キレイの本音



カテゴリ:発表会 【な、は】( 91 )


ニールズヤードレメディーズ発表会。フランキンセンスのアイクリームです

f0221398_16245456.jpg
 すでにインスタグラムにはアップしてありますが、フランキンセンスの新アイクリーム発表会へ出かけました。5月31日です。

 そこにしっかり留まるよう、「クリームののびは、ちょっと悪いです」との説明があったのですが、とってもなめらかでやわらかく、かたい、とか、のびが悪い、というよりも、指の腹でとんとんなじませると、あっという間にぴたっと肌に密着する、なじみきる、という印象。「一体いつまでなじませればいいんだろう」と、不安にならずにいいです。特にデリケートな目元には、“指腹とんとん”はいくらやさしくても、限りなく少ない回数で済ませたいですからね。
 香りももちろんフランキンセンスシリーズの、あの、良い香りです、自然と目を閉じ深呼吸したくなる、たまらない香り。フランキンセンスの香りは、やっぱりここのがピカ一。

 毎日せっせとお試し中です。どう変化していくのかとっても楽しみ。

 ほか写真などはこちらをどうぞ。

(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-06-13 16:26 | 発表会 【な、は】

NARS発表会④。2016年ベストコスメ(早すぎ!?)。ベルベットマットスキンティント、超優秀ファンデです

f0221398_2216518.jpg


 NARS発表会①HOT SAND COLLECTIONはこちら、②NARSissistはこちら、③2016 SPRING COLLECTIONはこちらからどうぞ。



 NARS発表会ラストは、新ファンデ、ベルベットマットスキンティント。SPF30 PA+++(全9色 各50ml ¥5,400+TAX 2016年3月4日発売)。


 肌の欠点を瞬時にぼかし去り、毛穴やシワの目立たない美しいマット肌に仕上げるファンデーション。
「もっとカジュアルなマットを」、というフランソワ・ナーズの思いからうまれたこのファンデ、着け心地がふわっとベルベットのように軽くなめらかで、ローズフルーツ抽出成分でテカリも防止。

 テクスチャーは、とてもなめらかでみずみずしいクリームファンデ、という感じなのですが、これが本当によくのびる。
 私はたいがい、ファンデや色つき下地等を顔全体につける場合は、いったん手のひらですり合わせ、それをスキンケアのようにやさしくハンドプレスするようになじませ塗布するんですが、これも同じ要領で肌にのせましたら、まあ、ごく少量でよくのびるし、ムラづきもしないし、あっという間にベースメイク完成してしまいます。

 そしてその仕上がりですがっ。一瞬で仕上げたとは思えないほど顔全体のくすみや毛穴やシワがカモフラージュできるのに、かなりの至近距離で見ても、まるで何も塗っていないかのように、肌になじんで粉っぽさや厚ぼったさも皆無。何度も何度も鏡を覗き込みたくなるほどに、肌と一体化していてわかりません、びっくりです。

 そしてなにより気になる持ちですが、時間が経つほどに肌のあぶら分と良い具合になじんでナチュラルなツヤ肌。小鼻が多少テカってきますが、テカリ、というよりツヤ、の範疇ですね、今くらいの超乾燥シーズンならば(そして大人ならば)。ちなみに私はコンビ肌で、真冬は目元口元の乾燥が酷い。でもこちらは、極端にテカリもなく、かつ、乾燥もしませんでした。

 見た目的にも、一日中、毛穴やシワに色味が溜まることもないし、本当に久々、ファンデで数年に一度くるかこないかの感激。“ノーファンデ派”を返上しようかな。ほんとに。



 すっかり夢中の本品。私の中で早くも2016年ベストコスメに勝ち名乗り。いや、さすがに早いとは思いますが(笑)、でもきっと、ベスト3には入りますね。それくらい素晴らしいです。







f0221398_22175765.jpg
 ちなみにビジュアルもビューティフル。マットといっても、「お肌の調子がとても良さそう」くらいのナチュラルでとろけるようなツヤ感があるのがミソ。これならどんなメイクにも合います。

 この持ちの良さであれば、夏でも酷い崩れはない気がします。早く真夏にこれ試して汗をかいてみたい。きっとまた感激しそう。



 というわけで、以上、あれこれ優秀品目白押しのNARS発表会でした。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-01-22 22:18 | 発表会 【な、は】

NARS発表会③。2016 SPRING COLLECTION。こなれた大人の寒×暖色アイ



 NARS発表会①HOT SAND COLLECTIONはこちら、②NARSissistはこちらからどうぞ。

 昨日アップ結局できずすみません、NARS発表会の続きです。まずは2016年の春コレクション。




f0221398_17125958.jpg
 インスピレーションは1950年代のファッション誌のカバーという今回の春コレクション。フレッシュなのに、リゾートのゴージャスさを漂わせたまさに大人の雰囲気はいつもながらさすがです。はめを外さず、それなのにうんと愉しむ方法を知っているような、こなれ感、ですかね、そういう大人の休日が目に浮かんできます。





f0221398_17133897.jpg
 アイテムたちはこちら。

 写真左奥から、リップグロス N 5612、5611 各¥3,000+TAX(限定)。
 リップスティック 9400、9401 各¥3,200+TAX。
 デュオアイシャドー 3904 ¥4,200+TAX(限定)。
 ブラッシュ 4062 ¥3,000+TAX。
 デュアルインテンシティーアイシャドー 1940、1941、1939 各¥3,000+TAX。
 以上2016年2月12日発売。

 すんごく一見、かわいらしい印象の色合いが多いのですが、やはりそこはNARSですので、目元がね、攻めてます。





f0221398_17135870.jpg
 ドライorウェット使用でニュアンスチェンジを楽しめるデュアルインテンシティーアイシャドー、これが今回もいいんです。前出のルックのように、ブルーやグリーンで涼しげなドレスアップリゾートに仕上げるのももちろんですが、この一番右の1939のソフトローズピンクをさらに効かせてなじみ感をアップさせると、私くらいの年齢の、大人女性の目元にもしっくりハマる寒色アイが簡単に完成します。
 このソフトローズピンク、本当に素敵なんです。絶対大人はヘビーユースしちゃうと思う。目元にナチュラルなあたたかみが灯るので、寒色のアクセントがさらに引き立ちつつも、なじむんですよね。これ、ぜひ試して欲しい。
 もちろんローズピンクメインの目元も超おすすめ。私は、まぶたにこのローズピンク、ブルーをアイライン的にメイクしてもらったのですが、全然カラーが肌から浮かないし、微妙な色合いなのに一日にごりもなし。メイク上級者に見えて本当に美しいんです。






f0221398_1714888.jpg
 デュオアイシャドーの陰影も素晴らしいですよ、これも、華やかにしつつなじみ感がすごい重宝カラー。




 NARSのカラーはいつも驚きがいっぱいですが、今回も肌にのせたときの感激がひとしお。ありそうでない、これぞNARSの発色と質感、ぜひぜひ、お試しあれ。


 というわけで発表会リポート次がラストです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-01-22 17:15 | 発表会 【な、は】

NARS発表会②。NARSissistパレットで脱マンネリ、特にチーク!



 昨年行きましたNARS発表会、またまた情報公開日がきましたので3つほどご紹介です。

 ちなみに、前回の、HOT SAND COLLECTIONはこちらからどうぞ






f0221398_16134048.jpg
 さて最初はナーズイストという限定のパレット。
 これはアイシャドーパレット 8325(¥9,000+TAX、2016年2月12日限定発売)。

 カラーが長持ちする限定フォーミュラを採用。全12色、いずれも捨て色ナシで、ゴージャスにもデイリーにも大活躍確定かと。大変、大変にコスパ○。





f0221398_16141027.jpg
 ナーズイスト チークスタジオパレット(¥8,300+TAX、2016年2月12日セミセルフコスメショップ限定発売)。

 そしてこちらのチークパレットもすんごいです。
 パレットの中身は、左上がハイライト、その隣が引き締めカラー、右上はブロンザー。
 下段4色はすべて限定のブラッシュ。
 どうですかこの贅沢さ。

 これね、NARSファンならずとも、とてもとてもおすすめです。
 これだけ魅力的で使えるカラーが揃っていると、“チークとは”、“フェイスカラーとは”みたいなことを勉強できるし、なんといってもチークの脱マンネリ、できますからね。
 どの色とどの色を使うか、どの部分に入れるか、陰影やハイライトは、どうすれば今日のファッションに合うか……。毎日使う度に新たな発見がありますよきっと。想像しただけで楽しくなっちゃうね。



 というわけで。お次は2016 春のコレクション。アップはなるべく今日中に…の予定です。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-01-21 16:15 | 発表会 【な、は】

NARS発表会①。HOT SAND COLLECTION

f0221398_14382816.jpg
 先月、11月11日、NARSの発表会へ出かけました。
 会場は外苑前のフォーラム フロア12。
 商品によって情報公開日が異なり、今回は、数日前情報公開日をむかえたHOT SAND COLLECTION(2016年1月15日限定発売)をご紹介。ピーチシャンパンカラーで、セクシーなツヤ肌を演出するコレクションで、アイテムは全部で5つです。





f0221398_14384146.jpg
 商品はこちら。
 ちょっとお写真わかりにくいんですけれども、まずは手前の2色入りパレットから。左はブラッシュデュオ 5125、右はブラッシュブロンズデュオ 5126。各¥4,400+TAX。

 それぞれ、ピーチシャンパンカラーのハイライト『HOT SAND』(左)をセットしたチークで、ゴージャスなのになじみ感ありの優秀カラー。抜け感のあるフェイスが素敵です。


 パレット奥にちらりと見えるのはグロス。リップグロス N 5613 ¥3,000+TAX。ピーチシャンパンカラーメイクを引き立たせる口元に。


 そして、スティックはこちら。






f0221398_143917.jpg
 イルミネイティングマルティプル 1578 ¥4,800+TAX。アイシャドウベースやリップカラー、チークとしてもOKのマルチなスティック。このシリーズ私も大好きだけれど、この1578もいいカラーです。パウダーでは手が届かないツヤ感や透明感、そして立体感が楽勝。ひとつ持っていると本当に重宝だと思います。





f0221398_14391332.jpg
 ラストはフェース&チークブラシ。ハナマチカブキ ブラシ ¥4,400+TAX。
 肌当たりがなめらかで本当に心地よいナイロンブラシ。毛の密度が濃く、チクチク感がほぼないから、ストレスフリーでフェイスの仕上げを任せられます。ともかく使い勝手よし。




 この日、お披露目になったNARS商品、またまた優秀なものばかりなんですけれども、ひとつもの凄いのがあり、早くご紹介したくてうずうずしています(笑)。それはまた来年の公開日がきましたらアップします。お楽しみに。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-23 14:43 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会⑤。クロエ ラブストーリー オードトワレ、ブルガリ オムニア パライバ オードトワレ

f0221398_1642124.jpg
 ブルーベル・ジャパン発表会①(ランバン、ヴァンクリ、ほか)はこちら
 発表会②(ドルガバ、グッチ、ck)はこちら
 発表会③(アニック グタール、ラルチザンほか)はこちらを、
 発表会④(ニュクス、バーツビーズ)はこちらをどうぞ。


 ブルーベル・ジャパン発表会、ラストはクロエとブルガリ。

 まずはクロエ。





f0221398_16422686.jpg
 クロエ ラブストーリー オードトワレ 30ml ¥7,700+TAX、50ml ¥10,400+TAX、75ml ¥12,800+TAX 2016年3月2日発売(2月17日一部店舗にて先行発売)。
 香調は、フレッシュ フローラル。
 以前ご紹介したことのあるラブストーリーのオードトワレで、よりフレッシュな使い心地。前作のオードパルファムで恋がはじまり、今回の香りは恋をはぐくむ、というのがテーマだそう。
 キーノートは、オレンジブロッサム、ナスタチウム、スモモ。透明感があるのに、どこか気になる、とおりすぎてしまうには惜しいようなイメージはラブストーリーらしくて相変わらず素敵です。
 パッケージも前回と違って少しピンクがかっていてかわいいです。







f0221398_1642441.jpg
 そして大ラスはブルガリ。私の星座、蟹座の2016年ラッキーフレグランスです。






f0221398_16425648.jpg
 いつものようにゴージャスなブルガリの間。美しくパワフルな花々に圧倒されます。






f0221398_1643888.jpg
 商品はこちら。オムニア パライバ オードトワレ 40ml ¥8,200+TAX、65ml ¥10,600+TAX 2016年2月17日発売(2月10日一部ブルガリショップにて先行発売)。
 宝石をイメージした香りのシリーズ、今回はパライバ トルマリン。1987年、ブラジルで発見された石で、残念ながら現在はほとんど採れないのだとか。採掘された当時、あまりに彩度が高いために、人工的に操作されたものだと考えられたほどだったそうです(こちら、ぜひ検索してみてください。本当に色が素晴らしい宝石なんですよ)。


 香調は、フローラル・フルーティ。
 トップノートは、キュラソー産ビターオレンジ、パッションフルーツ。
 ハートノートは、パッションフラワー、ブラジリアンガーデニア。
 ドライダウンノートは、ココアビーンズ、ベチバーエッセンス。

 実に華やかで煌びやか、神秘的でエキゾチックな、大人のトロピカル。ビーチや太陽、海などを連想させるのに、はしゃいだ印象はなく、ゆっくりと海辺を眺めるような、落ち着いた時間を想像できます。
 それになんだかふわっと、なめらかな包容力があるなと思うのは、やっぱりガーデニアがいい味を出しているのかなと。個人的にも大好きなガーデニアですが、資料によると、このブラジリアンガーデニアは、ヨーロッパ産よりもふくよかでクリーミーなんだそう。なるほど納得。
 もちろん調香師はアルベルト・モリヤス。官能的でありつつも、どこかすっきりとクールな、格好いいニュアンスもあるのはさすがだなあと思います。これだけ自然を感じさせつつも、ブラッシュアップの方向性が都会的なんですよね。ビルでもいける。夏じゃなくても使いたいトロピカル。






f0221398_1643308.jpg
 もちろんジュエル・チャームもあります(右)。25ml ¥6,200+TAX。発売日は同じ。
 





f0221398_16434382.jpg
 シャワーオイルやボディミルク、ソープもあります。





f0221398_1644998.jpg
 おみやげにいただいたブルガリの限定チョコ。パッケージも和紙と、フィレンツェのパピーロ紙を使っているという凝ったもの。素敵すぎ。





f0221398_16435668.jpg
 というわけで。長らくのおつきあいありがとうございました、ブルーベルのリポート以上で終了です。みなさんもぜひ店頭で、香りを要チェックしてみてくださいませ。香りって本当に、文字や画像や、映像を駆使しても、“匂い”ですからね、実際に香ってみないことにはわかりません。自分の気分を、どこへでもつれていってくれるフレグランスは、本当に楽しいですから。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-18 16:46 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会④。ニュクス、バーツビーズ。ニュクスのロールオン マスク、さっそく大活躍中です

f0221398_11324733.jpg
 ブルーベル・ジャパン発表会①(ランバン、ヴァンクリ、ほか)はこちら
 発表会②(ドルガバ、グッチ、ck)はこちら
 発表会③(アニック グタール、ラルチザンほか)はこちらをどうぞ。



 1階のフレグランスのお部屋の次は、コスメのコーナー。







f0221398_1133088.jpg
 まずはバーツビーズ。BBクリーム 全2色 各48.1g ¥3,150+TAX 2016年3月16日発売予定。色は、ライト(明るめの標準色)、ライト/ミディアム(標準色)。

 抗酸化作用と保湿にすぐれたノニ果実エキスを配合したBBクリーム。
 手の甲だけのお試しではありますが、とってもなめらかでみずみずしいテクスチャーが好印象です。ムラづきすることもなく、手のひらですり合わせて塗布、くらいの、スキンケアをしているような感覚で簡単に仕上げることができます。ツヤ感もいいしナチュラルでgood。






f0221398_11331755.jpg
 こちらはニュクスのプレミアムエイジングケアライン、ニュクスリアンス UR。
 写真中央のチューブは、ロールオン マスク 50ml ¥8,000+TAX。右2本は、セラム 30ml ¥10,000+TAX、アイ クリーム 15ml ¥7,500。左ふたつは、クリーム リッチ、ナイト クリーム 各50ml ¥9,500+TAX。2016年2月17日発売。

 カプセル化したサフランとブーゲンビリアのエキス、バイフローラルエキスを配合し、弾むようなハリ肌へ導くというもの。

 ニュクスはどれもクセがなくてとても使いやすく、肌の弱い人でもこれだけは大丈夫、という人も多いのでは。
 今回の中でも注目のアイテムですが、やはりロールオン マスクかなと。







f0221398_11333137.jpg
 チューブを押しながらお肌にロールオンするという、ラクチンな構造。少し厚めに塗って10分くらいしたら拭き取るのですが、これ、もうさっそく夢中で使っています。
 ヘッド部分を回すと『ON』『OFF』の切り替えができ、この『OFF』状態にすると、中からマスクのジェルが出てこないために、ロールオンでマッサージができます。なので、この10分の間に、顔の筋トレをして、『OFF』でマッサージしてそれをほぐす、拭き取ってお肌ぷりぷり、という合理的なケアができたりしてとてもいい。朝のメイク前などにもかなりおすすめです。
 表情じわなど日頃のケアにかかっていますのでね、大人のみなさまはこういうお手軽&合理的なアイテムで、日常的にお手入れしたいですね。






f0221398_11342121.jpg
 ちなみにこちらの階には、第6回 日本フレグランス大賞の受賞賞品の展示も。どれも納得の香りばかりです!



 というわけで、次はいよいよラストです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-18 11:34 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会③。アニック グタール、ペンハリガン、ラルチザン。いずれも極上の上品さ

f0221398_22504838.jpg
 ブルーベル・ジャパン発表会①はこちら、発表会②はこちらをどうぞ。


 ひときわ目を惹く美しい球体は、ラルチザンのホームフレグランス。パフューム プロヴァンス ボール S ¥16,000+TAX、M ¥22,000+TAX、L ¥31,000+TAX、リフィル 50g ¥11.000 2016年1月20日発売。

 ブランドを代表する、アンブル ボールに続いての発売。今回はプロヴァンスからインスピレーションを受けたラベンダーやローズマリーの香り。
 このコーナーを離れがたかったほど、惹きつけられるいい香り。いつまでもそこに滞在してたいと思う、しっかりした個性があるのにクセはない優雅さが空間を満たします。贅沢とはこのこと。





f0221398_2251395.jpg
 フランスの職人が、ひとつひとつ丁寧につくりあげたというそのボールには、職人のイニシャルが刻まれていて特別感があります。ぜったいプレゼントに喜ばれる、これ。






f0221398_22511862.jpg
 ペンハリガン №33 コロン 50ml ¥14,500、100ml ¥20,500+TAX 2016年1月27日発売。
 香調はアルマティック ウッディ。ペンハリガン創業当時のブティックがあった番地に由来する名前の、メンズフレグランス。「俺は男だ」的な強さやあぶらっこさはなく、柔軟性のある現代メンズを表現したような香り。かといって、なよなよと頼りなさげな感じではなく、あくまで寛容的な雰囲気が好印象です。
 トップノートはオレンジ、ヨモギ、クラリセージ。メインはラベンダーにジャスミン。
 なめらかで嫌われない雰囲気なので、日本男子にも使いやすいかと思います。とても、“理解ある人”と思われそうな香りです。





f0221398_225207.jpg
 フェイススクラブやクレンザー、モイスチャライザーにアイクリームまでありますよ、こちらも要チェックを。






f0221398_2252101.jpg
 アニック グタール ローズ ポンポン オードトワレ 50ml ¥15,200、100ml ¥20,100 2016年2月17日発売。
 香調は、ローズィ フローラル。
 最初、フルーツが爽やかなフローラル、という感じなのですが、しばらくして香るグリーンっぽいムードの中、甘やかなローズにふわっと気持ちをすべて持って行かれます。ずっと嗅いでいたくなるような幸せ感と、インパクトある高揚感。それでいて、アニック グタールの上品さをけっして壊さないギリギリの派手さが、「うわぁ」っと、忘れがたい印象を残します。これ、しばらく肌身離さずつけたいなと思っています。ちょっとはまりそう。






f0221398_22522919.jpg
 ローズ ボンボンのムエットは、ローズのお花。写真コーナーもあったりして、ローズづくしで華やかでした。


 というわけで。ブルーベルまだありますよ(笑)。でも今日は、これで精一杯かな。
 残りはまたあした。ブルガリにクロエ、見逃せないスキンケアもあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-17 22:53 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会②。グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、カルバン クライン

f0221398_16575213.jpg
 ブルーベル・ジャパン発表会①は、こちらをどうぞ。


 さて。お次はグッチから。左写真左から、ギルティ オー オードトワレ 50ml ¥9,900+TAX、75ml ¥14,000+TAX。同 プールオム オードトワレ 50ml ¥8,700+TAX、90ml ¥11,900+TAX 2016年2月3日発売。
 香調は、順にオリエンタル フローラル、アロマティック フゼア。
 ともに、今までのギルティよりフレッシュで軽やかな印象。とはいえグッチ、しかもギルティなので、魅惑的な雰囲気はたっぷり。背徳感がこれはちょっとライトです。






f0221398_1658571.jpg
 ドルチェ&ガッバーナ ドルチェ ローサ エクセルサ オードパルファム 50ml ¥11,500+TAX、75ml ¥15,300+TAX 2016年3月16日発売。
 香調は、ソフト ロージー フローラル。
 ブランドを象徴する深紅のレッドローズからインスパイアされたこちら、思ったよりも甘すぎず使いやすいという印象。






f0221398_16581953.jpg
 こちらはビジュアル。可愛くてセクシーだけれど、肉感的じゃなくて感性寄り。だれかこういう私の気持ちわかって、のような主張せずの主張がいい。








f0221398_1658292.jpg
 ドルチェ&ガッバーナはカップル・フレグランスも。左から、ザ・ワン エッセンス オードパルファム 40ml ¥12,100+TAX、65ml ¥16,100+TAX。同 フォーメン オードパルファム 50ml ¥10,000+TAX、100ml ¥13,800+TAX。2015年1月13日発売。
 香調は、順に、オリエンタル フローラル、オリエンタル スパイシー。
 ディーバをイメージしたという女性用のザ・ワン オードパルファムよりも、こちらのエッセンスのほうがより濃密でゴージャスな印象。身につけている服やバッグ、靴などが、数段ランクアップして見えること間違いなし。






f0221398_1658444.jpg
 シーケー トゥー オードトワレ 50ml ¥6,400+TAX、100ml ¥8,900+TAX 2016年2月22日発売。
 香調は、アーバン ウッディ フレッシュ。最近ファッションなどでも流行のジェンダーフリーな香り。男性でも女性でも、カップルでも友達でも。とにかく二人って楽しいよね、といったコンセプトらしい。
 香りも、ウッディ、という言葉からイメージするよりも遙かにフレッシュで、アクアな印象も。どこまでも融通がきいて場所も人も選ばず、みんなで使えそうだし、なにより自由だわね、って思ったのはトップノートに潜ませたワサビ。ワサビと言われて、わかるかわからないかの効かせ方がまた絶妙で、ものすごく気に入ってしまいました。物足りないようでいて、ちゃんとクセになる、虜要素を忍び込ませた久々ckのヒットの予感。



 というわけで、まだまだあります。お次は、アニック グタールやペンハリガンなど。今日中にアップ、できるかなぁ……。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-17 17:01 | 発表会 【な、は】

ブルーベル発表会①。ランバン、マーク ジェイコブス、エスカーダ、ジャン パトゥ、そしてヴァンクリ

f0221398_1524867.jpg
 先週、12月10日、ブルーベル・ジャパンの発表会へでかけました。例によって商品数が多いので写真整理が追いつかず、ちょっとアップに時間がかかりましたよ。


 会場は六本木にあるパラッツォ ドゥカーレ麻布。
 ここの中庭いつもながら、六本木のミッドタウンのすぐ近所という駅近なロケーションを感じさせない開放感が好きです。
 受付をすませると、12星座のカードが。今回お披露目になる中から、各星座の2016年幸運の香りが書かれていて、蟹座の私はブルガリとのこと。どんな香りなのか期待に胸を膨らませながら、まずは中庭から見える、1階のお部屋からご紹介。たくさんあるので、どんどんいきます。




f0221398_153667.jpg
 エスカーダ アグア デ ソル オードトワレ 50ml ¥7,500+TAX、100ml ¥10,000+TAX 2016年2月10日限定発売。
 香調はフローラル フルーティ。とても素直な香り。輝く太陽とビーチからインスパイア、という、期待通りの夏満開の、元気な香りです。





f0221398_1533996.jpg
 ランバン ジャンヌ・ランバン スキャンダル オードパルファム 50ml ¥8,800+TAX(予定) 2016年3月9日限定発売。
 香調はフローラル フルーティ。セクシーでミステリアス、自信に満ちあふれた女性モチーフだそうですが、どこかしゅっとクールな感じはランバンらしくて格好いい。




f0221398_1542369.jpg
 マーク ジェイコブス デイジー ドリーム オードトワレ ブラッシュ エディション 50ml ¥9,200+TAX 2016年2月24日限定発売。
 香調はクリスプ フローラル ローズ。思っている以上にローズが香りつつ、とてもキュートでみずみずしい。
 MJはもうふたつ、写真の奥の方にちらっと見えますが、デイジー新作がありますよ。写真撮り忘れちゃったの、すいません。





f0221398_1545419.jpg
 ヴァン クリーフ&アーペル フェアリー ルビー オードパルファム 50ml ¥10,600+TAX 2016年2月17日限定発売。
 香調はムスキー フルーティ フローラル。おなじみ、ハイジュエリーの妖精がモチーフのこちら、今回はルビーがテーマ。甘いベリー系の香りなんですが、トップにあるピンクペッパーがいい味だしてます。ピンクペッパーが密かに効いている香りって本当に大好き。




f0221398_155731.jpg
 そしてこちらのラストは、ジャン パトゥ スブリーム オードパルファム。50ml ¥12,500+TAX 2016年2月17日限定発売。
 香調はオリエンタル フローラル。もう、香った瞬間ジャン パトゥの世界にトリップです。素晴らしく優雅。うっとり。



 というわけでその①はここまで。
 このコーナー、ほかにも、ジミー チュウや、モンブラン、イッセイミヤケなどもありました。


 ではお次はドルガバやグッチなどを。
 いましばらくお待ち下さい。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-12-17 15:05 | 発表会 【な、は】


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧