キレイの本音



<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


グッチ フローラ1966。大人の距離感、わかってくれるといいな

f0221398_1794117.jpg
 本日ひとつめ、red flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKキット、みっつめRMK下地、4つめクルジャンのフレグランスもどうぞご覧下さい。


 というわけで本日ラスト。1日5本ははじめてじゃないかな。さすがに疲れてきました(笑)。

 しかしがんばります、なんといってもラストにふさわしいフレグランスですからこちら。
 グッチのフローラ1966。昨年発売したんですけれども、先日パルファムソムリエールさんに選んでいただいた香りで、目下一番愛用している香りです。いつも言いますが、ソムリエールさんに選んでもらうのは大好きです。いろんな香りと引き合わせてくれるので、なんだかお見合いみたいでわくわくです。


さて。この1996は、1966年、グレース・ケリーのために考案された“フローラプリント”からインスパイアされた香りだそう。
 もうこの時点で相当高貴な感じがしますが、この香りは、グッチ独特の、ともすれば人を突き放してしまうような気高さを含みつつ、硬質さも冷たさもないんです。あたたかいわけではないんだけれど、そこにとどまっていたいような、落ち着いた佇まいがあります。媚びないけれど、気むずかしい女性というわけでもない。人見知りだけれども、人間嫌いというわけではない。恋人はほしいけれど、自分も相手もあんまり積極的というのは苦手。
 そういう大人の距離感を大切に思うような、自己主張が強いけれども相手も尊重できるような気品と複雑なニュアンスが、この香りには含まれています。


 一番最初は、一瞬「メンズかな?」と思うほどにスパイシーですが、少しずつ強さから距離をおいて見えてきた女性らしさ、そしてラストに残す穏やかな余韻。見逃してほしくないなと思います。特に男性にね(笑)。
 ともかく、本当に素晴らしい香りですよ。



 というわけで。本日はこれまでです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 17:12 | フレグランス、香りもの

メゾン フランシス クルジャンのア ラ ローズ オードパルファム。探してしまう香りです

f0221398_1618161.jpg
 本日ひとつめ、red flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKキットみっつめRMK下地もどうぞ。



 というわけで本日4つめは、メゾン フランシス クルジャンの10月に発売された新フレグランス、ア ラ ローズ オードパルファム。7月の発表会リポートでも少しご紹介していますけれどもね、また季節をこえて、涼しくなってきてからもいいんですよ。このローズが。

 軽くて透明感があるのにとても印象的。たとえばオフィスやちょっとした個室でのパーティなどで、部屋に入った瞬間に「あ、この香り誰だろう」って、探したくなるような感じ。もちろんいい意味でね。
 たとえば女子同士であれば、どこのフレグランスかと聞かれたときにも、ちょっと自慢になります、絶対。ローズはローズなんだけれどもただのローズじゃない。ミドルノートのスミレのおかげなのか、甘ったるくなくて、薔薇一辺倒な単調さではありません。
 個人的な印象だと、水、を連想させるんですね。なんていうのか、私が勝手に思い浮かべたのは、湖畔。あおあおとした水面には、そばに建つ美しい古城が映り込んでいる、標高は少し高くてとにかく空気が澄んでいる、ずっと遠くまで景色が濁りなく見渡せる場所、のような。それなのに、ローズなんです。うーん本当に素敵。

 さすがクルジャン。透明感と抜け感は、これもいつも言いますけれども、個性があるのにフレグランスビギナーにも使いやすい、非常にハイクオリティなバランスを兼ね備えてるなと思います。これ日本限定の香りなのもいいよね。



 余談ですが。最近わたくし、髪をかなりのショートボブにしたので、何年ぶりかにピアスに夢中です。揺れるピアスと纏う香りと、いろいろコーディネイトするとまた楽しいです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 16:24 | フレグランス、香りもの

RMKその2。40代の大人に超おすすめ! 限定メイクアップベース

f0221398_14474537.jpg
 本日ひとつめred flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKコフレはこちらを


 さて本日3つめ。

 相変わらず私はノーファンデ派で、基本は色つき下地で顔色をコントロールしています。何度も言うようであれですが、このほうが断然、シワなんかが目立たないし、なにより夕方のくすみが気にならない。それでも寝不足などでどうにも調子が悪い日は、目元だけシュウ ウエムラのザ・ライトバルブ フルイド ファンデーションとかカバーマークのブライトアップファンデーションをごく微量。いずれも優秀だから、もう、ほんのちょっとで効果絶大。



 色つき下地の色に関しては、オレンジやサーモン、コーラル系。
 RMKのクリーミィ ポリッシュト ベース NのEX-02(コーラル)や、エレガンスのモデリング カラーベース EXのOR200(オレンジ系)は私にとっては今やなくてはならない下地です。塗ると塗らぬでは大違いの顔の明るさや血色の良さ、やわらかそうな肌感の演出などなど、欲しい要素が大概手に入ります。
 ちなみにツヤで言うとこれも何度か書いている気がしますが、シュウ ウエムラのUV アンダーベース ブライトニング ムース。これ本当に凄いんだからもう。





f0221398_14481477.jpg
 というわけで、その鉄板仲間入りになりそうなのがまた出ます、RMKより。
 色味はご覧のように、オレンジがかったベージュ、ですかね。この色味は肌にのせると限りなく透明になるんですが、中に入っているパールが絶妙で、シルバーやゴールドのほかに、ピンクやブルーなどさまざまな色合いの輝きがあって、あたたかみのあるツヤとやわらかい血色が瞬時にon。

 ちなみにこれ、おすすめなのは、朝のメイクはもちろんなんですが、夕方、ちょっとお肌がくすんできたかなぁという時に、頬の一番高い部分にスーッと少量、のばすともう、夕方が朝の顔に戻ります(笑)。本当にもうほっぺがツヤツヤでポッと血色も灯るし嬉しい。

 これ、限定なので大人のみなさまお早めに。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 14:49 | 新作コスメ メイクもの

RMKその1。クリスマスキットのバッグとぽんぽんにめろめろ

f0221398_14142536.jpg
 本日ひとつめのアップ、red flower発表会はこちらをどうぞ


 本日ふたつめはRMKのクリスマス限定キット。
 このポーチ、ふわっふわの素材感に思わず頬をすりすりしたくなります。セットになったカラーも、甘辛どっちもOKな感じでgood。

 間違いなくこのぽんぽんは、我が家のにゃんの、格好の遊び道具になりそう(笑)。早く隠さなきゃ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 14:15 | 新作コスメ メイクもの

red flower発表会。ニコライ バーグマンとのコラボコフレが素敵すぎです

f0221398_1414830.jpg
 更新ごぶさたをしておりましたよ。ちょっとばたばたしています。


 最近行った発表会の中で、このred flowerが良かった!



 会場は表参道にあるニコライ バーグマンのショップ。お花に満たされた会場内にうっとりです。




f0221398_1422038.jpg
 撮ってと言わんばかりの素敵さ。独特のカラーもいいんですよね、バーグマン。

 元資生堂インターナショナルのクリエイティブデザイナーだったYael Alkalayさんが1996年に立ち上げたNY発のブランドだそう。ナチュラル素材と香りが特徴的です。




f0221398_142512.jpg
 こちらが商品たち。全5種あって、左のイタリアンブラッドオレンジのシリーズのみ6アイテムで、ほかは4アイテム。ヘアケアとボディがメインです。


 香りが本当にどれも素晴らしくて目移りしてしまいます。どれもクセがないので使いやすいんですよね。
 ガーデニア好きの私としては、スパニッシュガーデニア(写真一番右)にグッときましたけれども、アイスランディックムーンフラワー(中央下)も良かったですよ。なんていうんでしょうか、女子力が高い香りなんです。清楚で爽やかな甘さ。「わーかわいい」と女の子がぱっと飛びつくような感じというより、一緒にいて安心するような、「男の子はこういう女の子が結局好きなんだよなぁ」っていうような香りです。気の強い子がこういう香りを身に纏っていたなら、そのギャップでかなりポイントを稼げること間違いなし、でしょう(笑)。





f0221398_1431920.jpg
 こちらはニコライ バーグマンとのコラボコフレ。キャンドルとセットになっています。この蓋を開けたときの興奮たるや言うまでもないですね。これ。
 このブログを見ている男性ってほとんどいないとは思いますけれども、もし女性のプレゼントに困ったらこれ相当おすすめです。
 限定なのでお早めに。伊勢丹新宿本店メンズ館などで発売だそう。





f0221398_144382.jpg
 この日のフードは、ブランドにちなんでいるのかな、ナチュラルヘルシー系でしたよ。見た目にもキュートで楽しいよね。どこのお店なのかと聞いてみたら、MANGOSTEENさんというケータリング専門のお店なんだそうです。




 というわけで。
 本日はあといくつかがんばってアップします(予定)。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 14:04 | 発表会 【ま、や、ら、わ】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧