑)。まあいいか。





f0221398_2016486.jpg
 タオルドライした濡れた髪にささっとなじませて、あとは普通に乾かすだけでOK。
 髪が硬くて多くてくせ毛の私ですが、これをつけると不思議なほど落ち着きます。






f0221398_20161412.jpg
 ヘアケア製品、私、年間で一体いくつ試すかなぁって思います。昔にくらべたら少なくなったけど、シャンプーやトリートメントなどなど含めたら数十、いくつかなあ。最近こういうアウトバスのヘアものもたくさんありますしね。ともかく、そういった中でもこれを超えるものがなかなかないんです。
 実は最初、自宅で使ったとき、「あーやっぱり美容室でのあの美しさは、ブローとかテクニックがあるしね」っていう、いまひとつの感想でした。でも使い込むうちに、“ほかにはない丁度良さ”があるなと。潤うけどツヤがない、とか、柔らかくなるけどすぐに髪がベタついて見える、とか、その時はいいけど翌朝何事もなかったようにぱさついてしまうもの、とか。ヘアケアものって本当に一長一短多いけれど、これはすのすべてのバランスがいいんです、だから素人にもとっても扱いやすい。ツヤ、おちつき、まとまり感、しっとり感……すべてが1本でまかなえるから本当に楽でしょうがない!(笑)





f0221398_20162688.jpg
 香りもそんなにないからフレグランスと喧嘩しなくていいのも私は気に入ってます。
 調べたらこれ、バオバブオイル配合なのね。HPに、「おもいどおりに動く、素直な髪質に整えます」って書いてあるけど、ほんとにそんな感じです。

 というわけでにゃんはラストまでまったり顔(笑)。


 本日もうひとつ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-19 20:20 | お気に入り ヘアケア

ブルーベル&コティ発表会 ④。クロエ、ブルガリ、ジャン パトゥ

f0221398_15555754.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。
 本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを、②はこちらを、はこちらをどうぞ。


 いよいよラストですよ。ちょっと原稿よれよれになってきてますけどがんばります。

 まずはクロエ。ローズ ド クロエのハンドクリームが出ます。クロエのスキンケア大大大好きなんですが、こちらもいいですうっとりです。この確かな潤い感がいい。香りももちろんいいんですけれどもね、こういうのって好み重視というか、「ま、香りが気に入ればね」っていうもの多いと思いますが、クロエはちゃんと効果も素敵なんです。
 ちなみに、写真左下のロー ド クロエもクリームありますが、このフレグランス、男性にも大人気なんだそうですね。「これをつけると女性にモテる」といったどなたか男性のブログがもとで、大ヒットになったそう。確かにこれ男性でもいいかも。ちなみにこれは以前行った発表会の様子です。よろしければどうぞ。






f0221398_15565571.jpg
 ブルガリのモン ジャスミンノワール オー エキスキーズの好評アイテムが今年も登場。ボディミストとボディミルク(左)です。

 オードトワレ(右)ももちろんいいんですよねぇ。本当にブルガリってハズレがない。大好きなフレグランスブランドのひとつです。






f0221398_15572888.jpg
 さて大ラスはこちら。ジャン パトゥのジョイからボディクリームがっ。素敵。素敵すぎてもう。ジョイのあの、大人の女性じゃないとつけることを許されないような気高さ。中身がともなわないと恥をかいてしまいそうな感じで、背筋がすっと伸びます。年を重ねるって悪くない、って思える香りですよね。




 これで以上です。ほんとは以上、ではなくもっとあったんですが、あまりに多くて一部割愛しましたよ。







f0221398_1558734.jpg
 今回ムエットがどれも可愛くて。ブルーベル発表会に行くときの私の飛び道具、ポジ袋も大活躍。香りが混じらないので便利なの。うちにたくさん余ってるし。……というか、今の若い人、ポジ袋って知ってるんだろうか?(笑)






f0221398_1558225.jpg
 ラブリースウィーツ。ご馳走さまでした!



 今夜のお楽しみ、グランプリファイナル。さっきうっかりヤフーニュースで結果を見ちゃった…。
 関係ないけど今年は私、町田君イチオシ。第九って選曲が似合っててナイスじゃないですか?(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-13 15:59 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ③。グッチ、CK、ドルチェ&ガッバーナ、ボンド・ナンバーナイン

f0221398_14515340.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを、②はこちらをどうぞ


 パート3はインパクト揃いでいってみます。
 まずはグッチ。どうですこのびっかびかな輝きぶり(笑)。ギルティの限定ボトルです。ここまでやってくれると本望、惚れ直します。







f0221398_1453326.jpg
 こちらはCK one サマー(左)とカルバン クライン リヴィール メン オードトワレ(右)。
 このリヴィール濃厚です。香調はフレッシュ ソルティ オリエンタル。トップは、砂糖漬けしたジンジャー、レンティスク エッセンス オイルピュール(マスチックツリー樹脂)、ペアーブランデー。ミドルは、ローソルト、リュウゼツランの花蜜、キワノ(ツノニガウリ)。ベースは、ハイチ産ベチバー、ヴィンテージ バニラ ビーン、ゴールデン アンバー。
 チャーリー・ハナムの広告も格好いいね。






f0221398_14533170.jpg
 ドルチェ&ガッバーナ。中央の赤と黒は、ザ・ワンの限定ボトル。右はドルチェ フローラル ドロップス オードトワレ。香調はホワイト フローラル。

 そして一番左のプールオム オンテンソ オードパルファム。目の上がすぐ眉毛、っていうコリン・ファレルの眼差しでだいたいおわかりのとおり、濃いです(笑)。今回イチ、濃いぃ香りのメンズです。でもこれがなかなかどうしてクセになるんですよ。
 なんでも、業界初のモエペルアコードという香りを使っていて、南アフリカに生息するモエペルという樹木で、別名ミルキーウッドとも呼ばれているそう。そこに、フローラルやバルサム、コクある蜂蜜、アニマル調、タバコと、個性の強い香り達がうまく融合している感じです。
 ちょっとこれ、日本の男性で使いこなせる人いるかしらって思うんですけれども、印象的なのには変わりないです。セクシーでメンズ感ばりばりだけれどおじさんぽくないし、ファッションがすごく好きそうな人という感じで私は嫌いじゃない。さっきのグッチもそうですが、ここまでくれば本望。ブレてなくていい。






f0221398_14541957.jpg
 ③の締めは大好きなボンド・ナンバーナインの新作、クイーンズ オードパルファム。多種多様な民族が暮らすクイーンズ地区をイメージ。性別や社会的地位も関係なく、ボーダレス、ミックス感があります。香調フローラル アンバーで、ちょっとメンズっぽいかなと思いますが、ゴージャスでスタイルバツグンの黒人の女の子がつけていてもかっこよさそうだし、サラサラロングヘアの一見お堅い丸の内OL嬢がつけていたら、ちょっと忘れられない印象になるね。意外性があって、ミスマッチではない、個性。



 というわけでいよいよ次がラスト。眠くなってきた(笑)。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-13 14:57 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ②。ステラ・マッカートニー、アニック グタール、クリード、クルジャン

f0221398_145022.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。本日アップのブルーベル&コティ発表会①はこちらを。

 さてお次はスティラ・マッカートニーのステラ オードパルファム。
 香りやボトルはそのままに、新しいパッケージと、オランダのモデル、ララ・ストーンを起用した広告展開で、モダンな姿に生まれ変わったということです。

 この香りなんですけれどもね、もうやっぱりブランドを象徴するような、とても控えめなのに後を引く感じの、そのさじ加減が絶妙です。ローズやピオニー、アンバーのコントラストがとても大人っぽくてクール。香り方もとてもさりげないので、使いやすいのもいいですね。





f0221398_1464529.jpg
 ムエットはキラキラのドット。そしてよく見ると、ステラのコーナー足下にもドットというこりようでした。かわいい。






f0221398_14759.jpg
 こちらはアニック グタール。プチシェリー オードトワレ、ヴァン ドゥ フォリ オードトワレの限定ボトルは、キャップについた蝶々は取り外してリングとしても使えます(左)。

 同じ香りのバス&ボディオイル素敵ですよー(右)。本当にあっという間に浸透して、オイルとは思えないほどに軽いんです。





f0221398_1473637.jpg
 こちらはクリードの最高ライン、アクア シリーズの新作。写真はひとつしかありませんが、アクア アバディーン ラベンダーと、アクア イリス チュベローズの2種あります。
 これがもう本当に素晴らしくて。特にラベンダーのほうは、レザーなどのニュアンスもあって、ほかにはなかなかないラベンダーに仕上がっています。高級感たっぷり。






f0221398_1482475.jpg
 そしてメゾン フランシス クルジャンです。新しいプルリエルというラインで、男性用女性用が出ます。
 ピンクの女性用はフローラル シプレー ブーケ。ニオイイリス、ヴァイオレット、グラース産ローズ、エジプシャンジャスミン、スズラン、オレンジブロッサム、そしてシプレーにベチバー、インドネシア産パチョリ。
 クルジャンの中ではしっかりめの香りかなという印象です。ラグジュアリー。

 男性用は、フゼアノートに、プロバンス産ラベンダー・アブソリュート、東洋のレッドシダー、インドネシア産パチョリ、ハイチ産ベチバー、ソフトなレザー。
 これ、すごくいいです。いかにもメンズっぽくありながら、クルジャンらしい透明感があるので、ふだん香水などつけなれていない男性でも使いやすそう。すーっと鼻に抜けていくスパイシーさ、ちょっとクセになりますね。




 というわけで②はここまで。まだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-13 14:15 | 発表会 【な、は】

ブルーベル&コティ発表会 ①。レペット、ランバン、マーク ジェイコブス

f0221398_1334832.jpg
 昨日のレボリューションはこちらシュウ ウエムラはこちらをどうぞ。


 というわけで昨日がんばりきれなかったブルーベル・ジャパン&コティ・プレステージ・ジャパン発表会リポートをがんがんいきます。例によってたくさんありますので。

 会場は原宿のル アール東郷。いちょうのイエローと池が良い感じ。外観デザインは隈研吾氏。素敵。






f0221398_1351721.jpg
 日本フレグランス協会の受賞作の展示も。なるほど、っていうものばかりだね。






f0221398_136020.jpg
 さてさっそく今回お披露目の商品を。
 最初はレペット。これで3作目です。オー フローラル オードトワレ。香調はフローラル フルーティ ウッディ。
 前2作よりも高揚感がある香りで、うきうきとします。






f0221398_1361540.jpg
 ビジュアルにもありますが、舞台を終えたバレリーナが楽屋に戻ると、そこはたくさんの花の贈り物で満たされている。そういう気持ちを表現しているんだそうです。
「うわぁなんか素敵」という感じから、ラストはやはりレペットらしくエアリーでふわっと落ち着きます。嫌いな人はいないんじゃないかなっていう香りです。
 ちなみに指にはめた小さなコサージュのリングはムエット。可愛い~。





f0221398_1362910.jpg
 こちらはランバンの人気シリーズ、マリー・ミー!の新作。
 相変わらずハッピー全開で、今すぐにでも結婚したくなるような香りがします。既婚者の私でもそう思っちゃうくらいの勢いが凄い(笑)。
 今回は、ハートのムエットにも描かれていますが、紙吹雪をぱ~っと降らせたような幸福感がテーマとのことで、確かになんだか、解き放たれるイメージの香りがします。
 ちなみにトップは、ブラックベリー、ブラックカラント。ミドルは、ホワイトピーチ、ジャスミン アブソリュート。ベースノートは、ホワイトウッド、ムスク。安定のハッピーブレンド。最高に可愛いです。限定。






f0221398_1371339.jpg
 ハッピー全開をもうひとつ。マーク ジェイコブスの限定。デイジー オードトワレと、オー ソー フレッシュのソルベ エディション。パッケージのみの限定だったかな? ともかく文句なしの可愛らしさとMJデイジーのこのお花のキャップは毎度眺めるだけでも幸せな気分にさせてくれて完璧。




 というわけで、まだあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-13 13:13 | 発表会 【な、は】

シュウ ウエムラ ラックシュプリア発表会。鮮やかで高貴な発色。漆器インスパイアだそうです

f0221398_0142482.jpg
 本日(日付変わっちゃったけど)ひとつめのアップ、レボリューションはこちらをどうぞ


 さてふたつめはシュウ ウエムラ。会場は外苑前のFORUM 12。私この会場大好きです。広すぎず回遊しやすいのに開放感がすごい。おまけに駅から激近で文句なしです。

 ほんとはプレゼンテーションあったのですが、私は時間の都合で早めにうかがいましたよ。




f0221398_0152754.jpg
 メインのお披露目商品はこれです。ラックシュプリアというリキッドルージュ。全15色。
 日本の伝統工芸である漆器からインスパイア。あでやかな発色と最新テクノロジーで、美しい発色と透明感を得たリキッドルージュということだそう。

 手の甲で試すと、「普通のリップグロスじゃ?」と一瞬思うんですけどこれがこれが。スタッフさんに塗っていただき、仕上げに自分で「んぱっ」とやったときのルージュの密着度が凄い。それでいてグロスなツヤ感。んー。素敵。




f0221398_016554.jpg
 今回、宮内庁御用達 漆器 山田平安堂さんとコラボしたカラーも。お写真左の、前列一番左、AKA RED(RD01)です。以前贈答用で山田平安堂の商品買い求めたことありますけれども、色はもちろん、手触りとか持った感触とかもう素敵ですよね。なかなかのお値段するだけあるなと。

 ちなみにお写真右は、今回のリップに含まれている顔料のサンプル比較。今回のは左で、わかりますでしょうかね、沈殿している右とは違ってしっかり液体と混ざり合っています。これにより、ぴったりと色が唇に定着するんだそう。

 実際ちょっと試しましたが、融通がきいてデイリーに便利だなと。たとえばロングラスティングすぎる口紅で食事をしたら、唇の中央だけ色がはげちゃって、ただちに塗り直さないと……っていうちょっとみっともない感じになりますけれど、これは「んぱっ」とやれば、唇に残ったリップが簡単になじみ直します。こういう感じのテクスチャー、1本持っていると重宝。





f0221398_0164591.jpg
 個人的にこのWN 02(ワイルドフューシャ)が気に入りました。おばさんぽくならずに格好いいビビッドピンクってそう出会えるもんじゃない。







f0221398_0183975.jpg
 この日はほかにもお披露目が。
 私ももう、何十年愛用してるでしょうかね、シュウのクレンジングオイル。毎度新しいものが出る度に、やっぱり感激してしまいます。これも素敵ですよ。





f0221398_0191632.jpg
 同じブライトニング系で、美容液(左)とペンタイプの美容液(右)も。このペンタイプ、ハイライト的にも使えます。これイイです。





f0221398_019319.jpg
 こちらはヌードカラーの限定パレット。一体これどれだけお得なのだろうかという全16色。スタッフさんによると、レギュラーサイズのアイシャドウがセットされているということで。そしてなによりもスタイリッシュな色揃え。





f0221398_0194825.jpg
 上段右上の、一見ブラックだけれども深い深いグリーンだとか、上段右からみっつめのブロンズは、ケバくなく品があってゴージャスで、「うわぁシュウだ」と唸ってしまう輝きぶりも見事。ともかくどれもこれも使い勝手がよすぎます。これで12,000円+TAX。すごい。




 というわけで。感激のシュウ ウエムラでした。
 ブルーベルは明日アップしまーす。おやすみなさい。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-13 00:23 | 発表会 【さ、た】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧