キレイの本音



<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


クロエ発表会。新しい香り“ラブストーリー”は、品良く攻めて、去り際もクールです

f0221398_20364538.jpg
 おとといクロエの新作フレグランス、ラブストーリー オードパルファムの発表会へお出かけ。
 会場は六本木ミッドタウン4Fのボタニカ。エントランスの足下には今回の香りのキーである、マダガスカルジャスミンがゲストをさりげなくエスコート(写真・中央)。



f0221398_20372721.jpg
 こちらにもマダガスカルジャスミン。実はジャスミンとは種類は別らしいのですが、香りはジャスミンに似ていて、ジャスミンよりも軽くて爽やか。




f0221398_20373590.jpg
 というわけで商品はこちらです。

 ネロリやオレンジブロッサム、マダガスカルジャスミンにシダーが織りなす、フレッシュでセクシーな香り。
 今までのクロエは“自分自身”にフォーカスしていた感じでしたけれども、今回は自由な自分がありつつの他人(男性、ですね)を意識した、クロエにしては攻めてる印象がする香りです。

 攻めていると言ったって、そこはクロエですのでね、最後はやっぱり自らの想いに忠実に立ち戻ってきますが。





f0221398_20375785.jpg
 場内でもイメージフィルムの上映がありましたけれど、これが実に、香りのイメージを捉えた素敵な映像だったんです。
 とあるパーティ(かな?)で知り合った男女が意気投合して、会場を抜け出し食事をしたりおしゃべりをしたりと、二人きりで楽しい時間を過ごします。
 そしていよいよ彼のおうちに到着。これがまた、セーヌに停泊している船なんですね、ロマンチック。
 でも彼女は、そのおうちの鍵が開くと同時に、踵をかえして帰ってしまうんです、この香りだけを残して。なぜならば彼女は、自由だから……。

 うーん。素敵ですね。

 このときの男性の顔がまた良かった。がっかりするでもなく、気分を害するわけでもなく、ただただその香りに包まれながら、彼女の後ろ姿を微笑みながら見送るんです。そう簡単にはいかないよねっていうような、満足した顔。それだけの価値を、一晩で残していった彼女、ということです。上級者だね。これ。

 追いかけさせるのではなく、待たせる。縁があるなら、それを信じて待っていて欲しい、という感じ。それくらいの余裕を持って、私を迎えて欲しい。そういう距離感が伝わってきて、ああこういうのっていいなと思ってしまいました。「待っててよね」という高圧的な感じではなく、縁があるなら……という自然な流れをあくまで大切にしているような空気感がとても、クロエワールドだなと。
 一晩の心のふれあいですが、とっても品があって素敵なフィルムでした。
 この香りも、まさにそういう感じです。攻めているけれども、ガツガツさは皆無。いわゆる肉食系とは違うナチュラルさが、とても印象的です。




f0221398_20383163.jpg
 ボトルは、パドロック(南京錠)をイメージ。無理矢理こじ開けられない彼女の心の鍵、ですかね。





f0221398_2039333.jpg
 テラスには、大きな“LOVE STORY”のオブジェ。近づいて見ると、クロエロゴの南京錠が。そういえば先日、ポンデザールの橋で、鍵が重すぎて金網が崩れたというニュースがやっていましたよね。




f0221398_20393616.jpg
 帰り際にシャンパンとフードを堪能。




f0221398_2040453.jpg
 夏模様のミッドタウン。ガーデンにはゴジラが!(写真右・ちょっと見えにくいかな?) これがけっこうデカくてびっくりします。




f0221398_20403563.jpg
 帰りにメゾンカイザーでパンをゲット。




 今日はネイマール三昧。特別むきむきでもないボディがまた天才っぽいナー。というわけで9時からC・ロナウド見なきゃ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-31 20:42 | 発表会 【あ、か】

ブルーベル・ジャパン発表会PART3。ジミー チュウにメンズ初登場。ブルガリもリッチなムードで素敵すぎ

f0221398_16523993.jpg
 PART1はこちらPART2はこちらをどうぞ


 というわけでブルーベルラスト。まずは“マリー・アントワネットの夜の舞踏会”のコーナー。





f0221398_16533993.jpg
 カルバン クライン エタニティ ナイト オードパルファム。間違いなくカルバン クラインな香り。セクシーだけど格好いい。そしてキメキメすぎなカジュアルさのバランスがいつも凄いです。




f0221398_16535917.jpg
 同じくカルバン クラインのリヴィール オードパルファム。女性の持つ二面性を表しているとのことで、こういうパッケージ。これも格好いいです。





f0221398_16542018.jpg
 レペット オードパルファム。オードトワレよりも力強さがあります。





f0221398_16545855.jpg
 グッチ バイ グッチ プルミエール オードトワレ。






f0221398_16552579.jpg
 ジミー チュウ エキゾチック オードトワレ。
 これは、ボトルの色から、パッケージもオレンジ×イエローのパイソンだったりと、強気とセクシーさ全開かしら、と思いがちですが、意外とこれが、甘くて可愛い。「パッション系のシャーベットを食べたい!」という第一印象で、甘いアイスクリームではなく、スウィートだけれどもどこかスッキリしたニュアンスのあるシャーベット、なんですよね。
 ハートノートのタイガーオーキットがクリーミーで大人っぽく落ち着いてくるのもまたgood。









f0221398_16554891.jpg
 最後のコーナーはメンズです。

 カルバン クライン エタニティ ナイト フォーメン オードトワレ。すっごいスタイルのいい男性がデニム、Tシャツでこの香りだともうパーフェクトなんじゃないでしょうか…という香りです(笑)。CKはいつもブレませんね。




f0221398_1656784.jpg
 そしてジミー チュウからはじめてのメンズ登場。ジミー チュウ マン オードトワレ。
 スパイシーでレザーの香りも。ボトルもそうですが、とてもすっきりスタイリッシュな印象です。これからの展開も非常に楽しみ。





f0221398_16562441.jpg
 そしてラストは、ブルガリ マン イン ブラック オードパルファム。こういう香りがしっくりくる男性って、リッチだけれども一代でぽっと築いたそれとは違うような安定感がある印象です。すごく素敵。まったく浮ついてません。
 ラム酒の香りやチュベローズ、トンカビーンズなどなど。特にやはり、ラム酒の濃厚さですね。
 深く吸い込んでも嫌味がなく、心を包み込まれるような落ち着きがたまりません。



 以上ふたつのコーナーはこのほか、ドルチェ&ガッバーナ ザ・ワン オードパルファム 2014エディションもありました(メンズも)。





f0221398_16564069.jpg
 というわけで。ひととおり会場を回ったあとは、大好きなパルファムソムリエールさんによる香り選びを体験したりフードをいただいたり。楽しいひとときでした。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-16 16:58 | 発表会 【な、は】

ブルーベル・ジャパン発表会PART2。空気を感じさせるアニック グタールの香りが忘れられない…

f0221398_16692.jpg
 PART1はこちらをどうぞ


 というわけでブルーベルPART2は、会場地下一階に設けられたメゾン系フレグランスなどのコーナー。




f0221398_160537.jpg
 まずはクリードの、アクア セードル ブラン(左)と、アクア ベチバー ジェラニウム(左)。このジェラニウムはまさにゼラニウムの香りでありつつの、ベチバーですっきりとまとめています。甘系の香りが苦手な人や、男性にもよさそう。
 クリードはこのほかにも、オードパルファム アクア アジアン グリーンティーという新作もありました。





f0221398_161382.jpg
 そしてこちら。アニック グタールのヴァン ドゥ フォリ オードトワレ。アニック グタールといえばフランスですが、今回はNYのイメージを盛り込み、都会的で軽やかなニュアンスが楽しめます。
 空想の花、ヘディオンという香りが非常に特徴的で、ひとことで言い表すならば“空気みたい”。爽やかなニューヨークの風にのってやってくる都会と草木と花たちの様子がうかがえるようで、単にフローラルやグリーンというわけではなく、あくまで空気の中に、そうしたものが感じ取れる、の、ような。んー。わかりますかね(笑)。

 商品のとなりにあるのは、ちょっと見えにくいですけれども、この香りのビジュアルをスノードームに閉じこめたもの。セントラルパーク(おそらく)を眼下に、ひらひらとやわらかなドレスをなびかせながら、都会の遙か上空で髪の長い女性がブランコに揺れています。このとっても気持ちよさそうなムードが、まさにこの香りに集約されていて、一度嗅いだら忘れられない香りなんです。わたくしすっかり夢中になりましたよ。






f0221398_161404.jpg
 こちらは私の大好きなボンド・ナンバーナインから、初登場のボディクリーム。既存の人気の香り、マディソンスクエアパーク(左)、ユニオンスクエア(中央)、セント・オブ・ピース(右)の3種類。物足りなさもなく、かといって強くて全身塗るのはつらいなぁという事もなく。そのバランスがとっても良い感じでした。





f0221398_162563.jpg
 同じくボンド・ナンバーナインのキャンドル。上にのってる蓋も可愛いです。





f0221398_1622835.jpg
 ラストはニュクスのスキンケアに新シリーズ登場。メルベイヤンス エキスパートという、肌の糖化に着目したエイジングケアシリーズ。赤いユリから抽出された成分を使っているのだそう。
 手の甲だけのお試しですが、いずれもとってもなじみがよく、しっとり感が良かった。


 ニュクスのスキンケアは、クセがなくて使いやすいので、私もけっこう愛用しています。ニュクセランス ジュネスという美容液、穏やかだけれど良い仕事をこつこつするんです。






 このコーナーは、ほかに、アニック グタールのボディクリームやシャワージェル、ソープがありました。
 というわけで次がブルーベルラスト。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-16 16:06 | 発表会 【な、は】

ブルーベル・ジャパン発表会PART1。フランシス クルジャンにナルシソ。ハッとする香りがいっぱいで目移り

f0221398_11123820.jpg
 昨日ブルーベル・ジャパンの発表会へ。
 会場は表参道の青山セントグレース大聖堂。天気がよくて本当に綺麗。

 10月1日の香水の日に向けて、今年のフレグランスアンバサダーに就任された宝塚出身の女優の花總まりさんのトークショーも。




f0221398_1113109.jpg
 いつものように、新作フレグランスをテーマごとにわけて展示。今回はマリー・アントワネットがナビゲートする、というのがイメージだそうで、こちらのお部屋は“マリー・アントワネットのティーパーティ”。




f0221398_11132028.jpg
 ヴァン・クリーフ&アーベル レーヴ エリクシール オードパルファム。




f0221398_11134890.jpg
 ビジュアルありませんが、エスカーダ ジョイフル オードパルファムはミランダ・カーがミューズ。ピンクピオニー×ホワイトフローラルが華やかです。





f0221398_11143132.jpg
 カルヴェン ロードトワレ オードトワレ。前作同様、フランシス・クルジャンが調香を担当。クルジャンだけあって、このなんともいえない抜け感がいいんです。ありそうでなかなかない。





f0221398_11144685.jpg
 こちらも良かった! ナルシソ ロドリゲス ナルシソ オードパルファム。ベチバーがメインに使われていて、とっても印象的です。こういうのふだんにサラッと使いこなせたらいいですね。





f0221398_11151713.jpg
 そしてこの日はもうひとりゲストが。フランシス・クルジャンが自身のブランドの新作を語りました。





f0221398_11153040.jpg
 メゾン フランシス クルジャン ア ラ ローズ オードパルファム。こちらはなんと日本限定の香りなんだそうです。


 プロヴァンス(南フランス)のグラースで5月にしか収穫できないセンティフォリアローズと、トルコのダマセナローズを使用するという贅沢さ。

 香りもやはり、クルジャンらしい透明感や、ローズはローズなのだけれど「そうきたか」というような新鮮な驚きが隠されていたり、それなのにとても使いこなしやすそうなあたりも本当に見事だし印象的です。ありきたりなローズに飽きたフレグランス通の人も、ふだんあまり香水を使わないような人も、どちらもOKな感じがしますね。
 なにより日本限定というだけあって、湿度の高い空気のなかでもうっとおしくならない、すーっと抜けるようなクリアさがさすがだなと思いました。




 このほか、このお部屋にはレペット オードトワレ リミテッド エディション、ランバン エクラ・ドゥ・アルページュ アーティー オードパルファムなどがありました~。



 ともかくたくさんあるので、続きはまたのちほど。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-16 11:19 | 発表会 【な、は】

たまにはいいよね

f0221398_16355811.jpg
 昨日、誕生日の食事へ。本当は今日なのですが、夫の都合で昨日行ってきました。
 ふだん好きなように好きなペースで仕事をさせてもらっているので、私はほとんどこうしたスペシャルなお祝い事を辞退しているんですが(プレゼントをもらったとしても、ごくたまに、仕事でも使えるようなものとかね)、こういうのもたまにはいいかナーと思い立ち、行ってきましたよ。
 このケークサレ(右上)めちゃくちゃおいしかった~。




f0221398_16363691.jpg
 ロケーションが大好きなパレスホテルの6階。ちょっとお写真暗いですが、都心の6階で、これだけ視界が開けているっていう贅沢さがたまりません。エントランスのお花も綺麗でした。




f0221398_1637862.jpg
 実はもう一軒お出かけしました。これも大好きなヴィロン。夜に来たのはそういえば初めてです。美瑛産の仔羊がとろけるようで美味(左上)。またバゲットが美味しいからおかわりがとまらないんだ(笑)。




f0221398_16374561.jpg
 ヴィロンに行って手ぶらで帰るわけもなく、ひとつ購入してさっそく今日のブランチで食べました。プレートにもりもりのせすぎだねこれ(笑)。




 ワールドカップも終わっちゃったしなんだかさびしい。早く新監督お披露目されないかナー。新生サムライブルー、どういう人選になるのか楽しみですよね。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-14 16:48 | 美味しいお茶、食事

トリンド発表会@オランダ大使館。日本初上陸のハンド&ネイルケア

f0221398_1753491.jpg
 先日、行ってきましたTRIND(トリンド)の発表会。オランダ発のブランドということで、会場は神谷町にあるオランダ大使館。




f0221398_17531498.jpg
 緑がいっぱいで『かえるさん注意』の看板も(右下)。わざわざ『CAUTION』と言うくらいだから、どれだけたくさんいるんでしょうかね、なんだか気になります(笑)。




f0221398_17582378.jpg
 建物内でプレゼンテーション後、敷地内のプールサイドでネイルケア体験のコーナーも。梅雨の晴れ間で本当にこの日は空が綺麗でした。




f0221398_17541431.jpg
 商品は、こちら。まずは甘皮や爪の保湿剤等ケア用品。ネイルバルサムという爪用保湿剤(右からふたつめのブルーのボトル)は、ウォーターベースなのでベタつかず、このあとネイルの仕上がりも邪魔しないのが特徴なのだそうですよ。




f0221398_17544092.jpg
 すっかり撮り忘れてしまいましたが、マニキュアは全18色あり、このお写真はベースやトップコートなどですね。





f0221398_1755440.jpg
 そしてこちらがちょっと面白かった。ネイルトリートメントRVという、爪用のトリートメントで、色がついているんです。爪をケアしつつ爪色の補正もできちゃう。なんだか便利。




f0221398_17552216.jpg
 ハンドスクラブなどのケア商品もありましたよ。




 基本はネイルサロン用&サロン店販らしいのですが、まだ上陸したてで詳細はこれからなのだそうです。

 価格も1000円台とお手ごろなので、通販とかあったらうれしいね。これからの展開要チェックです。




f0221398_17554867.jpg
 おみやげはオランダのワッフル。神戸にあるストロープワッフルの専門店、ワーフルハウスのもの。
 ワッフルというとベルギーっていう感じですが、そのおとなりオランダにもワッフルがあって、このストローワッフルというのは、しっとりクッキーのようなワッフル生地にシロップがはさんであるタイプのことなんだそうです。甘くて生地も香ばしくて美味しかった~。




 そしてオランダとくればいよいよ明朝5:00から準々決勝ですね。もうこのベスト8くらいになると、どのカードも見逃せないし見所が多すぎて見ているだけでくたくたです。
 ネイマールの負傷は本当に残念だなぁ…。
(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-05 17:56 | 発表会 【さ、た】

ザ・タイムR アクア。イプサの化粧水はいつも間違いないです

f0221398_849249.jpg
 絶賛愛用中です、イプサのザ・タイムR アクア。
 W杯で毎日超寝不足ですが、これだとぷりぷりです。
 イプサのスキンケアはいつも安定感が凄いよなと思います。



 発表会リポートなどありますが、またそのうち。ともかくねむーい(笑)。そして気づけば2014年も下半期突入なのですね。早いなぁ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-07-03 08:49 | お気に入り スキンケア


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧