キレイの本音



<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


『アデル、ブルーは熱い色』、『わたしはロランス』、『マイク・ミルズのうつの話』。映画の後は美味のパン

 先週金曜日に、東京国際映画祭で上映された、『アデル、ブルーは熱い色』を観てきましたよ。すんごく良かった!(心配していた台風もそれほどじゃなくてホッ)

 本作は、今年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞したんですが、審査員の河瀬直美監督によると、審査委員長のスティーブン・スピルバーグ氏が「技術がどうとか、構成がどうとかいう前に、私たちが素直に心で感動したものを選ぼう」ということで、満場一致でパルムドールに決まったそうです。確かにこれ、無条件に胸に突き刺さるものがある。
 以下若干ネタバレ注意です(でも、読んだからといって作品のおもしろさは変わらないと思いますが)。




“レズビアン映画”とか“10分にもおよぶベッドシーンが”うんぬん、センセーショナルなコピーが目に付きますけれども、まあ惹句としては仕方ないし、そもそも確かに、猛烈に激しくちょっと生々しく長~いエロティックなシーンではあるけれども、素直に胸に突き刺さってくる彼女らの恋心が素晴らしすぎます。ストレートの私でも、めちゃくちゃ感情移入してしまうほどに。



 実は最近、がつんとしたものが観たくて『わたしはロランス』、『マイク・ミルズのうつの話』を観たんですけれどもいずれも個人的には不発で。
『~ロランス』は、これもまた、35歳にして「女性になりたい」と女装をはじめたロランスとその彼女の、セクシュアリティを題材にした愛と葛藤の物語なんですが、話題になっていたから観たんだけれども、けっこういい年のカップルの物語にしては、少々幼いかなぁっていうのが最後までひっかかり。そもそも女装カミングアウトから10年の紆余曲折を経ての別離までを描いているけど、「この関係はもう続けられないな」と思うまでに10年も悶絶しないよなぁ3ヶ月くらいで十分なのでは?とスれた大人の私は思ってしまい(笑)。最初のころはまだいいんですが、どんどん女装が加速して、大好きだった彼が真っ赤な口紅にロングヘア、チークもがっつり……って、んーん…。友達として付き合うことはできなかったのかな。とか。
 しかも、途中ロランスと別れた彼女フレッドが別の男性と結婚し子供までもうけるんですが、そのおうちの豪華なこと。赤く染めたカーリーヘア&ツーブロック、っていうパンクなお姉ちゃんが、そんなお金持ち男性と、興味本位でお互いお付き合いすることはあっても結婚って…。そのへんの設定なんかも場当たり的に見えてしまってこちらも共感いまひとつ。

『マイク・ミルズ~』(これはドキュメンタリー)に至っては、問題提起にすらなっていないボヤッっとした終わり方で、いや、問題提起はしたかったんだろうけれども、取材するうちに感情移入しちゃってどっちらけのような。そういう「監督さん、いい人なのね」だけは伝わったわみたいなね。一緒に観に行った友人でシナリオライターのKちゃん曰く、「NHKのドキュメンタリーだって、もっとオチあるよね」と。ごもっともで。

 そういう話題先行、見終わって“モヤ”っていう作品続きで『アデル~』を観たのもあり、よけいに心にずきゅんと愛と主張がストレートに突き刺さってきた本作に、心を奪われたようにも思います。



 このブログでも、以前ちらりとプラダのフレグランスでレア・セドゥに触れたことがあったけど、レアも、アデル役のアデル・エグザルコプロスも賞賛に値する素晴らしい演技。彼女らは監督に対する不満もあったようだけれど、ふたりとも間違いなく、本作で仕事は激増するかと思われます。
 ちなみに、アブデラティフ・ケシシュ監督が来日し、舞台挨拶したんですが、日本映画大変お好きで、中でも小津安二郎を敬愛しているとのこと。なるほど。



『アデル~』は来年4月公開だそうです。先だなぁ。早く公開すればいいのに。




f0221398_181457.jpg
 というわけでこちらは、『マイク・ミルズ~』後にKちゃんとヴィロンでランチのサンドイッチ。




f0221398_18142892.jpg
『アデル~』では、六本木ヒルズのロブションでパンをゲット。いずれも幸せになるくらい美味。
 そういえば、『アデル~』での“アデル、号泣しながらチョコレートバーを囓る”のシーンは絶品ですよ。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-28 18:19 | 日常、その他

ドルチェ&ガッバーナ プールファム インテンス オードパルファム。気の強い女性って実は

f0221398_22145624.jpg
 本日もうひとつアップしたラッシュはこちらからどーぞ


 さて、本日もうひとつはドルチェ&ガッバーナのフレグランス。これももうじき発売の商品ですね。


 香調はオリエンタル フローラル。
 トップノートは、ネロリ、グリーンマンダリン。それに続いて2種類の高貴なホワイトフラワー、クリーミーなオレンジフラワーにチュベローズ。
 ラストはサンダルウッドにムスク、そしてギモーヴ(マシュマロ)。


 重厚でパワフル、そして官能的なムードで、ドルチェ&ガッバーナらしい香りなんですけれども、私はこの、ラストに顔をのぞかせるギモーヴの香りにちょっとどきっとしてしまいました。気の強い女性のベールをひとつひとつ剥いでいくと、とても安心感のある、人懐っこい可愛らしさに辿り着く、のような。

 確かに最初から、このクリーミーな甘さは見え隠れしているのですが、時間が経ち、ゴージャスな香りたちが去ってみると、案外この最後に残った甘さは、エロティックというよりも可愛らしいということに気がつきます。ただし、ここまでしっかり時間をかけて、お付き合いしてみないとその顔は見られないし、そもそも「なんか強そうな感じ」と決めつけていては、この甘さも単なるセクシーということで片付けられてしまいそう。


 強そうに見えて、女ってフクザツなのよ? そこのところをわかってほしいのよね。


 とでも言っているようなこのギモーヴの甘さを知ってしまったら、ちょっとこれは、クセになります。自分でつけていても、強気一辺倒ではない、どこかほっとするこのラストの香りに救われるんです。



 明日は台風大丈夫なのかなぁ。実は明日、東京国際映画祭に映画を観に行くのですよ。
 この香りをシュッして出かけようかな。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-24 22:16 | フレグランス、香りもの

ラッシュのルドルフ。ちょっと使いにくいけど楽しくてお肌つるっつる&しっとりのパックです

f0221398_189461.jpg
 どうですこのインパクト。

 キュウリや豆腐、オートミールやラベンダーオイルを使ったフレッシュパックなんですけれども、この赤いゼリーは、乾燥シーズンのお鼻にいいそうです。のせるとか、崩してマッサージするとか。

 肌にのせて5~10分でリンスオフするのですが、この赤いゼリーも本体のペーストも、正直とても肌の上にのばしにくいです(笑)。でもお肌もつるっつる&しっとりですから。そんなことはもうどうでもいいんです。それがラッシュだものねー。


 余談ですけれども、かの海老蔵さんや荒川静香さんなんかもラッシュのバスボム愛用者ですよね確か。



 ちなみにこの“ルドルフ”という名前のパックですが、限定商品なので気になる方はお早めにどうぞ。



 本日はあとひとつアップあります。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-24 18:09 | 新作コスメ スキンケア

小ぶりなワッフルと草間彌生さんは大人向き

f0221398_2123865.jpg

帰省のさい、ちょっと時間があいたので、最近できた東京駅八重洲口のワッフルカフェへ。

少しだけど洋書の本や写真集が置いてあり、草間彌生さんの本もありました。

若いころの写真や作品を見ると、今ブレイクするべくしてブレイクしていらっしゃるのだなという感じがあり、なんだか勉強になります。

ワッフルも小ぶりで大人にちょうどいいサイズでした。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-18 21:23 | 美味しいお茶、食事

イプサ発表会。2、3キロはやせて見えるフェイスカラーです。色の溶け込み具合もすごい

f0221398_1434197.jpg
 昨日、イプサ発表会へおでかけ。会場は京橋のアンジェリオン プラザ TOKYO。
 ロマンティックなウエディングの会場でシャンデリアもきらりん。おなじみ堀社長自らのプレゼンテーションも(右上)、いつもながらにしてわかりやすくて楽しかったです。

 今回お披露目になったのは、すでに人気のフェイスカラーパレットのバージョンアップ品、フェイスカラー デザイニングパレット。ちょっと先の来年元旦発売の製品です。



f0221398_14344244.jpg
 4種のパウダーで、自然な血色や毛穴&シワのカバー、立体感やソフトフォーカスなど機能がさらに充実。
 このお写真でも少しわかるかしらと思うのですが、パールがとても細かく繊細な輝きです。



f0221398_14351044.jpg
 なによりこの色揃え! 各パレットでピンク系、オレンジ系あるので、合計12種あります。これだけあれば、自分に似合うの、それはあるでしょうと思いますよね。




f0221398_14352241.jpg
 肌診断で選んでもらった6タイプのうちのひとつから、ピンクかオレンジ系統どちらかはあとは単純に自分の好みでOK。いずれも全部同じに見えるくらい微妙な色違いなのですが、それぞれの顔の印象は見事に違うからすごい(右上)。このニュアンスの違い、ぜひ試していただきたい。

『4色あると、うまくいく。』
 というコピーもいいですねー(左)。





f0221398_14465172.jpg
 で、実際肌診断していただきまして、私は102がおすすめということで、こちら再撮しましたよ。
 左はピンク系で右はオレンジ。ピンクのほうがより大人には肌に透明感がでるかしらと思います。
 なによりパレット右下のシェーディングカラーがいいです。軽く2、3キロはやせて見える(笑)。
 各色のなじみもよく、色の境目をボカすだけでまったく違和感なし。本当に簡単でした。



 そういえばちょっと余談ですが、カテゴリーの発表会が増えすぎてしまったので、ブランド名あいうえお順に整理してみました。よろしければご活用ください。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-17 14:36 | 発表会 【あ、か】

AVICIIとマークジェイコブスの本屋さん。レスリー・キーの写真展、そしてギャレットポップコーン

f0221398_18333476.jpg
 気になって気になってどうしようもなくなり、AVICII(アヴィーチー)のアルバムを買ってしまいました。EDMなんてあまり詳しくないですけれども、たまらなく格好いいです。まだ24歳なのに、D姐によれば『ライブは年250回、ギャラは一回25万ドル!(2500万円)...ということで昨年の年収は2000万ドル(20億円)!!!』だそうで。んー凄い。

 ちなみにこのCD、表参道のローソン内にあるHMVで買ってきたんですけれども、“コンビニ内のCDショップでAVICIIを買う”って、なんだか色んな意味で時代をとても感じました。




f0221398_18334799.jpg
 さてなぜ表参道(原宿)に行ったかと言えば、私のブログでもときどき登場する仲良し幼なじみMちゃんに誘われて、ギャレットポップコーンに行ったからです。台風を気にしつつ、だからこそあんまり並んでないかもよー、なんて思って行ったけども甘かった。しっかり1時間の行列、並ばせていただきました(笑)。貴重な経験。
 お味は、期待を裏切らないしつこさと甘さとしょっぱさ(笑)。でもクセにはなりますね、確かに。行列もちょっと納得しました。


 その後ランチをして、レスリー・キーの写真展『SUPER LOVE』へ。いいんだろうかというくらいのヌードがけっこうありつつの、被写体的には壇蜜ちゃんが可愛かったなぁ。なんていうのか、いつものあの、しっとりおっとりのお姉さんなムードではなく、年相応にキュートな笑顔が凄く印象的でした。





f0221398_1835319.jpg
 ラストはつい最近できたマークジェイコブスの本屋さんへ。かなりおしゃれな雰囲気で、格好いい写真集ももりもり置いてある。小物もあって、ハートのペーパーウエイトはプレゼントにもよさそうでしたよ。
 本屋さんに行って、いったん購買意欲に火が付いてしまうと大変なことになるので、今日のところは、ちょうど欲しかった油性のカラーペンを1本購入して退散してきました。ぜったいまた行こう。ここ凄くいい。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-15 18:40 | 日常、その他

スタッズきらりん。40代後半戦は、ヘアピンカーブをしっかり曲がりきること、かもね

f0221398_9263656.jpg
 気づけば3連休ですね。
 我が家はフリーランス夫婦なので、連休は世間とは逆に、ひっそり過ごすことが多いんですけれども、昨日は珍しくお買い物に出かけましたよ。


 ブーツがひとつくたびれてきたので新調しようとあれこれ見ていたんですけれども、ついに禁断のスタッズを買ってしまいました。ああ。

 46なのに私いいのかしらこれ。
 けっこうキンキラよ?

 正面から見るとごくふつうのオープントゥなブーティなんですけれども、バックスタイルは夜道も安心なほどにキンキラです。まさにテールランプ。
 気に入ってはいるものの、

 こういうおばさんて痛くないかなぁ…

 というささやきがね、やっぱり心の中から聞こえないと言ったら嘘になります。

 でも、このほかにももっと、大人らしいシンプルなブーツも試着したけれど、やっぱりこれが一番気になり、買ってきました。


 40代でも、42、3、あたりまではそう気にならなかったんですが、44、もっと言うと45歳ですかねやはり。お肌も曲がり角どころか、ヘアピンカーブですね。
「おぉ…」
 という、ちょっと自分でも驚くような変化があり、おのずとファッションも、今までのようにはいかないかな…? と、考えるようになります。

 しかしそこはやはり、40代も、もう後半戦です。ヘアピンをきっちり曲がりきったら「ま、いっか」という新たなステージに到達しますからね(笑)。自分の好みって変えられないもん。

 もちろんお洋服はぐっとシンプルにするとか大人のさじ加減は必須だけど、大人になってもキンキラスタッズ。やっぱり履きたいもんね。



f0221398_9271110.jpg
 我が家の猫は、このブーツが入っていた袋にin。どんなに高価な猫のおもちゃを買ってきても、こういう袋には勝てない。しかもこれ、彼お好みのピチTならぬピチ袋サイズでご機嫌まったり寝、です(笑)。そのわりには、5分もすると、出てきちゃうんだけどね。
 というわけで、彼もご機嫌な連休中。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-13 09:36 | 日常、その他

神山離宮へgo。スパはもちろん、渋谷の一階でなかなかない三面採光なレストランも魅力です

f0221398_915770.jpg
 10月10日にオープンする神山離宮の内覧会へおでかけ。
 東急本店の脇道を入っていった隠れ家的スポットですね、そのわりに敷地は広いんですけれども。

 スパのロビーや廊下もおしゃれです。外観はいまいちお写真撮りにくかったので、こんな風になってすいません、ですが(右下)。とっても外観も素敵なんです、清潔感があって。




f0221398_9155127.jpg
 こちらは一番豪華なお部屋。フラワーバスです、うっとり。

 この床もね、きっとお風呂上がりの濡れた足で踏んだらさぞや心地いいだろうなぁっていう、やわらかな温もりがある。ウッディなブラインドもスマートだけれどナチュラルで心和みます。




f0221398_9171718.jpg
 ネイルもできるそうです。このゆとりある部屋とチェア、絶対寝ちゃうね(笑)。

 このほか、二人部屋もあるので、友達同士や母娘で行くなどもおすすめかと。





f0221398_9173137.jpg
 全体的にナチュラルな装飾。でも、しゅっとしたデザインの壁やオブジェが都会的、でもとても落ち着きます。本当にここは渋谷なのかしらという。



f0221398_918173.jpg
 ちなみに、使用されているのは資生堂のQi、CARITA、DECLEORです。



f0221398_9181417.jpg
 スパメニューと合わせて受けると効果もさらにアップ、というわけで、エクササイズのプログラムもあります。超微細水粒ナノミストとマイナスイオンのお部屋でヨガやピラティスなどができるそう。
 こちらのスタッフさん(右上)、とーってもお肌がつるつるでした。さすが。大人女性なので、私くらいの年代でもあれこれ聞けて心強いかも。




f0221398_9183213.jpg
 一階はレストラン、PANTINA。全米の人気店でハリウッドセレブも利用しているのだとか。
 カリフォルニア料理だそうなんですが、フレンチっぽいですかね、簡単に言っちゃうと。世界的なホテル&レストランの会員組織“ルレ・エ・シャトー”にも加盟しているんだそう。

 なによりもね、渋谷の一階なのにもかかわらず、三面採光っていう抜け感が素晴らしかったですよ。さぞや夜も綺麗だろうなという。
 イメージは、デートよりも、仲良しの女友達と気軽に、でもちょっとおしゃれに食事したいわなんていう感じがぴったりかしらと。
 ワインセラーも充実(右上)。このワインセラーの向こうにはバーカウンターもありました。




 なんだかまたまた台風がくるみたいで東京曇りですが、今週もがんばってまいりましょう。ああフラワーバスに入りたい(笑)。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-07 09:24 | 発表会 【あ、か】

RMKの二層オイルはまたまたフォトジェニックな“撮ってちゃん”

f0221398_11292946.jpg

 RMKひとつめのキットはこちらをどーぞ

 さて、RMKふたつめはこちら。
 トットちゃん、ではありませんよ(古い?)。“撮ってちゃん”ですよ。

 「撮って、撮って♪」と言っているかのようなフォトジェニックプロダクツを、わたくし勝手に“撮ってちゃん”と呼んでいるのですが(笑)、RMKにはこの“撮ってちゃん”が多いです。


 すりガラスにふわっと透ける二層の液体は、モイスチャー効果の水性と、バオバブオイルやアルガンオイルなどの植物性美容オイル。使う前にもちろんシェイクですよ。



 私はこれ、完全にマッサージ用として使ってますが、単に保湿としてなじませるのもいいみたいです。

 個人的なおすすめはやっぱり、朝のマッサージですね。
 香りがオレンジやネロリを中心としたフローラルシトラスで爽やかなので、マッサージしているうちに、お肌も眠気もしゃきっとしてきます。
 マッサージ後は、軽くティッシュオフしてから、いつものスキンケアに入ると、テカリも気にならず、なめらか肌にメイクがのるのる。




 これを使うと、秋は朝のマッサージ必須だなやっぱり、と、改めて思います。今週金曜日の発売なので、私のような40代以降の大人のみなさまぜひ秋の朝マッサージを習慣に。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-03 11:31 | 新作コスメ スキンケア

RMKのホリデーキット。ゴールドラメのマスカラに、純銀入りのネイル

f0221398_1123748.jpg
 11月1日限定発売のRMKのキットは、ポーチがきらりん。そしてけっこうな収納力で実用的なのもかなりお買い得な感じですよ。




f0221398_11232747.jpg
 内側はピンク。そしてポケットもありまーす。かわいい。




f0221398_11235076.jpg
 セット内容です。
 ネイルは純銀入り。ゴールドラメのマスカラも、輝き方がギラギラせずレトロチックなんですよね、これ大人にもOK。




 もうひとつRMKありまーす。(c)tw1994
by kireinohonne | 2013-10-03 11:24 | お気に入り メイクもの


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧