キレイの本音



メゾン フランシス クルジャンのア ラ ローズ オードパルファム。探してしまう香りです

f0221398_1618161.jpg
 本日ひとつめ、red flower発表会はこちらをどうぞ
 ふたつめRMKキットみっつめRMK下地もどうぞ。



 というわけで本日4つめは、メゾン フランシス クルジャンの10月に発売された新フレグランス、ア ラ ローズ オードパルファム。7月の発表会リポートでも少しご紹介していますけれどもね、また季節をこえて、涼しくなってきてからもいいんですよ。このローズが。

 軽くて透明感があるのにとても印象的。たとえばオフィスやちょっとした個室でのパーティなどで、部屋に入った瞬間に「あ、この香り誰だろう」って、探したくなるような感じ。もちろんいい意味でね。
 たとえば女子同士であれば、どこのフレグランスかと聞かれたときにも、ちょっと自慢になります、絶対。ローズはローズなんだけれどもただのローズじゃない。ミドルノートのスミレのおかげなのか、甘ったるくなくて、薔薇一辺倒な単調さではありません。
 個人的な印象だと、水、を連想させるんですね。なんていうのか、私が勝手に思い浮かべたのは、湖畔。あおあおとした水面には、そばに建つ美しい古城が映り込んでいる、標高は少し高くてとにかく空気が澄んでいる、ずっと遠くまで景色が濁りなく見渡せる場所、のような。それなのに、ローズなんです。うーん本当に素敵。

 さすがクルジャン。透明感と抜け感は、これもいつも言いますけれども、個性があるのにフレグランスビギナーにも使いやすい、非常にハイクオリティなバランスを兼ね備えてるなと思います。これ日本限定の香りなのもいいよね。



 余談ですが。最近わたくし、髪をかなりのショートボブにしたので、何年ぶりかにピアスに夢中です。揺れるピアスと纏う香りと、いろいろコーディネイトするとまた楽しいです。(c)Kirei no Honne
[PR]
by kireinohonne | 2014-10-26 16:24 | フレグランス、香りもの
<< グッチ フローラ1966。大人... RMKその2。40代の大人に超... >>


writer和田とも子 Copyrightc2010-2017 Kirei no Honne tw1994 ※許可なく本ブログ内のテキスト、写真の転載を禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
記事ランキング
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧