キレイの本音



<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


水が恋しい。冷やしマスクとズッキーニ、ブリタの水面とパッションフルーツ



 毎日うんざりするほどに暑いです。
 これが普通の日本の夏に、どうかなってしまわないようにと、あとは祈るしかない7月最後の日ですが、昨日今日と湿度が低めだから、まだ風が通り抜けると少しは救われた気分にはなりますが。

 とはいっても、こんなに暑いのに肩はこるんですね。ストレッチや体操なんかは地道にこんなに、やっているのに。やっぱりオリンピックで寝不足だからかなって、今はもう、なんでもオリンピックのせいになる私ですが、実際寝不足と夏バテで疲れているのは確かです。

 そこで、のんびり夏の湯船につかって体をほぐそうと、以前もご紹介したようにぬるめのお湯でリラックスしたりもするんですが、そうすると今度は、お風呂から上がったあとのスキンケアがやっかい。
 いくらエアコンのきいた部屋にいようとも、じっくり温まった体の火照りはそう簡単に引くはずがなく、ひたひたと化粧水をなじませていても、浸透が良いものを使っているのにいつまでもいつまでも感触はびたびた。自分の収まりきらない汗と化粧水の浸透の追いかけっこは、かなりの確率で汗が勝っているのですよね。これ。

 ふと見ると、元気いっぱいに開いた毛穴からは、粒々と汗が生まれては流れ。えーいめんどくさいから今日は化粧水このくらいにして美容液でフィニッシュしちゃおう、ってやると、あっという間に、顔は乾燥してくるし。

 というわけで。
 どうにかこの暴れる毛穴を黙らせて、汗ではない水分をしっかり肌にチャージしようと、ひんやりケアをあれこれチャレンジ。今一番ぐっときているのは、単純だけども冷やしマスク。



※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_12282467.jpg
ラ・プレリー SCW インテンシブ イルミネーティング マスク(上用14ml・下用16ml)×6セット ¥23,100

 冷やした化粧水をコットンでひたひたとやるのもなかなかいいんですが、真夏のお風呂上がりくらいの毛穴には、ぴたっと、ひんやりを密着させてやると、汗がすうぅっと、引いていきます。すうぅっと引いたあとはぐいぐいと、水分&有効成分がチャージするので、猛暑でもオリンピックでも40代でも、満足のいく、夏の水肌が完璧に。気分いいですよ、これ。

 なまじエアコンでお部屋を冷やすよりも、これは顔だけがクールダウンするわけなので、体が無駄に冷えないのもいいんですよね。エアコン、顔や背中基準で設定すると、特に脚がきゅきゅっと冷えすぎてつらいですものね。むくんじゃうし。

 ちなみに上の写真は、4月に発売になったラ・プレリーのマスク。うるおいはもちろんですが、お肌の弾力が凄い! 間違いないです。



f0221398_1229236.jpg
 こちらは残念ながら、実はもう完売してしまったベキュアの限定マスク。ベキュアのマスク、ほかにも素敵なのがあるのでおすすめですよ。




 余談ですが。冷やすとね、香りもいいんです。常温よりも、しゃきっと清清しい漂いかたで、またいつもと違った気分が楽しめるんです。






f0221398_12292596.jpg
 パックが終わったらカクテルを一杯。といっても平日はノンアルコール。
 でもそれだけじゃあなんかつまらないなって思い、昨日はパッションフルーツを入れてみましたよ。すんごくおいしかったです。



f0221398_1230683.jpg
 とにかく暑いと水が恋しくなります。ブリタの落下するお水と、水面を見上げたときの感じも涼しげ~なんて思わずキッチンでぱちり。



f0221398_12301658.jpg
 ズッキーニからも水分がじゅわり。



 そういうわけで今日もオリンピック。オンライン生中継でやってるマイナー競技も見逃せないの。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-31 12:41 | お気に入り スキンケア

RMK発表会。アーリーのみならず、アンチエイジングなうな大人にもいいかもよ

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1539438.jpg
 昨日RMKの発表会へ。会場は表参道のRMK ショールーム AOYAMA。
 基本オープンスタイルでしたが、昨日初日の2回のみ、研究者のかたによるプレゼンテーションも。
 ショールームだけあって店内にはRMKのテスターや、壁一面にも歴代商品たちがずらり。懐かしい。写真じゃないですよ、こちら全部製品。だからこそ、「ああこのときは…」的なデジャヴュ感があって感慨深かったです。



f0221398_15393338.jpg
 さて商品は美容液です。ちょっとわかりにくいかなぁと思ったのでおうちで再撮 ↓




f0221398_15395899.jpg
RMK ファーミング エッセンス 30ml ¥5,775 10月5日発売

 潤いとハリに満ちた肌に導く、アーリーアンチエイジングの美容液。
 ビタミンやポリフェノールが多く含まれる白茶エキス、オレイン酸やステアリン酸などが含まれエモリエント効果のあるマンゴーバターほか、ベビーアップルエキス、ローヤルゼリーエキス、βカロチン等を配合。
 そして一番注目はコメヌカエキス。今回使われているのは水溶性ではなく油溶性で、玄米1トンから約37gしかとれないという貴重なものだそう。



f0221398_15395475.jpg
 各テーブルに原料のテスターが置かれていたのですが、これを手の甲にひとたらししてみると、みるみる肌になじんで、その速さにびっくり。あっという間に肌に浸透してベタつかずにもっちり、しっとりな手触りに。見た目もキメがふっくら整っているのに、「なにか塗ってます」的なギラつき感もなく、ごくごくマットな、普通の肌。

 このコメヌカエキスはビタミンやアミノ酸、γ-オリザノールなどのエモリエント効果が高いオイルが含まれていて、乾燥ダメージから肌を保護。


 というわけで昨日、今日と使ってみましたが、アーリーアンチエイジングの若い方だけでなく、私たち大人もいけるのではと。
 RUMIKOさんがこだわったという、みずみずしいのに、あとからこっくりくる、というまさにそのとおりのテクスチャーで、白くゆるめのミルク状が一見水っぽく軽いですが、肌になじむとすぐ、ベタつくことなく、しっかり充実した潤いベールに。

 いかんせんこの暑さと湿気なので、潤い持続等にかんしてはどうにもこれ以上評価しにくいですが、なじみが早いのでメイクがとにかく、楽でいいなと。
 特に大人は、スキンケアをしっかりとなじませてからでないと、どんなに良い商品を使ったとしても、ベースメイクがぐずぐずに崩れてしまうから、とはいえ時間をじっくりかけてスキンケアをする余裕がいつもあるわけじゃあないですしね。だからこれは、とても楽ちんでいいかと。

 香りもRUMIKOさんが大好きだという、フレンチブレックファーストという紅茶の香りに、ジャスミンなどをブレンド。まろやかでとても品があって、ふわりと包まれるようないい香りですよ。



f0221398_15402665.jpg
 会場は駅から徒歩5分くらいとはいえ、辿り着いたときには猛暑と汗でぐったり。スウィーツの中にヨーグルトアイス(右奥)があって、「あぁ助かった~」と救われた気分に(笑)。マンゴーのお酢をかけていただいたのですが、さっぱりしていて本当に美味しかったです。



 というわけで昨日のなでしこから寝不足の五輪な日々が始まりました。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-26 18:00 | 発表会 【あ、か】

クヴォン・デ・ミニム発表会。フランス・修道院生まれのナチュラルスキンケア日本上陸

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_21251261.jpg
 本日、クヴォン・デ・ミニム日本上陸のお披露目発表会へお出かけ。

 会場は池袋にある自由学園明日館。
 こちらはかの有名なフランク・ロイド・ライトが手がけた建物。フランク・ロイド・ライトと言えば滝の上の家、落水荘が超有名。レゴの建物シリーズにもあるほどなので、誰もがきっと一度は目にしたことがあるのでは。
 やや曇りだったのが残念だったけど、芝も青青として素晴らしい。池袋から徒歩数分、細い道をいくつか曲がって、ぱっとここだけ急に開けたときの眺めもいい。こういう建造物はしっかり保存し続けていただきたいなぁとしみじみします。



f0221398_2126285.jpg
 今回お披露目になった新ブランドはロクシタンの系列。
 400年ほど前に建てられたミニム修道院、クヴォン・デ・ミニムで、修道僧たちが畑でつくり、育てた植物たちを使って受け継がれてきた伝統的なボタニカル(植物学)ケアから生まれたスキンケアアイテムたち、その名もクヴォン・デ・ミニム。
 実は2004年に産声を上げたブランドですが、このたび満を持して初日本上陸、というわけで今日はスタッフの方々もシスター風コスプレ。この秋に、日本第一号店が大阪の百貨店にオープンだそうですが、その際はこの出で立ちではないそうです。みなさん可愛らしかったのでちょっと残念(笑)。




f0221398_21261644.jpg
 このミニムは、ナチュラルコスメでありながら、“心もしあわせにすることも、スキンケア。”がテーマのひとつ。
 約100種の『まごころの言葉カード』が用意されていて、プレゼントに添えられます。

 実は今日の招待客全員に宅急便の伝票が配られていて、誰かひとりにミニムの商品を贈れるというワークショップがあり。
 会場に用意されたカードたちの中から(左写真)ひとつカードを選んで商品に同梱してもらえるというわけで、私は知人Sちゃんにこのカードを選びましたよ(右)。
 単に「ありがとう」とかいうのもあれば、「ご機嫌、なおして。」、「お待たせしました!」などなど、いろんなシチュエーションの言葉のカードがたくさん。
 もちろんさらに、ここに自分の言葉も書き添えられるけども、私はそういうの照れくさいし苦手なので、あらかじめこういう言葉が書いてあるのって便利だな、と思いましたね。シャイなジャパニーズには良いと思いませんかこれ。




f0221398_21271364.jpg
 店舗のイメージ展示。こんな感じになるんだそうです。

 右写真にあるのは、マジックブックと呼ばれるデジタルサイネージ。画面の前に立った人の動作で画面が動き、ブランドストーリーや商品についてのページがめくられていきます。
 ん~。このデジタルといいカードといい。本当になんだか、やれることは全部盛り込まれているという至れり尽くせりなブランド展開。



f0221398_21273457.jpg
 ついでに言うと、こちらは可愛らしいプレゼント用パッケージ。右写真は簡易タイプで無料だそうです。十分これでも可愛いですね。




f0221398_21283689.jpg
左から、庭師のバーム ハンドバーム、ハイカーのバーム フットバーム 各75ml ¥1,785 秋発売、以下同

 さてさて。
 肝心の商品たちのご説明もせねば。
 修道院の暮らしを支えた栄養価の高い植物の種子や果実オイル等、植物由来成分を使用。ミツバチの生産物を除き、動物由来原料は一切不使用。もちろん動物実験もなし。

 ちょっと慣れるまでわかりにくいですが、クリームやクレンザー等ハンドケアの製品は“庭師のバーム”などのライン名がついているという細やかな演出も隙なし。

 ちなみに上の写真左は“庭師のバーム”のハンドバーム、右はフットケアライン“ハイカーのバーム”のフットバーム。




f0221398_2129455.jpg
オーデミニム 100ml ¥3,675

 こちらは、柑橘系のコロン、“植物の魔法 ボタニカルコロン”のオーデミニム。
 トップはシトラスフルーツ、ハートノートはフラワーガーデン、ベースはソフトウッディ。香りの内訳はグレープフルーツ、ブラッドオレンジ、レモン、ローズマリー、ワイルドパンジー、ネロリ、レモンバーム、です。爽やかだけど、着地のウッディがいい感じです。



f0221398_21292324.jpg
根っこのケア ジェントル リッチ シャンプー 250ml、同コンディショナー 200ml 各¥1,785、同リッチ ヘアマスク 250ml ¥2,940

 ヘアケアは、“根っこのケア”というライン名。ローズマリーやセージ、ミント、大豆、オリーヴ等使用。もちろんシリコンや着色料不使用。



f0221398_2129373.jpg
ミニムの温もり ラベンダー&アカシア リラクシング シャワージェル 250ml ¥1,785、同ボディ ミルク 250ml ¥2,520、グッドナイト スリープ ピローミスト 100ml ¥2,625、ピュア ベジタブル ソープ ラベンダー&アカシア 100g ¥735

 こちらは香りが統一されたライン。写真の一番左、シャワージェルの粒々ビジュアルがフォトジェニック。



f0221398_21294724.jpg
バラ園のケア コンプリート モイスチャライジング フェイスクリーム 50ml ¥3,360

 商品ラストはおうちで再撮しましたよ。顔用のライン、“バラ園のケア”の保湿クリーム。
 ガリカローズ、ムスクローズ、ワイルドローズ、ダマスクローズという4種のバラを使用し、やわらかくみずみずしい肌に。当然のことながら香りが素敵。
 こちらはパラベン、着色料、シリコン不使用。


 商品はこのほかにもかなりたくさんありますので、ぜひぜひチェックしてみて。



f0221398_2130930.jpg
 今日はとにかく混んでました。新ブランド日本上陸だし、さすがリーマンショックもなんのそのの元気あるロクシタンだし。勢いあるなっていう発表会でした。

 そうそう、簡単なコースのお食事も出ましたよ。いずれもやさしくてナチュラルで、そおっとしたお味でした。


 というわけで。勢い任せに駆け足でご紹介してみました~。ふー。今日は本当に暑かったぁ。

 さて、プレゼントを贈ったSちゃんの反応やいかに(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-24 21:36 | 発表会 【あ、か】

LUSH発表会。カラーもの登場で、40代おすすめのお粉発見です

 先週、ラッシュの発表会へ。会場は外苑前にあるDIALOG IN THE DARK TOKYO。
 いつも趣向を凝らした発表会のラッシュですが、この日もまた格別のイベントが。この『DIALOG~』は、1989年にドイツで生まれた暗闇体験のエンターテイメントだそう。真っ暗闇の中、アテンド(視覚障害者)の方のサポートを受けながら、風や臭いや足下の感覚などを体験してゆくというもので、この日お披露目になった商品たちのコンセプトにも起因したイベントです。
 暗闇、というのでお化け屋敷くらいの感じを想像していたのですが、目を開けていても閉じていても全く同じの真っ暗闇で、正直ちょっと、怖かったです。
 でも、アテンドの方に教えていただいた白杖(はくじょう)の使い方やコミュニケーションのとりかたなどで、徐々に歩くのにも慣れました。ちょっと慣れると確かに、足下の感触やちょっとした段差などに対する集中力が出てきて、今までに感じたことのない経験、体感ができました。臭いや声っていう情報は、もの凄く大事ですね。
 ご興味ある方はぜひ行ってみて欲しいです。


※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1340668.jpg
 というわけでこちらが会場の一角を使ってのお披露目スペース。
 商品はというと、エモーショナルブリリアンスというカラーコスメティックのラインです。



f0221398_13401771.jpg
 まず、このように円卓にあるたくさんの色たちの中から3つ選びます。それぞれ選んだ色には『満ちる野望』、『秘めた誓い』など言葉がついていて、1番目、2番目、3番目と選んだ順に、『今日のあなたの潜在的な願望』などの意味があり、つまりは、選んだ色(言葉)によってその日の占い的要素も含まれている、という仕掛け。ラッシュのスパも、そういった趣向でしたよね。

 もちろん単に、好きな色を選んで買ってもよし、このように、インスピレーション買いで色んなカラーたちと出会うのもよし。通販もあるそうですが、店頭でこのドライアイスの演出つきで楽しむのもおすすめ。友達と行ったら盛り上がりそう。



f0221398_13404085.jpg
リキッドリップカラー 全13種、リキッドアイライナー 全11種、クリームアイシャドウ 全6種 各¥2,100 7月21日発売、以下同

 商品はこちら。全部同じ容器で、リサイクルしやすいようになっています。リキッドリップカラーはチークとしてもOK。いずれもものすごく発色が良くて、チークなど1日色が落ちにくいですよ。



f0221398_13405596.jpg
キャッチ・ユー ¥1,680

 こちらは“キャッチ・ユー”という名のマスカラ。
 ごらんのようにキャップにブラシが。ほかもアイテムによって、チップや細筆がついています。かなりミニミニでちょっと使いにくいですが(笑)、前述のとおりリサイクルしやすいというラッシュの理念は貫かれていて私は好きです。全アイテム動物性原材料フリー、ほかラッシュ製品同様に、製造年月日&使用期限、作り手の名前が記載されていて非常に安心。カラーアイテムたちも徹底してブレませんねこの姿勢。さすがラッシュ。
 ちなみにこのマスカラはちょっとパンダ目気味かしらーと。使うときはカールアップしっかりね。



f0221398_13411774.jpg
写真手前から、スキンティント ピュアなハート、セレブな横顔 各¥1,680

 それよりもなによりも、やはり40代にはベースものに注目アイテム多いです。左写真のシアーファンデーションと右のお粉。
 まずはファンデ。ファンデといっても、顔の凹凸を演出するベースクリームという感じですね。手前の“ピュアなハート”はピンクやゴールドのパール入りでハイライトにグッド。個人的には目の周り全体におすすめかと。目の下はクマがパールの反射でごまかせるし、まぶたも明るくくすみがカモフラージュできます。角度によってツヤっと光るタイプ。
 “セレブな横顔”はシェーディングですね。小麦肌演出や、ぐぐっと小顔に見せたいときにどうぞ。
 そして一番気に入った右写真のフェイスパウダー。ちょっと暗かったので再撮しましたよ。



f0221398_13414150.jpg
トランスルーセントの輝き ¥1,680

 お肌にストレスをもたらすというミネラルオイルや保存料フリー、でもホホバオイル配合でしっとり感は充実。さらにはこの、ふわっとしたピンクのカラーです。ごく自然に白浮きすることもなく、顔に暖かみあるピンクがふわっとプラスできて凄く綺麗! ちょっと重ねづけするとカバー力もあるので、細かいソバカスにもよろしいかと。
 夕方まで毛穴に色味が落ちることも、目元のシワが目立つこともなくて、とにかくは粉っぽくないのも素敵です。肌の一部になったかのように、なじんでしまいます。

 使用期限約1年2ヶ月で4g、容器の大きさにすると直径4センチあまりの容量っていうのもいいですよね。必ず使い切れそうで。
 大人はこういうお粉、いろいろ取りそろえておくと本当に便利。間違いなくこちら、myお粉ワードローブに追加。



 余談ですが。最近体幹を鍛えるのにちょっとだけはまっています。体幹や腹筋をしっかり鍛えると、びっくりするほどに背中や腰の痛みがなくなるので、私のようなパソコンに向かいっぱなし人生の方、腰痛持ちの方にはよろしいかと。
 体幹とくれば長友選手ですが、こんなのありました。よく彼はテレビでも披露していますが、中でも“体幹の横を鍛える”で、よくこの状態で脚が上がるなと。一応ほかのポーズはクリアできますが、どうにもこれだけはまだできません。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-22 13:48 | 発表会 【ま、や、ら、わ】

『清須会議』と休日おうちイタリアンと、猫

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。
f0221398_18364918.jpg
 う~ん。
 なんでこれを、文字にして一冊の本にしてしまったのかなぁって思った『清須会議』。
 テレビのインタビューで三谷さんは、映画用だかのプロットを書いていて、それがあまりに長く、短編小説くらいの長さになってしまったから、じゃあ、というわけで書き足して小説化した、というようなことをおっしゃっていましたが、まさにまさに、そのまんまな一冊でびっくりしました。
 最初30ページくらいは確かに、三谷さんらしい、わかりやすい口語文体で、たとえば織田信長が本能寺で焼かれるときのぼやきなんかを綴られていて、ぐーっと、一瞬、物語に引き込まれていくのですが。
 ライトノベルほどにわかりやすいのは本当に魅力的なんだけど、短くて1ページに満たない場面割り(っていうのかな)の連続で、例えば、

『二 同年同月十七日 昼頃
 京都本能寺焼け跡に佇む、
 猛将柴田勝家、男泣きのモノローグ(現代語訳)』

 のように、多くの場面&登場人物たちの語りがえんえんと続くんですね。まさにプロット。しかもモノローグなので、うっかりすると、「えっと今これ、誰がどのシーンでしゃべってるんだっけ」と、わからなくなってしまうという。どんな建物の中でどういう衣装でどういうものを食べながら、とか、しゃべってる相手の様子とか、そういった描写がほとんど書かれていないので、正直これは小説じゃあないなと、途中で気持ちを改めて読み直しました。


 映画化するんでしょうねきっと。ならばせめて、映画化したあとにノベライズで出してほしかったなぁ。いち三谷ファンとして残念。映画『THE有頂天ホテル』以降、自身の才能に飽きちゃってるなあ三谷さんって思うのは私だけでしょうかね。でもこちら、ブックランキングとかで上位なんですよね、強いなあ三谷ブランド。まあ私も、こうしてつべこべ言うほど、彼のファンなのですが(笑)。




f0221398_1837158.jpg
 後味悪いので、うちにあった大好きな一冊を読み返しました。『俺はその夜 多くのことを 学んだ』。気づけばこれも幻冬舎。
 今読み返すと若干主人公ストーカー気味ですが(笑)、内気な男の悲しい片思いが“痛かわいい”というか。こういう世界観、三谷さんらしくて大好きです。唐仁原教久さんのイラストも秀逸。イラストレーションかくあるべし。



 世の中連休ですが、私はフリーランスになって20年弱、出かける=平日の生活なので、連休は平常通り、あるいはそれ以下の地味ライフです(笑)。

f0221398_18373227.jpg
 おうちイタリアン。茄子とバジルのペンネ。オリーブオイルとガーリック、塩胡椒の超シンプルな味付け。ちょっとだけ気をつけているのは茄子の切り方。ペンネと似た感じに見えるようにカットしています。シャープな茄子&ペンネに丸いバジルの葉。この感じ好きです。



f0221398_1837513.jpg
 こちらは最近はまっているもりもりサラダ。ちぎったレタス、サニーレタス、千切りキャベツ、生オレガノ、蒸したじゃがいも(北あかりかインカのめざめがベスト)、そして網焼きしたパプリカ。
 ドレッシングは、オリーブオイル、酢、バルサミコ酢、塩でハンドメイド。既製品では最近、リケンのノンオイル くせになるうま塩、に夢中です。



f0221398_18381116.jpg
「サラダたくさん食べてるわりには、痩せないね」

 暑くてつるつるひんやりなフローリングで納涼中の、我が家の猫(オス)。



f0221398_18382427.jpg
 こちらはひんやりつるつる&NEW爪研ぎでご満悦中のひとコマ。
「ちなみに僕は、いつも連休だよ」


 だろうね(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-16 18:44 |

ブルーベル・ジャパン発表会の続き。妄想トーク炸裂のクリードの品にうっとり


 前回アップで間に合わなかったフレグランスをふたつ追加しますよ。

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1736510.jpg
アイ・ラブ・ニューヨーク オードパルファム 右奥黒いボトルがフォー オール、ピンクがフォー ハー、青がフォー ヒム 以上9月5日全国発売予定(伊勢丹新宿店のみすでに先行発売中)、中央紫がフォー ファザーズ、薄ピンクがフォー マザーズ 9月5日店舗限定発売予定、左奥のグリーンがフォー the アース 10月24日店舗限定発売予定

 まずこちら。私も大好きなボンド・ナンバーナインの新作たち。
 この中だったら私は黒いボトルのフォー オールが一番好きですね。コーヒーやクリームなどのいわゆるグルマン系の香りですが、ちょっとそこに、ペッパーが隠し味的に香ってまた、いいんです。クセになる系の香り。

 ヨーロッパの繊細な香りに比べると、こちらのようなアメリカ系は言ったら大味な印象が多いです。このボンド・ナンバーナインも一瞬ぱっと大きなインパクトがあり大雑把感があるにはありますが、実はちょっとしたアクセントが効いてワザあり。個性もしっかりしていて、自立しているし、なんといっても賦香率(香料の濃度)が高いので、とてもリッチでハイクラスな気分に浸れるのです。
 一度使うと本当にクセになるものが多いので、まだ試したことのない方はもうぜひぜひ。



f0221398_17361375.jpg
クリード レ ロワイヤル エクスクリュジブ オードパルファム 写真手前から、スブリーム バニーユ、ホワイト フラワーズ、スパイス&ウッド、ジャルダン アマルフィ 伊勢丹新宿店にて9月より先行発売予定

 こちらはクリード。通常のボトルより容量も多くデザインもクラシカルで、ハンドメイドだそう。
 いずれも文句なしのさすがクリード、という感じの香りですが、私は中でも、メンズ用のスパイス&ウッドが気に入りました。「ああこんな人がそばにいてくれたら…なんて思っちゃいますよね」と、説明してくれたソムリエールの方。「ですよねぇ凄い品がありますよね、ちょっとほかにない感じのメンズ」「ですよね~紳士、っていう感じですよね」「できれば格好良くて素敵な人で…」「いいですねー」と。妄想トークに花が咲くほど盛り上がる香り(笑)。

 なんといいますか、品とひとくちに言ってもいろいろあると思うのですが、こちらのは穏やかな品、なんですね。ぎらぎらな俺、セクシーな俺、どうだ格好いいだろうの俺、という主張は一切なく、男性の持つ強さや信頼感、包容感がありつつの、決してでしゃばらない男性像。イギリスの紳士。貴族。王族。
 これを旦那や彼氏につけてもらったら、うっかり自分もキャサリン妃気分になれるのではないか…と。これは無茶すぎな妄想ですが(笑)、それくらい魅力的なメンズの香り。

 こちらのシリーズは容量が250mlと多いのもあり、税込で約6万弱というまさに高貴な逸品です。しかし、このありそうでない感じの品。自分の“一生の香り”にするのも悪くないです。



 というわけで。以上追加でした。

 そして実は、昨日はもうひとつLUSHの発表会へ出かけました。今製品をあれこれお試し中です。アップはいましばらくお待ちを。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-13 17:37 | 発表会 【な、は】

ブルーベル・ジャパン発表会。スターパフューマーのコレクションが日本上陸

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_2314145.jpg
 本日(もう昨日ですが)ブルーベルさんの発表会へお出かけ。会場は青山迎賓館。
 生憎の雨でちょっとどんよりな色合いですが、建物は荘厳です。
 テーマごとに新作フレグランスたちがお披露目され、各コーナーその雰囲気に合ったディスプレイが。ちなみに右下写真は“恋愛”のフレグランスたち。



f0221398_2315472.jpg
写真手前から、ブルガリ ジャスミンノワール レリクシール オードパルファム、モン ジャスミンノワール レリクシール オードパルファム 9月12日限定発売予定

 さて。商品たくさんあるので、どんどんいきますよ。
 こちらはブルガリ。人気のジャスミンノワールとモン ジャスミンノワールの限定ボトル。バルブアトマイザーですね。優雅です。




f0221398_2321369.jpg
写真左から、バーバリー ボディ オードトワレ 8月29日発売予定、ドルチェ&ガッバーナ プールファム オードパルファム 11月7日発売予定、アイ ロエベ ミー オードトワレ 10月3日限定発売予定、右写真 カルバン クライン エタニティ アクア オードパルファム 8月1日発売予定

 そのブルガリと同じテーマ、“大人の恋”で紹介されていたのがバーバリーとロエベ。ロエベ(左写真・右)はレザー&スタッズでハードなボトルデザインなのですが、実はちょっと苺の香りがほのかにしてギャップにやられます(笑)。
 ドルチェ&ガッバーナ(同・中央)はふんわりピンクの印象どおり甘いのですが、バニラの甘さではなくマシュマロの甘さをイメージしてつくられているそう。確かにバニラのコクがあってクリーミーな雰囲気と違い、マシュマロのふわふわとした軽くてまとわりつきすぎない甘さ。甘い香りの好きな人の、「ちょっとたまには別のニュアンスが欲しいな…」というときはこれですね。




f0221398_2322943.jpg
ランバン エクラ・ドゥ・アルページュ グルマンディーズ オードパルファム 2012 10月1日限定発売予定

 こちらは“フレッシャーズ”イメージのランバン。誰もが一度は嗅いだことがあるのではという、淡いパープルでおなじみのエクラ・ドゥ・アルページュの限定ボトル。




f0221398_232491.jpg
写真左から、グッチ バイ グッチ プルミエール オードパルファム 9月26日発売予定、メルセデス・ベンツ オードトワレ(奥はシャワージェル)10月31日発売予定、モンブラン レジェンド オードトワレ 10月24日発売予定

 お次は“成功への導き”。写真左はグッチの新作。レッドカーペットの女優さんのように、華やかな舞台に立つときに自分をワンランク上げてくれるような強気な香り。ボトルもオスカー像をイメージしているというわけでキンキンのゴールドです。
 中央はなんとベンツのフレグランス。一応メンズ用らしいですが、女性もOKだと思います。想像しているよりもふわりとエアリー。なめらかな走りで乗り心地良いベンツイメージだそうです。エンブレムはキャップだけでなくボトルの底にも。
 モンブラン(右)からもメンズフレグランスが。これも格好良かった~。





f0221398_233168.jpg
アニック グタール ニュイ エトワーレ 9月26日発売予定

 こちらはアニック グタールの新作。夜をイメージした香りというわけで、ボトルもごらんのようにブルーで落ち着きありますよね。後にどんとあるのはもちろんジャンボダミー。手前右はメンズ用というわけでボトルも四角いです。
 香りは、シトラスっぽくありウッディっぽくあり、少しだけの甘さもあり。嗅いでいると少しずつ、頭の奥のほうにある疲れがすーっと消されていくような感覚があって、心地よいです。夏でも冬でもいける香り。



f0221398_233343.jpg
メゾン フランシス クルジャン 伊勢丹新宿店にて9月より先行発売予定

 こちらは今回のメイン、といってもいいのかな。スター パフューマー、フランシス クルジャンのコレクションが日本初上陸。女性用、男性用など全10種ちょい、キャンドルなどもあります。

 ちょっといくつか試してみましたが、どれもこれも、一筋縄ではいかないような、良い意味でひとくせふたくせある、でも使いやすいという、ちょっと心にひっかかる香りたちです。
 今の季節ならば中でもアクアでしょうか。香調はムスキー フローラル シトラスで、洗い立てのリネンのような清潔感と透明感。まさにアクアだわっていう印象なのですが、う~ん、なんていおうか、まさに手前に軽いムスキー、お花、その奥から苦味のある大人な柑橘系が追っかけてくる、のような。よ~く嗅ぐとそうなるのですが、漂ってくる香りはアクアなんです。
 9月新宿伊勢丹先行発売だそうですので、ぜひ店頭でこの感じ、試してみてください。



 実はフレグランスまだほかにあるのですが、ちょっとあれこれ間に合わないので、追って追加アップの予定です。



f0221398_2341057.jpg
ニュクス クレーム フレッシュ 24Hモイスチュアライジング セラム、クリーム、マスク 9月5日発売予定

 ブルーベル取り扱いのニュクスのスキンケア新製品のお披露目もありましたよ。こちらはまだお試し間に合わず。またいずれ。



f0221398_237895.jpg
 そしてフードたち~。お写真いまひとつだしドリンクも撮り損ねました…。こんなときもあるさ。



f0221398_237959.jpg
 ブルーベルの発表会では必ずパルファム ソムリエールの方々によるカウンセリングがあります。もちろん今回も、じっくりとお話を聞いていただき、おすすめの香りを3つチョイスしていただきました。
 私の好きなフレグランスを答えると、「凄くお好みがブレてませんね」と言われました(笑)。例えば疲れたときに、柑橘系でリフレッシュ&エネルギーチャージ、ではなく、疲れたら落ち着いて癒されたいという感じなのだとか。自分の中では「これ格好いい」とか「これは可愛い」、「これはちょっと色っぽい」などなど、けっこう色々と使い分けていたつもりでも、う~ん言われてみれば確かに、根底に香るのはそういう落ち着き系ばかりかもと納得。
 そして、ソムリエールの方が、あれこれの私の話を聞き、おすすめをこの膨大な香りたちの中から選び取ってきてくださるものがことごとく「それ実は私持ってます」、「あ、それもよく使ってます」という、おもしろいほどにどんぴしゃで驚きました。さすがプロだなぁ。最終的に選んでくださったものも、私の好む香りの延長線上にありながら、ちょっとだけいつもよりフルーティです、のような伏線がいい感じのものばかりでした。
 しかし本当にこの時間は楽しい。香りという目に見えないものを、プロが次々と引き合わせてくれるわけですから。今回も大満足でした。



 最後にもうひとつだけ。新たにフレグランス アンバサダーに就任した増田惠子さんのトークショーもありました。撮影NGなのでお写真ありませんが。
 私は世代的にもう「ケイちゃん」と言ってしまいますが(笑)、偶然にも最前列でケイちゃんのトークを拝見できたのですが、その尋常でない美しさに絶句いたしました。「もうじき私も55歳になりますが…」とおっしゃられ「!?」と、本当に驚くと声が出ないのだなと。フェイスはもちろん、腕や脚のお肌も夢のようにつるつるでお綺麗。こんな間近で、いくらでも見ていたい55歳って「!!」です。
 10月1日が香水の日、ということで、その近辺でイベントがある模様。ケイちゃんの美しさ、ぜひみなさんも見ていただきたい!!(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-13 02:44 | 発表会 【な、は】

ボビイ ブラウン発表会。ボビイ初の下地は「この子いい子そう」。ぜひデートにね

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1434691.jpg
 ソニア リキエルともうひとつ、昨日はボビイ ブラウンの発表会へお出かけ。会場は溜池山王のボビイのオフィス。
 今回はフルーツとグリーンで飾られた会場。そしてこの日の商品のメインビジュアルが目に止まります(写真左)。なんか可愛い。クールなビジュアルの多かったボビイですが、この感じいいですね。好き好き。



f0221398_14341388.jpg
イルミネイティング フェイス ベース SPF25・PA++ 29g ¥5,040 8月31日発売

 さて、その可愛いビジュアルの商品がこちら。意外にもこれがボビイ初の下地、そして、高温多湿なアジアの女性のために日本主導で開発された、アジア限定新発売の商品なのだそうですよ。

 さっそく試してみましたが、確かに触るとクリームでリッチめなテクスチャーですが、肌にのせるとスッと軽いです。もちろんベタつかない。なるほどアジア限定。
 そしてこのパール感ですよね、やはり。左写真に敷き詰められたパール粒たちのように、淡くて薄いピンクやパープルの透明感ニュアンスが、ほんのわずかに、ふわっと肌にベールをかけてくれます。ぐーっと寄って見て初めてわかるかどうかの細かいパールのキラキラが繊細で、上から塗るファンデやお粉の邪魔をせずに、それでいて、一日肌の調子が良さそうな顔色をキープ。

 最初、昨日今日と暑いからかな、と思ったのですが、実はこの下地のおかげだった頬の“ぽっ”としたほのかなピンクの血色。熱いお風呂ではなくて、ぬるめのお湯にのんびりつかって疲れをとって、血の巡りが良くなったときの、頬の色合い。体がほぐれてゆるんだ、ストレッチ後の頬。そういうやわらかな雰囲気なのです。いいでしょこれ。

 それゆえに、かなり自然です。正直物足りないっていう人も、いるかもです。
 でもこのなじみ感、頬の感じ。いいのではと私は思う。若い女子なら、特にデートに、これ塗って欲しいです(笑)。
 前出のビジュアルじゃないですが、異性も同性も「お」と、思わず惹かれる可愛らしさ、そして馬鹿じゃない、この子いい子そう、のような品。よろしいのでは。



f0221398_14342726.jpg
スパークル アイシャドウ 全4色 各¥3,360 9月21日限定発売

 で。その透明感たっぷりなお肌にぴったりなカラーたちが以下。ウーバーベーシック コレクション。
 まずこちらがアイシャドウで、大小のグリッターとシマーパールがキラキラ。こうして見るより、肌にのせるとそのキラキラが星くずのようにキラキラと、チカチカと目映くて綺麗ですよ。




f0221398_14344054.jpg
ブラッシュ 全2色 各¥3,780 9月21日発売 ※手前41プリティピンクが新色、奥のピンクローズが限定

 そうそうこういうの欲しかったと、思わず膝を打つ絶妙カラー、特にピンクが凄いボビイのチーク。手前のピンクも40代の大人にはどうかと躊躇うラブリーさですが、頬にのせるとふわりとやわらかく可愛らしい。ピンクどかん、というより、ピンクが可愛い、ほおら可愛いでしょお、と、じわじわくるんです、時間差で(感覚的にね)。瞬発系ピンクどかんは20代でお仕舞いですが、じわじわならOKですよ、大人も。



f0221398_14345341.jpg
リッチ リップ カラー 全4色 各¥3,675 9月21日発売

 こちらは人気シアーマットな口紅の新色。写真上からふたつめの32ウーバーベージュは顔から浮かないピンクベージュで、誰にでもとても使いやすいはず。



f0221398_1435288.jpg
ハイ シマー リップ グロス ¥3.150 9月21日限定発売

 こちも限定の新色です。かなりディープなブラウンですが、パールが赤なども入っていていい感じ。
 ちなみに写真手前のお粉は既存のシアー フィニッシュ ルースパウダー。前出の下地&このコレクションにおすすめだそうです。



f0221398_14351416.jpg
ボビイ ブラウン フレグランス コレクション 全5種(内既存1種) 各50ml ¥7,350 10月5日発売

 ラストはフレグランス。ボビイの香りとくれはやっぱりビーチ オード パフュームがおなじみですが、今回はほかに4種の新しい香りが登場。
 ブランド創立20周年を記念してつくられたフェミニンな香りの“ボビイズ パーティ オード パフューム”、ボビイの名をつけたフレッシュな香りの“ボビイ オード パフューム”、リラックス効果のある甘くモダンな香りの“オールモストベア オード パフューム”、シャワー後の爽快感がイメージの“バス オード パフューム”。シンプルイズベストなボトルです。




f0221398_14353046.jpg
 ボビイ ブラウンご本人が、全粒粉パン、ドライフルーツやナッツなどなどのナチュラルな食生活を実践されているというので、今回は、グリーンスムージーやロースイーツを広める姉妹ユニット、シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフの山口蝶子さんによるプチカフェが場内に開店。このドライフルーツやナッツたちは、低温乾燥させてあるのだそう。手前のはパインでしたが、すっごく甘くて美味しかった。特にお砂糖などは添加しておらず、そのままの甘さなのだそうです。



f0221398_14353897.jpg
 これが彼らの著書。ほんわり平和系。実は案外レシピも簡単なんですね。今度やってみよう。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-11 14:43 | 発表会 【な、は】

ソニア リキエル発表会。全身に浴びたいと思うほどの、香りと潤いのローズマリー水

※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。

f0221398_1073128.jpg
 昨日、ソニア リキエルの発表会へ。会場は代官山のグラナダ スィート。代官山 蔦屋書店のちょうど裏あたりにある結婚式場で、中庭(写真中央上)を囲んでぐるりと二階建ての瀟洒な建物。
 ローズマリー水の小さな噴水に癒されながら商品ムービーを見たら(右&中央下)、メインフロアへ(左)。中央に敷き詰められた圧巻のローズマリーたちのおかげでなんとも清清しい空間。昨日は本当に暑かったので、ここに入ったとたんオアシスに辿り着いた気分でした。



f0221398_1074253.jpg
スキン バランシング ローション 200ml ¥7,350 10月5日発売

 商品はこちらです。スキン バランシング ローション。ローズマリーを使用した化粧水です。
 ローズマリーの俗名『Rosemarienus』は“海のしずく”を意味し、若返りのハーブとしても有名。高い抗酸化作用、抗菌効果などのこのハーブを使ったローズマリーウォーター(ローズマリー葉水)を配合。ほか、



f0221398_1075685.jpg
 ローズヒップ、ラベンダー等8種のエキスを組み合わせたバランシングコンプレックスを配合し、角質層の潤いバランスを整え健全な状態をキープし、トラブルを引き起こしにくくするというもの。

 さてこちらですが。かなり、かなり香りがいい。とてもすっきりとしたグリーン系の香りで、すぅっと、頭がクリアに浄化されるような心地よさ。この香りとムードをもっと味わえないかしらと思って「そうだ冷やそう」と、でも冷蔵庫だと案外忘れてしまうので、氷にしました。



f0221398_1084781.jpg
 ひんやりしたボトルからコットンにぱしゃぱしゃ染み込ませ、ひたひたとやさしくパッティング。これがもう、素敵でした。ひんやり感にマッチする香りなので、気分のすっきり具合もぐーんとアップ。テクスチャーも、しゃばしゃば水状のローションが、砂地に水、なニュアンスですぅっと浸透します。ひとまず昨日、今日使ってみたところでは潤いは問題なし。10月5日と秋の発売ですが、秋口ならは、ゆっくりとお風呂につかったあとに冷やしローションでしっとりすっきり、というのも良さそう。やりたい、早く秋にも試したい。

 ひんやり具合ですが、個人的な好みはちょっと冷えてる、くらいがいいかなと思いました。たとえば朝なら、朝起きてすぐに氷につけて、そのあとコーヒー飲んだり洗顔したり。夜ならば、お風呂に入る前に氷にin、くらいの短い時間。
 手のひら使用もOKですが、コットンにたっぷり染み込ませて、ひたひたと、顔からデコルテから首の後まで、たっぷり使っていただきたいなと。200ml入りですしね。ぜひたっぷりと。


 余談ですが、わりと最近私はショートボブにしたせいで、“うなじ”美容にも凝っています。といっても、顔のケアのついでに首の後までやっている、というだけなのですが。
 中学以来かというほど今、うなじにじりじりと太陽を浴びて焦っています(笑)。焼けちゃう、老化しちゃうこれじゃあ、というか単純に首のうしろが熱い…! 壊れていた日傘も慌てて新調しました。



f0221398_1085868.jpg
イドラ プルミエール エクセラン(限定ラージサイズ)150ml ¥7,875 10月5日限定発売(9月21日より予約開始)

 もうひとつお披露目が。大人気導入美容液がラージサイズで限定発売(写真手前)。通常80ml ¥5,250が、150ml ¥7,875。確かにかなりお得ですね~。



f0221398_1093262.jpg
 ムービーを見ながらいただいたウエルカムドリンクはもちろんローズウォーター(左)。メイン会場を後にして、最後に1階のカフェスペースで中庭を眺めながらスウィーツ。汗もひいてひんやりリラックス~。



 また余談。
 このあと、行こ行こうと思ってなかなか行けなかった代官山の蔦屋書店へ行ってみました。素敵だとは聞いていたけど本当に良かった。住みたいです(笑)。
 それにしても平日昼間の代官山はバギーを転がした若いママでいっぱい。巣鴨のおばあちゃんならぬ代官山のバギーママ、というくらいの密度です。以前ストリート系の若いおしゃれさんたちで埋め尽くされていたのが嘘のよう。リーマンショック前後で一番変貌したような気がする代官山という街。



 というわけで。昨日はもうひとつボビイ ブラウンにも行きました。それはまた、のちほど。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-11 10:16 | 発表会 【さ、た】

レブロン発表会。ショートムービーは劇場で。案外盲点だったコラボかも

 今日は暑かったですね。
 陽射しも強かったから日傘をさして出かけましたが、5分もしないうちに傘を持ったほうの肘裏からつつーっと汗がひとしずく。慌てて腕を伸ばしてハンカチを当てましたが、もうそういう季節なんだなと。
 7月だから当たり前と言えば当たり前だけど、今年は春もずいぶん寒かったし。


※以下の写真、クリックで大きくなります(一部除く)。※価格はすべて税込です。
f0221398_1302942.jpg
 さて。本日お出かけしたのはレブロンの発表会。会場はTOHOシネマズ 六本木ヒルズ。レブロンのブランドアンバサダーである、ハル・ベリー、エマ・ストーン、オリビア・ワイルドが登場するショートムービーの上映会もあるということで、場内にはレッドカーペット、スタッフの方々もみなさん黒のフォーマルドレスやタキシード&蝶ネクタイという具合。プレミアショーな演出の一環とはいえ、そういう装いの方々に案内されるのは非常に心地よいものです。



f0221398_1302561.jpg
ジャスト ビトゥン キサブル バーム ステイン 全6色 各¥1,260 9月9日発売予定

 さて。お披露目今回3つありまして、いずれも新製品です。
 最初はこちら。繰り出しタイプのリップ。バームのうるおいに綺麗な発色。78%保湿成分配合のいいとこどりなアイテムです。
 こういうペンシルな形状からクレヨンっぽいやわらかなものを想像しますが、実際塗ってみると芯にしっかり硬さがあって、確かにバームっぽいうるおい感。それなのにぴたっと密着して色落ちがしにくいです。いい、これいいですねー。
 発色はしっかりしつつ、融通がきくテクスチャーなので、少しだけ塗って「ん」と唇同士でやれば色がボカせて薄づきにも。ツヤ感もまさにバームくらいのナチュラルさなので使いやすいなと思いました。
 すーっとペパーミントの香りもいいです。色が気に入ればかなり重宝するはず。



f0221398_1305625.jpg
カラーステイ ホイップ クリーム メイクアップ SPF20 全4色 各¥2,100 10月7日発売予定

 こちらはファンデーションです。ホイップクリームテクスチャーのロングラスティング&トリートメントファンデーション。82%美容液成分配合。
 一見するとふつうのクリームファンデに見えるのですが、指で触ると“ぷに”っとマシュマロのような弾力が。そして指に取ってみると、ホイップクリーム状。そして肌にのばすとすぅっと軽くなる感じでベタつきません。例えるなら毛穴下地のようなサラッと感、なのに肌は潤っているという。不思議。とても不思議でクセになります。
 カバー力はあるほう。でもよくのびるので、そのあたり自分好みに調整できそう。



f0221398_1305262.jpg
フォトレディ スリーディ ボリューム マスカラ #001 ¥1,050 11月9日発売予定

 ラストはマスカラです。ボリュームタイプで目元3D効果。落ちにくいのにお湯オフできるタイプです。
 こちらもこれからのお試しになりますが、ともかくこのツヤ感、そして色名が“ブラッケスト ブラック”ですよ。レブロンはマスカラ優秀なものが多いから、かなり期待してしまいます。早く試さなきゃ。それにしてもこちら、かなりお手ごろ価格ですね。凄いな。



f0221398_1311793.jpg
 というわけで、ラストにそのムービーも見てきましたよ。ちゃんとチケットまで作られていました(右写真)。
 20分弱の中に、この商品のイメージ&解説やCMメイキング、ハル・ベリーインタビューなどなどが詰まった、なかなか見ごたえのあるショートムービー。正直最初、これを劇場で上映するなんてあまりにベタ……と思っていましたが、大きなスクリーンに上質な音響、肘掛けまでふかふかなゆったりソファシートに座りながらの鑑賞は優雅。もっともっと観たかった。逆を言うと、これを普通の会場で見せられたなら、せっかくのこの内容もいまひとつ伝わらなかったのではと思いました。

 それに、アンバサダーのひとり、エマ・ストーン出演の『アメイジング・スパイダーマン』がまさにこの劇場で上映中というわけで、しっかり予告編も流されました。これもベタといえばベタなんだけれど、劇場で見る予告編は当然迫力満点で、「観たい」と普通に、思ってしまいました。
 コラボ発表会はなかなかうまくハマらないことが多いけど、これはコスメと映画と、いずれの魅力もしっかり出せた良いコラボだったのではないかしらと。

 余談ですが。ムービーのラストには素人さん二人による製品お試しリポートもありました。このメロディーさんとササキアサヒさんは、メイク動画投稿サイト『みんなのメイク』で人気の方々なのだそうで。さっそく帰って彼女らの投稿動画チェックしましたが、これが面白いんだな~。えんえんと見ちゃう。



f0221398_1311220.jpg
 今日はドリンクサーブに女性が多かった。通常コスメの発表会は来場者がほとんど女性ゆえ、この役はグッドルッキングなモデルの男の子とかが多いのに。ということは、今日は招待客男性が多かったのかしら…?
 なんにせよ、これだけの美女は、同性から見てもうっとりですが。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-07-05 01:34 | 発表会 【ま、や、ら、わ】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧