キレイの本音



<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


シンディ・クロフォード世代

f0221398_16145722.jpg
 昨日、古いの友人と久々にご飯。彼女とは情報誌時代の同期で、かれこれ20年近い付き合いだ。さまざまな思い出話で盛り上がる中、シンディ・クロフォードの話になった。運動やエクササイズにあまり興味のなかった私がなぜか唯一夢中になった大ヒット作『シェイプ・ユア・ボディ・ワークアウト』。テレビ画面の前で毎日せっせとワークアウトして、それなりに体が引き締まったりと効果も出た。その後、私は大丈夫だったけれど、あの内容では関節を痛める云々の専門家からの悪評が出たりして、結局確か続編が1本発売したくらいでブームは終わってしまった。さらにその後、シンディが自身の産後ダイエットとして、件とは別のトレーナー、キャシー・ケイラーとともに作ったのがこの『シンディ・クロフォード ニュー・ディメンション』。かなりゆるいワークアウトで確かにこれなら安心してできそうだと、別に産後でもなかった私も三度シンディと画面の前でワークアウトをした。
 それにしてもなんで唯一シンディだけ夢中になったのかなぁと、ジャケ写を眺めて思ったが、やっぱりこのシンディ姐さんのたくましいボディではなかろうかと。小顔で手脚が驚くほど長い元祖スーパーモデルだけれども、今見ると“美人アスリート”くらいの体格の良さ。特にこの『ニュー・ディメンション』は、産後とあって、姐さんかなり、厚みがある。私は単に多忙とストレスの厚みだったけれども、これならできるかも、私もいけるかもと、室内でビーチでとワークアウトに勤しむシンディに自分を重ねていたんだな。手脚の長さは庶民なのにね(笑)。
 数号前の『ヴォーグ ニッポン』に“スキニーモデルの時代はもう過ぎた、これからはカーヴィだ”というような記事があって、シンディ世代の私はどれだけうれしかったことか。とはいえ今までがあまりに細かったので、カーヴィとい言ってもまだまだ細いなっていう印象だけれども、スキニーは見ていて辛いものがあったのでとりあえず良し。健康的なのがいいに決まってます。
 余談ですが。シンディは子供がふたりいて、D姐の『ABC振興会』に3年ほど前にアップされた『シンディ・クロフォードのめちぇめちゃ”べっぴん”な息子クン8歳』という記事は目が釘付け。旦那さんは実業家といっても元モデルさん。娘ちゃんも美人だけれど、この息子くんの美しさには驚いた。ママ似で口元に黒子まであるのよね。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-30 16:17 | 美男美女スターのお話

大人こそ決まるゴージャスさがある

 昨日、ボビイ ブラウンの新作説明会へ。10月から12月に発売されるHOLIDAY 2010で、“クラッシック・ヴィンテージ”がテーマ。

f0221398_10143333.jpg
 こちらは6色入りのアイシャドウ。写真奥から、ディ トゥ ナイト ウォーム アイ パレット、同クール アイ パレット、ベア トゥ ボールド アイ パレット。どれも無駄のない6色たちなんだけれど、特に奥ふたつのディ トゥ ナイトは、左3色がマット、右3色がパール入りで、お仕事など昼間のシーンでは上品なマットで、夕方からのお出かけには右の3色を使って華やかチェンジという使い勝手のよさ。奥からふたつめのクール パレット内、右から3つめのピンクパールは、超微粒子で肌にツヤが出るように輝くから、夕方のくすみがちな大人の目元がみるみるトーンアップ。これ、感激します。ディ トゥ ナイトの2種は10月、ベア トゥ ボールドは12月限定発売。

f0221398_10144826.jpg
 こちらはミニ ボビイ ブライツ パレット。直径1センチほどのミニミニアイカラーが全部で20色も入ったパレット。ボビイにしてはビビッドな色合いが揃っているけれども、特にレッド系は、ちょっとスモーキーだったり中間色っぽかったりと、さすがにボビイらしく技ありの発色。折り畳めばかなりコンパクト自体の大きさも小さくなるのもgood。10月限定発売。

f0221398_1015219.jpg こちらは今回、私が一番気に入った4色入りのアイシャドウパレット。写真奥から、サルトリー アイ パレット、スモールディング アイ パレット、スモーキー アイ パレット。各パレット内、右端のドーム型にプレスされたメタリックカラーは、ロングウェア アイ ペイントといって、グラデーションもよし、水を含ませた筆でアイライナー使用でもOK。華やかなパールで目元が沈まないのに、しっかりと目の大きさ、立体感などが出せてインパクトある目元に。私は中央のスモールディング アイ パレットが一番気になり、スタッフの方にメイクしてもらったのだけれど、ゴージャスなのに品があって、使い方によってはかなりシックにも。目元の堀の深さが出るから、遠目からでもかなり目が大きく見える。メイクを落とすまでの10時間くらい、色も濁ることなくご機嫌でした。以上11月限定発売。
 このほかにも素敵なアイテムがたくさんあったのだけれど、それはまた追々。

f0221398_10153810.jpg 今回のHOLIDAY 2010は、ボビイにしては珍しく、パッケージにゴールドをあしらっていたり、蓋のロゴが大きめだったりと、まさに“クラッシック・ヴィンテージ”で華やか。先日、モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した際の深津絵里さんのメイクが素敵だったと昨日も話題に上ったのだけれど、日本女性もああいったクールゴージャスというか、深いけどパールで華やかさもある、メリハリがくっきりあるような目元作りをもっと挑戦すべきではと思う。そのかわり服はシンプルで質のいいものを選んだり、ヘアも巻いたりせずしゅっとシャープにまとめたりというバランス調整は抜かりなく。大人にしか決まらないゴージャスさってこういうんじゃないでしょうか。30代後半以降の方々、ぜひこれで美女度を上げてくださいませ。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-29 10:21 | 発表会 【な、は】

カーサ・コレッタ マルベック2009

f0221398_750694.jpg
 昨日、お仕事の打ち合わせで出かけたのだけれど、雨はともかく、気温が低くて本当に寒かった~。昨日は全国で東京が一番寒かったそう。北海道より寒いってなんだかやっぱり尋常じゃないよね。
 さて。暑さに猛烈に弱い私は、涼しくなると、ただでさえ好きなアルコール類が急激に恋しくなる。最近のお気に入りはカーサ・コレッタ マルベック2009。アルゼンチンの赤ワインで、ミディアムとフルボディの間くらい。実は初めてひと口飲んだとき、けっこう酸っぱくて「あーちょっと思ってたのと違ったかなぁ」と思ったのだけれど、それでもお料理を食べ、ちょっと飲み、また食べ、ちょっと飲み、30分くらいしたあたりで、口に含んだワインの味が急に変わっていることに気がついた。酸味が抜け、爽やかすぎる感じがふんわり丸くなって、果実やお花っぽいやさしい香りと口当たりの良さで飲みやすいのなんの。それから先はもうすいすいと、ぐいぐいと(笑)。例によって私はワインに詳しくないのでちょっと調べてみたのだけれども、このワインはコスパが良くて掘り出し物、という評価が多いみたい。通販などで見る限りだいたい1000円切ってます。以前やはりお気に入りのナバエルスをご紹介したけど、それよりもさらにお安い。
 もうちょっとだけダイエットしなきゃと思って早ふた月経過……。ワインのお話をしている場合じゃないのに、お手ごろで美味しいものを見つけちゃった自分が憎らしいです(笑)。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-28 07:54 | 美味しいお茶、食事

大人のまつエク・デビュー

 ケサランパサラン表参道店のオープンの様子を先日ご紹介したけれど、こちらのまつ毛エクステンションの体験取材に先週行ってきました。
 実は。私はまつエクの経験がありません。子供の頃から目が弱く、結膜炎などをしょっちゅう煩い超ドライアイ。大人になってからも、冬場でも大きなサングラスをしていないと、瞬きごときでコンタクトが「ぽんっ」と外れ飛んでしまうほど乾いていて充血もしてしまいます。と、いろいろ書きましたがつまりは恐がりのヘタレで、まつ毛に付け毛をつけるなんて大丈夫なんだろうかと、興味があるのに不安ばかり。まつパーはおととし克服済みなので、この機会にまつエクもちゃんとデビューしたいなと思い立ち、表参道に出かけました。

f0221398_8215736.jpg
 店内は、以前もご紹介したとおり完全個室で、キュートなんだけれども落ち着いています。ロッカーの鍵にゴムがついていて、そのゴムには白いお花のコサージュが。手作りなんだそうですが、こういうちょっとした演出がまたKPらしくて可愛い。

 さて。こちらのエクステンションの特徴は、8タイプの目の形に種類分けし、各々の目の魅力を最大限に引き出すというもの。実際はさらに、自分のなりたい目の印象や、カールの度合い、あと、たとえば私の場合、左目は二重、右目は一重で、これの見え方をエクステで左右バランス良く調整したりだとか、カウンセリングを元に細かく設定していきます。まさに自分に合った最良のまつ毛をデザインしていく感じ。カウンセリングのときに簡単な図解も交えて丁寧に説明してくれるのでわかりやすいです。
f0221398_8222029.jpg こちらは今回担当してくださった鈴木さん。20代だったら私もここまでくるん&ふさふさにしたかったなという感じの本当に可愛いまつエクをつけてらっしゃいます。

 施術ですが、ふかふかのリクライニングのシートで疲れ知らず。このシートはマッサージ機能付きで、施術前と後にローラーやバイブで疲れをほぐしてくれます。仰向けに寝た状態とはいえそれなりの長丁場。大人には本当にうれしい機能でした。特別に作られたという、まぶた上下に貼られたシートマスクもひんやり気持ちよく、施術中の気分をほぐしつつ、実際の目元のお肌もしっとり潤って文句なし。これ商品化してほしいです。

 そして。ほどなくして施術が終了し、鏡で自分の顔を見てると。濃くなりすぎないようオーダーしたとおり、繊細なのに目のインパクトがアップ! 鏡を前に、何度も何度もぱちぱちと高速瞬きをしてしまったほどの感激が。うれしいっ。心配だった施術中のあれこれもまったくトラブル・刺激なく、むしろ気持ちよく熟睡をしてしまったほど快適でした(笑)。

f0221398_8223832.jpg こちらは店長の栁澤さん。上品で大人っぽいのにセクシー。すっごく繊細なエクステで、横から見ても、向こうのまつ毛もしっかり見えるくらいの長さがあります。私は栁澤さんほど色っぽく見えてるかはわからないけれども(笑)、同じような感じにしていただきました。ちょっと久々に無敵な感じでうれしい。アイメイクは一切なしでも全然大丈夫。「やった~これで2週間くらいメイク楽だ~」という開放感と、思わず“どや顔”をしたいほどにバージョンアップした顔の印象。マスカラでは手に入れずらい均等なまつ毛の間隔も、キレイでうっとり眺めてしまいます。

f0221398_8225547.jpg 落ち着いて、表参道で、マッサージで体もリラックスできて、まつ毛も美しくなれる。大人のまつエクなら、ぜひこちらおすすめです。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-27 08:27 | エステetc. お出かけ美容

秋だなぁと思う“顔”

 ここのところ急に涼しくなってきて、数日前、あまりの寒さに夜中に目が覚め、急遽薄手の羽毛掛け布団を出しました。すると、やっぱり寒かったんだなと見えて、いそいそと我が家の猫(オス)が布団の中に入ってきました。6月あたりから暑くて一緒には寝ないので、久しぶりの添い寝です。
 うちの猫は、布団の中に入ると丸くはならずに、普通に寝ます。たとえばこんな感じです。


f0221398_11432219.jpg
 想像してください。この感じで、顔だけひょこっと布団から出して、自分の頭は私の腕枕。いい具合に“むにっ”とゆるんだ私の二の腕が心地よいらしく、ほぼずっと、私の二の腕に頭を載せています。彼は小でぶですが、比較的小顔です。とはいえ。ずーっと載せていれば私は寝返りも打てず、彼の眠りが深くなるほど、ずしっと頭も重くなってきます。
 このままうっかり朝を迎えてしまうと、当然私は翌日激しい肩こりになってしまいます。それはいけません。
「すーぴーすーぴー」と、彼の寝息が深くなったのを見計らって、私は彼の頭の下から腕を抜こうとします。すると、


f0221398_11434028.jpg
         「枕、とっちゃだめ」


 寝ぼけまなこで即座に睨まれます。

 この顔を見ると、「ああ今年も秋が来たんだな、涼しい季節になったんだな」と思います。そして今日も私は肩がこっているのです(笑)。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-26 11:47 | 猫、動物

師匠の本

f0221398_14264492.jpg
 ちょうど先週、テレビ朝日系列で放送されていたドラマ、『熱海の捜査官』が最終回を迎え、最終話放送の翌日には『熱海の捜査官 オフィシャル本』(太田出版)も発売された。
 今回三木聡監督自ら、全8話の脚本・監督を手がけているとあって毎回かなり夢中になって観てしまった。いつもながらの笑える小ネタはもちろん、一話完結でなく、連続してひとつの事件の謎を追っていく展開は、『時効警察』より一歩踏み込んだシリアスさ、ミステリアスさで独特のムード満点。『ツイン・ピークス』好きの私としては、南熱海警察署の制服や、レストラン“ボリューム”のやたらとセクシーなウエイトレス(またこれを小島聖がやってるのがいい)、占い師の占部日美子というキャラクターなど“丸太おばさん”を彷彿とさせる怪しくも見逃せない登場人物だった。
 主人公二人のスタイリングやメイク、ヘアも良かった。栗山千明演じる北島紗英のハーフコート、オダギリジョー演じる星崎剣三のロングコート、いずれも「2サイズは上なんじゃ?」という大きめのシルエットはまさにエリート捜査官。実際は美男・美女の俳優さんが着ているから格好いいのだけれども、これ、普通の人が同じものを着たらば、ただただ野暮ったい雰囲気になる。紗英のパンプスなど、今時就活くらいしか履かないだろうっていうような微妙な丸みのトゥに太いヒールだし、星崎もふんわりソフトめなオールバックでもっさり感たっぷり。オダギリジョー、栗山千明ともに美男・美女、しかもわりとモード寄りの美しさ、格好良さだから、このあえての野暮ったさがバランス良く、かつ、ファッションや見た目に無頓着な感じがよりエリート捜査官然とした雰囲気作りになっていたように思う。
 ストーリーの内容的には、あのラストシーンはやはり賛否両論あるのかなあ。個人的にはすっごく好きだったのだけれども。「ありあり、そういうの、あり!」と、ラストカットのオダジョーの顔を見て思ってしまった。うまくは表現できないけれども、三木さんという人はきっと、お優しい方なのだろうなぁなんて思い、じーんときてしまった。そういうあたりは、このオフィシャル本でじっくりと。実はこの本、わたくしの師匠、轟夕起夫がほとんどの執筆を手がけています。彼は『時効警察』のオフィシャル本も担当している隠れた“三木組”のひとり。インタビューの質問ひとつ、文章のこのたった一行を書くために、どれだけのリサーチや取材を重ねることか。そういう師匠の姿を見てきていつも私は勉強になります。と、本の紹介にかこつけてお礼を言う気の小さい私です(笑)。
 ともかくは。『熱海の捜査官 オフィシャル本』みなさまもぜひご一読を。柿崎さんの本同様、こちらも読み出すと一気ですよ。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-25 14:30 |

40代で、表参道をすっぴんで歩ける優越感

f0221398_1392315.jpg
 先日、ポアレスラボの凄い泡についてご報告したけれど、体験取材の機会を得、ポアレスラボさんのサロンで毛穴のトリートメントを受けに、表参道へ出かけました。
 場所は表参道ヒルズの裏手くらい。とっても静かで、落ち着きます。この日担当してくださった、ポアリストの吉井朋子さん。「さすが!」と思わず唸ってしまうほどの毛穴のなさ。この他のスタッフの方も同様、やっぱり毛穴専門のサロンは違うなと、施術前から期待がふくらみ、にやけてしまう私です。



f0221398_1394186.jpg
 ベッドはこの他に個室が1部屋。着替えることなく、ヘアサロンに近い感覚で利用できるので、すっごく手軽です。





 さて。どきどきの施術。
 私が今回体験したのは、今年3月よりの新たなメニュー、“ポアレス・ディープトリートメント”。基本の“開き毛穴コース”に3種類のエイジングケアを追加した贅沢なコース。

毛穴カウンセリング

クレンジング

例のふわふわ弾力泡でマテラ洗顔

振動により古い角質や固まった皮脂汚れを浮き出し取り除く超音波洗浄

余分な角質・皮脂を溶解し、角質肥厚しにくい毛穴環境へと導くホットマテラパック

皮脂マッサージ

吸引

皮膚の深い層から肌細胞を活性化させ、シワ・たるみの改善を実現するマイクロカレント

赤、青の2種類のLEDの光を悩み別に照射するLEFトリートメント+コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンCのいずれかの美容液を導入

ヒアルロン酸美容液を浸透させながらマッサージ

美容成分を封じ込めるミネラルマスク

仕上げトリートメント

以上、この充実した内容で60分、なのに10,500円。素敵すぎます。

 自分でやっても相当ふわふわの泡で気持ちよかったマテラ洗顔でいきなり眠くなり(笑)、皮脂マッサージから吸引、特にこの吸引もノーマル→ちょっとハイパーな吸引力と丁寧に二段階あり小鼻のしぶとい毛穴に効いてる予感。ポアリストさんがはめる手袋から微弱電流が流れるマイクロカレントは、苦手な人もいるらしいのだけれど私は完全にクセになりました。顔って凝ってるなぁを実感して、すぐさまリフトアップが感じられるくらいに顔がぴん! ミネラルマスクも心地よくって至れり尽くせり。
 そして、最後に鏡を見たら、顔が白い、毛穴がぜんぜんないっ。

 なんていうんでしょうか、塵も積もれば、ではないけれど、ひとつひとつの毛穴はただの点々でも、その点々が顔からなくなると、こうも若返るのか、色白に見えるのか、単純に美人になれちゃうのか、と。しげしげと鏡を食い入るように見つめてしまった私。
f0221398_13101374.jpg
 お目汚しで恐縮ですが、これがわたくしの毛穴before(左)、after(右)です。上段の2枚は小鼻。beforeは、表面がぼこぼこしていて黒ずみもしっかり詰まっています。悲劇的です。下段の2枚は頬。beforeは、この暑さでインナードライが加速してしまった状態にあって、テカっていて雑なキメ、毛穴の形もまんまるじゃなくて細長い。それが、いずれのafterもごらんの通りキレイさっぱり。肌の色も爽やかになっています。

 施術終了後、水の張られた小さな黒い容器に、「これが今回取れた角栓です」と見せてくださったのだけれど、塵のように小さい粒々がいっぱい水に浮いていたり沈んでいたりして達成感もひとしお。かなり顔全体がキレイになったので、この後、ほぼすっぴんのまま表参道から原宿まで歩いて帰路につきました。すっぴんin表参道なんていつぶり? この優越感はもう言葉では言い表せません(笑)。

 基本メニューは、“皮脂毛穴対策コース”“開き毛穴対策コース”いずれも5,775円(リピートは5,250円)、時間はおおよそ60分。試さずにはいられない価格なのもうれしい。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-24 13:17 | エステetc. お出かけ美容

『GoGo!美人道EX』

f0221398_11334356.jpg
  お仕事仲間でブログ仲間でもあるイラストレーター、柿崎こうこさんの新刊『GoGo!美人道EX』(双葉社)が発売されました。大人のキレイを追求して、日々トライ&エラーで磨きをかける柿崎さんのビューティな日常をイラストエッセイで綴っています。
 柿崎さんの作品を読んだり見たりしていると、そのままであること、の重要さを痛感します。思えば私も20年あまり、“書く”というお仕事に携わってきたけれども、お恥ずかしながらお金が絡まず文章を書くのは、友人などのメールのやりとりを除けばこのブログが初めての経験。しがらみがないぶん、いざ自分の思っていることを、好きな美容法を書こうなんて思っても、「あれ、私って何が好きだったんだっけ」と、その長い経歴が邪魔をして、不透明になっていたことに気がつきます。
 美容やコスメもまったく同じことで、40歳にもなればみなさんも、自分のスタイルがある程度決まってきていると思う。でも、柿崎さんは、さらに進む。元気に明るく、ときどき失敗しながら(笑)、でもそれじゃあ肩に力が入っているかと言えばそうでもない。悩み悶絶もするけど全篇通して楽しそう。そういうありのままが、新作でも存分に描かれています。
 ハワイでのロミロミ体験や韓国でのビューティクルーズ、自身の使ってきたコスメや試してきたダイエットの経歴、果ては美容男子の取材などまであり、とにかくは盛りだくさん。私より少しだけ若いとはいえ、彼女も間もなく不惑のアラフォー仲間。「わかる、わかるその気持ち」と、思わず共感したり爆笑してしまったりで読み出すと一気、です(笑)。
 なんだか照れくさいのですが、わたくしのブログにもちらりと触れて頂いて。サロン ド プロの白髪かくし。気に入ってもらえてとってもうれしい! 本当にこれ、いいんですよね。私もあれから5、6本はリピートしています(笑)。
 本作はほとんど、彼女の手描きイラストエッセイで、長い文章を読むのはちょっと苦手だわ、という人にもおすすめです。それにしても描き上げるの大変だったろうなぁ。柿崎さんお疲れ様です。そして、みなさんもぜひご一読を。真似したい美容法も満載です。
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-23 11:37 |

一日お肌が濁らない

f0221398_7543880.jpg
 6月末にご報告したエレガンス発表会。商品は9月18日発売のベースメイクアイテムたちだったけれど、中でもエレガンス モデリング カラーベースがあまりに良かったので改めてご紹介を。
 エレガンスのメイクアップベースは、昔から優秀で人気、愛用者も多い。私も歴代のエレガンスのベースたちにはずいぶんとお世話になってきた一人。一度使ったら手放せず、つい浮気をしてしまっても、「う~んやっぱりエレガンスがいいなあ」と何度でも舞い戻ってきてしまう底力は毎度感心してしまう。
 普通、肌色補正の下地とくれば、赤味隠しにはイエロー、くすみカバーにはグリーンなどなど、悩みに即した各色の用途がおきまり。もちろんエレガンスも基本はそうなのだけれど、たとえば今回のように、フェミニンなやわらかさのピンク、フレッシュなハリ感のオレンジ、クールな透明感のグリーン、エキゾチックなヘルシーさのブラウン、シャープなメリハリ感のホワイトと、悩みを解消するだけでなく、各色を使うことでさまざまな肌の印象を演出しわけられるという、もう一歩先をいった上質さが魅力的。
 実際使ってみてもそおとおりで、私が一番気に入ったこのオレンジのOR200などは、一見なかなか派手な色でひるむのだけれど、この明るさとオレンジの色合いがふわっと薄く肌の上でのび、謳い文句どおりの“フレッシュなハリ”のあるフェイスにみるみる仕上がる。通常ファンデやこういうメイク下地などは、“顔色が明るくなる”=“ちょっと白っぽくなる”傾向にあると思うのだけれど、このオレンジはすっと日本人のオークルな肌色になじんで白白しくならない。ふんわり暖かみがあるみずみずしい肌に見えて、大人のくすみなんてどこへやら。白浮きする明るさとは違い、オレンジの色味によるトーンの鮮やかさなので、夕方になってもどすんと顔色がグレーに濁らず、「元気な肌です」、「調子いいです」といった自然体な美しい色合いが保たれる。これって本当にありがたいです。
 ほか、ブラウンのBR700も“エキゾチックなヘルシーさ”どおりの仕上がりで素敵。エキゾチックでセクシー、ではなくヘルシーという、微妙な肌感を見事に実現しているのは本当に凄い。若くぴちぴちしたお肌のブラジル系美女モデルのように、女性の目から見てもエロじゃなく健康的に格好いい、という雰囲気になって、いつもと違ったメイクも試したくなってしまう変身マジックにかかる。こちらも、一瞬びっくりするほど濃い茶色だけれども、うまい具合にとろけるように薄くのびて、なじむんです。
 各色共通で、いずれも蝋を薄くのばしたようなつるんとした膜感。UVカット効果もSPF18、PA++。毛穴や細かい肌の凹凸をもカバーして、塗るだけで肌をなめらかに見せてくれるのも素敵。私は最近、このベースのオレンジを塗って、ノーカラーのお粉で仕上げてベースメイクは終了。大人になるほど、ファンデ抜きの優秀下地+お粉仕上げはおすすめ。一日シワも目立ちません!
(c)tw1994人気ブログランキングへにほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ←応援のひとぽち宜しくお願いします♪
by kireinohonne | 2010-09-22 08:01 | 新作コスメ メイクもの

見直すべきところは必ずある

f0221398_11403152.jpg
 1987年のブランド誕生以来、イプサを象徴するアイテムとして進化を続けてきたメタボライザーが、この9月10日リニューアル新発売された。今でこそ数は増えたけれど、“化粧水+乳液”をこれ1本で、といういわゆる1本ケア品の草分け的存在で、シンプルでおしゃれでらくちんで効果がある、という、女子心をしっかり掴む要素がいっぱいのロングセラー商品だ。今回は“発光素肌”をコンセプトに、より磨き上げられたリニューアルとのこと。充実保湿のME モイスト、保湿と美白のME モイストホワイト、保湿+美白+エイジングケアのME スーペリアの3タイプで、それぞれさらに、肌質に合わせて4タイプ、計12本の中から自分にぴったりの1本を選べるようになっている。
 元々定評のあるメタボライザーの、なにをこれ以上バージョンアップするんだろう? 変化しすぎて違うものになってたら……? 私は正直かなり、期待より不安のほうが大きかったのだけれど、使ってみてそのきめ細やかな、隅々までよく目の行き届いた改善ぶりに「うーんすごい」と思わず感嘆した。
 まず、こうした1本ケアによくある肌なじみの問題。すーっと肌が吸い込むようになじむただの化粧水にくらべたら、どうしても1本ケア品のなじみは遅い傾向にある。しかし今回のMEは、いいのかなと一瞬不安になるほど素早く浸透して、肌にぷりっと潤いのツヤが出る。私はスーペリアの3を試したのだけれども、この素早さで、猛暑×エアコンの環境にもかかわらず肌に1日困ったトラブルはなかった。肌の調子がよろしくない日には少し目元や口元に重ね塗りはしたけれども、この夏は特に、あれを塗ってこれも塗ってということが異様に面倒に感じる暑さだったから、これはこの夏もっとも出番の多かった商品。これからの季節、部分的な乾燥がもっと気になるならば、さらに保湿力の高い4をセレクトすればいい。
 それと、素肌の元気さやメイクのりの良さ、夕方になっても「ああそういえば今日は、お粉もプラスしてないな」という毛穴の穏やかさなど。潤うのは当然として、見た目的にもトラブルがなく美しい。もちろん今までのメタボライザーもそうではあったのだけれど、このちょっとしたハリ感やキメの整い方のアップが、よりナチュラルなメイクでも“持つ”肌になれた感じがある。
 こうして言ってしまうと本当にそれぞれのバージョンアップぶりは繊細。だけれども、ちゃんと“イプサのメタボライザー”の良さを継承しつつも、「ああそうそう、前は確かに、ここまでぷりっとしなかった」、「ここまでなじみが早くなかった」と、使ってみて初めてわかる向上がここそこにある。それぞれの要素が少しずつアップして、初めて整う“発光素肌”なのだなと。
f0221398_11405643.jpg 元々優れた合格点を持つものを、それ以上に磨き上げることほど、地味で手間のかかる作業はないと思う。実際、納得のいく商品になるまで発売を見送る覚悟で取り組んだそうで、結局1年延ばしたというこだわりようだ。さらには、ボトルの裏を見てみると“3PUSH”の文字があり、これは、効果の実感を得るためにどうしても必要な1回の使用量らしい。「とか言って、いっぱい使わせたいだけでしょぉ」と訝られるリスクがあるのにもかかわらず明記する潔さ。これも使ってみてわかることだけれども、2と3PUSHの差は本当に大きくて、確かにと納得してしまった。
 こういう仕事を長らくしていて言うのも憚られるが、日本の市場は今まで急ぎすぎたなと思う。新しい成分や処方、限定品などを連発して売り切って行くというか。これはコスメに限ったことではないし、実際その中からロングセラーも生まれたりもするけれど、こういう消耗のスタンスっていい加減どうなのかと日々疑問に思う。今すでにある優秀なものをブラッシュアップする、磨き上げる作業は前述のとおり果てしなく面倒だ。でも、その面倒を乗り越えないと、今の目の肥えた、しかもお財布の紐が固くなった賢い消費者の心を動かすのは難しい。そしてこれからもっと、難しくなり続けるに違いない。
f0221398_11411650.jpg
 ちなみにこちらは、ふた月ほど前に行われたこの商品の発表会の様子。大きな会場で大きな垂れ幕が下がり、本品に対する力の入れよう、こだわり、愛情、自信がうかがえる。この姿勢、本当に格好いいなと私は思う。
(c)tw1994
by kireinohonne | 2010-09-21 11:46 | 新作コスメ スキンケア


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧