キレイの本音



<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


わーいクリスマスのおうちディナー。昼間はベジなガレットでカロリーダウン


 昨夜、仲良しMちゃん邸へ夫婦でおでかけ。クリスマスディナーです。わーい。


f0221398_11574881.jpg
 Mちゃんお手製ローストビーフ。



f0221398_1158163.jpg
 こちらはチキンのトマトソースなひと皿。どれも美味しかった~。ごちそうさまMちゃん。



f0221398_1211388.jpg
 私もお手製ブルスケッタを持参。



f0221398_11582394.jpg
 そしてワイン。



f0221398_11583480.jpg
 ケーキと、写真撮り忘れてしまったけど、北海道のスウィーツなどなど…。




f0221398_1204752.jpg
 というわけで今夜もハイカロリー予定なので、お昼はポテトとニンジンのガレット。それぞれをすって、つなぎがわりにきな粉を使用。味付けはソルト&粉チーズをちょびっと。
 付け合わせはイタリアン卯の花(と、勝手に私は呼んでいます)。ニンジン、玉葱のみじん切りをオリーブオイルで炒め、おからを入れたらコンソメスープで炒り煮します。仕上げにブラックペッパーを碾いてできあがり。この写真にはないんだけども、バジルやイタリアンパセリをちょんとのせたら完璧です。



 というわけで。年末年始はベジなランチと、あとは運動多めでなんとか乗り切るぞ(たぶん・笑)。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-24 12:06 | 美味しいお茶、食事

ブルガリ発表会。世界観どっぷりの上質なお披露目会。ピーター・リンドバーグの写真がもう♪

f0221398_11262293.jpg
 先週、ブルガリのメンズフレグランス、ブルガリ マン エクストレーム オードトワレの発表会へ。会場は月島にあるTEMPORARY COMTEMPORARY。
 こちらのスペースはレンタル倉庫ギャラリーで、エントランスを入るといきなり大きなメインビジュアルがお出迎え。これがもう本当に素敵でしばし足をとめじっくり眺めてしまいました。それもそのはず、今回のお写真担当はなんとかのピーター・リンドバーグと、あとで資料を読んで納得。



f0221398_11264345.jpg
 まず最初に通されたのは、まさにミュージアムのような空間。この展示されていた写真、そうと知っていればもっとアップでいっぱい撮ってくるのだった…。

 さておき、壁に飾られた写真も、最初実は「映像かしら?」と思ったんですが、よく見たら四角いライトを写真のサイズぴったりに当てているんですね。これがもう、本当に美術館で絵や写真を見る、あの感覚と同じ気分で吸い込まれるように眺めてしまいました。
 ちなみに、右写真の一番右だけがムービーです。

 ピーター・リンドバーグのほか、映像監督はイタリアの映画監督マッテオ・ガローネ、主演(と言いたいくらいの存在感)は『トロイ』、『ブーリン家の姉妹』に出演しているオーストラリアベテラン俳優、エリック・バナ。スタイリストはフランス版メンズ ヴォーグのエディター、ロバート・ラベンスタイナー。


 こちらの中央には、今回の香りに使用されているカルダモンとホワイトフリージアの展示も。シンプルでおしゃれです。



f0221398_11272781.jpg
 この素敵な写真など眺めながら、スパークリングワインとブルガリの新作チョコをいただきました。豚とペッパー(確か写真一番右列だったかな?)のがちょっと面白かった。甘いものが苦手な殿方への、ちょっと気の利いたバレンタインによさそう。




f0221398_11275716.jpg
 お次の部屋へ案内されると、マスター調香師のアルベルト・モリヤス氏のインタビュー映像が。ブルガリ ブルーやck oneなどなどヒット商品を数多く手がけてきたトップパフューマー。ローマの雰囲気を思わせるような最高の天然成分を選んだとのこと。




f0221398_11281262.jpg
 そしてまた次の部屋へと移動しようとすると、まさにローマの神殿を彷彿とさせるような、柱と光のコントラストが美しい廊下が。




f0221398_11291322.jpg
 そして香りの展示のお部屋。それぞれの素材が、絵画のように飾られています。すべて本物ですよ。

 トップノートのピンクグレープフルーツ(これはイエローだけど)、最初の部屋にもあったミドルノートに使用されているホワイトフリージア、そしてふわっと暖かみのあるバルサウッド。

 ホワイトフリージアは、特徴的なカルダモンの香りをやわらかく中和させるような目的で使用しているのだそう。

「うーん早く肝心の香りをかぎたい!」
 と、期待度がピークにきたところで、やっと商品のお部屋へ。




f0221398_11294524.jpg
60ml ¥7,770、100ml ¥10,395 2013年2月6日発売

 ドラマティックなイメージムービーが流れる中、それに負けじと佇むブルガリ マン エクストレーム オードトワレ。このメタリックシルバーのボトル、実はこの写真でもちょっとわかりますかね、少しだけいい感じに透けています。

 そして香り。一見、強くてセクシーでトラディショナル。いかにもメンズって思いますが、一番最初のメインビジュアルにもあるように、びしっとスーツだけれども細めタイを弛めにしめているような、どこかキメすぎない開放感があります。

 もうちょっと具体的に言うと、最初のフレッシュでスパイシーな柑橘系からメンズライクなカルダモンの時間が長い。ラストのウッドはなかなか香ってきません。それがいい。なんていうのかな、清潔感ある香りの時間が長いので、オジサンぽくないんですよね。

 それでもやはり、欧米にくらべて香水文化がまだまだの日本で、若い男性がこれを使うのはちょっとだけ背伸びが必要かもしれません。でも、ぜひぜひ使いこなしてほしいなって、思わせてくれる香りと格好良さです。



 今回は、とてもドラマティックな発表会だったので、あえて入場してから順を追ってご紹介しました。肝心の商品にやっと最後に会えたというようなムードの盛り上げかたは、本当に心地良かった。世界にどんどん引き込まれ、体でそれを、理解してきたという印象です。
 これは、素晴らしい写真や映像、シンプルな展示や神殿の廊下を再現するなど、そういったさまざまな演出が利いていたのはもちろんなのですが、ある意味いかに、商品パッケージやその他成分効能云々、解説がありすぎると、製品の良さがすっと気持ちに響かないものなんだなと。
「あとは使ってみてのお楽しみ」という、ユーザーにゆだねる余裕や余韻は、香りの世界だけに限らず、とても大切だな、と、こういう良質な発表会に出会うと再認識しますね。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-20 11:36 | 発表会 【な、は】

クラランス発表会。ごった返すとはこのこと~。とにかく大盛況大混雑でした

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込。
f0221398_958361.jpg
 先週クラランスの発表会へ行ったのですが、立ち見が出るほどの大盛況。表参道のCoSTUME NATIONALが会場で、まずまずの広さはあったと思うんですが、いやなんだかすごかった。それとも私の行った回が特にすごかったのかな。とにかくは期待の高い商品だということですね。




f0221398_958239.jpg
ホワイト-プラス シリーズ 洗顔料やローション、美容液、ほか、写真には写ってないけどロールオンタイプの美容液もあります。全部で6品。¥3,990~10,500 2013年2月22日発売

 その商品がコチラ。大人気の美白ラインの大型リニューアルです。なんといってもキーになる成分からして替えてます。
 以前はシーリリーという希少な花だったのですが、今回はウスベニツメクサという花だそう。このお花はパイオニアプラントだそうで、あらゆる過程でメラニン生成をブロックする働きがあるそうです。




f0221398_9584745.jpg
 そのウスベニツメクサがこちら。漢字で書くと薄紅爪草。爪のような形をしたうす紅色の花をつけてます。左の写真は会場に飾られた白のバージョンですね。右は資料にあった薄紅の花のお写真。とってもかわいい。


 私はシーリリーも大好きだったんですが、この薄紅爪草の新バージョンも気に入りました。美容液がね、いいですよ。やはり。一瞬「大丈夫かな」と不安がよぎるくらいテクスチャー軽いんですけれど、乾きにくいです、お肌が。この季節でもOKなので、年間ばしばし使えますね。
 香りはシーリリーのときよりもグリーン強めかなと。この花がうわ~っと一面に咲いている草原が目に浮かぶような、すがすがしい香りです。




f0221398_1001254.jpg
 プレゼンテーションが終わるとタッチアップの部屋へ。これがまた大混雑。ごった返すとはこのことです。スタッフの方々もさぞや大変だったことでしょう。



f0221398_1001797.jpg
 ハーブティとトリュフ入りのチョコ。このチョコ、塩気があってスウィーツというよりフードですね。アルコールに合いそう。



 あとひとつアップ予定。ブルガリの香水です。これがまた素敵な発表会で。
 ではそれはまた追って。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-18 10:02 | 発表会 【あ、か】

ラ・プレリー発表会。スキンキャビア イルミネーティング システム。ハイクラスな目元です

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1172251.jpg
 連日の発表会リポート。先ほどアップしたイプサに続いてこちらもスキンケア。わたくしの大好きなラ・プレリーです。
 会場は六本木ヒルズクラブのフレンチセルラー。スティーブン バーコフ社長の流暢な日本語でのご挨拶のあとには、本国からもドクターやスタッフの方がお見えになり、製品の説明などをされました。




f0221398_1173937.jpg
写真左奥のチューブから、スキンキャビア イルミネーティング ハンドクリーム(SPF15)100ml ¥16,800、同ローション 200ml ¥22,050、同アイクリーム 20ml ¥39,900、同SPトリートメント 4ml ¥16,800 2013年3月15日発売

 今回のお披露目は、人気のスキンキャビア イルミネーティング システムから、新しく登場するローション、目元クリーム、ペンタイプのピンポイント美容液、ハンドクリームの4品。ホワイトケア+エイジングケアということで、大人の女性にもうぜひぜひ、というアイテムです。


 透明感とハリ、潤いのアプローチって、もうどれもこれも大人肌には欠かせませんが、ひとまずここ数日のお試ししたところでは、ハリの即効性がやっぱり凄いなという感じです。アイクリームなど、夜塗って翌朝、ぴーんとアイロンがけしたような目元の肌で惚れ惚れ。左目はいつものケアだけ、右目の周囲はプラスこのアイクリーム、という比較テストしたんですが、もう右と左じゃあ大違いですね。びしっときまった目元。位が違う目元。そういう感じです。


 ハンドクリームもUVカット効果があってうれしい。キメが整って、ふわっとやわらかい手触りになります。それにねぇ、キャビアファンとしては、この香りが手や指先から香ってくるという、これ以上にない幸せ感ですよ。ほんとに。


 ローションももちろんしっかりと潤います。じゅわっといい感じのみずみずしさ。200mlの大容量なのもいいですね~。そうそう、ローションはアジアのみの発売だそうですよ。





f0221398_1182092.jpg
 こちらのペンタイプの美容液は、ペン先の背についた凹凸ラバーでちょっとマッサージしてから塗布すると、より有効成分が浸透しやすくなるのだと、バーコフ社長自らのご説明を受けましたよ。たった4mlしか入っていないのにこのお値段。それだけ有効成分の濃度や効果などなど、期待してしまいますね~。




f0221398_1183285.jpg
 ちなみにこちらは、全ラインナップの展示。前列の3品が昨年発売になっている既存品たちなのですが、右端のクリーム、絶品です。「なんだかもうお手上げだわ」って思う日に使うと、翌朝確実に救われます(笑)。後光が差して見える。




f0221398_1184587.jpg
 実は最後に、とても素敵なスウィーツが出たのですが、懇談会中でちょうどテーブルにバーコフ社長がいらしており、お話に夢中で写真ぱちりしたんですけれども、かな~りブレブレになってしまったので割愛しました。…とっても素敵だったのに残念。
 というわけでドリンクのお写真のみです。タピオカの粒々が入っていて、キャビアシリーズの演出にひと役。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-11 16:00 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

イプサ発表会。ホワイトプロセスとUVカット。まずはマスクに感激です

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_0321958.jpg
 ナチュラグラッセと同じ日に、イプサにもお出かけ。会場はルシェルブラン表参道。
 エントランスの階段にメタボライザーが飾られていて皆様をお出迎え。おなじみ堀社長のご挨拶も楽しかったです。肌診断のコーナーも(右)。



f0221398_0325657.jpg
ホワイトプロセス エッセンス 50ml ¥12,600、20ml ¥6,300 2013年3月1日発売

 独自技術、JM(ジャムウ)コンプレックス配合で、加齢や乾燥による肌の濁りを防ぎ、美白肌環境を整えながら、美白有効成分でメラニン生成を抑えるというもの。

 この美容液、とても肌なじみがよくてスッと浸透感が高く、潤いも重くなくて心地よいんです。美白効果はちょっと続けないとね、っていう感じですけれども、まずは毎日使い続けるのに適したテクスチャー。大事ですからね、継続は。


 余談なんですけれども、PRさんに「私、これも気に入ってるんです」と、おすすめの撮影場所を教えてもらいました。それがこちら。




f0221398_0332430.jpg
 前の写真だとすごく都会的というか、忙しく働く現代女性にぴったりという印象なんですが、こちらは打って変わってナチュラルというか、あたたかみがあってほっとするというか。
 そのどちらも、この商品を現しているなぁというディスプレイ、そして、イプサのファン層の幅が広いのもわかるなぁという感じがします。



f0221398_034181.jpg
ホワイトプロセス マスク 18ml×6枚 ¥5,250 2013年3月1日発売

 同じ美白シリーズからマスクも出ますよ。こちらも試しましたが、いいんですよねえ。翌朝うるおって「おっ」って思います。にっこりです。
 イプサのマスクはもともと好きですが、歴代の印象からも安定感あるなぁという感じで、安心して使えます。





f0221398_0341838.jpg
左から、プロテクター デイタイムシールド(SPF30、PA+++)30ml ¥4,200、同サンシールド(SPF50+、PA++++) 30ml ¥2,625 2013年3月1日発売

 イプサはUVカットも定評がありますが、またさらにバージョンアップが出るそうです。

 左は日常生活におすすめのデイタイムシールド、右はレジャーにもおすすめのサンシールド。

 いずれも白くならずにgood。デイタイムのほうは潤いがけっこうしっかりしてるなと思ったので、乾燥が気になる人にもおすすめかしらと。

 サンシールドのほうは、高数値ならではのサラサラ感がある気がします。でも、今、この季節に40代の顔に塗っても大あわてするほど乾燥するわけでもないです。
 来年からUVカットの数値が改訂になるのに合わせて、そのマックス数値で挑む商品です。




f0221398_034484.jpg
 このふたつとも、UVカットのみならず、空気の汚れからも肌を守るそう。
 こちらの写真はその実験。
 ちょっとわかりにくいかもしれませんが、容器の中に火のついたタバコが入っています。左はただの蓋、右は、この商品に配合されているマルチブロッキングシールドが蓋に塗られていて、右は見事にブロック、左のなにも塗っていないほうの蓋は、タバコの煙が通過してしまっているんですよね。凄い説得力です。



f0221398_035443.jpg
 ちなみにこちら。まだ詳しい資料ないのですが、この美白美容液やマスク、UVカットがセットになったキットだそうです。このバッグ良かった~。


 というわけで。まだリポートありますが、今日はこのへんで。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-11 14:30 | 発表会 【あ、か】

ナチュラグラッセ発表会。限りなくリップクリームなうるおい口紅。これいい!

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_23283972.jpg
 昨日に引き続き発表会リポート。実はほかにもたまっています。先々週はナチュラグラッセも行きましたよ。
 会場は六本木のザ クラシカ 東京。ここは何度か来たことがありますけれど、建物素敵。この雨だれのようなシャンデリア(中央)も見上げてうっとり。大きなクリスマスツリーもありました(左)。



f0221398_2329755.jpg
ミルキー ルージュ 全5色 各¥3,675 2013年2月20日発売

 さて。商品はまずこちら。体温で溶けるエモリエント成分でしっとり潤いが続く口紅です。もちろん100%ナチュラル成分でつくられています。

 これね、塗ったときにちょっと感激しました。感触がまるでリップクリームです。口紅、ってカンジがしない。
 発色もシアーで均一。輝きもナチュラルでとても使いやすいです。

 全部で5色あるんですが、どれもこれもまたデイリーによさそうです。

 ちなみに、軽くティッシュオフしてみたけれど、ちゃんと唇にヴェール感が残って保湿感も残留。
 使い続けたらこれ、唇自体もどんどんぷるぷるになる予感です。




f0221398_23293740.jpg
UVリップ ベースクリーム ¥2,940 2013年2月20日発売

 上の口紅と同日発売のSPF22、PA+の口紅下地。UVカットほか、保湿、荒れを防ぐ、発色UP、美容効果の5役だそうです。
 唇用のUVカット下地はひとつないと困りますからね。とくにこちらは100%自然素材なのでさらによろしいかと。




f0221398_23293495.jpg
アイカラー ジェリー 全2色 各¥3,150 2013年3月20日発売

 こちらはクリームタイプの新アイカラー。色味はゴールドとシルバーです。

 大きめのキラキラパールが特徴なんですが、パール、とか、ラメというより、箔、みたいなんですよね。輝き方が。キラキラも均一にのびるし、ぴたっと密着するし、とても使いやすいのもgoodだと思いました。





f0221398_2330349.jpg
アイカラー パフェ YG1 ¥3,780 2013年3月20日限定発売

 ラストはおなじみ4色入りパレットから限定色が出ます。

 爽やかなアップルグリーンとポピーピンクでスプリングハズカム、ですね~。



f0221398_23295653.jpg
 この日のスウィーツは、ミルキー ルージュをイメージしてつくられたというマスカルポーネティラミス&ヨーグルトアイス。いちごソースとオリーブオイルがかかっていて、とても美味しかった~。このオリーブオイルは、実際製品にも使われているという、ロイヤルという希少な品種で、摘んでから4時間以内に搾ったフレッシュなオイルなのだそうです。



 というわけで。まだまだリポートありますが今日はここまで。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-10 23:34 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会。ついにシーバイクロエのフレグランスが

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。
f0221398_1325879.jpg
 会場は青山の本社ビル。コーナーごとに、各フレグランスのイメージに合わせたディスプレイとスウィーツなどなど。

 とにかくはいっぱいあるので、お値段など割愛してどんどんいきますよ~。


f0221398_1335260.jpg
メゾン フランシス クルジャン アミリス ファム オードパルファム、同オム オードトワレ 2013年3月13日発売

 こちら、スターパフューマーのフランシス クルジャンの新フレグランス。男性用、女性用あります。商品名にもなっているアミリスの樹脂は、ギリシャ語の「amyron(濃厚な芳香)」がその名の由来なのだそうですよ。




f0221398_1343562.jpg
クリード オードパルファム アクア フィオレンティーナ 2013年1月30日発売

 人気の香りが新パッケージで登場。かわいいけど優雅ですね。





f0221398_1351797.jpg
パルファム プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ オードトワレ 2013年1月30日発売

 あの有名なプリーツ プリーズがフレグランスに! キャップの美しい形にもご注目を。





f0221398_1361172.jpg
 こちらの会場はフルーツがいっぱい。。。



f0221398_1364533.jpg
エスカーダ チェリー イン ジ エアー オードトワレ 2013年1月30日限定発売

 まずはエスカーダの限定フレグランス。ご覧のとおり、チェリーやいちごなどなど、赤いフルーツが甘くてかわいらしくて、文句なくテンションアップ。元気が出ますね、この香りは。





f0221398_1374049.jpg
ヴァン クリーフ&アーペル フェアリー スプリング ブロッサム オードトワレ 2013年2月13日限定発売

 ヴァンクリのこちらも限定!




f0221398_138106.jpg
バーバリー ボディ テンダー オードトワレ 2013年3月13日発売

 オリジナルの香りよりもより透明感。




f0221398_1384270.jpg
グッチ フローラ ガーデン コレクション グロリアス マンダリン 2013年4月3日発売

 商品名にあるように、マンダリンやパイナップルなどのフルーツ系で、グッチにしてはクセが少なくてフレッシュな印象でした。真っ白いコットンフリルシャツに合わせたい感じ。





f0221398_1391847.jpg
グッチ ギルティ ブラック オードトワレ、同プールオム オードトワレ 2013年2月20日発売

 グッチのギルティ新作は、真っ黒でダークなお部屋で展示が。黒いベースに、中のボトルがそれぞれ赤(女性用)やブルー(男性用)のスケルトン。いずれもセクシー全開の香りです。





f0221398_1395780.jpg
 お次はキラキラなお部屋へ……



f0221398_1401293.jpg
ジミー チュウ フラッシュ オードパルファム 2013年3月20日発売

 出ましたジミーチュウの新作。キラッキラです。ホワイトフラワー中心の香りで、見た目よりとってもセンシティブで使いやすいと思いました。なによりもこのボトル、眺めるだけでもご機嫌な感じです。





f0221398_140321.jpg
ランバンマリー・ミー! ア・ラ・フォリー オードパルファム ラブ エディション 2013年2月27日限定発売

 あのマリー・ミー!の限定登場。ネオンピンクのボトルで香りも本品よりくっきり情熱的。




f0221398_141549.jpg
 そして、シーバイクロエからフレグランスが登場です。
 こちらのお部屋の真ん中には、商品がシャンデリアのようにディスプレイ。


f0221398_142827.jpg
シーバイクロエ オードパルファム 2013年3月6日発売

 香りは、ベルガモット、アップルブロッサム、ジャスミン、サンダルウッド、バニラという内容。

 最初はけっこう甘ったるいなぁシーバイクロエのイメージからするとライトでキュートすぎだなぁと思うんだけれど、ちょっとすると甘さが軽くなってくるというか、べたべたしていた感じが透き通ってくるというか。
 そしてまた少し経つと、その透き通った甘さの奥に、ほんのりとレザーのような、エレガントなセクシーさがちらほらと香ってきます。そうすると「ああシーバイクロエだ」ってお洋服がぱっと、目に浮かびます。そうそう、こういう感じ、っていう。

 ちょっとこれ、私クセになりそうな予感です。特にこの、後半からの香り。ふわっと甘くちょっとセクシー、でも清潔感が凄くある。同性からも異性からも好かれそうな、いい具合の女性らしさがありますね。いろんなシーンで、ちょっとこれは使い込んでみようと思います。



f0221398_143374.jpg
 ラストのお部屋はバレンシアガとマークジェイコブス。デイジークッキーが可愛い。



f0221398_1434080.jpg
マーク ジェイコブス デイジー オードトワレ サンシャイン エディション、同オー ソー フレッシュ オードトワレ サンシャイン エディション 2013年3月13日限定発売

 マーク ジェイコブスのデイジー、限定バージョンです。



f0221398_144160.jpg
 マーク ジェイコブスはもうひとつ、大ヒット中のドットのソリッドパフュームのお披露目も。しかもペンダント。いいね~これ。





f0221398_1445162.jpg
 バレンシアガのフローラボタニカ。



f0221398_1452671.jpg
 広告モデルはクリステン・スチュワートです。



 というわけで駆け足ご紹介。ひとまず今日はここらへんでおやすみなさい。(c)tw1994
by kireinohonne | 2012-12-09 01:48 | 発表会 【な、は】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧