キレイの本音



カテゴリ:お気に入り メイクもの( 42 )


RMKも受賞。こちらはなんと大賞ですってすごい

f0221398_0491469.jpg
 同じく、@cosme 2016上半期新作ベストコスメで、RMKのリップジェリーグロスが、ベストリップグロス、および、なんと大賞を受賞。すごいですねこれ。

 こちらも過去記事ありますので、よろしければぜひこちらを


Instagram→go

©Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-06-30 00:50 | お気に入り メイクもの

NARSの発表会に行ってきました。そして祝 NARS ベルベットマットスキンティント受賞

f0221398_0371914.jpg
 本日(もう昨日。6月29日)、NARSの発表会へでかけました。例によって情報公開日の指定がありますので、その日までお楽しみに。またこれが素敵なものばかりで。うふ。





f0221398_0375830.jpg
 そして、NARSといえば、ベルベットマットスキンティントが、@cosme 2016上半期新作ベストコスメで、ベストリキッドファンデ第1位を受賞したみたいですね。わー。嬉しい、個人的にも心揺さぶられた商品だったので。「これが売れなきゃおかしい」くらい、実は思っていました(笑)。
 発表会&商品リポート過去記事はこちらをどうぞ。


Instagram→go

©Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-06-30 00:39 | お気に入り メイクもの

RMK UVリクイドファンデーション。いい、これもいいです

f0221398_1735814.jpg
UVリクイドファンデーション 全7色 各30ml ¥4,500+TAX SPF50+ PA+++ 2016年3月4日発売



 少し前に、NARSのファンデを『早くも2016年ベストコスメか』とご紹介しましたが(→コチラ)、またまたすごいファンデを発見。数日前に発売になりましたRMKのUVリクイドファンデーション。ポップアップストアのリポートの際にもちらりと触れましたが(→コチラ)、実はこのときにはお試しが間に合っておらず、良さを充分伝えきれませんでした。
 その後じっくり試したところ、これがこれが。“『早くも2016年ベストコスメか』その2”、というくらい美しい仕上がりなんです。

 とても透明感があるので素晴らしくツヤ感があり、顔のくすみがぱっと消えて明るくなります。顔が輝くってこういうことね、というような。
 質感は、薄付きでシアー。私くらいの年齢の人が、たとえば「しっかりシミをカバーしたい!」などと思ったらそれは別途コンシーラーが必要だと思います。
 でも、この顔の明るさとツヤ(しかも健康的に見える感じの)、時間が経っても毛穴やシワに色味が溜まることもなく非常に快適に、美しい1日がおくれます。
 いつも言いますが、ファンデは塗ったときよりその後の持ちが重用。この高いUVカット効果なのにみずみずしくストレスフリーで使えるし、特に夏場は、大活躍の予感しかしません。

 まだ3月なのに、早くもこんな優秀ファンデをふたつも見つけられてうれしい悲鳴。うふ。なんだかにやにやしてしまいます。ベースメイク選びって死活問題だものね。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-03-09 17:37 | お気に入り メイクもの

エレガンス アクアレル アイズ、ネイルドロップ。このふわキラ感、美しくて重宝。手放せませんね

f0221398_15264283.jpg
左から、ネイルドロップ 新3色 各¥2,5000+TAX、アクアレル アイズ 限定1色、新6色 各¥3,000+TAX、以上2016年2月18日発売

 先月発売になったエレガンスの新アイテムは“アクアレル(水彩画)”という名前のついた、リキッドアイカラー(写真内右)。まさしく透明感あふれる大人のパステルで、そのふわキラ感が素晴らしいんです。

 同時発売のネイルもまた素敵。こちらも透明感+ふわキラが絶妙です。






f0221398_15273077.jpg
 いずれも、自分の肌や爪の質感を残しつつ、上品で軽やか、それでいてしっかり存在感のあるキラキラパールが魅力。
 ちなみにこの写真は、アクアレル アイズが03アイボリー、ネイルドロップは35シャンパンゴールド。
 このネイルのシャンパンゴールドは、しっかり乾かす時間がないときになんかにもおすすめ。シアーなので、ちょっと跡がついちゃったりしても全然目立たないから、私これ、実はかなり、出番多いんです。
 アクアレル アイズが03アイボリーも出番多し。色がのる、というよりも、まぶた全体にふわっと薄くキラキラを纏える、という感じに仕上がるので、まず失敗がないし、さりげない輝きなのに、ものすごく華やか。さらに、妙にがんばってる感、が皆無。大人のキラキラ、かくあるべし、です本当に。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2016-03-04 15:27 | お気に入り メイクもの

シュウ ウエムラ UV アンダーベース ブライトニング ムースをリピート。お気に入りどころか必需品

f0221398_14525733.jpg

 本日ひとつめのアップはこちらをどうぞ


 最近のお気に入りを紹介、と言いましたけれど、このシュウのムース下地はもはや必需品の域。

 シュウの泡下地はどれもこれも素晴らしく、このブログでも何度となく紹介させていただいおりますけれども、中でもこのブライトニング ムースは、大人のくすみ肌に一瞬で輝きと透明感を与えるすぐれもの。スキンケア効果として美白も期待できるタイプで、まさに至れり尽くせりです。


 ピンクパープルという色名がついていますが、微細ピンクとブルーのパールがちょうどいい具合に配合されていて、冷たすぎない印象に仕上がるのも魅力的。
 ツヤも素晴らしく、上からセミマットのお粉などつけても、肌のツヤはしっかりと残って顔も立体的に。
 くすみカモフラージュで顔色も均一化するので、ぼやけていた顔の印象がすっとクールに、抜け感が出て、気分よく一日お出かけができます。心強いったらないです。


 凄く少量で効果絶大です。私がいつも使う量は、そうですね、直径1~1.5センチの球状ほどの量で全顔OKです。この量をぷしゅっと出すのはちょっとだけコツがいるけれど、この商品でのコツはむしろそれくらい(笑)。あとは、ぱぱーっと塗るだけ、夢のようですよホントに。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-10-28 14:55 | お気に入り メイクもの

ベアミネラルのカウンターで涙。やっとみつかりましたスティラの後釜リップライナー



 日本撤退から6年……かあ。もうそんなに経つんですね。スティラが買えなくなってから。

 大好きだったんです、もうキャップより短いんじゃないかっていうくらい短く削りまくったスティラのリップライナーペンシル、24番。

 なかなかこれの替わりがみつからなくて。もうだいぶ古くなっちゃったので、ここ数年ほぼ使っていませんでしたが、「いつかこの後釜を」と思って、カラーサンプル用にとっておいてね、同じ色を見つけようとこつこつ探していたんです。


 先日も、とあるお化粧品フロアで、手の甲にそのスティラ24番を1センチくらい引いて、カウンターめぐりしました、「これはいけるかな?」と思ったのを片っ端からその、スティラのラインの脇に引いてみて、色を見比べて。

 何軒まわったかなぁもう今日はここでやめとこうかなぁ、と、ふらっと最後に立ち寄ったベアミネラルで、ついに、ついに長年探し求めていたこの色が見つかりました。大げさでなく、ちょっと目頭があつくなる。





f0221398_18361262.jpg
 マーベラス モクシー リップライナーの、パンプド、という色。

 よくをいえば、もうほんのわずか、重たい発色だとパーフェクトだったなと思いつつも9割8分くらい求めていた色と同じで即決。やたらと感激する私を「不思議なおばさん」と店員さんに思われやしないかなどとこのさいつまらないことは考えず、これくださいって、目に星をためて私は言いました。はい。
 これでもう、「これじゃないんだけどなぁまあいいか」と不本意な色合いでお茶を濁すという日々ともおさらばですアデュー。



 このベアミネラルのライナー、はじめてちゃんと使ってみましたが、これがまたすっごくやわらかく描きやすくてテクスチャー的にもありがとうって手を合わせたい気分です。


 余談ですが。
「スティラってあったじゃないですか、このリップライナーの色をずっと探してて」と、言っても若い店員さんたちは「あ、ああはい」と若干目が泳いじゃうようなきっと知らないんだなっていうリアクション。どのカウンターに行ってもこの調子で、すっかり自分のおばさんぶりを実感したのでした(笑)。知らないかぁスティラ。

 というわけで本日22:30から『腹を割って話そう』。ふふ楽しみ。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-09-15 18:37 | お気に入り メイクもの

RMK トランスルーセント フェイスパウダー使い終わった

f0221398_844544.jpg
 すこし前、使い終わりました。なんか達成感。
 P00というふんわりパールのが終わって、実は01というカラーレスのももうじき空になる。

 個人的には、化粧水~クリーム+UVカット+お粉、ここまでがスキンケアだと思っているので、おでかけしない日もお粉まではつける。実は夜もつける。エテュセのナイトタイムディフェンス。「効果は大好きなんだけど、これ全部つけたら油分オーバーだな」っていうスキンケアアイテムを使うことが年々増えるので、ナイトタイムディフェンス--昔ナイトアミュレットっていう名前だったね、「アミュレット」って響きけっこう好きだったなぁ--はそういう余計な油分による無駄な吹き出物なんかを上手にコントロールしてくれます。昼間UVカットで終わらずにお粉をつけるのも同じ理由から。おでかけ予定のない日は極力色のついたものを顔に塗りたくないという気分なので、このRMKのフェイスパウダーは軽くて色もなく心地よいんです。日常的にがんがん使える。
 余談ですが、これはかつてエテュセPRさんに聞いてなるほどと思ったんだけれど、猫を飼っているとね、夜ナイトタイムディフェンスをつけて寝ると猫毛が顔に貼り付きにくくてよろしい。快眠確保。



 というわけで最近ぐっと気温が下がってきてうれしい! そして明日からは世陸。楽しみ。本日はこれから歯医者と美容院と友人とお茶。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-08-21 08:44 | お気に入り メイクもの

NARSとトム・フォード様のネイルを買っちゃった。JPHのアイスも食べちゃった

f0221398_16483430.jpg
 しょんぼり新宿で転倒事件から実は数日経ちまして。
 先日から新たに始めたトレーニングに行ったのですが、まだ本調子じゃないということで、トレーニングはお休みしてマッサージに変更。ちょっとそれでまた元気が出て新宿へ昨日おでかけして、「今日は転ばないようにしなきゃ新宿リベンジだわ」とステラ・マッカートニー×アディダスのスニーカーを履いて伊勢丹へgo。新宿伊勢丹に来たら買わずにいられないトム・フォード様で当然のようにネイルを買って、ネイル熱に火がついちゃったのでNARSにも寄ってもう1本ゲット。んー。充実。
 トム・フォード様のは04、その名もビタービッチという色名。渋いパープルとも深い煉瓦色とも赤いココア色ともいえる、ともかくトム・フォード様カラー。しびれる。
 NARSは3645。伊勢丹の限定カラーっていう赤と迷いに迷ったのだけれど、結局これにした。これもしびれる。こんなに知的ゴージャスなゴールド見たことない。






f0221398_16491450.jpg
 なんかもううれしくていっぱい撮ったのでもう一枚掲載。ちょっとこの写真インスタっぽく見えるのはなんでだろう。インスタやってないからよくわからないけども。





f0221398_183402.jpg
 ネイルを買って、地下のジャン=ポール・エヴァンでアイスクリームを。すんごい美味しかったけれどすんごい寒かったので余韻に浸る間もなく食べたらすぐにお店をあとにしました。チョコのお店は格別寒いねやはり。
 ていうかどこもかしこも建物内の冷房きかせすぎだと思いませんか。外気温と10度以上差があるって本当に健康的じゃないと思うんだけどな。

 ちなみに内臓温活は地道にやってます、アイスは食べちゃったけど。そのお話はまた後日。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-08-11 16:51 | お気に入り メイクもの

最近のヘビロテ②。RMK イレジスティブル グローリップス 05 ディープコーラル。もはや溺愛の域

f0221398_15271848.jpg
 ヘビロテひとつめはこちらをどうぞ。


 最近のヘビロテふたつめは、RMKのイレジスティブル グローリップス。中でもこの05 ディープコーラルは、使い始めてひと月ちょいで、早くもこの減りようです(笑)。

 数十本ある私の“スタメン”リップたちの中で、今一番出番が多いとはいえ、私は仕事柄、毎日お出かけしない(使わない)のにもかかわらずこの状態。

 どんなメイクにも合うし、ツヤも本当にちょうどいいし。使う度に唇がぷるぷるうるおうので、リップクリーム感覚で塗り足しちゃうときもあるんですよね。

 ともかく溺愛中です(笑)。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-06-22 15:29 | お気に入り メイクもの

最近のヘビロテ① シュウ ウエムラのグリッター ウェーブ Gシャンパン。この立体感がすごい

f0221398_1345542.jpg
 6月1日限定発売されたカラーなので、もし売り切れちゃっていましたらすみません。

 こちら今、ヘビロテ中のひとつ。
 グリッターアイライナーなんですが、お写真見るとおわかりのとおり、角度によって見え方が変わります。
 ときにはシアーに肌になじんで(右写真)、また、ときにはキラッとゴージャスに。
 どちらか一辺倒だけでは単調になってしまいますが、見る角度によってこのように輝きに濃淡があると、目元におのずと立体感が出ます。だから、あからさまなアートメイクになりすぎることなく、日常でも案外いけちゃうなじみ感があります。


 黒のリキッドで目の際を描いたら、その上に、重ねるのではなくてもう一本引く感じで、これを引きます。これだけでもうアイメイク完成、十分魅力的。



 ヘビロテもうひとつあります。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2015-06-22 13:05 | お気に入り メイクもの


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧