キレイの本音



<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ニールズヤード レメディーズ発表会。ワイルドローズの美容液、とっても潤いますっ

f0221398_13320568.jpg
 発表会ラッシュです。その中からいくつかご紹介します。今日はニールズヤード レメディーズ。会場は外苑前の本社です。

 ビタミンにかんするトークショーなどもあったのですが、ちょっとそれにはお時間合わず残念。少人数で和やかにお話をうかがいましたよ。スウィーツも美味しかったし、なによりこちらのオフィスは居心地が良くて大好きです。ウッディなエントランスのブランドロゴも本当に素敵です(左上)。




f0221398_13324205.jpg
 さて商品はこちらです。  私も大好きなワイルドローズビューティバーム(バーム状美容液)の美容液が来年2月に発売。本国UKではすでに大人気商品で、UKビューティアワード2011を受賞しているんだそうです。

 バームは週数回のスペシャルケアですが、こちらは毎日使うタイプの美容液。ローズヒップオイル等の脂溶性美容成分と、ターメリックエキス、植物性ヒアルロン酸等の水溶性美容成分配合のオイルジェルで、一見ごくふつうのジェルなんですけれども、肌にのせるとぺとっとした独特のテクスチャーです。なので朝使用するときは、このあとのメイクなどは肌にぽんぽんとのせるように塗布するのがおすすめかと。


 そしてなによりもこの保湿力には感激。最近、めっきり空気が乾燥してきましたけれども、「にっ」っとしても口周りも目元もつっぱることなく、一日中、非常に気分よく過ごせます。素敵。つっぱり感があると外出先などでけっこうブルーになりますもんね。ああちゃんと保湿してきたはずなのに、目元しわっぽくなってないかなぁ鏡もう一回見ようかなぁ、とか。あれこれ無用な反芻をせずにすみます。

 もちろん香りも素晴らしいです。ゼラニウムやフランキンセンス等もブレンドされているので、すーっと心が穏やかになります。夜使うと、よーく眠れる感じです。


 というわけで。うまくすれば今晩か明日にはもうひとつ発表会アップしようと思います。(c)tw1994


[PR]
by kireinohonne | 2013-11-30 13:39 | 発表会 【な、は】

友人とごはん

f0221398_22475940.jpg

友人とイタリアンへ。

大人になると、「日常」の意味がふくよかになりますね。
楽しい夜でした。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-25 22:47 | 美味しいお茶、食事

あたしねむいの

f0221398_2223565.jpg

f0221398_2223590.jpg

f0221398_2223570.jpg

実家の二匹は各自の猫ベッドでとろり夢の中。ベッドはホカペの上に置いてあるので、ぬくぬくです。完璧だね(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-25 22:23 | 猫、動物

庭の紅葉

f0221398_12361345.jpg

f0221398_12361361.jpg

f0221398_1236137.jpg

f0221398_12361394.jpg

実家の庭も秋の色。
椿も今年はたくさん咲きました。
今日は雲でちょっと残念。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-25 12:36 | 日常、その他

NARS ポップアップストア ローンチパーティ

f0221398_15272034.jpg
 ファッション・フォトグラファー、ギイ・ブルダンにインスパイアされたNARS 2013 ホリデイコレクションのポップアップストアが本日22日から3日間限定でオープン。昨日はそのローンチパーティにお出かけしましたよ。

 場所はキャットストリート界隈のBA-TSU ART GALLERY。DJあり唇のソファありでいきなり楽しい。
 


f0221398_15275294.jpg
 こちらはギイ・ブルダンのコーナー。いわずもがなの素晴らしさ。

 


f0221398_15292367.jpg
 シングルアイシャドーにリップスティック、ブラッシュにネールポリッシュと、どれもこれもブルダンの世界観にどんぴしゃ。

 


f0221398_15301287.jpg
 このチークがね、もう素敵です。確かにかなりビビッドだけれど、薄くふんわりのせるとこれが案外かわいいんです。

 



f0221398_15304994.jpg
 こちらは、ポーチがセットになったアイライナーコフレと、ミニネイルのセット。このネイルのセットも良かったなぁ。個人的にはどれも大好きなカラー。使い切れそうな容量もgood、で、3990円なり。買わねば(笑)。

 


f0221398_15311054.jpg
 NARSスタッフさんたちもコレクションメイクでお美しや。
 依田さん(左)のブルーのシングルアイシャドー 2086(Wishuful Thinking)、あまりの格好良さとセクシーさに思わずぱちりさせていただきましたよ。このブルー、深みがあるのに、配合されたブルーパールが鮮やかで吸い込まれるよう。例えるならば、宇宙から見たときの地球。神秘的で目の覚めるような青、でしょうかね。これも買わねば(笑)。

 


f0221398_15312628.jpg
 以上、通常のNARSカウンターでも売っておりますが、ポップアップストア、ぜひ足を運んでみてはと思います。広い空間をひとつのブランドで満たすというこのムードはやはり贅沢で楽しいし、「あ、これいい」とか「かわいい」とか「こうやって使ってみよう」などなど、ストレートに、感覚に訴えてくるものがある。メイクって楽しいなぁと、単純に思えることって実は難しく非常に重要ですものね。

 


 

f0221398_23444096.jpg
 NARSパーティに行く前に、同行したライターO嬢とカフェカイラでパンケーキ。夕方6時という微妙な時間に行ったせいか、ほんの一瞬待っただけですぐに座れました。
 これがきっと一番人気なんでしょうけれども、想像以上にフレッシュでさっぱり、煮リンゴ以外、生のフルーツをカットしただけ(たぶん)という、なんだかおうちでも作れそうな感じですが(笑)、でもこのフォトジェニックぶりなので写真撮らずにはいられません。店員さんも慣れたもので、パンケーキを囲んでみんなでぱちり、のシャッター押しも当たり前の雰囲気。店内ほぼ女子、けっこうお年を召した女性のグループもいたりして(さすがにみんなでぱちりはしてなかったけども笑)。まだまだパンケーキブーム続きますねこれ。なんやかんやで盛り上がりますもん。(c)tw1994


[PR]
by kireinohonne | 2013-11-22 15:39 | 発表会 【な、は】

大人の目元の悩ましいあれこれには案外“つけま”。まずは倖田來未ちゃん、エレガンスおすすめ


 最近、つけまの威力にはまっています。いよいよ常用です。ボリュームダウンした自分のアイラッシュをいとも簡単に救ってくれる。本当にありがとうと、つけるたびに思います。
 それと、つけまを日常的に使いはじめて思ったんですけれど、目元の皮膚のくすみだったり皺だったりゆるんだ感じだったりが本当に気にならくなりました。これは嬉しい発見。目がぱちっと見えるその効果って絶大なんだな。

 美容整形のお世話にもなるべくなりたくないし、まつパもまつエクも試したけどそろそろそれも無理かなぁって思っている私のような大人の方々、まさかのつけま、チャレンジの価値はあると思います。


f0221398_14045804.jpg
 いろんなタイプありますが、私はデイリーにはこれくらいから始めてみると良いかしらと。
 ちなみにこれは、愛用中のD.U.P 04ロマンティックスタイル。倖田來未ちゃんプロデュースのやつですね。最初店頭で見たとき、倖田來未ちゃんっていうイメージから「さすがに40代がつけるのは……」と思ったんですが、これがどうして。彼女のシリーズは案外実用的というか、思ったほどギャルっぽくないので、他のタイプも今度チャレンジしようかと思っています。



f0221398_14082850.jpg
 そしてじゃん。大人のつけまとくればエレガンス。




f0221398_14140174.jpg
 このラヴィッシュ ラッシュ ウィングW01は、密度も長さもばっちりふさふさなのに、この繊細な毛先のおかげで非常に上品。それでいて目の大きさが凄いことになります。



f0221398_14150875.jpg
 ニュアンス ラッシュ I 01。とてもナチュラルなタイプ。こういう目頭側が短いのって、いいですよね~。誰にでもなじむから失敗もしにくいです。




f0221398_14154938.jpg
 ラヴィッシュ ラッシュ カラーミックス M01。このブラウンがミックスされた色合いがたまりません。そしてこの毛先の美しさ。ぜひお写真クリック拡大してご覧下さいませね。ため息ものですよ。
 色味もまた良くて、角度によってブラウンが透けたように艶めくので、横から見てもまつ毛が重くないんですよね。本当にこれ綺麗。毛もとても細いです。


「とにかくまずは1週間、毎日つけること」と、とある美容関係の先輩に背中を押されるがままトライしたけれど、本当にこれは習熟できるものなんだなと痛感。「不器用だからなぁ」と敬遠しがちな人もぜひぜひ、つけまを。私は最近、どこのショップでもつけまコーナーに吸い込まれる日々なのです(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-18 14:30 | お気に入り メイクもの

トムフォード様のネイルとフェンディの香り

 

f0221398_23462981.jpg
 先週、新宿の伊勢丹でやっていたフレグランスのフェアにおでかけした際、新宿伊勢丹とくれば立ち寄らずにいられないトムフォード様をちらっとのぞいて、のぞけば買わずにはいられないネイルをまた1本ゲット。ああ衝動買い。

 ネイルは大好きですけれども、ネイルとどん
な香りをあわせようかなと考えるのもまた大好きです。今家にある香りの中では、このベージュにはフェンディがいいかなー。
 トムフォード様にしてはクセのない発色で、ツヤといい、肌に溶け込む色合いといい、指がすらっと長く見えてエレガントなネイル。
 ぱっと見、美しいけれども控えめな指先、でも香りは印象的なフェンディで如才なくという、大人の技ありな組み合わせかしらと。

 今日は寒い。我が家の猫はもちろんホットカーペットで鼻をピンクにして寝ております(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-12 15:16 | お気に入り メイクもの

40代のみなさま、デコルテが枯れる季節です。ソンズのボディスクラブはおすすめです

 

f0221398_23413585.jpg
 ただのスクラブじゃあないんです、以前も紹介したことがありますが、洗い流すと肌の上にしっとりオイルベールが残るタイプ、こちらもそうなんです。





 

f0221398_23414557.jpg
 微粒子バンブースクラブでお肌ツルツル、シアバター、ゴジベリー(クコの実、ですね)、朝鮮人参で潤いしっとり。


 特にデコルテが見事な光沢で驚きますよ。“なんか塗ってます”のようなツヤではなく、“こういう肌なんです”という、自然でなめらかな見た目と手触りでかなり自慢気分。

「どうも最近、顔色が冴えないなぁ、やっぱり秋で乾燥してるからかなぁ」
 って、一生懸命フェイスケアに励むのもいいんですけれども、40代以降の大人は案外、首や鎖骨のぱっとしない感じがけっこう響いている場合ありますからね。実際私もこれを使うと、「なんだ顔じゃなくて首だったか」とすんなり納得しますもん(笑)。


 こちらの商品は、スクラブと保湿が一度にできてしまうので、時間がかからず本当に簡単だし、インバス完結なので湯冷めもしなくていいかなと思います。大人の冷えは美肌に大敵ですからね。そういう意味でもこちらおすすめ。

 ちなみに、写真にあるのは撮影用に使ったスプーンですよ、付属品じゃないので一応あしからずね。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-05 13:30 | お気に入り ボディケア

RMK 2014 S/S発表会。KAORIさんのプロダクツついに登場。キュート&スマートなピンクは大人に貴重!

f0221398_23584819.jpg
 ついに発売になる、RMKのNEWクリエイティブディレクター・KAORIさんが手がける初めてのプロダクツ。組み合わせや使い方によって、万華鏡のようにくるくると表情を変えるカラー達が織りなす2014年の春夏コレクションです。

 会場は表参道ヒルズ内のスペース・オー。
 テーマカラーのピンクを基調としたオブジェは、見る角度によってカレイドスコープがごとくの色彩の輝きと楽しさで、エントランスからわくわく(右下)。
 ともあれ商品を見てもらったほうが早いですね。




f0221398_23593974.jpg
 こちらはニュアンスカラー。
 ビジュアルからして万華鏡ですね、かわいい。
 ブレンドのしかたによってフェイスカラーにもハイライトにもチークにもなります。大人としては、ちょっと顔色が冴えない日なんかに、頬や目の周りにササッとプラスするといいかも、と。




f0221398_001758.jpg
 こちらはチーク。いずれも肌にのせるとゴールドのパールがきらりん。




f0221398_00403.jpg
 そしてメインはやはりこちら、アイシャドウですね。
 ちょっと色味がいまいちなので再撮しましたよ。





f0221398_011061.jpg
 全部で5種です。
 個人的には、下から二つ目、04イエローピンクがおすすめ。
 実はこの04でメイクしていただいたんですけれども、仕上がって鏡を見てみると思わず「……おっ!?」のような、新鮮な嬉しさと驚きがあって。なんていうんでしょうか、ピンクってもう私くらいの大人にしてみたら、どうがんばっても似合わない確率が高くなります。なので、どうせダメなら、たとえばブラウンとのコンビとかではなく、「いっそイエローとピンクでいってみよう」と可愛らしいコンビをチャレンジしたんですけれども、これがなかなかどうして。

 発色はシアーで、このピンクが肌にのせると、わかるがどうかの微細ブルーパールが輝きます。透明感あるアイスピンクなので、とても目元がすっきり見える。可愛いのにすっきり。そしてRMK湿式パウダーの特性を生かした濡れたようなツヤ感もいい。アーティスティックなのにモードに偏りすぎず、夕方までその魅力がしっかりと続きます。素敵。

 もうひとつオススメは一番下の03ホワイトピンク。こちらのピンクはもう少ししっかり発色します。ちょい個性なピンクでありつつの肌なじみの良さでまぶたにしっくり。ホワイトも、実は肌の上でゴールドパールがきらりに変化。使うのが楽しいです。




f0221398_013923.jpg
 こちらはそのルックなんですが、まさにこの04は、右のアジア人のモデルさんがつけているもの。
 それぞれのカラーをまぶたのどこにつけるかで印象ががらっと変わるんですが、メイクしてくれたスタッフさん曰く、ピンクを目尻側につけるとほわっと和風にもなるとのこと。このビジュアルのようにすっきりとまとめたいなら、ピンクはまぶた中央か、中央~目頭までで、ともかくもう一方の色を目尻側に、というのがgoodだそう。大人はやはり、すっきり系のほうがオススメかな。

 ともあれお気に入りを選んで、ぜひ大人も臆せずトライしてほしいなと思います。なんていうのかな、こういう言い方あれですけれども、いずれも、ピンクなのにお馬鹿っぽくないんですよ。だから大人が目元につけても痛い感じにならならず、素直に色を楽しめるのだと思います。




f0221398_021985.jpg
 そしてこのダブルエンドタイプのリップカラーも良かった! グロスと、反対側をぽんと引き抜くと、マットタイプのクレヨンリップが出てきます。こんな感じで再撮。。。





f0221398_023620.jpg
 単色で使ってもいいし、クレヨンの上からグロスを重ねてもOK。それぞれのクレヨンとグロスをそばに置いてみましたが、これでなんとなく、重ねたときの、色の印象もわかるかな…?
 ちなみにオススメは右の2本。一番右は05コーラルオレンジ、その隣は04コーラルベージュ。05はもう、顔色がぱっと明るくなって素敵。04は、このブルーパールのグロスが透明感がぐっと出て、いいんですよねえ。





f0221398_03884.jpg
 このグロスですが、チップがスプーンみたいに少し窪んでいてまた技あり、です。個人的にはスプーンというより、良い感じに曲がった角度といい(右)、洗顔のときの手のひら、みたいな感じで、すごく自然に唇のカーブに合うんですよね。
 窪みに溜まったグロスが唇に均一にのばしやすいし、はみ出にくい。鋭角な先も、口角や唇の山を綺麗に縁取れます。




f0221398_032123.jpg
 ラストはネイルです。一番手前のはベースにもトップコートにも使えるそう。




f0221398_035157.jpg
 一度塗りだとかなりクリアな仕上がり。スタッフさんので二度塗りだそうですよ(右)。




 以上、すべて限定品です。




f0221398_042761.jpg
 ちなみにこれは、同日(来年1月17日)発売のブラシです。定番の新製品。
 フェイスカラーにもチークにも使えるそうです。




f0221398_044483.jpg
 この日はモデルさん4体登場。
KAORIさんのコンセプトのとおり、さまざまなメイクパターンが見れて楽しかったし、わかりやすかったです。
ファッションもそうだけど、こういうヘアスタイルにも合わせてみたいなとか。早くうちに帰ってあれこれ試したいーと、うずうずしました(笑)。



f0221398_053476.jpg
 通常、モデルさんはランウェイを歩いて終わり、ということが多いけれど、この日はプレゼンテーションが終わっても、しばらく場内にいてくれたのも良かった~。プロのモデルさんたちなのでさすがにアップ写真は掲載できませんが、やっぱりメイクは、間近で見たいもんね。




f0221398_06437.jpg
  ぱっと見、「今までのRMKとそんなに変わらないんじゃ?」と思ったのですが、肌に実際のせてみると、基本はこれまでのRMKを踏襲した可愛らしさがありつつ、その中に、ナチュラルだったりクールだったりモードだったりと、KAORIさんのアーティスティックなエッセンスがたっぷり。

 世界中に多くのファンを持つ“RMK”という看板は重いとは思うんだけれど、ファッションの世界ではこうしたクリエーターチェンジでいくつものブランドが魅力的に生まれ変わっているわけで。日本のコスメ界でもKAORIさんがんばってほしいなぁ。

 もっともっと彼女の世界観、見てみたい! という思いが加速する、NEW RMKです。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-01 00:00 | 発表会 【あ、か】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧