キレイの本音



カテゴリ:美味しいお茶、食事( 151 )


『ナポリスタカ』と『アダン』。危険な夏の食欲



f0221398_20535813.jpg


 おととい、男性美容研究家・藤村岳さんと、久々に『ナポリスタカ』(→こちら)でごはん。
 水牛のモッツァレラ&生ハム(写真左上)、魚介や野菜などのフリット(右上)、看板メニュー星形ピザ(左下)の絶品3皿でお腹いっぱい、大満足の、相変わらず素晴らしい『ナポリスタカ』。
 岳さんはイケメンでグルメに詳しく、しかも気が利くかた。美味しく楽しい時間がすごせました。ご活躍なさってるかたは違うね!
 二軒めは、虎ノ門ヒルズで知多のハイボール(右下)。たまらん。知多ははじめて飲みましたが、これいいですねぇ。クセになりそう大変(笑)。




f0221398_20551741.jpg

 ちなみにこれは、先月後輩Y嬢と泉岳寺の『アダン』にて。
『アダン』は以前、e+の橋本さんに連れて行ってもらった(→こちら)大好きなお店だけれども、また行こう行こうと思っているうちに1年以上経ってしまって、検索したらば、場所を移転していて。
 以前のお店の趣とはちょっと違いますが、味はそのまま。あげぶた(左上)や、里芋のすりみあげ(右)など、一見なんでもなさそうなものが衝撃的にうんまい。
 鯛飯はもちろん、残りをおにぎりにしてお土産、翌朝ぺろっといただきました(左下)。
 この『アダン』、著名人も好みそうなお店のもようよ。行きにくい場所だけれど、確かに、「また行きたいな」と思わせてくれるお店です本当に。『ナポリスタカ』も同じくね。また行かなきゃ。



 なーんだか最近、食べ物のアップばかりだなぁ(笑)。
 またそのうち、お気に入りの本やらじっくりためしたコスメなどなど、アップしますね。
 最近たくさんコスメの写真撮りましたし。ぼちぼちインスタにはアップしておりますが。こちらでもまたいずれ。

Instagram→go

©Kirei no Honne


by kireinohonne | 2016-08-12 20:59 | 美味しいお茶、食事

『えさき』でお祝い

f0221398_22322851.jpg
 昨年、誕生日で行きました『えさき』(→こちら)、今年も行きたいなぁと思っていたんですが、ちょうど今年は母が喜寿。ならば、と、私の誕生日(先月だったけど)と、母の喜寿(誕生日は秋だけど)を一緒に祝ってしまえと。いつか母を連れて行きたかったお店だし、ちょうどいいわとなり、もろもろ都合で夜じゃなくランチにしました。『えさき』は土曜日のみランチをやっているんです。
 特にリクエストはしなかったのだけれど、今回は個室でした。しかも掘りごたつで高齢者にもちょうど良かった。
 おしながきの絵がかわいい。





f0221398_22324114.jpg
 この帆立とトマトのカダイフ包み揚げ(左写真・右)、トマトがジューシーかつ帆立と相性良くてびっくり。
 右のお造りは、ヒラメ。うっかり撮る前に食べてしまったのでご覧のとおりですが、一枚一枚厚めに切られたこの歯ごたえがもう。ぷりーっぷり。





f0221398_22325129.jpg
 そして、どうしても私が母に食べさせたかったのが鮎のすり流し(左)。『えさき』といえばこれ、のようなひと皿。香りが素晴らしいんですよぉ。思い出しただけでうっとりしちゃう。この鮎のすり流し、帰宅後母から「想像以上においしかった」と大感激のメールがきました。よかった。
 右写真は、『烏賊とスズキと色々な野菜達作り合わせ 豆乳と野菜のソースをかけて』。野菜と豆乳、烏賊、あと、貝も入ってました。スズキがもうちょいふっくらしてればなぁと思いつつ、いずれもやさしい味と風味が喧嘩せずにうまくまとまってました。







f0221398_2233223.jpg
 ご飯は、鯛とクレソン。何杯でもいけそうな美味しさ。
 甘いものは、『俵型のもなかに大吟醸の酒かすアイスクリームをたっぷり詰めて』。酒かすの風味もさることながら、一緒に詰められたあずきは黒砂糖であっさりめに煮てあるなどバランスが繊細。
 ちなみに飲物は、有機栽培コーヒーか、日本野草のハーブティ、ということで、私はハーブティをチョイス。大葉にみょうが、ミントにモロヘイヤ、ゆずの皮。どれも生素材で渋くなく、凄く美味しかった。これ、本当に美味しかったです、二度言わせていただきました(笑)。



 夜行ったことのある身としては、やっぱり夜のほうがいいなぁとは思いましたけれどもね。なんていうんだろうか、短編も面白いけど、やっぱり桐野夏生は長編だよね、のような(笑)。どこのお店もそうかもしれませんが、ランチはドラマがちょっと物足りない。抑揚が。意外な展開が。
 に、しても。この内容でかなりお値打ちなランチ価格はさすがって思います。そういうところも『えさき』は大好き。良いお祝いの席となりました。同時に、家族が健康で美味しいご飯をともにいただく、というありがたみを痛感。ごちそうさまでした。




 というわけで、私は案の定、毎日オリンピックで寝不足。水泳陣は、世代交代がうまくいっている感じでいいですね~。サッカーも、もっと若い彼らにがんばってほしいな、今日はまあまあがんばったけども。




Instagram→go

©Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-08-08 22:38 | 美味しいお茶、食事

函館の旅 その2。『美な味』に『唐草館』。“ひねくれミーハー”三ッ星グルメ。セルジオさんに憧れます

 函館の旅 その1はこちらをどうぞ。

 さて。北海道といえばやっぱりグルメ。おいしいものを食べまくりました。
 はじめて函館に来たときに味わった、一見なんでもなさそうな小さなホテルの一階にあるレストランの、なんの変哲もないジャーマンポテトが異様に美味しかったり、かと思えば、老舗レストランの洋食にうっとり舌鼓を打ったり。もちろん朝市のイカも美味しいしと、一体何キロ太るんだ、ていうか、なぜ人は1日3食が相場なんだろうかと、不条理に感じてしまうくらいの美味しいもの攻めに、来る度に頭を悩ませます。
 今回も悩みに悩んだ挙げ句に、『鮨処 美な味』、というお店に行くことに。ミシュランひとつ星獲得店です。






f0221398_23112232.jpg
 カウンターとテーブル席での、2コースのみで、私と夫はテーブルを予約。つまみ三品と握り八貫。
 つまみのイカのお刺身の透き通っていること。この歯ごたえ、甘味、ね。んまい。
 左写真の左、確かさわら、だったかな、ちょっと忘れましたが、まるでお肉のような味わい。ほんのひとくちの贅沢がたまらん。





f0221398_23113115.jpg
 お寿司ももちろん美味。特に貝類の絶妙な歯ごたえがもう。
 追加で頼んだにしんの握り(左写真・右端)も、しめてあって美味しいのなんの。またぜひ食べたい。

 店主もとっても良い人で心地よかったです、本当に。





f0221398_23114426.jpg
 こちらはフレンチレストラン、『唐草館』にて。
 親族との食事だったので、お写真1枚ぱちりしただけですが(しかもボケてるし)、こちらも、星なしですが、掲載店とか。
『唐草館』は2度目だけれど、どれも間違いない味でほっとします。


 そういえば、ここ数年、ミシュラン系のお店に行くことがときどきあります。特に私はグルメ(外食)に詳しくはないんです。基本、おうちごはんが大好き。味もカロリーも栄養素も、自分好みにコントロールできますからね。『食品成分表』を見てにやにやと、「おーこれって案外ビタミンEあるんだ」なんてやりながら、メニューを考えたりするのが大好きなんです。
 ただ、ミシュランガイドが日本に上陸してからというもの、持ち前の“ひねくれミーハー”がね、うずくんです。
 映画の仕事をしていたときもそうだったけれど、みんながきゃーきゃー騒ぐものって「またまたそんな、大げさな」と、たいがい訝ってしまう傾向が私にはある。以前、テレビの番組で、行列グルメに長時間並ぶ客達を目の前に、某夫人が、「ばかじゃないの」と実に清清しく言い放ったがごとく(笑)、いや、私は気が小さいのでそんなことはしませんけれどもねあーた、でも、わたくしにもどこか、「なんだかもう猫も杓子も……」のような、気持ちが、あるのは事実です。
 ただ、私はそうした訝るものを、遠くから批判するのはあんまり好きじゃない。可能な限り実際やってみて、試してみて、ぶうぶうと文句を言いたい。ならば、ミシュラングルメも食べてみるしかないなと思い、ここ数年特に、そうしたレストランを選ぶようになりました。

 それで実際はというと。さんまさんのネタじゃないですが「またまたそんな言うてから……うわ、ほんまや」と(笑)。まあこれも、映画やコスメ同様なんですけれどもね。良しと言われているものは、何かそれなりの理由が、あるわけです、当然です。わかってはいますが、やっぱり基本は疑り深いので。ちゃんと試してから文句を言おうと。そして大概、「うわほんまや」と。
 入口はひねくれているけど、出口は案外ミーハーなんです結局。入口も出口もひねくれているのはセルジオ越後さんくらい辛口の名手(って表現であってる?)じゃないとね。務まりませんから。それはそれで憧れる。

 というわけで。
 三ツ星三ツ星ってうるさいわねと密かに思いつつも、結局いつも、素直に「あら美味しいまた来よう」と、すっかりやられて帰ってくるわけです。なにごとも個性。


Instagram→go

©Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-07-14 23:30 | 美味しいお茶、食事

絶品手作りパンと少年たちの食欲、そして謝る大人たち

f0221398_945752.jpg
 昨日、友人Kちゃんとお茶したさい、彼女が最近はまっているという手作りのパンをいただいたんだけど、これがもう美味しくて。
 全粒粉入りでサックサク、軽いのに中はもっちり、レーズン&くるみの量もちょうどよくって、「こういうパン食べたかった!」と口にふくんだ瞬間にやにやしちゃいました。パンブログでもやったらと言ったんだけれども、それはねぇっていうことで、私がかわりに自慢します(笑)。これは美味い。味、食感、食後のお腹の具合もすべて限りなくヘルシーなのに美味。このバランス。「お金出すから、また作って!」と思わず言っちゃった。そしてまた作ってくれるということなので、いつかはわかりませんが、またぜひアップしようと思っています。友達の手作りパン自慢。自慢、といいつつ自分が作ってないこの図々しさよ。

 そもそもね、なぜ彼女がパンを作りだしたかという話になったのですが、彼女は高2、中2の男の子が二人いて、すんごい食欲らしく。たとえば市販のロールパンなど一人ひと袋ぺろり、バナナも一人ひと房(1本、じゃない)くらいの量を日々消費する。それでパンなどやはり、添加物が気になるというわけで、いよいよ自分で作るか、ということになったそう。今では粉専門のサイトから北海道の小麦粉を通販するほどのはまりよう。さぞや息子らももりもり食べているだろうね……と聞いたらば。

「毎日これ、息子らは一人1斤近く食べるからさ」(Kちゃん)
「……まじで!?」(私)
「おやつ、なんだよね、あくまで」(Kちゃん)
「じゃあ三食は別に食べるの?」(私)
「そう」(Kちゃん)
「まじで……。でも二人とも全然太ってないじゃん」(私)
「ね」(Kちゃん)
「あれ、今って身長どれくらいだっけ」(私)
「次男(13歳・中2)は175センチで靴のサイズは29センチ」(Kちゃん)
「まじで……!?」(私)

 と。
 末席ながら、20数年、ものを書く、言葉を扱う仕事に携わっていながらも(しかもこの年で)、「まじで」しか感想を述べられないほどの少年たちのその食欲。代謝力。成長力。
「そんなに食べても太らない体が私もほしい」と、挙げ句にぼやきましたが、とにかく彼女は、その食べ盛りの息子らのために、毎日最低2斤はパンを焼き、わずか数ヶ月で「これが最終形だから」というほど完成度の高いパンを焼き上げられるようになったのだそう。
「でも、ホームベーカリーが焼いてるからね」と謙遜していますが、いやもう、ここまで美味しいものになるのって、ホームベーカリーだろうがなんだろうが、数をこなさないとこうはうまくはできないよ、と。すんごいなと。いろいろ感激しました。

 余談ですが。少年で思い出しましたが、函館の男の子も無事で本当に良かった。涙で声を詰まらせるお父さんの会見でもらい泣き。
 それにしても今回のこと。世の中、特に、ネットなんかでは、もう悪い想像しかみんなしていなかったから、少年が見つかるや「疑ってごめんなさい」的なコメントも多数。さらにはもう結果オーライといえばそうなのでしょうが、自衛隊施設の鍵が開いていたっていうゆるさ(笑)、これもきっと今頃、誰かが誰かにこっそり謝罪しているはずで。
 行き過ぎ云々、さまざま議論ありますが、さておき、お灸をすえようと思ったその行為が、結果、お灸をすえられ謝っているのはこぞって大人たちだったっていうね。子供に教えられるとは良くいうけれど、それは人様の子供であっても同じ事だわねとしみじみ。本当に、無事でよかった。そして私ももちろん、「疑ってすいませんでした」のひとり。反省。


 なんだか関東、梅雨っぽいけど入ったのかな? これ。今日は東京けっこう寒いです。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-06-05 09:34 | 美味しいお茶、食事

札幌のおいしいもの。モリエールのカスベに、ろまん亭のシューグラタン



 すいません大変ごぶさたをしています。忙しいのです。



 忙しいさなか、夫の故郷、札幌へ帰省。

 今回ももちろんたくさんおいしいものを食べました。





f0221398_10114034.jpg
 大好きなモリエールではもちろんカスベを堪能。今回はカスベだけぱちり。お写真OKとのことですが、こういうお店では食事になるべく専念したいわーと。モリエールのサラダも美味だしフォトジェニックなので、いつかぱちりしようと思っていますが。







f0221398_10115880.jpg
 ろまん亭のシューグラタン。んーこれも美味でした。
 キューブ状のシュー生地の中に、たっぷりのカスタード&林檎が。これが本当にジューシーでね、ボリュームも結構あるんですけれど、カスタードもそれほどくどくないので軽々ぺろり、でした。





 このほかにもたくさんあるんですけれど、たとえば、新千歳空港での北海道スープスタンドとか。帰りがけに、胃も疲れているしカロリーオーバーなので、なにかヘルシーなのないかしらと、偶然みつけた(空港内広いしね)お店なんですが、ここで食べた桜エビと北海道野菜のクリームスープ、これも思いの外良かった、お写真ないけど。簡単に言っちゃうと、スープストック東京、みたいなところで、疲れた体と胃腸にすばらしくやさしかったし美味しかったです。みなさんも北海道グルメ旅の仕上げにはおすすめかと。


 というわけで目下ダイエット中。しかもGW中、まだひとつ美味しいものを食べる機会が待っているので、今真剣にご飯を控えないと相当まずい感じになるのです。最近、ちょっとたくさん食べ過ぎると肌荒れとか口内炎とか酷いとお腹をこわしたりね、いろいろ不具合があるんですもの、そしてもちろん体重も、ああ……。
 こういうときにいつも思い出すのが、新潮社、中瀬ゆかりさんの“来世ダイエット”ですね。「現世ではもう無理だから、来世で」っていう、さすが頭のいい人は考えることも違うわぁ本当にそのとおり私もそうしようかな、と、言うと毎度夫は半笑いですが。


 来週以降のどこかで、ちょっとお化粧品の紹介なんかをしたいと本当に思っています。うそじゃないです。がんばって近々。それでは仕事に戻ります。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-05-01 10:15 | 美味しいお茶、食事

ゴントランシェリエのイートインが終了って……! キュアバザーは思わず自腹ゲット

f0221398_21153614.jpg
 昨日、所用で渋谷に行った際、例によって大好きなゴントランシェリエのイートインでランチしましたら、4月18日で3階のイートインスペースが終了すると知りました、ショックすぎ……!
 でもね。ここ最近、いつ何時行っても混んでいて、しかもその客層8割がた、打ち合わせ組か、引退ご婦人チームが占めており、つまりは小額で長っ尻な人が多くて「元とれてるのかなぁ」って密かに思っておりました。さくっとお昼orお茶してちゃっちゃと帰って行くような都合の良い(お店にとってね)若い女の子とか、少ないんですよね。
 まあ場所もとってもいいし。そういう意味でいろんな人が重宝していたのはあきらかですけれども、んーそれでもとっても、残念だなぁ。マダムたちも、さすが渋谷駅前だけあってか、品の良い方々が多くて雰囲気は悪くなかったんだけどね。
 1階の数席あるスペースはそのまま、なのかな。もっと増やして欲しいですね、これ、声を大にして言いたい!







f0221398_21154856.jpg
 ちょっと最近お仕事忙しくてアップがままならない。
 これは先日行きました発表会、キュアバザーで見たネイルシールもろもろがほしくて、ヒカリエで自腹ゲットしましたの図。その前に、発表会リポートしなよ! って、自分つっこみしますけれど許して、ひとまず。なんとか今週中には……と。
 とってもキュアバザーの新作、素敵なんですよ、ちょっともうしばらく待っててね。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-04-14 21:17 | 美味しいお茶、食事

鯖サンドな連休。占いを拡大解釈してはなりません

f0221398_15162256.jpg
 タモさんがテレビでつくっていた鯖サンドが食べたくて、見よう見まねであれこれアレンジも適当に加えて、これが今のところの我が家の鯖サンド、最終形です。パンじゃなくてトルティーヤのほうが食べやすいし低カロリー。そして鯖は“骨とり鯖”を買ってくると非常に簡単です。
 マヨネーズは豆乳マヨを使用。野菜はセロリ、人参、レタス、チコリ。思っている以上に鯖にパンチがあるので、セロリやチコリなど香りの強いものや苦味のあるものを一緒にはさむとバランス良く、大人のサンドになります。
 ちなみに写真は、「トルティーヤって、ちょっとでも焼きすぎると硬くなって、くるん、と巻けなくなるので注意」、の図。
 ……とね。
 別に料理ブログを書きたかったわけではなく。
 今日のわたくしの星座、蟹座は1位とかで、“アドバイス:好きなものを食べる”とあったんですよ。
「それじゃあ今日は、なに食べても太らないよね!」
「いや太るよ」
 と、朝から希望的拡大解釈に走る私とそれを冷笑する夫の地味な舌戦ののち、当然ながら圧倒的に正論な夫の意見に、昨日のランチにつくったこのヘルシーサンドを見て私も落ち着きを取り戻して、「たまにはフライドポテトLサイズ(1位だし! 連休だし!)」は幻と消えたのでした。
 そんなわけで連休は、壊れた鍋を買い換えて(楽天)、大好きな梅佳代ちゃんの写真集をぽちっとして(アマゾン)、たまった本をばんばん読んでる、いつもとあんまりかわらない日々です。でもけっこう好きなのよ。こういうの。(c)Kirei no Honne


●以前アップした北大路公子さんの記事内にて誤りがありました。キミコさんと山本文緒さんが一緒に旅をするエピソードが収録されているのは、『ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく』(寿郎社)ではなく、『石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常』(集英社文庫)でした。すみません。記事はすでに訂正ずみです→コチラ
by kireinohonne | 2016-03-21 15:19 | 美味しいお茶、食事

そういえばスコーンてちょうどいいのがなかなかないね。そしてディカプリオ追加連絡

f0221398_11261537.jpg
 近所にあるケーキ屋さん。もう開店して3年くらい経つらしいけど、あまりにひっそりしたお店なので最近知りました。そして、昨日はじめて買ってみたらスコーンがおいしかった!
 私、ぼそぼそ系のスコーンが好きなんです。なんでもかんでも“ふんわりもちもち”になりがちな日本のパン事情ですが、「それじゃあふつうのデニッシュパンとかでいいじゃない!」と私は思っちゃう。さんまさんじゃないけど「個性死んじゃう」って(笑)。
 しかもこのぼそぼそ系って、自分の好みにぴったりのってなかなかないんですよね、探そうと思うと。
 と、別にそこまでスコーンマニアでもないけれど、ともかくそういう、ぼそぼそで、しかもまわりはカリッとしたような感じのスコーンが好き、そして、まさかこんなにうちの近くにあったとはと。ちょっと感激。また買いに行こう。しかもこのスコーン、こぶりでいい感じ。ちなみにマフィンもしつこくなくて美味。


ちょっとお知らせ
 先日アップしましたディカプリオの記事→コチラ。いろいろ確認などあってアップに間に合わなかったでんですが、当時私が担当した記事ページ、超若かりし日の彼のお姿ちらりと小さな写真ですが追加アップしましたのでよろしければご堪能ください。当時本人は、“ポスト リヴァー・フェニックス”なんて言われるのをともて嫌がっていたけれど、ねえ、だって似てるんだもの。いや、似てた、んだもの(笑)。とにかくダイエットしてほしいと切望。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-03-03 11:30 | 美味しいお茶、食事

ラミティエでご飯会。やー。楽しかったです


 昨日、高田馬場にあるラミティエにてご飯会。わたしと、イラストレーター柿崎こうこさん、そして年末もご飯したA子さんの3人で行ってきましたよ。


 もうかれこれ5年くらい前だったか、柿崎さんがブログでこちらのお店を紹介してらして、それからもう、行きたくて行きたくて。でも、かなりのボリュームがあるというのと高田馬場というロケーションから、一緒に行く人や人数、機会なんかをなかなかうまくつくることができず、晴れて昨夜、5年越しの念願かなって行ってきたのであります。

 数種ある中から、前菜を1品、メインを1品選ぶプリフィックスコースで¥2,800というコスパの良さ。昨年だか一昨年だかに、ビブグルマンに選ばれたらしく、確かに食べログ評価も、この5年でみるみる上がっているお店です。





f0221398_18174031.jpg
 というわけでまずこちらは私が注文した前菜、『温かいシェーブルチーズのサラダ』。運ばれてきた瞬間、同店はじめての私とA子さんは、その量の多さに言葉を失います(笑)。聞いてはいたけれどもこれは凄い。ちょっとこのお写真だとその凄さがわかりにくいかなと思うけど、両手に収まりきらないくらいの大きさのボウルに、このようにもりもりと惜しみなく盛られています。バゲットとともに焼かれたチーズと、ハーブのサラダ、フルーツみたいに甘いトマトに、アクセントの苺がまたいい。
「前菜でこれだとすると、メインは……」と、わくわくどきどきしていると……






f0221398_18175689.jpg
 わー。
 っと、期待を裏切らない大きさの鯛のポワレが登場。しかも美味。帆立も添えられていました。





f0221398_1819322.jpg
 これはA子さんが頼んだ鴨のコンフィ。でかい(笑)。でも、身離れのよいお肉で、しかもさっぱりとしているから思った以上に食べちゃいます。ポテトの量も立派。
 余談ですが、添えられたA子さんの手がまた撮影慣れしてらっしゃって見逃せませんね、さすが美しや。






f0221398_18204085.jpg
 結局みんなでシェアというわけで。
 左上のお皿は、柿崎さんが頼んだ牛頬肉のワイン煮。これももう柔らかくて、ひとくち食べるごとに目を閉じるうっとり感。




 このほか、別途でデザートも注文。もちろんこれもボリュームたっぷり(写真撮り忘れました)。

 柿崎さんはこういう気取らないのに味は確か、というような、美味しいものを見つけるのが上手で、彼女の本やブログなど、ちょくちょくチェックしちゃいます(笑)。

 やー、それにしても楽しかったし美味しかった。美味&美女に囲まれる食事って、本当にいいなぁと。

 こんなに上機嫌で帰ってきたのに、ニュースは例の逮捕の話ばかりでなんだかがっかり。年始からヘビーな芸能ニュース続いてるなぁ。


 なので今日は、柿崎さんからお土産にいただいたシュークリームを食べ(これもおいしかったぁ)、A子さんにいただいた素敵なおかめのお面つきの豆をまきました。我が家は今日も安泰(単純すぎ?笑)。


 さ、というわけで。例によってまたちょっと溜まってきてますお化粧品など、後日追々アップしますね。それにしたって毎日寒い。これがふつうか。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2016-02-03 18:23 | 美味しいお茶、食事

e+カフェでLIVE! そして春秋もうまかった……胃腸をいたわる日々です(笑)

f0221398_10325188.jpg
 おととい、e+のカフェ、LIVING ROOM CAFE by e+に行ってきましたー。
 ご飯を食べながらゆっくりLIVEが観れるスペース。今年7月オープンしたんだけれども、なかなか時間がつくれずやっと行ってきました。





f0221398_1033986.jpg
 この日のライブは、Tall Tall Treesというアイーティスト。バンジョーとエフェクターをつかって、カントリーでありつつ、ロック、なのかな、ちょっと音楽のジャンルは詳しくないのであれですが、ともかくものすごくスタイリッシュで楽しい演奏でした。
 途中、Kishi Bashiさんという日系アメリカン人アーティストとのコラボ演奏も。これもすごかった。





f0221398_10332219.jpg
 ライブは、ミュージックチャージを300円とか500円とか払うシステムで、さらに各テーブル席にはチップ記入のカードもありました。このミュージックチャージ&チップは全額アーティストにいくそうなので、たとえば若い無名アーティストなど、気軽に応援できていいですよね。知らない人のライブチケットを買う、っていうのはハードル高いもの。観てみたくても、たいがい腰が引けちゃうからね。
 ちなみに、週末などチケットを買うパターンのライブもあるもよう。なんと山崎まさよしさんもここでライブをやったみたい。この距離で観れるって贅沢すぎ。

 ちなみに、ライブを観ない人は別エリアでふつうにご飯やお酒、カフェとして利用可能で、その場合はミュージックチャージなし、っていうのもまた自由でいい。ていうか、店内ものすごく広いんですよね。今度は昼間、カフェとして来てみよう。テラスルームが気になります。







f0221398_10334060.jpg
 けっこう呑んだりしたんだけれど、カロリーが気になる女の身としては(年齢的にもね)、お魚とかつまみつつヘルシー呑みに移行しようと、この日はさらにもう一軒、渋谷で偶然みつけたお店ではしご酒。『春秋』っていうお店で、店内は私くらいか、それ以上の大人客でいっぱい。どのメニューもおいしくて、特に、下仁田葱の黒焼き(左)、これとても美味でした。野菜や魚メニューがメインなのでいくら頼んでも罪悪感ないし(笑)、また行こうかなと。





f0221398_1034222.jpg
 年末は毎年、お酒の席が増えますねーどうしても。これは先日、夫の友人がやってきた際の図。毎年おいしそうな日本酒を持ってきてくれます。左のヴァンジョーヌはモリエールではまったワイン。通販でお取り寄せしてみた。これも美味。





f0221398_10341296.jpg
 ちなみにこれは、六花亭のシュトーレン。


 そういうわけで、ごらんのとおり呑みすぎ食べ過ぎウィークなので、目下おうちご飯はリゾット三昧。リゾットといっても、野菜スープにご飯が入ってますくらいの超低カロリー。胃にもやさしいし水分も補給できるしね、ちょうどいいんです。(c)Kirei no Honne
by kireinohonne | 2015-12-30 10:39 | 美味しいお茶、食事


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧