キレイの本音



<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


僕のブーム 7.31sat

f0221398_9375452.jpg
 近頃、朝目が覚めると、どーんとこの光景が私の鼻先3センチに広がっている。なぜなら……


f0221398_9382069.jpg
 我が家の猫(オス)は最近、私の枕に頭を押しつけて寝るのがブームだからだ。


f0221398_9383449.jpg
         これくらいだとまあかわいいが、


f0221398_9385288.jpg
 ときには自ら前足でぐいっと枕を引き寄せ、頭をかなりめり込ませていることもある。「呼吸、大丈夫?」と心配になり耳をすますと、「すぴーすぴー」と狭いところを空気が必死に通り抜ける音が。ほっ。


f0221398_939787.jpg
 ちなみに彼は、肉球も白黒、いや、ピンクと黒です。おしまい。(c)tw1994


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-31 09:45 | 猫、動物

NARSのA/W

f0221398_11251886.jpg
 少し前、NARSの2010年秋冬新色の発表会へ。鮮やかなカラーが揃った今回のコレクションだけれど、実は肌になじみやすいデュオアイシャドーや、ぐっと顔色が冴えるリップグロスなど、大人におすすめのアイテムが。
 たとえばこのデュオアイシャドー 3080。深いグリーンの締め色は、肌にのせるとかなりブラック寄りに発色。それでいてグリーンパールが角度によってシルキーに煌めくので、アイライン的に使ったり、目尻のアクセントにも素敵。目がぐっと大きく見えます。
 隣のブロンズパールもアイホールにぼかすだけで、すっごい彫りの深い目元に。2色とも一見とてもモードに見えるけれども、使い方次第でかなりデイリーにヘビーユースもできちゃう優秀カラー。ひとつ持っておくとかなり重宝だと思います。
 リップグロスの1651番は木苺とかラズベリーとかのベリー系の赤紫がキレイに発色。大人はあえてこれを曖昧にティッシュオフして仕上げると、キメすぎない大人キュートに。軽くオフしても色が落ちきらないから、小さく丸めたティッシュでぽんぽんとオフし、自分の好きな発色具合を微調整できるので失敗もしません。とにかくこれ、かわいいですっ。
f0221398_1125284.jpg
 ちなみに発表会当日のお写真はこちら。実は当日、もうひとつ素敵なアイテムの発表があったのだけれど、それはまた情報公開日にご報告します。わたくしこの秋冬いちおしの商品。早く書きたい~(笑)。(c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-30 11:29 | 発表会 【な、は】

人魚のヘアケア

f0221398_805796.jpg 昨日、ザ・ボディショップの新製品発表会へ。“10人中10人の人魚が選んだエコ・コンシャスなシリーズ”というキャッチコピーの、レインフォレスト ヘアケア シリーズ。水域環境に配慮し、環境に素早く生分解、包装廃棄物の削減にも務めた、ザ・ボディショップ独自の新環境基準、エコ・コンシャスマークを導入した初の製品で、“10人中10人の人魚が選んだ”というのはもちろん人魚にアンケートをとったわけではなく(笑)、それくらい自然にも髪にもいいんですという意味が込められている。会場エントランスには、豊かな髪を揺らめかせた人魚らしき美女の大きなイメージ写真が、水面から現れたように貼られていて幻想的だった。この会場大正解!


f0221398_812367.jpg 製品は、悩み・目的別に、ドライ・ダメージヘア用のモイスチャー、カラーリングヘア用のラディアンス、ノーマル~ドライヘア用のシャイン、オイリーヘア用のバランスの4タイプで、昨夜私はノーマル~ドライヘア用のシャインのシャンプー&コンディショナーをさっそくお試し。このシリーズはシリコン、パラベン、着色料、サルフェイト(これはシャンプーのみ)の4つのフリーもうたっている念の入りよう。「とはいえ髪と地肌が美しくならなきゃ意味ないわよねー」と、環境保護大賛成but現実派な私は訝っていたのだけれども(笑)、この製品はなんというか、そういうナチュラルとかシリコンがどうのとか一切関係なくふつうに好きかもしれないなと思った。特にこの髪の、わざとらしくない程度のやわらかさとツヤ感は素敵ぃ。いい案配の効果と環境基準とのバランスを生み出しつつ1000円台でまとめたのもさすがで、「とはいえリピートできなきゃねー」っていう女心のツイートをもしっかり拾ってくれている。f0221398_813736.jpgちなみにこちらのシリーズにはブラシもあり、もちろん環境にも配慮しつつお手頃価格でまとめてます。さすが。以上9月発売。





f0221398_815312.jpg 昨日は新スキンケアライン、ナチュルリフトの展示も。ザクロエキスを主成分にした新エイジングケアのシリーズで、私はまたさっそく昨夜、これの夜用保湿クリームを使ってみたのだけれども、すっごい肌なじみが良くて早く秋にも使ってみたいとわくわく。今の季節に使ってもそんなにベタつきや重さは感じられないのに、皮膚の一部になるようにしっかりしっとり、手触りもハリがあって元気な感じ。10月発売です。

f0221398_821741.jpg 色がキレイなドリンクと小さなアイス、ピーチもとても爽やかで、大変おいしくいただきました。(c)tw1994








人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-29 08:07 | 発表会 【さ、た】

大人の真夏毛穴とエアコンじわを、あのお粉で日中対策の秘策

f0221398_8315471.jpg
 毎日暑い……と書くのも億劫になるほどの気温。いつまで続くんだろう。最近では粘る気力もなくいきなり「もういいの」と目立つ毛穴もノープロブレム。いや、問題はあるのだけれども思考がうまく働かない(笑)。ベースメイクをばっちりしたって、この暑さと湿度では、お昼を回れば大人の毛穴は「えへへ」と舌をぺろっと出すように縦長にお目見え。「えへへ」と言われれば「あはは」と笑うしかないような雰囲気にすらなる、今7月でまだ8月があるのかぁと気が遠くなるような熱波に、そして今日もまた項垂れる。
 私はそういうときエテュセの薬用アクネ ナイトタイムディフェンスに助けを求める。ナイトアミュレットという名前の時代からエテュセのスキンケアパウダーはヘビーユーザーで、このアクネシリーズにバージョンアップ&チェンジしたときには「アクネケアの商品になったからには乾燥するんじゃないか」という不安もあったが、その実は相変わらず肌表面はサラサラ、それなのにお肌はしっとりと保たれるという素敵効果のまま。基本は夜に使う商品なのだけれども、私はこれを、堂々日中もふつうのフェイスパウダーのように使っている。特に真夏はすごい使います。
 ベースメイクの最後に付属のパフでぽんぽんつけるだけで、パウダーがお肌の一部になったかのようになじみ、あっという間にふわっとマシュマロみたいなやわらかく毛穴知らずのキメ細かい肌になって「うふふ」とひとり、してやったり(笑)。これを初めて使ったとき、スキンケア効果のみならず、その美しい見た目の効果に「夜だけではもったいないっ」と心底感動したものだ。無色透明なので、時間が経っても色味が毛穴に落ち込んだりすることもなくキレイが持続するのもうれしい。
 そしてもっとうれしいのは、しわを気にしなくていいということ。ご存じ毛穴が隠れるようなお粉は皮脂吸収力が高く、ゆえに毛穴はサラサラとキレイだけれども夕方には目元が乾燥してしわが目立つから、お粉選びは年を重ねるごとに、毛穴としわを天秤にかけざるを得ない。でも、このパウダーは大丈夫なんだなぁ。うっかりつけすぎたのを除けば、私は冬場でも目元が乾燥した記憶がない。素敵。
 もちろん、下につけるスキンケアやベースメイクとの相性で効果も違ってくることもあるけれど、少なくとも大人の私は、真夏でも真冬でも、昼でも夜でも、このパウダーのありがたさには手を合わせ感謝をしたい気分なのである。                             (c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-28 08:40 | お気に入り メイクもの

100kcalのビシソワーズ

f0221398_940665.jpg
 セミが鳴き出したりメロンを食べたり、ひんやりしたパックをしたくなったり。ああ夏がきたなと思う瞬間はいくつもあるけど、そのひとつにかぼちゃのビシソワーズを作り置きするという項目が私にはある。
 かぼちゃを1個、種と皮を取り除いたらひとくちサイズにカットして、鍋に入れかぼちゃがかぶるくらいの水、コンソメの素とローリエをぽん。かぼちゃに火が通ったら、かぼちゃ+水の半分くらいの量の牛乳を入れて温め、そしてあら熱が取れたらミキサーへ。これが基本になるペーストで、私はこれを製氷皿に流し入れて冷凍し、2、3個食べるだけ自然解凍して冷たい牛乳でのばし、パセリやブロッコリーなど青みを飾ってテーブルに出す。
f0221398_9402014.jpg なるべく作る手間を省きたいのと(笑)、カロリーを抑えたいので、本来、かぼちゃと玉葱をバターなどでソテーしてから煮るとより美味しいのだけれどもそれは割愛。そして牛乳も低脂肪または豆乳などを使うとさらにカロリーダウン。ざっと計算すると、1人前100kcalに満たない冷たくて栄養満点で低カロリーな、かぼちゃのビシソワーズがたっぷり楽しめる。
 自然解凍でなめらかさが足りなかったら、少しだけチンしてから冷たい牛乳でのばすのがおすすめ。ローリエで香り付けされているし、生クリームも使わないから、すっごく爽やかに美味しくいただけます。  (c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-27 09:43 | 美味しいお茶、食事

夏のトラブル、小休止

f0221398_854246.jpg
 天気予報で日々の気温を確認するのがどうにも辛い今日この頃。同じくらい確認が辛いのが、自分のお肌のチェックで、「ん?」とか「おぉっ!?」とか、あまり良くないトーンの声が思わず出てしまうほどに、毛穴の開きやお肌の硬さ、汗による刺激なのか表面が細かくぼこぼこしていたり。もちろんエアコンの部屋に長くいれば目尻のしわだって気になるのは当然。温度計と鏡は見なかったことにするのが一番、などと半ば開き直りたくもなってくる。
 そこで頼りになるのはパックなどの集中ケア。昨日25日に発売になったばかりのベキュアのエンリッチハニー モイスチャーパックは蜂蜜の美肌効果をたっぷり楽しめるクリーム状パックで、早くも私のお気に入り。肌でとろけるオリジナルの蜂蜜顆粒入りで、季節を問わずうるおいをチャージ。実際使ってみると、しっとり感はもちろん、肌のなめらかさや指で押すと跳ね返ってくるような弾力、整った毛穴にきゅっと少し引き締まった感じもあるフェイスラインなど、ありとあらゆる効果がどん、というより、それぞれがバランス良く出て、ほっとトラブル小休止という感じのリセット感に救われる。
 ちなみにこちらの商品、化粧水後に肌が隠れるくらいに塗布して5分後、付属のスパチュラかティッシュで押さえるようにオフするかが基本使用方法なのだけれど、私はこのオフに、以前ご紹介したロージーローザ ふきとりスポンジ オーバルを猛暑バージョンということで使っている。スポンジに水分を含ませ硬く搾ったら、2度くらい軽めに顔のパックを拭き取ると、寝苦しい熱帯夜でもフェイスがベタつかず、それでいてちゃんと効果も堪能できる。もちろん秋になったらふつうにティッシュでオフして、オールシーズンレスキュー。甘すぎないハニー・フローラルの香りも本格的ですっごい気分もリラックスできます。                       (c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-26 08:56 | 新作コスメ スキンケア

職人技 7.25sun

f0221398_11433295.jpg
 本日も休日SO。
 昨日の本の話で思い出したが、私は数年前、『通販生活』で買った“手作り書見台”という商品を愛用している。格子状の木製で見た目より遙かに軽く、その継ぎ目のなめらかさは見惚れるほど美しい。f0221398_1145299.jpg高級家具工房として知られる豊岡クラフトがつくった製品だそうで、熟練木工職人がひとつひとつ面取りと研磨重ね塗りで手仕上げしているのだそう。裏側から見てもその美しさは手を抜いておらず、4段階に角度が調節できるその溝にもうっとり。




f0221398_11482594.jpg また、バネ式のページ押さえがついていて、厚さ3センチの単行本も固定できるので、本腰を入れて読みたい長編もらくちん。ちなみに我が家の本だと、536ページある『グロテスク』(桐野夏生著、文藝春秋)がぎりぎり固定OK。
f0221398_11464321.jpg この書見台のおかげで上下段ある本も肩こりせず読めるから、より本の内容に集中できる気がする。そしてなんといってもこの製品自体の美しさと機能性は一生もの。ちょっと高いけれどその価値はかなりあると思います。(c)tw1994
※以上、写真をクリックすると少し大きくなります。 

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-25 12:02 | 日常、その他

読書ブランクからの復活 7.24sat

f0221398_15524070.jpg
 実を言うと、私は読書をするのが苦手である。好きだけど、めんどくさい(笑)。でも不思議なもので読書って習慣だから、読み出すと次々と他を読みたくなり、たとえば同じ作家の昔の作品や、似た感じのミステリーを探したりと、際限なく「次に読むぞリスト」にタイトルを書き込んでいく。A4の紙にずらずらと書き出して、読んだら消す、を繰り返す。忙しかったりして、ひとたびこのサイクルから外れて本を読まない日々が少しでも続くと、なんだか急に億劫になり本から遠ざかってしまうから、忙しくてもなんでも、1日1行でもなんでも、何か本を読んでいる状態、という習慣から外れないことが大事なように思う。
 それでもどうしても、本からちょっと離れてしまうことがある。大人だもの。自分の都合や仕事の都合、家族の都合などなどで時間が取れないときだってあるのは仕方がない。そんなとき私は、中編で読書復帰をすることにしている。個人的に短編だと、エンジンが温まる前に読み終えてしまうという感じがするので、中編が好き。空いた行間や本の薄さも手伝って、読書ブランクがあってもすいすい読めるし、短編よりも「読んだぞ」という達成感が持て、「では次は何か長編を」と良い流れになりやすい。
 もちろん良い作品ならなおのこと。直木賞作家、楊逸(ヤン・イー)さんは、中編~短めの長編が多く、いずれも淡々と、すいすいと読み進められるのに中身も余韻も極上。切ないけど暑苦しくなく、何かを声高に主張するわけでもないのだけれど、人の暮らし、特に、年齢問わず女性の日々の中にある悲しみやおかしみがじわじわと心を占領していく。本当に私はこの作家さん好きです。『ワンちゃん』(文藝春秋)は、文學界新人賞を受賞した表題作と、書き下ろしの『老処女』を収録。『すき・やき』(新潮社)は短めの長編。響を呑みたくなります(笑)。  (c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-24 15:53 |

猛暑に負けるな、私のまつ毛

f0221398_9502987.jpg
 キープクイーン マスカラコート840円(税込)。このシンプルかつ潔い低価格のこちらは、エリザベスというブランドの商品。以前、キスミーのカシュカシュというマスカラベースをご紹介したことがあったと思うが、エリザベスは、そのキスミーやSUSIE N.Y.(スージーニューヨーク)などと同じ伊勢半グループのブランド。一件ちょっと地味ながら、大人も納得の威力を発揮する秀品が多いのだけれど、この商品も驚くほどよく働いてくれるのだ。
 商品名どおりマスカラのトップコートなのだけれど、透明なさらさらと軽い液で、どんなマスカラの上からでも違和感なくつやつやにコート。この細いスクリューブラシも、目尻、目頭のその1本までをもすくいとかしてくれ、ぎゅんとカールキープ効果も素敵。もちろん気になるパンダ目防止効果もばっちり。うっかり塗り残した部分などがなければ、私はこれを使ってまず安心。「落ちてないかなぁ」などとちょこちょこ確認をしなくてもいいので、1日の鏡を見る回数が激減する。これ、すっごい楽。
 この暑さ。昨日2時に外に出た際「厨房?」というほどの空気の熱で本当にびっくりしたけれど、よれよれの汗まみれで、さらにパンダ目なんかになったらもはやお手上げ。なんだかいじけて「もう帰る」と用事を放り出してしまいたくなるような、尋常でない過酷な女子の夏フェイス。この子が救ってくれるはず。840円のできる子です(笑)。     (c)tw1994

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

by kireinohonne | 2010-07-23 09:54 | お気に入り メイクもの

夏に纏うもの

f0221398_10494384.jpg
 それにしても暑い。毎日なにを着たらいいものかと真剣に悩む。しゃきっとしたいけれど到底無理で、だからといってクーラーがんがんというのも体に悪いし……。
 そういうとき私は、そこそこ部屋を冷やしてフレグランスをデスクに置き、ときどきシュッとリフレッシュすることにしている。さっぱりした香りなら手首に、ふんわりフェミニンな香りなら足首に。すると、自分が動く度に香り、なかなか定まりにくい集中力が、にわかに襟を正してがんばるぞという気持ちに戻ってこれる。
 こちらはマーク ジェイコブス。ガーデニア(クチナシ)の花の香りがやわらかなのに、どこか凛とした気品も。デスクに置くほか、私はこれを外出時には、お仕事の場面などですっきりシンプルなお洋服にシュッと漂わせるのもお気に入り。とても嫌みがない香りなので、ふだん香水は苦手という人や、お着物にもよく合いそう。これからの季節は浴衣にもいいかもです。(c)tw1994

●お知らせ●先日ご紹介したボビイ ブラウンの発表会、商品の発売日に変更が出た模様。ファンデが9月から10月に、スキンケアラインが10月から9月に変更だそうです。
by kireinohonne | 2010-07-22 10:53 | フレグランス、香りもの


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧