キレイの本音



カテゴリ:お気に入り ボディケア( 10 )


これはクール! ベキュア ハニーのクールレッグジェル

f0221398_1625092.jpg
 真夏の脚に潤いとクール感を猛チャージ。
 あまりのクールさにみるみる脚のだるさもとれます、これ凄い。






f0221398_163174.jpg
 見た目からして気持ちよさそうなジェル。
 
 あまりの涼しさに、お風呂上がりの汗をひかせようとチャレンジャーの私は背中にも塗ってみたんですが、エアコンのきいた部屋に入ったとたん「寒っ」となったくらいクール(笑)。
 ちなみにこのジェルは脚用ですのでみなさんは真似なさいませんよう&塗布後はうっかりそのまま顔など触れてしまう前に手洗いをおすすめ。



 6月1日から発売中の数量限定品。まだあるのかな? まだあったらぜひおすすめです。この脚のスッキリ感はほんとにやみつきです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-07-21 16:03 | お気に入り ボディケア

エレガンス ミルク シュエット UV、パウダー シュエット UVは、ほめられまくりでヘビーユース中

f0221398_6195314.jpg
 以前ご紹介したエレガンスのボディ用UVカットアイテム、ミルク シュエット UVとパウダー シュエット UV。
 上品なキラキラ入りも気に入っているのですが、これがもう、どこに行ってもほめられまくりでヘビーユース中。友人やマッサージの先生(女性)、はては他ブランドのPRさんまで(笑)、「それ欲しい!」「限定だからお早めに」の会話を何度繰り返したか。

 私も最初は、
「そのキラキラ、キレイ!」
「いやもう、ひっかき傷だらけだから、せめてキラキラ入りを塗らなきゃなんて思って…」
 と、うちの猫をダシに謙遜していたんですが、今や、
「そのキラキラ、キレイ!」
「でしょ?」
 と、あまりにほめられるもので、答えもどんどん調子にのってます(笑)。

 ミルクの上から、パウダーを重ねると、キラキラもアップしてゴージャス。デコルテなどは、パウダーのサラサラ効果で汗をかいても気分いいです。


 5月18日の限定発売なので、もしかしたらもう売り切れちゃっているかも……。その場合はごめんなさいね。でもあまりに評判がいいのでアップしました。


 この場を借りてぜひぜひ来年も発売してほしいなーとラブコールです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-06-14 06:21 | お気に入り ボディケア

ともかく一瞬たりとも乾かさない。濡れたままケアにはまってます

f0221398_21122058.jpg
 昨日キールズご紹介したとおりだけど、ともかく最近の空気の乾燥は半端じゃないですね。湿度計見ると平気で20%とかざらです。加湿器をフル稼働させてはいるけれど、やっぱりそれでも追いつきません。


 というわけで最近はまっているのが“濡れたままケア”。例えばボディは、お風呂から出る前に、体がまだ濡れている状態のままオイルを塗って、最後にタオルをそっと押し当てるように、体に残った余分な水滴を吸い取って終了。顔の場合は、洗顔後、顎先からしたたる水滴をちょっとタオルで拭う程度で、顔全体の水分はそのままに、ダッシュで化粧水をつけます。

 ボディはオイルか、油分リッチめなクリームがいいですね。これが思っている以上に濡れた肌になじむし、仕上げのタオルも、かえって余分な油分もとれるので、ヌルつくこともなく、でも油膜は肌に残るので本当にちょうどいい感じになります。

 こういう濡れたままで、っていう方法は昔からありますけれどもね、いざやってみるとここれが、案外いいことずくめですっかりはまりました。特に冬は、体が冷えないのもいい。


 ともかく一瞬たりとも乾かさない。同じものを塗るのでも、濡れたままと、しっかり拭いてから塗るのとで、こんなに差があるのねってしみじみしますよ。ほんとに。



 ちなみに写真は、ヴェレダのコレ、イブニングプリムローズのオイルです。このミルクも使い切ったけどとても良かったですよ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-12-20 14:00 | お気に入り ボディケア

40代のみなさま、デコルテが枯れる季節です。ソンズのボディスクラブはおすすめです

 

f0221398_23413585.jpg
 ただのスクラブじゃあないんです、以前も紹介したことがありますが、洗い流すと肌の上にしっとりオイルベールが残るタイプ、こちらもそうなんです。





 

f0221398_23414557.jpg
 微粒子バンブースクラブでお肌ツルツル、シアバター、ゴジベリー(クコの実、ですね)、朝鮮人参で潤いしっとり。


 特にデコルテが見事な光沢で驚きますよ。“なんか塗ってます”のようなツヤではなく、“こういう肌なんです”という、自然でなめらかな見た目と手触りでかなり自慢気分。

「どうも最近、顔色が冴えないなぁ、やっぱり秋で乾燥してるからかなぁ」
 って、一生懸命フェイスケアに励むのもいいんですけれども、40代以降の大人は案外、首や鎖骨のぱっとしない感じがけっこう響いている場合ありますからね。実際私もこれを使うと、「なんだ顔じゃなくて首だったか」とすんなり納得しますもん(笑)。


 こちらの商品は、スクラブと保湿が一度にできてしまうので、時間がかからず本当に簡単だし、インバス完結なので湯冷めもしなくていいかなと思います。大人の冷えは美肌に大敵ですからね。そういう意味でもこちらおすすめ。

 ちなみに、写真にあるのは撮影用に使ったスプーンですよ、付属品じゃないので一応あしからずね。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2013-11-05 13:30 | お気に入り ボディケア

ラッシュ ロウィーナ・バード、シー・オー・ビゲロウ C ハンド クレンザー

 人様の葛藤を見るのは実に贅沢です。特に物語の中の人々が悩み苦しみ出口を求めてもがく姿は、共感しつつも当然我が身の出来事ではないし、そもそもフィクションの世界なわけですから、見る側は一歩引きつつ泣いたり笑ったりできてしまいます。
 大河ドラマ『平清盛』の中の清盛はまだまだ若く、まさに葛藤の真っ最中。自分は何者なのだ、なんて愚かなのだと文字通りじたばたして吠えまくっています。松ケン演じるこの清盛が凄くキュートで毎週目が離せません(笑)。若き清盛の必死さ、ちっぽけさ、憎めなさ。「今日も悩んでるわねぇ」って見ながら私は、にんまりしてしまいます。ヒーローにふさわしい「その先が見たい」と思わせてくれる葛藤や苦悩って、庶民の器では起こりえませんからね。

 さて。大好きな大河の話はここまでにして。


※以下の写真、クリックで大きくなります。価格はすべて税込です。
f0221398_14532816.jpg
ラッシュ ロウィーナ・バード 225g ¥2,380

 本日ご紹介するのは、1月17日ラッシュから発売されたばかりのボディトリートメント。ラッシュ初の洗い流すトリートメントで、例えば潤い配合のボディウォッシュやスクラブのように、基本洗うものだけど潤いたっぷり、ではなく、これ自体が潤すものというカテゴリーのアイテムです。
『ロウィーナ・バード』という商品名は、開発者のお名前そのままなのだそう。ロウィーナは、フェイス&ボディスクラブの『ヴィーナス誕生』や、リップスクラブ、シャワースクラブ等を手がけた、ラッシュ創立者の中でもひときわ美意識が高く、美しくなるためのひと手間を楽しむ商品を生み出す開発者のひとり。この商品は、髪のコンディショナーを使っているとき、「ボディにも専用トリートメントがあれば」と思ったのがきっかけなのだとか。



f0221398_14534461.jpg
 使い方はいたって簡単です。バスルームを出る前に、適量をボディになじませ、シャワーで流したら、あとはタオルで水分を拭き取るだけ。本当にヘアトリートメントみたいですが、「とは言え潤いは体に残るの?」とかなり訝っていました。ですが! ミルクのようになめらかでみずみずしいクリーム状なのに、洗い流すとボディにオイルの油膜が。足の裏などうっかりつるつると滑りそうなほど(笑)、しっかりと全身がバームでも塗ったかのようにベールで包まれます。「でもでも、このヌルついた状態で拭いちゃっていいのかしら」と新たな疑問がよぎりますが、使用法にのっとりそのままタオルで水分を拭き取りましたら、そこにはヌルつきもなく、もっちりしっとり、普通のボディクリームをここまでなじませるにはけっこう時間がかかるなというくらいの、手のひらが肌に吸い付くほどの充実した潤い感が。ちょっとこれには感激です。
 強いこちこちガサガサでなければ、肘膝かかともこれでしっかりしっとり。前述のとおり、足の裏はバスルームで滑るから要注意ですが(笑)、翌日も1日潤いは続いたままですべっすべ、お肌もとても柔らかキープ。こんなに寒い毎日なのに素敵すぎます。
 アルガンオイルにローズオイルやアーモンド油、シアバター、カカオバター配合。ローズの香りもとてもゴージャス。私のような40代の大人はもちろん、乾燥肌さんやらくちんケアが大好きな人はぜひぜひ一度、試してほしいなと思います。
 もっと色んな香りも楽しみたいなあと、この場を借りましてリクエスト。気分で毎日使い分けたい。それくらい今私ははまっています。



f0221398_145481.jpg
シー・オー・ビゲロウ C ハンド クレンザー 42ml ¥1,260

 洗い流す、と言えば最近もうひとつはまっているものがあります。シー・オー・ビゲロウのハンドクレンザー。阪急MEN'S TOKYOの8Fにあるフルーツ ギャザリングというセレクトショップで購入しました。
「一番のおすすめは」と店員さんに聞きましたら、こちらの商品を紹介され、そのまるでバームな形状なのに手のクレンザーという、試さずにはいられないアイテムにわくわく。店頭でお試しさせていただいたところ、手になじませ流水ですすいで、「はい、もうそのあたりで大丈夫です」「え?」と、自分の手を見ても、オイルのベールで水は玉のように弾かれ手肌もぬるぬる。それでもにっこり笑う店員さんを信じてタオルで拭いてみると、これがもう、もっちもちで即「これいただきます」(笑)。
 ハンド用だからか前出のラッシュよりも油分多めの印象。それゆえ爪がひび割れにくくなったりささくれが減ったり手のシワが目立たなくなったりと大満足。同じくタオルで水分を拭き取ったらヌルつきもないので、手洗い後にハンドクリームを塗って、なじませて、なんて時間をかけなくても、仕事など作業にすぐ戻れていいです。ちなみに、ラッシュ同様、水分を拭き取る際は、拭くというより、タオルを押し当てて水分を吸わせるようにすると、よりベールが肌に残ってしっとりが持続しますよ。
 アメリカ発のシー・オー・ビゲロウは日本初上陸の老舗アポセカリー(調剤薬局)。この他のアイテムも今度試してみようと思います。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2012-01-23 15:01 | お気に入り ボディケア

肩こりにあずき

f0221398_22522017.jpg
 先日LUSH SPAに出かけた際、1階のショップで買ってきたマッサージバー、マジック・マッスルが想像以上に大活躍。あずきの粒々がそのまま入っていて、この面をボディに当ててマッサージすると、オイルが溶け出し粒々が程良い刺激になって、硬くなった筋肉をいい感じにほぐしてくれるというもの。商品名どおり、スポーツなどの後に使うといいらしいのだけれど、私はこれを、毎日のお風呂上がりに使っています。体を拭いた後、特に首筋から肩にかけてと、ふくらはぎを下から上に向かってこれでマッサージ。きっとこれ、そのうち粒々がぽろぽろ落ちてくるんだろうなと思いながらも、ただ義務的にボディークリームなどを塗るよりも、天然の素材でこういう心地よい効果が得られるケアの時間はなんだかとても楽しいです。
 それにこの、ミントのスースー感。そのままでもけっこうスースーしますが、お風呂上がりだと一段とまた、スーッとして爽快。痛いくらいの肩こりや疲れが、ふっと軽くなるんです。
 香りはミント×シナモンリーフで、ちょっと独特。メンズのフレグランスのようなスパイシーさと、どこか漢方チックなハーブのニュアンスもあったりして、好き嫌いは別れそう。個人的には嫌いではないし、むしろクセになってますが(笑)。かなりさっぱりした香りなので、甘い香りが苦手な人にもいいかもしれません。
 年末に行ったLUSH SPAで、いかに自分の体が冷えていたか、こっていたかを痛感した私は、2011年は“しなやか”をテーマに全身ケアに励もうと思っています。このマジック・マッスルのように、楽しくて効果のある製品探しもがんばるぞ~。
 ちなみに今日は、七草粥を食べました。体も温まるし確かに胃腸にもやさしい。お正月太りのプチダイエットに、超低カロリーのスウィーツも作っちゃいました。近々レシピなどアップしますね(といっても凄く簡単だけど)。では、またみょうにち。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2011-01-07 22:59 | お気に入り ボディケア

こってり日焼け止めも、最後まで泡が消えずに洗えます

f0221398_11105076.jpg
 大人になってはじめてわかることがある。当時まだ20代でピンとこなかったコーエン兄弟の『ファーゴ』は、今観ると「平凡に生きるって素敵で大変」としみじみするし、ただ苦いとしか思えなかったゴーヤが大好物になったり、やっぱりバッグは軽い方がいいなと思ったり(笑)。
 当然のようにお化粧品にもこうした“大人ブレイク”“大人再発見”があって、最近一番の大発見はダヴのビューティバー。40代の私は今、改めてその良さに触れ“ダヴ”じゃなくて“ダヴ様”になっている(笑)。
 そのきっかけは5月の初め頃。天気の良い日にお買い物がてら近所を散歩していたら、腕から手の甲にかけてうっかり日焼けをしてしまった。特に右腕が酷くて、両手を並べると明らかに色が違う。ショック。大変ショックだった。気をつけても気をつけきれないことがある。しかも大人になるほどそうした日常の日焼け対策が面倒になる。ご近所でお買い物をするマダムたちが腕にカバーをしている気持ちがとってもよくわかる。買おうかどうしようか。いやだめだ。ここでそれを買ってしまえばなんか負けた気がする。と、思いつつ検索してみると“アームカバー”っていう洒落たネーミングに「それならいいかも」なんてつい気持ちが揺れる。ぐらぐら揺れて、それでも結局私はやはり粘ることを決め、そのかわり、今まで以上にしっかりしたSPF値で汗水に強いUVカットを選んで、以前ご紹介したようにボディパウダーもつけて、面倒だけれどなんとか踏ん張っている。
 しかしそこで、またやっかいな問題が。これを落とすのが毎日大変です。しっかりUVをしっかり落とそうと洗浄力の高いソープで洗えば肌がつっぱり、普通のタイプでは泡がすぐ消えてなくなってしまうほどのウォータープルーフというか、びしびしシャワーの水を弾くような油分がしっかり肌に残ってしまう。ならば、と。フェイス同様クレンジングを使ってみたけど、2度手間で面倒だしみるみるボトルが空になってコスパが悪すぎる。あぁもう打つ手なしかなぁって思っていたところに、まだ鳩のマークがくっきりの、下ろしたてのダヴが目に入った。洗顔用としていつもは使っているのだけれども、これはボディにも使えるのだったと思い出し使ってみた。すると、泡が消えることもなく全身のしっかりUVが落とせたのにつっぱらない。あんなに試行錯誤していたのに「おや?」というくらい普通に洗うことができた。灯台もと暗し。いや、昔ボディにも使ったのだけれど、まだ当時は若くてその良さもピンとこず、洗顔なら良さがわかったので使っていたのだった。
 丈夫なだけが取り柄だった私の肌も、年齢を重ねるごとに「良し」とするポイントが変わってくる。変わったときになるべく焦らず、こうしてふと、昔使ったものにリトライするのはいいと思う。特にダヴのような世界的にも人気のブランドって絶対にその理由があるわけだから、たとえば年齢によるリトライ、若い人でも季節によるリトライも絶対おすすめだ。余談ですが、かのニコール・リッチーもダヴの愛用をツイートしてるんだって。
 というわけで、この猛暑でもぎらぎらの太陽でも、今日も私はUVを塗り、ダヴで安心してしかもらくちんに、ボディを洗い上げるのでありました。おしまい。(c)tw1994

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

[PR]
by kireinohonne | 2010-08-11 11:39 | お気に入り ボディケア

夏はとことん楽をします。全身すべすべのスクラブ

f0221398_9211775.jpg
 ポッシュドール リファイニング ボディスクラブはかなりのお気に入り。最初こちらのボディクリームを使っていたのだけれども、その肌への浸透感や、クリームなのに汗をかいてもヌルつきにくかったりと優秀で、ベビーパウダーのようなふんわりした香りも好みだったので、ならばとボディスクラブにも手を出した。そして、やはり素敵な効果にデイリーにヘビーユースしている。
 このスクラブはまず粒が細かいから、全身あまり痛くならずに使えるのがいい。肘、膝、かかとは少し念入りにくるくるとマッサージしながら洗うけれど、基本は、手のひらにとって、全身をなでるように洗うだけで簡単にすべすべになる。シャワーで洗い流しているときの手触りは感動もので、たとえばこれはイメージなのだけれども、美しく磨かれたつるつるのガラスに水を流したら、粒にならずに面で水がさらさらと流れ落ちてゆくように、ボディの肌表面の、細かい凹凸やザラつきが取れて、すぅーっと、なんの抵抗もなくシャワーのお湯が、ボディを流れ落ちてゆくようなすべすべ感なのだ。特にこの季節、汗をかきやすい胸元は、毛穴詰まりの凸凹感や硬さなどが、するーすぃーっとなめらかに洗えて本当にキレイで気持ちいい。当然、なめらかだと肌の透明感やツヤが違うので、デコルテが輝いて、反射で顔色も明るく見えてくるという何度もおいしい効果が。どうやら価格がプライスダウンした模様なので、また買っちゃうなこれはと(笑)。
 通販もあるけど、店頭だと確かMS・Style Echika表参道にもあったような。余談だけれど、このお店に入ると私はつい時間を忘れ長居してしままうほど(笑)、お手頃価格な掘り出し物商品がいっぱいで楽しい。あまりに好きなのでちょっと調べてみたら、あの井田ラボラトリーズ系列の井田両国堂が手がけるショップだったのね。どうりで何か買わずにはいられない感じと納得しました。さっすが~。(c)tw1994

人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ美意識(美容)、フリーランス生活
いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
↑ よろしければ、応援クリックぽちりとお願いいたします♪

[PR]
by kireinohonne | 2010-08-06 09:22 | お気に入り ボディケア

夏こそ入浴。ぐっすり眠るための、お風呂の温度

 仕事が忙しくて夜遅く帰宅。疲れているし、それに今日は暑いから、メイクを落としてお風呂はさっとシャワーですませちゃおう。それで早く、ビールのプルタブをぷしゅっと……。
 暑くなればなるほどに、こういう日が増えるのは世の常人の常。でも、これって実は、疲労回復にはあまりよろしくないパターン。体はぐったり疲労困憊なのに気分はまだ緊張しているから、ベッドに入ってもなかなか寝付けない。こういうときは、緊張神経とも言われる交感神経が優位になっているため、上手に副交感神経優位にスイッチするのが大切。そのひとつの方法として、ぬるめのお風呂に入るというのがいいと聞いたことがある人も少なくないはず。
f0221398_1057565.jpg お風呂のことならなんでも知っているツムラ ライフサイエンスの資料によると、入浴は就寝2時間前、夏は39℃のお湯に10分、冬は41℃のお湯に10分入るのが、ぐっすり睡眠のためのベストな入浴方法なのだそう。眠気がやってくるのは、1日のうちで体温が下がってくるとき。お風呂に入ると体温が上がるのだけれど、血管が開いているため体温を下げやすい状態にもなるのだとか。だからといって熱めのお湯に入ると交感神経が刺激されてしゃきっとリフレッシュで朝仕様。ぐっすり眠るならやっぱりぬるめ、当然季節によって適切なぬるめ温度が違う、ということなのだ。
f0221398_10572152.jpg
 ちなみにツムラで言うなら、入浴剤はバスクリン カラダプラス3つの香りセットがお気に入り。フレッシュなグリーン系の香りと色の新緑イオンの香り、乳白で咲きたてローズの香りの開花ローズの香り、微妙に黄色かなくらいのグリーのお湯の生ゆず搾りの香り(上写真・左から)。お湯にしゅわっと溶けた瞬間香りもふわり。すっごくやわらかいお湯になるので、ぬるめ入浴がさらにリラックス。私はこれで、本があったらもう文句なし(笑)。(c)tw1994
[PR]
by kireinohonne | 2010-06-07 11:00 | お気に入り ボディケア

自分がスウィーツ作戦

f0221398_22524239.jpg ダイエット中、必ず用意するのが甘い香りのボディケア。間食をがまんができるというか、いつも甘いものを食べている錯覚に陥り、人間の欲求ってずいぶん適当なんだなと思う。
 さて。今一番のお気に入りはラッシュのマッサージバー、やさしく愛して。体温で溶かしながらボディに塗布するボディケアで、「やさしく愛して」は商品名だ。
 ラッシュはその効果はもちろん、見た目や商品名、香りに至るまで、女子のポテンシャルを上げるのがお上手。私はこれを自分の仕事部屋に置き、部屋自体をスウィーツに仕立てる。この季節は、エアコンを入れるとまたホットチョコレートな感じで素敵。お風呂から上がって部屋に入った瞬間ぷぅ~んと香る甘い香り。その空気の中で、ボディに塗り塗り、一瞬重いかな? というテクスチャーも、翌朝の肘膝かかとのつるぴかぶりを見れば納得してしまう。
 スウィーツな香りはとにかく楽しい。
                                      (c)tw1994

人気ブログランキングへ
ぽちっとよろしくお願いいたします。

[PR]
by kireinohonne | 2010-03-07 11:13 | お気に入り ボディケア


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧